15)デマや詐欺と進化する技術

 

今回の講義では様々な要素をちょこっとづつという印象だったので、

特に印象的だったデマについてのまとめを行う。

 

冒頭では最近ユーチューバーやバカッターが

また増えてきたことについての話があった。

SNSなどを使えるようになったユーザーを拡声器と称した。

地方などでしている小さなことも、ソーシャルメディアに

乗せることで大きく、外部に広まっていく。

いいことも悪いこともソーシャルメディアの使い方次第で

どんどん多くの人に知られるようになのだ。

そう考えた際、有名人はどこでも拡声器に囲まれている。

ちょっとした行動も周りの人がスマートフォンさえ持っていれば

その人の行動を拡散することができる。

誰でもパパラッチになれると話していたが、

他人のプライベートの扱いなど、常識の範囲内で考えて抑えるべきだろう。

 

 

ツイッターでのデマ(勘違い)について

これに関しては、「詳しくはリンク先をみてね」などを見ないで、

見出しの言葉だけをみて内容の詳細や事実確認をしないで

シェアしてしまうことが多くの原因になっている。

万が一シェアした後に訂正が出て、それを自分がシェアしたからといって

自分の先のデマをシェアした人が訂正を絶対にシェアするかはわからないのも

タチの悪いところだ。

 

広まってしまってからではそれを取り消すのは容易ではない。

人から人へシェアされる情報は想像しているよりも早く遠くに

いってしまい手につかなくなってしまう。

シェアする前に本当にその記事が本当のことが入っているのか、

出典元や情報源を調べることが大事だ。

Twitterはテレビなどのプッシュメディアと違い、自分から情報を探しに行き、

他の人が知らなそうなものを見つけた場合良いもの悪いもの関係なく

他の人に教えたいという心理が働く。

それが珍しいものを早く他の人に見つかる前にシェアしたいという考えにつながり、

真相を確かめずに広めてしまう原因だ。

後から大変なことにならないようによく考えて情報を扱う必要がある。

 

 

グラフの見せ方

株価の見せ方など、見せる範囲や単位などで見たときの印象、

比べる情報が変わる。嘘ではないが見せ方で相手を騙すことができる。

良い方向にも悪い方向にも生かすことができてしまう手法だなぁと感じた。

 

モザイク処理をするアプリ

以外と元に戻せる。数字などの場合は、この数字の場合の

モザイクをかけた場合はこのパターンになる。

よって、このパターンの数字は◯といったように以外と特定することができてしまう。

個人情報や顔など、いくらモザイク処理しても

インターネット上に乗せることはとてもあぶない。

 

 

情報リテラシー論全講義を通して〜

この授業をうけて、インターネットについて以外にも自分が知らないことが

予想以上にたくさんあったことに毎回驚いた。

自分はそこまでインターネットに詳しいわけではないが、

人並みよりちょっとは知っているくらいだとおもっていた。

しかし、それを超えるくらい現代の技術や情報は進化していた。

便利なアプリや機能のほかにネットを使う上で注意しなければ

いけないことをこと講義で為になることをたくさん吸収することができたし、

毎度の授業がとても楽しかった。横田先生これまでの授業ありがとうございました。

ブログも内容がちぐはぐなところも多かったと思いますがこれで以上とさせていただきます。

AD

14)セキュリティとクラウド化

 

ドメインのアーカイブについて

新しく自分が収得したドメインが過去に悪評のあるリンクだったりすると

無関係なのに悪い印象を与えてしまうという。

事前に過去のドメインがどのようなサイトに使われていくか

調べたほうがいいみたいですね、どんな意味になるかを考えたり。

 

パスワードに関して、自分はできるだけ難しいものにしようと心がけている。

しかしやはりいろんなサイトに登録したりしているため、

忘れてしまうこともとても多い。

今は自動でパスワードをPCが記録してくれたりするが、

その機能がないとき(わからなかったとき)はパスワードを忘れて

諦めたゲームやサイトが多くある。無念だった…。

 

last passについて、いろんなパスワードを預けて、

勝手にログインしてくれるサービスは忘れっぽい人はとても重宝すると思う。

Lastpassに入るpassを忘れたら,,,もう手はないですね。

結局はアナログで引き出しの中にメモを残しておくのが一番だと思う。

 

facebookについて、登録しないことにより写真と悪用されるリスクが

生まれるというのも怖いなと思った。

普通ならば乗っている名前や情報を集めて…となるはずが、

先に顔と名前を使われたら知り合いだと思ってしまうだろう。

この点は周りの人とちゃんと確認をとりあわないとそこから

いろんな事件に巻き込んでしまう可能性があるので注意が必要だ。

AD

13)画像認識の技術と流出問題

 

スマートフォンなどで写真を撮る人の多くは、その写真を加工して

Instagramに載せたりすることがとても多い。

私はインスタはやっていないが…

それでもボタン一つアプリ一つで簡単に写真を加工編集できるのは

とても便利になったなと思う。

Photoshopなどの知識がなくとも誰でもできる。

それと、スマートフォンのカメラ自体の性能も新しい製品が出るたびに高くなっている。

 

こうしたことで、ネット上にも今までより多くの画像が溢れかえっている。

その中から目当ての画像を探すとなるととても骨が折れるだろう。

なので、グーグルではキーワードではなく画像そのもので検索して探すことができる。

これがとても便利で、自分が描いた絵で検索し、

他の人のサイトに自分の絵があった場合も見つけることができる。

その点では、著作権侵害をしているユーザーを見つけることもできる。

また、画像の内容をアプリが理解して自動で認識してくれたりするサービスが多くなる。

Facebookでも顔認識機能で人物のタグ付けもできるから便利になった。

 

また、画像の不正コピーやら肖像権を侵害しているサイトや

ユーザーがいることはいうまでもない。

画像検索がリニューアルして以来さらにその状況は悪化した。

クリエイターを目指す以上、こういった問題はこれからもつきまとってくる。

責任を持ちながらうまく機能を使うことが大事だろう。

AD

12)ラジオ離れと音声認識技術

 

私のラジオとの関わり方

私は親の車に乗るときにずっとラジオを聞いていた。

というのも、親のかける曲の好みが合わなくて無理やり消して、

それでも音がなにもないのは寂しいという理由からであったが…。

だがたまにラジオで流れる初めて聴く曲を聴くのが幼い頃から好きで

ドライブのときはそれが目当てで着いていっていた。

 

それでもやはりラジオしかない昔とは違い、車にはCDレコーダーや

Bluetoothをつけることができて、CDや音楽再生機器からデータを

飛ばして好きな曲を聞けるようになった今はラジオを聴くひとは

少なくなっているだろう。

確実にラジオ離れは進んでいる。

 

そんな中で、ラジオ放送のスタジオ側をUSTREAMで生中継するFM局もある。

だがこうなるともうラジオってなんだ…てなってくるような。

だがオンエア中の局をレコチョクで購入できたり、

うまい具合に現代に合わせることができていると思う。

 

初音ミク等vocaloidについて個人的によく聞いている。

シンガーがいなくても曲が作れることによって、

多くの人が世の中に自分の楽曲を出す機会を得られたと思う。

また、人間では出せないような声(音)が出せたり、

人間には歌えない歌を歌わせられることもみ力だと思う。

 

一番画期的だと思ったのはスカイプの自動翻訳機能だ。

チャットならばがんばって翻訳サイトを見たりしながら交流はできたが、

会話をするとなるととても難しい。

それが気軽にできるようになったのはとても便利だと思う。

11)苦戦する紙媒体と電子書籍

 

近年紙媒体の新聞よりもwebニュースをみているという人が増えてきている。

ちょっとした移動時間に新聞の場合はかさばってしまうが、

スマートフォンが一つあればみたいものを好きなだけ読むことができる(内容によるが)。

こうしたことから新聞各社ともweb版に力を入れているが、

それでも有料版の購読者はまだまだ少ない。

やはり新聞は紙であることが個人的に一番需要があると思うが、

時代に合わせてなくなってしまうかもしれない…と考えるととても寂しい。

友達と本の貸し借りなども、データのやりとりで終わってしまうのだろうか…

 

話のなかで一番衝撃的だったのは、小学館シリーズがほぼ休館してしまっていたことだ。

自分自身幼いことにみていたので、とても寂しく感じた。

子供も早い時期からスマートフォンなどのインターネットに

繋がることができる媒体を扱ったりできることからだろう。

できれば小さいうちはまだ紙の良さを感じていて欲しい…。

 

また、書籍のデータ化が進むにつれて紙媒体だからこその魅力が

なくなりつつある。内容の雰囲気に合わせたブックカバーの紙質や

使っていくにつれて出てくる味のようなもの。

そういうものを現代のひとは徐々に忘れていき、

これから生まれてくる子供はその良さを知らずに

大人になっていくのかと考えるとなんとかして残していきたいものである。

 

ブックスキャンサービスについて、このアイディアはとても便利だなと思った。

スキャン後の本の処分も、自分では愛着やらが残っていて

ふんぎりがつかず捨てにくいし…。

電子化がすすんでいるが悪いことだけではないんだなと思う。

アナログとデジタルの両方の良さを生かしていく方法を見つけていきたい。