外資系秘書の食べたい時

外資系秘書が普段なにを食べているか、つれづれに書いていきたいと思います。

[注:このブログは、メグの個人的な好みにより評価されており、いいお店を紹介する目的で書かれたものではありません。 単に個人的な備忘録ですので、あしからず]


テーマ:
年に何回かしか来れないんですけど、
来るたびに何か新しい発見があります。

本日のスタートは、
ビールを飲みながら、
{724A04B6-2BAA-4757-BB15-6F1F288237A0}
ぷっくり太ったホタルイカと
柔らかく蒸されたサイマキエビ。
{ABD63205-D0BD-4336-93DD-F40756268DEA}
数の子は、私の好物ではないのですが、
よくある苦味も全くなく処理され、
香ばしい味が際立った調理です。
{0ED2F75B-B4D7-46AD-A1FC-9370BE6568E4}
既に夏の香りのハモに梅肉ソース。
{2B49EB4B-52A0-4FA1-B76D-9F29CA8B1AED}
ダンベイキサゴの蒸したのに
冷やしひれ酒。

キサゴは珍しいですね。
一度食べやすいように取り外して、
フタも取って戻してある。

ひれ酒も香ばしさがいいですね。
{F5DFCD4E-F539-4EE0-AD00-40F5280644DE}
石垣島の本マグロを漬けにしたもの。
マグロの香りがたまりません。
この辺りから、やはり、日本酒が。
{662B2F72-6B65-425D-980F-A50A08EEA9DD}
これが素晴らしいお酒。
もちろん、冷やで。

{BCF609FD-18D8-4B68-ACC5-CB52884D9F66}
マダラのタマゴをゼリー寄せにした物。
淡白ですが、美味しい。
{81A294D9-761D-458D-A1BC-4160DD2F8D94}
ハマグリのお吸い物。
{CC0ECBAA-4233-4B9D-8CA4-7834C1C08BF7}
ウニと湯葉と海藻。
{007FB939-255F-4715-B9E8-D5827B6DF361}
天ぷらは、まだ春の季節のタラノメと
パプリカと稚鮎。
この後、いよいよ、握りです。
{0D5DDE0A-3F34-4E9A-AA88-CDC8609DFE47}
先ほどの石垣島の本マグロ。
なんとも言えぬ旨味。
{73ED7BEF-CAC8-4A4A-B32D-67EE32FE9687}
アジにアサツキとゴマ
{2E96D343-D839-4505-AF32-B0978F55268A}
タイの昆布締めは、琥珀のよう。
{39C0201C-2154-4D43-831A-9E0042844869}
大きな甘エビ。
甘エビというだけあって、ふくよかな甘さ。
{C152757C-CF74-414F-A49A-6F1EA3059003}
アカガイのヒモ
もう、夏が近いのにまだ、香りがあります。
{D025628F-4DBB-4170-A65C-23AA1BB98B5D}
本マグロの中トロ。
ここで、次の冷酒に。
{4BA1AA89-702F-4CA4-A36B-A7F9F00EE0D4}

{D5AF06EA-CE41-40B7-8DC9-538C334CE420}
これが、なんとキスを炙ったもの。
{6C63F0A6-EAFD-44A4-A640-166834470C1D}
そして、このヒカリモノは、
鮎です!
{FE637848-57F6-4BEA-83E5-C788E30CA815}
ダルマイカ。
{D9FCE05C-5E73-4F93-B6F0-5D477EE6CC99}
マゴチ!

{BDAB2FB6-7B21-4645-8471-356BF2CF01E3}
いつもは、
鹿島の名が焼印された卵焼きなんですけど、
今日は、しばえびのすり身がたっぷりの
カステラのような卵焼き。

シメは、
{D54A9689-9267-4CE1-BC7B-30FEE87EFEA8}
かんぴょう巻。
まるで、デザート。
{B33AEF6A-7422-49AA-BE76-31CB81C282D0}
青海苔の味噌汁に
{50D0E6E0-1CDA-45BE-9F75-F9C7D86ECBE3}
本当のデザートは、
抹茶アイス。

いつもながら、
ごちそうさまでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
冬はやっぱり、寿司ですよね。

ビールで、始めたんですが、
{A72F0345-6844-4CD9-8D5F-2AD0EB844E95}
ナマコ、カラスミと大根

日本酒向きの肴が続きます。
次、カズノコ。
{C8B8F5DD-C903-4717-8A90-9CE123D455C7}

これはもう、日本酒を頂くしかない。
{C857885C-E39D-4D73-B837-BC3AD0E0B582}
お椀は、
鴨とネギとお麩。
身体が温まります。
{91CF5AE2-8BFE-488A-99FF-1D2DE1F05563}
刺身は、
平貝
海老
中トロ
大トロ
スミイカ

{E545D92E-E48D-45B0-A9F1-3E8F2F3ED0E6}
若芽と野菜のしゃぶしゃぶは、
出汁につけるとサッとグリーンに変わる
若芽、
新筍
すずな
カブ
青ネギ

{58BAC90F-39E5-48DC-BE5A-0A279E7A1A10}
カレイの南蛮漬け風。

いよいよ、握り。
美しい、昆布でしめたサヨリ。
{8C311F83-C0B5-4BDD-B641-25DD541FC8F9}

ヅケ
{0F2B48D0-2A8F-4F41-B11F-A362396E6740}

千枚漬けとしめ鯖
{6F58ABED-9D8F-42A4-973C-53387D4A6E38}


{5E2A0E0E-1E4B-439E-91B2-C18BFA1E6E61}

スミイカに五色胡麻、柚子胡椒。
{3E611038-FFD1-46B2-97C3-577830E1C28D}

中トロ
{994F48B3-0AC5-416C-8B8C-00433AE90280}

鯵にアサツキ
{1CB711E7-7D9F-48E6-8FFC-3FA0E4B74BD8}

穴子
{8DA2B185-D85D-4A22-9919-3FB073D2BA13}

アサツキと蜆の味噌汁

{76C00734-2934-4169-883E-F6CC5623A64E}

玉子と巻物
{31F54BE5-E21C-47D8-A542-AAC37EE19239}

春らしいですよね。
{D35B2D24-932D-4069-A3B8-024F137B7ACC}
デザートは、
赤肉メロンと氷蜜柑に苺でした。

もう大満足!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
飛行機を待つ間にここでお食事。
{194CC64C-49AB-4A4F-AD34-D8498E135C0B}
ミーバイという魚。
結構、脂のってて美味。
レモンが効いてます。

{D3BBF4A5-E58A-42BE-9ED0-0BE297924325}
どぅるてんロール。
下の青葉はなんだかわからないけど、
上に沖縄の里芋みたいなのを
フライにしたのがのってて、
美味しい~!

{4AFDEA30-F28F-42C1-939A-E1A39D69CF3A}
牛の炙り寿司。
バーナーでの炙り。

{84FCEBED-677D-4F25-A4C7-8CCD986EC480}
海來ロール
穴子とアボカドのせ。

{883044A7-FDA0-45ED-B3B1-65C4EA5AD9FA}
石垣牛のハンバーグ。
食べてみたかったので、
頼んでみたけど、ふつーに癖のないあじ。
人参は冷凍物なので、パスすべし。
いやいや、寿司屋で肉頼む私が悪いんですけど、
ここって、なんでもあるので。

しかし、今回のベストは、
魚でも肉でもない
沖縄の芋(野菜・穀物)でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
食べ始めは早かったのですが、
もう、1時間以上たちますね。

2つ目の日本酒を頂きながら、
(名前忘れたけど美味しいです)

{B6B7170E-ACDC-4D0B-A9DE-1FF7AACB0A51}
メヒカリを一夜漬けにして、炙ったもの。

{92D800CC-4234-4B5B-94C2-E71D14D32724}
コノシロ

{4ADB8FD3-830B-454E-A260-94BCEE4A98FF}
桜海老入りの卵

{E0A537C0-EDA2-4A1D-96B4-33F4E196D4E4}
石垣島のマグロの中落ちに海ぶどう
懐かしいですね!

