摂食障害を抱えながら子育てをしたママコーチめぐみの 30歳からもっとしあわせになる<3つの法則>

拒食症を経験、一度は回復したものの、子育てのストレスから再発。
食べ物へのこだわりを抱えながらの子育ては大変でした。
このブログでは、当時の経験や気づき、少し楽になれる考え方をご提案しています。


テーマ:
心の疲れが食に出やすい方を、サポートするコーチ ますだめぐみ です。

摂食障害の方も、摂食障害未満の方も♪
あなたが、もっと自分を好きになって、ぴったりの場所で輝けるように♪
コーチングでサポートしています♪

今日もブログにお越しくださり、ありがとうございます。

無料オリエンテーション&イベント情報先行配信!
  無料メルマガ!「食べるしあわせを手に入れる方法」配信開始
  お申し込みは、こちら → 
http://mail.os7.biz/m/lV0b


✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾

よく、こんなことをききます。

もうお母さんになったんだから。
とか、
もう○歳になったんだから。
とか、
まだ摂食障害の症状があるんだから。
とか。

だから、こんなふうにしないといけないんだよ。
もう、いまさらこんなふうにしてちゃいけないんだよ。
まだ、そんなことをするには、はやいよ。

私、こういうことを聞くとき、いつも思うんです。
だからなに?ってね


お母さんになったって、○歳になったって、人も違えば環境も違う。
一概に誰かに「~べき」なんて決められたくないよ。

常識とか思い込みとかで、変な規制をかけるから、アドラーのいう「人生の嘘」をつかなくちゃいけなくなること、あるんじゃないのかな、なんて思ったりしました。
もしかしたらね、摂食障害だって、そうなのかもしれないですね。


「お母さんですけど、何か?」
「○歳ですけど、何か?」
「摂食障害ですけど、何か?」

って、言ってみませんか?


別にね、逆ギレするわけじゃないんですよ。
ただね、みんなが、もっと自分に、正々堂々としたいって思うんです。


いいじゃないですか。
できないことがいっぱいあったって。
何かをやりたいって思う気持ち、いつまでもあったって。


もちろん、物理的に無理なこともあるかもしれません。
子どもが預けられない。
体がついていかない。
仕事をしなくちゃいけない。・・・

でもね、100%じゃなくても、今からできること、始めたい。
いつか100%になるための、最初の一歩、踏み始めたい。

あなたが、自分らしく生き始めるための最初の一歩は、どんなことですか?




無料オリエンテーション&イベント情報先行配信!
  無料メルマガ!「食べるしあわせを手に入れる方法」配信開始
  お申し込みは、こちら → 
http://mail.os7.biz/m/lV0b


✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾ ✾



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ほんのりしあわせ☆食とこころのリラックス
ほのりらコーチング室 ますだめぐみ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード