恵の大学時代

テーマ:
英語からは逃れられないと悟り、英文学科に入りました。
英語その他語学との相性は最悪。
フランス語も取っていました。
文系の科目は全てアレルギーが出る程嫌いです。
なので大学では講義に追いつけませんでした。

そんな恵は
ほかの学部の講義も単位が取れる仕組みを活かし、医学の内科分野、薬学、心理学、精神医学、日本国憲法、刑法、著作権法などなど、好きな分野で単位を取りました。
入った先の学部と学科名は肩書きでしかない大学でした。

精神医学は精神科医の元で学びました。
実際の患者のケースを例に講義を進めるという形でした。

法学のわからない点は母親が教えてくれました。さすが中央大学法学部卒。


大学4回生になった8月。
恵は精神が崩壊しました。

心理学や精神医学や薬学を学んでいる身がまさか心療内科に連れていかれるとは夢にも思っていませんでした。


2010年医療保護入院。
強制で精神科病院に放り込まれたという事です。閉鎖病棟でした。



恵は知的好奇心旺盛で、ストレスに弱く、人見知りで、愛想がなく、変わった人で、神経質で、気難しい人なんだと思います。

恵はどこにいるのでしょう。

恵は
彼女は、今どこで何を思っているのでしょうね。