{790DD4F1-9C38-4D7C-9AA8-5710C6ED0B6C}
沖縄モズクの味噌汁

あと、デザートあったのですが、
お腹いっぱいでとても無理。
本当に日本人で良かったと思える夕食でした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりにやってきました。
月曜なので、静かですね。

{B9E9E341-A96C-4571-9389-7C088449F805}
鯛の白子
生ビール飲みながら、紅葉おろしで頂きます。
プリプリで濃厚。

{68F1D131-06A1-4D59-9FE1-7B8D0F2B28DE}
サイマキエビを塩で。
まだ、ほんのり温かく、甘みがあります。

{FE0F8372-2757-44AE-A3BB-C89EF23A4B8B}
カラスミと稚鮎
カラスミは自家製なので、柔らかく、
稚鮎も独特の香りがありますね。

写真が見つからないのですが、
緑が美しいゼンマイ、シソの実とアスパラ
紫のとり貝とシソの芽
赤いマグロ
白いコチ
という美しい一皿
(おそらく感動して撮り忘れた)


{9277B5E5-DE32-4C6D-8C6A-6EE8D2A44D4C}
アサリを酒蒸して、山椒を散らしたもの。
春ですねぇ。

{75F1823A-158A-4703-A1D3-0DE8779010AB}
石垣島の本マグロのヅケ
美味しいマグロは、香りがあります。

{D6BE2675-E0D6-4392-9F38-F723DD1D43F8}
ヌタかと思ったら塩タラと野菜

{CB7E3F8E-D11F-47FB-B8E1-80BC8B37AFB8}
鰻の肝
大きくて柔らかく鳥レバーの様です。
甘辛くて日本酒に合います。
隆という神奈川の日本酒を頂きます。

{E6FCA7DB-98C6-4A6C-80B5-88C2675BC857}
湯葉のバフン雲丹載せに海藻

{B690A19E-9546-4937-9E53-A57655E976AF}
東京湾のキスと北海道のホワイトコーン
の天ぷらを醤油と塩で。

{40FECF26-2BC6-4568-B28C-895BF6AFBCFF}
稚鮎

{F424B510-B687-492D-9CC7-6C36629A88FA}
キス

{4E2F2250-17F2-4FD3-BB12-C85733AC2418}

{EF040EF2-ABC4-4413-BC72-E7C2D16A4B0B}
ホッキ貝の炙り

{5900B2DB-2720-4767-8BE2-5814DACD5C2B}
石垣島の本マグロ

{90E6A7E5-C76D-44DB-BAB4-2730B3EF2C24}
赤貝のヒモ
まだまだ続きます。
(写真は15枚しかアップできないので.次に)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本当に久しぶりにやってきたのに
(数年ぶり?)
大将は、私の顔を覚えていてくださいました。

なので、いつもの通り、
トロステーキ重 1290円

{F2823CFA-7369-460A-80CE-E95B42BA8F8D}
白菜のお新香

{B968AE04-F4B1-4C96-AE65-425942608130}
トロステーキ重!
すごくいいところを炙ってくれました。
オーダーが入って炙るので香ばしいです。
真ん中にドーンと大根おろしと共に。
その下にマグロ赤身とハマチの漬けがたっぷり。
このゴマは前になかったような。
{52A49A3D-DFAA-465A-A5C5-950F376C7E43}
アラと青海苔の入った味噌汁。

