摂食障害を抱えながら子育てをしたママコーチめぐみの 30歳からもっとしあわせになる<3つの法則>

拒食症を経験、一度は回復したものの、子育てのストレスから再発。
食べ物へのこだわりを抱えながらの子育ては大変でした。
このブログでは、当時の経験や気づき、少し楽になれる考え方をご提案しています。


テーマ:
心の疲れが食に出やすい方を、サポートするコーチ ますだめぐみ です。

摂食障害の方も、摂食障害未満の方も♪
あなたが、もっと自分を好きになって、ぴったりの場所で輝けるように♪
コーチングでサポートしています♪

今日もブログにお越しくださり、ありがとうございます。

無料オリエンテーション&イベント情報先行配信!
  無料メルマガ!「食べるしあわせを手に入れる方法」配信開始
  お申し込みは、こちら → 
http://mail.os7.biz/m/lV0b


✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾

最近、少し気にかかっていることがあります。

それは、父の痴呆のはじまり。

まだね、ちゃんと診断も受けていないし、わからないんだけど。
でも、症状として、そうなのかなって思うんです。
年齢からしても、まあ、そういう年です。

母もすごくショックを受けたり、心配もしていたりして。

私もね、それはそう。
正直、心配だったりします。


そんな中、母がこの間、海外旅行に行ってきました。
その症状の出方も、ほんと急なことで、
もう予約も入れてるし…。
そんなこんなで、予定通り出かけていったのです。

その間、私も、いつになく、実家に通いました。
年老いていく父を見ながら、年月を感じたり、不安を感じたりもしました。
そして、思ったこと。

とはいえ、ここができなくなった、なんて、嘆いてみても始まらない。
ダメなところを数え上げて、心配しても、心配が募るだけ。
今は今だ。過去じゃない。未来でもない。
今ここを、スタートラインにして、ここから始めていく。

できなくなったことじゃなく、今できることに目を向けて。
心配しすぎず、できることは全部やってもらう。
失敗するかもしれない。
でも、そこを心配して、やらせなくなったら、どんどんやれることを減らしていっちゃう。
だから、できることは全部やってもらう。

もちろん、だからといって、大きな事故になって、ほかの人を危険にさらすようなことは、ダメだけどね。
だから、運転は、ちょっと怖い。

でも、お風呂には連れて行ってみようかな。
子どもたちを預けてみようかな。
運動会、見に来てね。

話していてもわからないことは、
何のこと?
はっきり聞いてみる。

いつでも、だれでも、勇気づけなんだなぁ。
そう思いました。
ここって、変わらないんだ。


ちなみにね、子どもたちにも、そのまま伝えてます。

人は年をとると、それまでたくさん使ったから、いろんなところが疲れてきちゃうんだ。
じいちゃんも年をとって、今いろんなところが疲れてきてて、言葉が出なくなったり、いろんなことを忘れちゃったりするんだよ。
でもね、使わないと、どんどん悪くなっていっちゃうから、たくさん使ってほしいって思ってるんだ。
だからね、あなたたちにも力を貸してほしい。
じいちゃんとたくさん遊んで。
わからないことあるかもしれないけど、たくさん遊んで。
それで、電話とかもしてあげてほしいの。
元気?って、言ってあげてね。
いいかぁ?今が家族が団結するときだ!!

って。

子どもたちもね、わかった!って、すぐに電話をして、それこそ取り合うようにね。
「ちゃんと病院行くんだよ!風邪の人とかと同じだから、大丈夫だから」って。

いろんなことが起こる年になりました。
いつでも、今ここに軸をもって、しっかり進んでいかなくちゃ。
そう感じる、今日この頃です。



無料オリエンテーション&イベント情報先行配信!
  無料メルマガ!「食べるしあわせを手に入れる方法」配信開始
  お申し込みは、こちら → 
http://mail.os7.biz/m/lV0b


✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ほんのりしあわせ☆食とこころのリラックス
ほのりらコーチング室 ますだめぐみ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード