ママでもママじゃなくても自由で豊かなオリジナル人生を創るGRACEコンサル&マザークレド®アカデミー<河間恵>

女性として、自分の美意識と価値観を大切にした、自由で豊かなオリジナル人生を生きたい方にコンサルや講座を提供しています。ママであれば、ママの要素もプラスして楽しめる人生ですよね。このブログが一度きりの人生を思いっきり生きるきっかけになれば幸いです。


テーマ:

 

 

 

 

 

子どもが泣いている時にイライラしてしまうというお話を

お母さん方からよく相談されます。

 

それには、いろいろな理由があるのです。

 

今日は、自分の子どもが泣いている時の

一例を取り上げたいと思います。

 

 

自分の子が泣いていてイライラしてしまう・・・
 

その理由の一つは

「子どもがなんで泣いているのか、わからない時」。

 

これ、結構あるパターンなのです。

 

ママも最初は、「どうしたの?」と

優しく聞いてあげたり出来るのですが、

いつまで経っても泣き止まず、

かつ、子どもがうだうだしていて

理由がわからないかったりすると

 

・・

・・・

・・・・・

 

「いつまで泣いてるのー!!!」

と、なってしまったりしませんか?

 

 

これは、実はママが

 

「泣いている」のを、なんとかしてあげたいと思っているから。

なんとかしなきゃいけないと思っているから

 

といったことだったりします。


なんとかしてあげたいと思うのは、

愛があるから。

なんとかしなきゃと思うのは

責任感を含んだ愛があるから

 

いずれにせよ、

そのイライラは

 

 

から生まれているのです。

 

だから、こういう時にイライラしてしまうご自分を

まずは責めないであげてください。

 

 

次に

なんとかしてあげたい

なんとかしてあげなきゃ

と、思った時にはまず、

 

なんとかしようとするのをやめることです。

 

なんとかしてあげられなくても

ダメな母親、というわけでは決してありません。

 

なんで泣いているのかわかってあげられなくても

母親失格なわけではありません。

 

結果としてなんで泣いているのか

子ども自身、わからなくなっていることだって

多々あるのです。

 

お子さんが泣きたい時には

ただ、泣かせてあげるのが一番です。

泣いて感情を出せたなら

心にしこりとして残らないからです。


もう一つ、イライラしてしまう違うパターンについて

書いていきたいのですが、

長くなったので、また次回に!


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

河間 恵(かわま めぐみ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります