脱力育児・脱力トレ・足ゆび・足裏アドバイザーMegチエです。

 

今回は受験生のママさんにお話です。

 

中学受験・高校受験のお子さんをお持ちのママさん。

季節は大詰めになってきましたね。

お子さんの体調管理はいかがですか?

昼と夜の寒暖の差が激しくて、風邪をひいたり、喉を痛めたりと大変な季節ですね。

 

寒くなってくると、身体が縮こまります。

内臓への血液量を守るために身構えて、体外の筋肉を緊張させ、体外への血液量が少なくなっても良いようにしているのです。その為体温は保たれているのです。

 

筋肉の状態がそうであるのと同時に、身体の姿勢も変わってきます。

寒くなると縮こまる→筋肉が緊張→より身体を丸め込む形になります。

これが、

「寒さ猫背」です。

寒さ猫背の姿勢は頭に行くはずの血液量も減ります。

なぜなら、「首をすくめる」姿勢。

首・肩・背中の筋肉の緊張を促すので、筋肉の緊張で血管に圧力がかかり、

また、頭に送る血液量も減るので血圧が上がります。

注意が必要です。

自律神経で言うと交感神経優位になります。

ですが、首から下の部分では、内臓に血液が集まり、副交感神経優位になっています。

 

あたまがボーっとする。

「冷えのぼせ」はここから来ます。

頑張りたくてもボーっとして集中できない・・・。

そんなお子さんは、もしかしたら、「寒さ猫背」が原因かもしれません。

 

対処法は、

上半身より、下半身を温める。(下半身の方が1枚多めに)

手足を動かし、末端へ血液を流す。

背中、お尻を動かし、内臓から体幹へと血液量を増やす。

室温は部屋全体を温めない。

 

気分転換にもなりますので、ぜひ、お子さんに進めてあげてください。

 

メールでのお問合せもお気軽に

 

※記事の内容には個人差がありますので全ての方に有効とは限りません。ご了承ください。

 

 

AD