スチャラカでスーダラな日々

故・植木等氏の御冥福に因んでkeiのスーダラな日々を紹介します。故人の映画のようにスイスイと軽妙な人生を送りたいものです☆彡

NEW !
テーマ:
映画「クレージーの怪盗ジバコ」(予告編)

怪盗ジバコクレージーの怪盗ジバコは、1967年に制作されたクレージーキャッツ主演作品。本作の上映時間110分は、クレージーメキシコ大作戦の162分、クレージー黄金作戦の157分に次いで三番目に長い。

「日本のホコリを頂戴する」という挑戦状を日本の警視総監のもとへ送ってきた怪盗ジバコ(植木等)。彼の本名は誰も知らず、人相、年齢、国籍不明。変装の名人で武芸百般に長けている。世界中を騒がすこの天才的な怪盗が日本へやって来ると聞き、警視庁のみならず日本中が色めきたった。入国時に何としても捕まえてやろうと意気込む明智少伍郎警部(ハナ肇)と鈴木次郎刑事(谷啓)の前に、あからさまに怪しい日本人風の男が現れ、拳銃(ただし「MADE IN JAPAN」と書かれている=おもちゃである)を落としていく。

後を追った鈴木刑事に、その男は「我輩がジバコだ」と名乗る。その場でジバコを逮捕する鈴木刑事だったが、ジバコは得意の変装術でまんまと逃げ出す。しかしジバコと同じ日に、国際窃盗団W.C.W.C.一味も観光団を装って日本へやって来ていた。その後ジバコは、偶然空港で知り合った東西観光社長秘書の姫野ナナ(浜美枝)と食事をするが、ナナはそれを「私はジバコの恋人」として新聞で発表し、有名人となるが、運悪くW.C.W.C.一味の秘密を知ってしまい、監禁されてしまう。一方捜査陣には、日本民族の遺産たる美術品を盗むとのジバコの予告状が届いていた。必死に追う捜査陣を翻弄しながら、ジバコは手始めに義経の刀を手に入れる。しかしそれは既にW.C.W.C.によって偽物とすり替えられていた。それらの国宝すり替え事件が全て自分のせいにされてしまったジバコは、空港の件でクビになった鈴木と手を組んで、W.C.W.C.の野望を砕く為に立ち上がった!

ザ・ピーナッツ 恋のフーガ (映画挿入歌)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
同じテーマ 「植木等」 の記事
NEW !
テーマ:
クレージー黄金作戦

黄金作戦クレージー黄金作戦は、東宝創立35周年記念として1967年に制作されたクレージーキャッツ主演映画。日本映画史上初のアメリカ本土ロケを敢行し、ラスベガスのメインストリートを封鎖して撮影するなど、2時間37分にわたる大作である。

博打好きの坊主町田心乱(植木等)は、博打のつけが溜まって債権者の一人北川が経営する金友商事でタダ働きすることに。しかし心乱は、会社を利用して体よくロサンゼルスへと旅立つ。その飛行機で乗り合わせた国会議員の板垣重金(ハナ肇)と医師の梨本金男(谷啓)を「ラスベガスへ行けば3000ドルある」と焚きつけてラスベガスのカジノで一儲けしようと考える。

しかし持ち金を使い果たして日本へ帰れなくなり、砂漠を彷徨ってインディアン(犬塚弘)に追いかけられ、ラスベガスではギャング団(石橋エータロー,安田伸)に狙われて災難続き。果たして三人は大金を掴む事は出来るのか。そして日本へ帰れるのか。

Hello Las Vegas
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
映画「大冒険」 冒頭部分

大冒険『大冒険』は、クレージーキャッツ結成10周年を記念して東宝と渡辺プロダクションが1965年に製作・公開した映画。世界で初めてワイヤーアクションを使用した映画と言われており、主演の植木等はアクションシーンをスタントなしで演じている。特技監督を円谷英二が担当してミニチュア特撮が用いられているのも特徴。
本作の紙資料や予告編では「クレージーキャッツ結成十周年記念映画」と書かれていたが、オープニング・タイトルバックではなぜか「クレージイ・キャッツ」となっていた。

オープニング・タイトルバックのシーンは、1965年当時の東京を空撮したもので東京タワー、東京港、銀座四丁目交差点、東京駅、国立代々木競技場第一体育館、東京国際空港が登場する。この「空撮」は当時の東宝古澤映画の恒例で、同年公開の『日本一のゴマすり男』や、前年公開の『続・若い季節』でも行っていた。植木等が走行中のバイクから転倒するシーンで、小松政夫がスタントマンとして出演している。