{04B6A2EA-263F-470E-B792-AE70D560B314}
いつものトマトのシロップ漬け。

大将の色んな話で盛り上がります。
やっぱりいいですね、居心地いいです。
あ、もちろん、昔と変わらず美味しいですよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりの鹿島です。
今日は早めの時間なのに
カウンターは、常連客でほぼ満席。

まずは、
ビールをたのんで。

フグの煮凝りと自然薯(マグロ入り)
{04E11088-2910-4130-8091-AC8B0E0F3C68:01}
自然薯は、ねっとりしていて、
ご飯が欲しくなります。
最初から、”お食事”ってわけにもいかず。

{9C5CF91F-76C5-4355-8D24-885797993CA5:01}
白子のポン酢

{CDA0D0BA-3F19-44F5-A620-8A2F0C86B2C9:01}
最初の汁物は、鴨。
定番のネギ入りで濃厚。ジビエいいですね。

{927B0785-0C42-41E9-84B0-99D9471B84BA:01}
次、さっきまで生きていたスルメイカ。
まだ、動きます。
これを塩、ワサビ、卵入りタレで食します。
{385EE6CE-EBB6-4AE7-803C-8AA1A701AEE4:01}
この辺りから、日本酒いただきます。
いつもながら、幻のお酒が出てきます。

次は鍋なんですけど、
写真撮り忘れた小さな鍋に
ネギ、ワカメ、タケノコ、車エビ
を入れていきます。
{597CD37D-432E-4D24-833C-19FA84E67982:01}
タケノコは、香ばしく、
トウモロコシのような芳香あり。
海老も甘いです。
ワカメは、色がグリーンになりかけのところを
サクサクと。

{C44B2A9B-7C4D-4D38-821D-8F9C8F65E8A5:01}
ホタテの磯辺焼き風を手渡しで。

{67DCAB97-25FC-47C6-9373-7FD86B66B2EE:01}
揚げ物は、殆ど衣のないワカサギ
プチトマト
独特の香りがあるムカゴ
インゲン
サツマイモ
下に小エビが隠れています。

{4EAF15CA-4A0D-41DB-9DBD-9B9150E1A9AA:01}
昆布締めのサヨリ

{6A267B9E-A324-4894-9EF3-5CCE633D92CE:01}
ブリと千枚漬け

{2958A93E-C7DB-47A9-832F-B5975CB2693C:01}
アジ

{17B9F91F-11D3-4051-B2A4-6F07EFCB6B94:01}
奈良漬

{81F8FACF-69E4-4E15-9552-E7E452B62BCB:01}
沢庵とコハダ

{475F5F58-FABA-4013-AB37-7A58886E7D40:01}
中トロ

{C778542C-6546-4901-88B3-196B3EC1F937:01}
アカガイ

{3FC8C158-8161-4669-8E76-A59640DB84C1:01}
中トロ巻き

{CBC45236-4301-4D57-8FB9-58F79E130230:01}
アナゴ

{B96F1E5B-0D12-41CA-942A-F88D0EA1B5C7:01}
ここで、シジミ入りの味噌汁

{075DFDAF-7392-4E0B-BC05-14AA17DE930D:01}
〆の卵焼きは、ロゴがヒラガナになりました。

{EC38CCEA-F5DD-4095-9A04-3803FBC8178B:01}
デザートの黒胡麻アイス。
もう、食べられませーん!

いつもながら、どれも美味過ぎ!
ごちそうさまでした。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう、おきまりの誕生日は
寿司!

