外資系秘書の食べたい時

外資系秘書が普段なにを食べているか、つれづれに書いていきたいと思います。

[注:このブログは、メグの個人的な好みにより評価されており、いいお店を紹介する目的で書かれたものではありません。 単に個人的な備忘録ですので、あしからず]


テーマ:

AR本って聞いたことがあったんですけど、今度、初めて体験することに。

しかも、New Horizonと宇宙大図鑑という、まさに話題のジャンル。

東京書籍さんが出してるんですねぇ。懐かしいなぁ。


さて、まずは、New Horizonから・・・。

むかーし、学校で使ったNew Horizonが大人向けになって登場。

絵柄は、ミライ系というだけあって、柔らかいマンガ風。

昔の登場人物が、成長していて、しかも、話が大人向け。

うれしいですねぇ。なんとなく、教科書上の話には、納得してなかったんだな(爆)


無料のアプリをダウンロードして、本の中の「Try it!」と書かれたところにスマホをかざしてみると・・・。

お~~、キャラクターが現れる!

おまけに音声まで、聞けるから、英語の勉強もできてしまうという優れもの。


話の内容は、見てのお楽しみ。
NEW HORIZONはこちら


次にやっぱり、今、話題の宇宙関係。

金環日食用のメガネもついている、宇宙大図鑑!

早速使えてうれしいわ!


3D宇宙大図鑑はこちら

別のアプリをダウンロードして、彗星のところを見てみましょう!


外資系秘書の食べたい時-planet

うーん、こんな写真じゃ、あまりよくわからないよね?

でも、実際は、立体的に見えるんですよー。


次にスペースシャトルを見てみると・・・。


おっ、スペースシャトルをリアルっぽく見るだけじゃなくて、ひっくり返したり、自由に見ることができる!


ついでにイトカワ。

おお~~、イトカワ、くるくる指で回せます。

カワイイ!

これは、やっぱり、実際に見てもらわないとわからないなぁ。

肖像画が話し始めたり、3Dハイブリッド図鑑というだけある。

かなり、楽しめそうです。

Ripreモニター/Ripreキャンペーンに案件参加中 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
私は、京都が大好きだけど、京都(に限らず、関西はどこでもそうかも)のバスの乗り降り、電車の乗り降りが苦手です。ついでに京都人とつきあうのも苦手。

っていうわけで、手に取ったこの本、イケズってどんなものかなんとなくわかったような・・・しかし、関東人には、どれもYesに聞こえるのに京都人には、Noの意味だとか、よく理解できないことが詳しく解説されてるのに益々わからなくなってしまったような気もする。(よくわからない文を書いてるけど、ほんと、こういう気分になっちゃうのよね!)特に、最後のほうは、外国文学におけるイケズになってしまって、ちょっと、終わりにしまりがなかった感じ。

でも、面白い本です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前巻の「おじさん」的思考って本は、オジサン向けに書かれたものだったけど、今度は、仮想女子大生(仮想敵対国みたいだ・・・)に向けて、おじさんが話すっていう趣向。

笑っちゃう表現もたくさんあって、面白いんだけど、後半になるにつれて、思想論になって、かなり哲学的な内容。特にフェミニズムに関しての、というより、某フェミニストに関するコメントについては、う~ん、そうなのかなぁと思ってしまう。

でも、やっぱり、オジサンの思考を覗くには面白い本です。もっとも、ほとんどのオジサンがこんなこと考えていないだろうなぁって思えるのが可笑しいけど。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は結構本を沢山読むので(一週間に2~7冊)、かなり本に関しては詳しいつもりだけど、この本は、久しぶりにでた目からウロコ本でした。

まず、本の題名が良くないよね。晶文社から出てるって言うのも、内容からするとちょっと意外。デザインも軽そうな本ですよーって感じ。でも、この本は一読する必要ありなの!全然おじさんというフレーズは関係なく、女性も子供(中学生、高校生、あ、もちろん大学生もねっ)も読むべきです。

アーそうだよなー、そーだ、そーだ。あははは(面白い例え話が満載)って感じ。『タイタニック』でネゴもじゃんけんもなくてデカプリオくんだけが死ぬのは不公平だとか、笑っちゃうよね。それでいて、社会的に重要な問題を次々に意識の表面に持っていかせるところがすごい。さすが、フランス現代思想が専門だけある。1900円なので、文庫になったら買うといいかも。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
法律を勉強している人たちにとっては、面白い本。ふつーの人たちにも人生、何が起こるかわからないから、知っておくのもいいかもってことが書いてある。

だけど、正直な感想、一冊の本にするまでもないのでは?って思いました。内容は、裁判官の書く判決理由欄の蛇足部分についての問題点。一遍の400字原稿ですむような・・・。ふつーの人たちには、立ち読みでいいんじゃないでしょうかねぇ。観点は面白いんですけど・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。