神戸と設定されるロケシーンは横浜で撮影されている。山下公園やマリンタワーなど知名度が高く、一目で横浜と分かるロケポイントで撮影されている。神戸の舞台でメリケンホテルというホテルが出てくるが、これは赤坂プリンスホテルの旧館である。作中にも別館玄関の文字が映っている。ラストシーンのガーデンウエディング会場も同ホテル中庭であり、かつて古澤が手掛けた『若い季節』のラストにも登場した。

遺憾に存じます
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
遺憾に存じます

遺憾に存じます【遺憾】十分な結果が得られず、心残りがする様子(新明解国語辞典)。

学生時代は優等生 万能選手で人気者 こんな天才いままで見たことない とかなんとか言われたもんだが 今じゃしがねぇサラリーマン こらまたどういうことだ 世の中間違っとるよ 誠に遺憾に存じます~

コミカルに皮肉っぽく繰り返される「誠に遺憾に存じます」は、私の記憶となって残りました。植木等が歌いあげる「遺憾」はたわいのない愚痴のたぐいです。

権力者、権威者が「遺憾」を使う時には大概、「ここは無難に」という魂胆ありありで、本音を全く語っていません。凡人の誤解を招きたくないのなら、そして知識人や政治家なら安易に「遺憾に存じます」の一言で逃げるなぁ!と言いたいですね。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
香港クレージー作戦

香港クレージー作戦『香港クレージー作戦』は、1963年12月22日に東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ。93分。

『クレージー作戦 先手必勝』『クレージー作戦 くたばれ!無責任』に続く、「作戦シリーズ」第3作で、クレージー映画初の海外ロケ=香港ロケが行われた。監督はベテラン・杉江敏男がシリーズ初登板、杉江は過去『お姐ちゃん罷り通る』『社長洋行記』『続・社長洋行記』と香港ロケを経験しており、その実績を買われた。またスタッフには、第1作『ニッポン無責任時代』以来の神津善行が劇伴を担当。そしてプロデュースには、藤本真澄がシリーズ初プロデュースとなった。

ヒロインは『くたばれ!無責任』に続く浜美枝、助演にはクレージー映画常連の由利徹と人見明、『先手必勝』の中尾ミエ・淡路恵子・柳家金語楼、有島一郎と東映脇役の進藤英太郎がシリーズ初登場、特に進藤はシリーズ中期に欠かせない役者となる。

最大の見所は、クレージーが映画で初の「音楽コント」。これが好評となり、以後『クレージー大作戦』などの「作戦シリーズ」の名物シーンとなる。

チンドン屋「クレイジーキャッツ映画」
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
クレージーの大爆発

クレージーの大爆発『クレージーの大爆発』は、1969年に制作されたクレージーキャッツ主演作品。なお、本作がメンバー全員での歌唱シーンがある最後のクレージー映画である。

三億円事件の犯人大木健太郎(植木等)は、競馬場に通いつめて札束減らしをしていた。そんな大木の前に、毛利エリ子(松岡きっこ)という女性が現れ、三億円強奪現場のフィルムを見せてきた。

彼女は秘密組織GIBから、三一銀行に預けられている金塊を大木に盗ませるように仕向けるという指令を受けていた。宇宙真丸教のご本尊のお告げで金塊の奪取を決めた大木は6人の仲間を集めて後楽園球場を借り切り巨人-阪神戦の最中に作戦会議を開く。

映画撮影と称して金庫までのトンネルを掘り、見事金塊を入手。7人は金塊を積んだ輸送機に乗ってGIB本部へと赴くが、受信機が捉えた自衛隊の情報によると、何とこの輸送機には水爆が搭載されているというのだ。そして輸送機は富士の乱気流に巻き込まれて・・・・・・
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
クレージー・キャッツ デラックスその弐

クレイジー・キャッツ スーパー・デラックス未納金の20万円を回収するために接待費を30万円使っちゃいました、とかっていうサラリーマン編の正調無責任節はもちろんスポーツ選手や宇宙遊泳や時代劇など、いろんなシチュエーションで、相変わらずの植木等さんがはじけてくれてます。

お歌の部分では、植木さんと人見明さんとで踊って歌う「シビレ節」が特に心に残りました。珍妙奇天烈な振り付けと表情で、シ~ビレちゃったよ~~~って。なんて面白いおじさんたちなんでしょう!