てことで、
まずはビールをいただきながら!
{BA384298-A4A4-426B-A1B3-8E57F28B0973:01}
シャコ

{F9F49002-3120-44CF-B296-6A14FC6F5EDE:01}
ホタテに葉山椒

{5B70353A-998A-4F64-B8E9-176E0DB285F3:01}
あん肝をアサツキとポン酢で

{A7F46150-D8E8-4D57-99F8-3B6ABD39BDE2:01}
ハモと梅

{D993D76B-632B-4822-9E5F-F3DB33FFA7EC:01}
鯛の白子とジュンサイのお吸い物

{E51BCE02-17FF-4966-84DF-9094C4988F42:01}
カツオの土佐造り

{CF60E6C5-4EAC-4064-B17D-671F00ECBE9B:01}
箸休め

{6194D84B-0293-4612-A216-55EECF718D99:01}
石垣島の茶豆

{3409DE9B-D36E-4DC5-AA10-AD3AF10CABB2:01}
このわたの茶碗蒸し、イクラのせ
美味過ぎて、日本酒が進みます。

{364D843F-D173-48CF-A48A-D020C34FDA52:01}
アナゴ

{E94953E2-01B9-41F0-89F1-D5E873762F80:01}
イトヨリ

{29E9F704-9755-423C-B572-DFE9E7F359E1:01}
マアジ

{220DF270-A6CB-49A5-88A2-12A6618B524A:01}
イカゲソのフライ

{DCF49C07-040F-4210-BC8E-F840831A67AE:01}
アカガイ

{9F275776-5708-4EDD-AC58-246E817A7A60:01}
ツブ貝

{88DF6BD0-BD02-4591-8D77-DF95CC70ABCC:01}
マグロのヅケ

{5595681C-0582-4A4D-A93E-EAD0867AEC71:01}
中トロ

{22020039-198E-455E-8111-FECA382513E8:01}
青柳

{F4B7015F-5A9A-4917-B5D4-7D039EAF1EAD:01}
炙りキス

{6A1FFA33-499E-4256-8E04-CF202F54254F:01}
ウニ

{04EC3F76-671E-43C1-B868-4E2C2B929294:01}
中おちと海ぶどう
美味~!

お腹いっぱい、大満足です。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1年ぶりくらいでしょうか?

いつものようにカウンターで、
{F5239890-83D0-44EE-9EBA-4241C44340C5:01}

アジのなめろうみたいなもの。

{CFAF0482-815B-40F1-9504-F1B6F7C2DD29:01}

カラスミと大根
茹でて、まだほんのり温かい車エビ
タイ煮凝り

{9E86D710-3816-474C-BD92-927A5E24EF07:01}

大山鳥のスープ

{0EDBBBC6-E372-4906-A159-B4D5E8793787:01}

ふぐの刺身
{30EBFEB3-AABF-4414-9DD6-C5C3118F4316:01}

松葉蟹!

{936D0472-5191-4E67-A176-EFED0BEAC75D:01}

ふぐの鍋仕立て

{D9E5F65E-499B-4F09-BE96-09AF8A1F1057:01}

これが本当のネギま!

さて、握りの1番最初の中とろを撮りそこねましたが、
タケノコが香ばしくて美味。

{98D228F1-4F8C-4511-B17E-7C397C46197C:01}

{8FB01EC2-2050-4896-AB08-CBB62AB08861:01}

シメサバと千枚漬け

{2AF2843C-59D9-4A27-AF0D-E8B7A1317FE3:01}

赤身にカラシをのせて。

{5BBDCF60-C9DF-4F12-8F7A-8858254680CD:01}

ホッキ貝を炙りで。

{F7DF6F74-15FD-49D1-85D0-9068111807D2:01}

いくらと数の子の巻物。
これにて打ち止めで卵をいただきました。
もっとも、ゆずのソルベと味噌汁は、別腹!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
羽田空港にも幾つか寿司屋があるようですが、
出国後にちょっとオシャレな寿司屋があります。
バンクーバー行きの飛行機を待つ間に

魚がし日本一で、
お寿司!

ここは、テイクアウトで1500円の握りとか、確か700円くらいのバッテラとかもあるんですけど、

海鮮ネギトロ丼、
780円だったと思うけど、
これがオススメ。
{8772BDE2-18AA-437F-8165-878F69E0731F:01}

イクラ、タクアン、エビなどが
細切りでちょっと入ってたりします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。