無農薬•無肥料•自然栽培 めぐみ農場

農場の気まぐれなブログです。


テーマ:

昨年から始めた〝めぐみ菜の花プロジェクト”(詳細は↓↓)

http://www.meguminojo.com/ めぐみのプロジェクト/


待望の菜種油の搾油が始まりました。


めぐみ農場は約20000坪の敷地がありますが、主に農作業をしているのはマコト君と私の2人きり。


これだけ広大な面積の敷地で野菜を作るにはまだまだ時間がかかります。


かと言って、今までどおり放置しておくわけにもいかないので、昨年約6000坪の敷地に菜種を蒔きました。


草まみれの放棄地になっていたところの草を刈り野焼きをして。


自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


トラクターで耕し

自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


菜種をまく


最初は本当にこれだけの面積に菜種をまくことができるのか?といった不安いっぱいでしたが、多くの方にお手伝いを頂きながらなんとか播種することができました。

自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


その甲斐もあり4月には昨年耕作放棄地だったところが、一面真っ黄色の菜の花畑になりました!
自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


お祭りでは〝菜の花茶会”をしたり


自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


たくさんの人にお越しいただき盛り上がりました!


自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


私たち、めぐみ農場が目指すものはこれなんです。

自然栽培という農業を通じて荒れ果てた土地を再生して。そこに人が集うことで地域や暖かい人の心を再生していきたいのです。


どうして自然栽培か?というと


耕作放棄地は普通からみれば厄介者なんですが、私たちのとっては宝なんです。


だって、、長い間農薬も肥料も使っていないんですから。


そしてそんな耕作放棄地を私のような鬱になって癌になった普通から見たら普通から見れば道を外れてしまった者が新しい人生として生き方を再生していくことができたらどんなにか素晴らしいことか?


そして、いつかは私たちのような人が物質主義ではない新しい未来を想像できたらいいなぁ~


なんて思いながら進めています。


そして6月からはな種の収穫


これが思ったように行かなかった・・・・



6000千坪に菜種を植えて咲いたのですが、収穫がめっちゃ大変!


手作業で草刈機で刈った菜の花を集めて

自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


足で踏んで鞘からだし


自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


ふるいで種を取り出し



自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


とうみににかける


結局、菜種として収穫できたのは150kg前後


作付した菜種すべてを収穫できたとしたら2トンほどできたのですが、コンバインで刈ってもらうと20万以上の作業費がかかるので今年は手作業でやることにしたのです。


このような現実


それが物質的な社会を作っている。


苦労して作った作物の価値が資本の原理で変えなければいけない世の中


このままではこれからの私たちの生活がどんどん薄れていってしまうような気がするのは私だけでしょうか?


そんな思いで作った菜種が念願かなって菜種油になる時がやってきました。


今年私たちの菜種を焙油に搾油してくれるのが、同じ西尾市で菜種油を搾油する〝ほうろく屋”の杉崎さん。


私たちめぐみ農場が菜種の作付をしたのは杉崎さんとの出会いがあったからです。


めぐみ農場にきた当初は現在日本で消費されている菜種油のほとんどが海外のものであり、遺伝子組み換えが多いとしり、日本でのそんな外来種のなたねが自生してしまってるとしり、なんとかしたいとの思いからでした。


杉崎さんの熱い思いと志に感化されたのかもしれません。


そして今日、そんな杉崎さんに菜種油の搾油をしていただいたのです。


これが、杉崎さんの先代が作った日本に一つしかない焙烙釜


自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


薪をくべて


自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


菜種を焙煎します。


自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


一言で菜種といっても、水分含有量や天候や気温で焙煎時間が変わるのを見分けるという職人技


こうやって、菜種を潰してみて色や水分の含み加減で焙煎をする時間を見分けるという職人技


今こうやって油を絞れる職人さんがほとんどいないそうです。


自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


その理由は価格志向で消費をしてしまう私たち消費者の責任なのかもしれません。


そして、海外からの輸入途絶えたり、高騰したとき、すでにこのような日本の伝統が失われてしまたtことに気づいたとしても時すでに遅し7・・・


だからこそ、物の価値を今一度きちんと考えることが必要なのではないのでしょうか?

こうやって、焙烙釜で焙煎した菜種を昨雪で絞ります。


モチロン、薬品を使わず手作業での搾油です。


これが搾油機

右側に菜種油が出て



自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


手前に菜種かすが落ちてきます。

自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


この搾油機作られたにが商は30年代


私の生まれる前というからまたビックリ


自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


もう今は作らる人もいなくなってしまったそうです。


自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


次世代の人のためにも、このような伝統を残していきたいですね


菜種は絞ったあとの粕も肥料として使われます。


手作業で菜種粕を取り出して



自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


粉砕します


自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


菜種の油粕が完成です!



自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


最後に油の汚れを取り除いたり、濃度を均一化するための火入れをします。

自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


こうやって出来た菜種油

自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ


皆さん、どれだけの価値があると思いますか?


私たちめぐみ農場はこのような価値を皆さんにわかっていただくために昔ながらの製法や伝統にこだわり、情報と本物の商品を提案していきたいと思っています。


この菜種油できたのは45kg

今月25日のめぐみの集いでは搾油したての菜種油をふんだんに使った天ぷらや料理を提供する予定です。


自然栽培を伝え広める“めぐみ農場”ブログ

原料の生産者や搾油した人までわかる油なんて聞いたことありますか?


また、この希少価値の高い自然栽培菜種油や菜種粕をこの時から販売開始する予定です。


価格はこれから決める予定ですが、決して安くなないですよ。



でも、すでに口コミで農場来ていただいた人や知人から予約がたくさん入っているのでどれだけ一般流通に回せるかは未定です。


販売できる数が限られているため、まずは農場にお越しいただける方とメルマガ会員さんに先行販売をして残りを一般に販売したいと思っています。


ご購入希望のかたはメルマガ会員登録をしておいてくださいね!


登録はHPから↓↓

http://www.meguminojo.com/


今年は人手不足でたくさんの搾油することはできませんでしたが、来年は頑張りますね。


めぐみ菜の花プロジェクトにお力添え頂けるかたもたくさん募集します。


菜の花で耕作放棄地、地域、人、未来、そして伝統を再生する活動を一緒にしましょう!


多くの皆さんのご協力お待ちしています。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

自然栽培実施 めぐみ農場さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。