植木さんソロの「ゴマスリ行進曲」や「だまって俺について来い」は明るい調子の良さ、能天気さに癒されますし、メンバーで宴会して歌う「ホンダラ行進曲」や「五万節」は、心地よい仲間意識の暖かさが感じられて、いやあ、やっぱりどれもこれも名曲です。 映画の名シーンの数々も紹介されています。

クレージー・キャッツ デラックス その参
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
クレージー・キャッツ デラックスその壱

クレージー・キャッツ デラックスクレージー・キャッツ主演の映画音楽です。その壱に収録されているのは無責任一代男~やせがまん節~ドント節~スーダラ節~ハイそれまでョ。

クレージーキャッツデラックスは、大瀧詠一さんが監修したクレージー映画の名場面集です。歌や音楽コントだけではなく、クレージーキャッツの映画ってこうだった・・・という説明が過不足なく盛り込まれてて、しかも面白い。映像と音楽の合わせ方、繋ぎ方が秀逸です。

クレージーキャッツデラックスは、昭和末期にレンタルビデオ屋さんからダビングデッキと共にお借りしてビデオをダビングしたVHSテープが残っています。肝心のVHSデッキが壊れて捨ててしまったので、テープが見られずじまい。こうやってかつての名作がYouTubeで見られるとは幸せな時代になったものです。

クレージー・キャッツ デラックス
クレイジー・キャッツ デラックス発売当時のパッケージ
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
クレージー大作戦

クレージー大作戦クレージー大作戦は、1966年に制作されたクレージーキャッツ主演映画。製作は東宝と渡辺プロダクション。

悪人から悪銭を巻き上げることを商売とする石川五郎(植木等)は、白昼堂々宝石店で強盗を働いて自ら逮捕され、砂橋刑務所へとやって来る。石川の目的は、この刑務所に収容されている金庫破りの天才大平久(谷啓)の協力を得て、「頭取」と呼ばれる日本の暗黒街のボスが持つ10億円を手に入れることだった。

石川は大平の所属する囚人バンドグループに参加し、バンドリーダーで刑務所の看守である加古井守(ハナ肇)の表彰式後に行われた養老院での慰問演奏中に大平や他のメンバーと共に脱走、追ってきた加古井をそのまま仲間に引き込んでしまう。そして、頭取の持つ10億を狙う世紀の大作戦が始まった!

『たるんどる節』 『民謡メドレー~シビレ節』 『大作戦マーチ』 『音楽コント-トルコ行進曲』 がクレージー大作戦の挿入歌。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
クレージー作戦 先手必勝

クレージー作戦 先手必勝クレージー作戦 先手必勝は、1963年に東宝で制作されたクレージーキャッツ主演作品。「作戦シリーズ」第1作。

クレージーキャッツとしては、ヒットした東宝映画『ニッポン無責任時代』、『ニッポン無責任野郎』にグループ全員が出演していたが、あくまで植木等主演の映画であった。しかし、これらの成功により東宝のプロデューサー藤本真澄からグループとしてのクレージーキャッツが出演する映画シリーズの企画が渡辺プロに持ちかけられた。その結果、東宝と渡辺プロ提携による第1作として制作されたのがこの映画である。よって渡辺プロ社長の渡辺晋が制作としてクレジットされ、渡辺プロ専属タレントが登場することになる。この映画では中尾ミエが出演した。通称「作戦シリーズ」といわれる。公開時に舞台版も作られ、大阪の梅田コマで上演された。

口八丁手八丁の男上田ヒトシ(植木等)は各々専門分野に長けた6人を集めて、物事なんでも解決することを商売とした『よろずまとめや』を開業する。しかし大した仕事は来ず、全員暇を持て余す日々が続いていた。そんなある日、フラリと現れた中山ミエが持ち込んだ団地マダムと商店街のいさかいを見事に解決してから、仕事の以来が殺到する。一躍大会社にのし上がった『よろずまとめや』だったが、写真会社が企てた「追い出し」事件に引き受けたところ、一同は追い出される側の親子に同情して味方となる。そのため『よろずまとめや』は、詐欺の疑いで警察の捜索をうけ、備品も株主に持ち出されてしまうというピンチに。
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。