摂食障害を抱えながら子育てをしたママコーチめぐみの 30歳からもっとしあわせになる<3つの法則>

拒食症を経験、一度は回復したものの、子育てのストレスから再発。
食べ物へのこだわりを抱えながらの子育ては大変でした。
このブログでは、当時の経験や気づき、少し楽になれる考え方をご提案しています。


テーマ:
食べるしあわせを手に入れる!摂食障害専門コーチますだめぐみです。
摂食障害の方も、摂食障害未満の方も、
あなたが、もっと自分を好きになって、ぴったりの場所で輝けるように、
コーチングでサポートします。

✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾

どうしても、自分が手いっぱいになっちゃうと、やることも手いっぱいだと、
いまいち、子どもに寄り添いきれないときって、あるんですよね。

私も、そう。

でも、本当は、寄り添ってあげたほうが、すべては気持ちよく進んでいく。
本当は、自分も、すんごくラクなの。

それも知ってる。

闘うのは、疲れちゃうもの。

この子の、この体の大きさで、この目線で、こんなふうに動きながら、こんなふうにモノを言っているなら、
世界はどんなふうに見えているんだろう?
私は、どんなふうにうつっているんだろう?
何を感じて、どんな気持ちで、今、こうしているんだろう?

本当に、その子の目線に入ったとき、いろんなことが感じられるんですよね。


そもそも、自分の目線から、誰かに言うことをきかせようなんて、無理なの。
見た目、行動は言うことを聞いたって、そんなことをしたら、心が言うことをきかないから。
それは、無理なんだと、目いっぱい失敗して覚悟を決めたら、あきらめるしかないから。

親はよく、自分の都合で、子どもに「こうして」って言っちゃったりするんだけど。
親にも親で、やっぱり事情ってものがあるから、日々忙しいとね、そういうこともどうしても起こりがちなんだけど。

でも、それがいい悪いというよりも、
そもそも、親の目線から、子どもに言うことをきかせるのは、無理なんです。
目の前の行動が変わったって、心は変わらないよ。

子どもは、親があきらめるまで、目いっぱい失敗させるから。
どれだけでも、失敗させるから。

はやく手離したほうがいいんですよね。

それよりも、子どもの心に寄り添ったとき。
子どもの目線で、モノを感じた時。
親の側から出てくる言葉も変わって、そして、子どもの言葉も変わってきます。

そして、お互いに協力するってことができるんだと思うんですよ。
言うことを聞かせるんじゃなくてね、協力する、んです。


私も、まだまだ、手離せる余地がいっぱいあります

完璧じゃなくてもいい。
でも、視点も増やしながら、気づきも増やしながら、日々起こる変化を楽しみに進んでいきたいって思います。


NEW11/26(火)14:30~わたしたちのお茶会開催します。
詳しくは、こちら → http://ameblo.jp/megumegu3434/entry-11954101102.html





✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ほのりらコーチング室 ますだめぐみ

ほのりらコーチング室へのお問い合わせは・・・
☆無料初回オリエンテーション → http://form.os7.biz/f/a4786531/
☆体験セッションのお申込み  → http://form.os7.biz/f/059e9901/
☆メールサポートのお申込み  → http://form.os7.biz/f/89dc2c8b/ 
☆その他のお問い合わせは  → http://form.os7.biz/f/708bc6f9/

イベント情報先行配信!!無料メルマガ「食べるしあわせを手に入れる方法」 
  お申し込みは、こちら →
 http://ma
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード