摂食障害を抱えながら子育てをしたママコーチめぐみの 30歳からもっとしあわせになる<3つの法則>

拒食症を経験、一度は回復したものの、子育てのストレスから再発。
食べ物へのこだわりを抱えながらの子育ては大変でした。
このブログでは、当時の経験や気づき、少し楽になれる考え方をご提案しています。


テーマ:
心の疲れが食に出やすい方を、サポートするコーチ ますだめぐみ です。

摂食障害の方も、摂食障害未満の方も♪
あなたが、もっと自分を好きになって、ぴったりの場所で輝けるように♪
コーチングでサポートしています♪


今日もブログにお越しくださり、ありがとうございます。

✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾

今日は、なんだか、悔しいのです。

摂食障害の人の気持ちを、もっとね、シンプルに伝えたいの。
家族や他の人から見ても、わかるように。

家族だって、まわりだって、もっとうまくかかわりたくて。
でも、どうしたらいいのかわからなくて、悩んでいたりする。
うまくかかわれなくて、自分を責めたり子どもを責めたり。

でも、それも、子どもへの愛情があればこそ、いろんなことを思い、起こってくる感情。

愛情はあるんだ、絶対に。
そのためのスキルや知識が足りないだけだと思うんです。

私は、そこを越えてきた一人として。
精神論じゃなくて、再現可能なスキルとか知識という形で、もっと、伝えたいって思ってます。

それが…ちょっと、できなかったな、っていう感覚。
だから、ちょっと悔しいのです。


摂食障害は、親子の問題だ、と言われます。
愛情不足、過保護、過干渉・・・。

でもね、サポートする側も、愛情不足を言うなら、「愛情」ってなんなのか、説明できないといけない。どうやったら愛情を示せるのか、伝えなければ。

お母さんも普通の人だもの、完璧じゃない。
完璧になってから親になるわけでもないし、親になったその日から完璧になるわけでもない。
でも、なんだか「親」になった途端、「もう親なんだから」とか「親だったら」とか、親としての理想像を、自分の中に抱えちゃったりして、できない自分を責めちゃうのね。

子どもの側も、生まれてからずっと、その親のもとで育って、そのかかわりがスタンダードすぎて、何がイヤなのかもわからない。
だから、「こうやって」もいえない。
もっと言えば、「イヤなんだ」っていうことにすら、気がついていないかもしれない。

ほんの少しのかけ違い、のはず。
親も子も、本当はお互いへの愛情で、イッパイのはず。
ただ、何をしたら、相手に何が起こるのか。
どうやったら、愛情が伝わるのか。
それを知らないだけなんです。


お互いが、知らずに傷つけあうのは、私にはとっても悲しいことです。
だから、学んでほしいんです。
そして、私は、スマイル(SMILE~愛と勇気づけの親子関係セミナー)の中に、その答えの大部分があると感じています。

なぜ、今、自分が生きづらいのか。
どうやったら、もっとスッキリ生きられるのか。
なぜ、子どもに愛が伝わらないのか。
どうやったら、からまった糸をほどけるのか。

そんなことを思っている方には、ぜひ、おススメです。
私は今後も、摂食障害の方、そのご家族向けに開催していく予定ですが、
各地にスマイルリーダーがいますので、近くの方を訪ねてもらってもいいかもしれません。

一度ぜひ足を運んでみてもらえたら、うれしいです。


カードをつかったパーソナルコーチングのモニターさんを募集しています。

詳しくはこちら → サポートメニュー

お申込み、お問い合わせは、ほのりらコーチング室 までお気軽にどうぞ(*^_^*)
どんなことやるのか聞いてみたい!というだけのお問い合わせも、大歓迎です。

✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ほんのりしあわせ☆食とこころのリラックス
ほのりらコーチング室 ますだめぐみ
honorirahonorira@gmail.com
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード