北千住 野口ボクシングジム

北千住 野口ボクシングジム


テーマ:
 現在、「チリ産養殖サーモン」についてネット上で大論争が巻き起こっている。発端となった記事によると、チリの養殖サーモンは抗生物質や殺虫剤を大量に使った“薬漬け”の危険な魚で、さらには海洋汚染も招いているという。

◆地元の人はサーモンを食べるか、食べないかで大論争

 チリ南部パタゴニア在住の菊池木乃実氏が5月17日、「日本のスーパーで売られているチリ産のサーモンを地元の人が食べない理由」と題するブログを発信。これが5月27日に朝日新聞系のネットニュース「ハフィントン・ポスト」に転載され、大反響を呼んだ。

 それに対し“サーモンのプロ”と称する水産商社マンがブログで「サーモン記事のここがデマだ!」と批判。これも大反響を呼び、現在ネット上でチリ産サーモンをめぐっての大論争が起きている。そこで菊池氏は6月11日、「ハフィントン・ポスト」で根拠を含む再反論記事を出した。

 チリは世界第2位のサーモン輸出大国で、日本はその一大消費地だ。スーパーには、チリ産の養殖サーモンが並んでいるが、「薬漬けで食べられたものじゃない」といった声が現地から出ているとすれば、これは日本人の食の安全に関わってくるのだ。

 サーモン養殖が盛んなチリ南部アイセン州の住民、ピーター・ハートマン氏も養殖サーモンを“食べない派”の一人だ。


「私は養殖サーモンを食べません。なぜなら、サーモンの養殖は持続可能ではなく、環境を汚染するからです。私は(養殖業者の)環境に配慮のない運営方法や、汚職、汚染する活動に手を貸したくないのです。それに加えて、抗生物質、農薬、防汚剤などを乱用してつくった魚が健康に良いわけはありません」

 “食べない派”の住民はハートマン氏だけではない。サーモン養殖場の多いアイセン州の住民は養殖場で働いている者もいて、その実態を聞いてサーモンを食べたがらない住民も多いという。また、海洋汚染にも繋がっているとの疑いもあり、サーモン養殖に対する反対運動も起きている。

◆両者の食い違いの原因は「地元」の範囲

 これに対し元水産商社マンのジョージ・ホルヘ氏は、菊池氏のブログのタイトルに「意味不明!」と指摘、「チリでサーモンは超大人気です!!」「スーパー・市場でも魚売り場にはもちろんどこでもサーモンを置いてます!!」と反論、こう続けている。

「私が地元の人が食べない理由をあえて挙げるとすれば、サーモンってチリの方にとっては高いんですよね。スーパーでは肉の値段の倍以上」「またサーモンは国際食材なんでチリマーケットではなく国外に流通していきます」

 一方、最初の記事を書いた菊池氏が住んでいるアイセン州北部(パタゴニア地方)は、首都のサンチャゴから1500km。このアイセン州北部やその隣のチロエ島(ロス・ラゴス州)にはサーモンの養殖場が数多くあり、そこで働く人々もいる。

「養殖場の現状を知っている地元住民の多くは、養殖サーモンは食べません」と菊池氏は話す。

 つまり、両者の食い違いは「チリ産のサーモンを地元の人が食べない」というタイトルにある「地元」の範囲の違いだった。“食べる派”のホルヘ氏は「地元」を「チリ国全体」ととらえたのに対し、“食べない派”の菊池氏は「(養殖がさかんな)アイセン州やチロエ島周辺」という意味で「地元」と書いていたのだ。

 しかし、この大論争に注目している人々が本当に知りたいのは、「地元の人が食べるか食べないか」ということではなく、「本当に薬漬け・殺虫剤漬けなのか」「食べても安全なのか」「海洋汚染を引き起こしている可能性があるのか」ということだろう。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 春はお花見、ゴールデンウィークなどイベントが目白押しだが、ビジネスパーソンの場合、季節に関係なくアルコールに接する機会が多いだろう。酒が他の嗜好品と異なるのは、精神や身体にその場で大きな影響を与える点だが、それこそが酒を飲む理由でもある。最大の問題は翌日までその影響が残ること。つまり「二日酔い」だ。

 経験のある人なら二日酔いが何なのかは身体でわかっている。「酒が残っている」のだ。だがその正確なメカニズムは解明されていない。脱水や低血糖、アセトアルデヒドの影響、酒に含まれるメタノールや不純物などの影響が挙げられているのだが、どれも有力であるものの特定は難しい。複数の要因が複雑に影響し合った結果が二日酔い、としか説明のしようがないというのだ。

二日酔いのメカニズムを“アセトアルデヒド元凶説”から考える

 とはいえ最も有力で耳にすることの多い、アセトアルデヒド元凶説を中心に二日酔いのメカニズムを考えるとこうなる。胃や腸で吸収されたアルコールは血液を通して肝臓に送られる。アルコールはまず「アセトアルデヒド」になり、さらに「酢酸」へ、そして「水」と「二酸化炭素」へと段階的に分解されていく。

 このアセトアルデヒドは有害物質であり、肝臓の分解処理が追いつかず血液中のアセトアルデヒド濃度が高くなると「頭痛」「吐き気」「発汗」「脱力感」などの二日酔いの代表的な症状が現れる。

 肝臓はアルコールやアセトアルデヒドの分解を優先するため、他の栄養素の代謝やブドウ糖の合成の機能が後回しになってしまい、「低血糖状態」を招く。さらに「脱水」「のどの渇き」はアルコールの分解には多量の水が必要となるためで、「胃腸の障害」はアルコールの刺激による胃酸の分泌過剰や粘膜の破壊によると考えれば、アセトアルデヒド元凶説でだいたいの説明がつく。

 日本人は一般に酒に弱いとされるが、実際アセトアルデヒドを分解する脱水素酵素(ALDH)の働きが弱い人が45%、まったく働かない人も5%ほどいる。二日酔いに悩まされる人が多いのも納得だ。

二日酔い対策界、期待の新人「スルフォラファン」とは?

 酒を飲む前に摂ると悪酔いしない、二日酔いに効くというふれこみの食品やサプリは数多い。しじみやはまぐりなどに含まれるグルタミン、卵や豚肉などに含まれるLシステインあたりにはアセトアルデヒドの分解を促進する効果があるといわれる。ただしいずれにも劇的な効果は期待できないのは試したことのある人ならわかるだろう。

 ではALDHを増やす効果に特化した薬はないのだろうか? ブロッコリーの新芽に多く含まれるという「スルフォラファン」には肝臓の解毒作用を高める効果があるとされ、サプリも多数存在する。なかでもカゴメはスルフォラファンにALDHの活性を高める効果があることにも注目し、まさにその名で商品化している。

 二日酔い対策界では期待の新人の部類であるスルフォラファンだが、悪評はないものの「効いているような気がする」「摂らないよりはいい」といった感想も多い。少なくともすべての人に劇的な効果があるわけではないようだ。

 現時点では二日酔いに特効薬はないと言わざるをえない。飲酒前に食事をする、飲酒前から飲酒後にいたるまで(酒以外の)水分を十分に摂る、効果のあるとされるサプリを摂る、飲酒後はたっぷり眠るといった古典的な方法を組み合わせることで対処するしかない。

 もちろん一番効くのは自分の適正な酒量を把握し、度を過ごさないことだ。もっと言えば一切飲まないことだが、それができる人は二日酔いで悩むことはないだろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ポチカムで何と当たりました。

食器洗い専用機はどれも同じだろうと思いました。2016041412260000.jpg

試供品まで付いてきた親切(ビバ・LION)

落ちた!落ちた!落ちた!

2016041413160000.jpg

ピッカピカ!

ライオン株式会社すごいですね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。