外資系秘書の食べたい時

外資系秘書が普段なにを食べているか、つれづれに書いていきたいと思います。

[注:このブログは、メグの個人的な好みにより評価されており、いいお店を紹介する目的で書かれたものではありません。 単に個人的な備忘録ですので、あしからず]


テーマ:
たまーに天丼が食べたくなることって
ありますよね?

日本橋に本店があるようなのですが、
威勢のよいかけ声にひかれて、
入ってみました。

天丼は、内容によって松竹梅、
他にも、天ばら丼というのが
あるそうで迷います。
海老とか小柱とか
バラバラ入ってるらしいのですが、
980円。
天丼の梅は、880円。
お味噌汁は、別で120円。
初めて入る店では、
1番安いものを頼むというのが鉄則なので、
天丼の梅と味噌汁をお願いしました。

珍しい黒豆茶を自分でいれます。
寿司屋のカウンターのようで、
高級感を感じさせます。
実際、カウンター上には、
壺に入った、ガリゴボウなる物が。
お寿司屋さんのガリにゴボウを混ぜたような。

{F5878838-F37A-4B84-BDB1-A7756313221B:01}

さて、天丼は、
{E54E3EDA-1222-4DC7-853C-33884F7DEDCF:01}
インゲン1本
海老2尾
舞茸
海苔
小柱

甘辛いタレが美味です。
海老は、ちゃんと処理してあり、
舞茸は、なぜかあまり香りがなかったのですが、
小柱は、沢山入ってます。
卵も美味しいです。
ご飯たっぷりで残してしまいました。

やはり油っこいので、
箸休めにガリゴボウが嬉しいです。
{FF5EB5F4-574D-4BEF-B53D-3EEE0BC2D616:01}
味噌汁は、小さな8ミリ角くらいの豆腐と
みじん切りの三つ葉。
ちゃんと出汁がきいて美味しいです。

結局、梅で十分でした。
確か、
梅(舞茸)   880円
竹(鱚だったかな?)  980円
松(穴子)  1280円
と書いてありましたが、
梅でも海老や小柱、色々入ってましたよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日は、昔の仲間たちと飲み会です。

ここら辺りも随分変わりました。 

まずは、プレモルで乾杯。
飲み放題でプレモルありはすごいです。

{F5F830E5-5F0B-4183-910E-18CAFD62C88E:01}

パパディからスタート。
玉葱がすごくて、
明日は誰にも会えなさそう。

{53DDFE09-0504-4A28-8D15-0FAC153A1213:01}
サラダ。

{92D5CEAD-704E-4F89-96CC-787EDDB967B9:01}
野菜の天ぷら。
ほうれん草とナスかな?

{8A0E23BF-9C18-457A-AD46-133E5C2C64F9:01}
シシカバブ
これはいまいち。

{263FCD54-70F5-4C2F-869C-97B0CA57C4A7:01}
フィッシュティカ
これは、なかなか美味。

{A72869A3-50F9-4C9A-A0BB-6683E57D514E:01}
カリフラワーのフライ?

{585BAE8B-A8DB-4572-9C62-9A34A0E640CE:01}
タンドリーチキン
ジューシーで美味しいです。

{A943BE2A-F79D-44DF-AC96-6AA334859077:01}
待ってました、
ビリヤニ。
スパイスが殻ごと入っているけど、
いい感じです。

{BF94A2C8-AEDF-415A-9B92-61132E648FB8:01}
挽肉と野菜のカレー

{2F42F553-9796-4FD4-A14C-687DCE6727A2:01}
バターチキンカレー

{DB967E74-EF6F-4055-ABCA-24DBF90785E4:01}
たべきれないほどのナン。

私は、その後、白ワイン、ラッシーといただき、
1人4千円くらいでした。

パーティーにはオススメです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハンバーグが食べたくなって、
飛び込みました。
他にも巨大なロールキャベツとか
気になるメニューがあるのですが、
ひとまず、
ハンバーグ、和風ソースで 950円。

中に入ると
思いの外オシャレなビストロの雰囲気。
木々が緑に揺れて、
すこぶるいい感じ。

夜も使えそうな高得点の雰囲気のまま、
ハンバーグ待ちます。
結構、時間がかかります。
一度焼いたものをオープンに入れてるのかな?
10分くらいかかって、
{56AAA7BB-92D9-4B37-92C7-3DA31D6DB4A9:01}
ハンバーグ
そして、
{787D8F14-56C7-4E79-A279-CEC9B7A17BC7:01}

並盛りのご飯。
(まさか、こんな山盛りとは!)

ハンバーグは、
デミグラスソースと和風があったのですが、
和風にしました。

ナイフを入れると、
ピュー!
と肉汁がでてくるくらい
完璧なハンバーグです。

多めの大根おろしも高得点。

しかし、
???
これは?
なんとなく、何か変な味が。
恐らく、インゲン、ポテト辺りが
一度冷凍したもの?
冷凍っぽい臭みがあります。
一度洗えばこの臭いはとれるのに。

コーンは美味しいです。
人参は、物にもよるので、
まあまかな?

しかし、
非常に残念です。
食後に独特の味が残りました。
まあ、
殆どの人にはどうってことないのでしょうが、
ハンバーグが稀に見るほど完璧だったので、
勿体無いです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
親子丼と言えば、
この辺りに有名なお店があるらしいのですが、
なかなか見つかりません!

それもそのはず、
路地を入ってくねくね行った先にありました!

入るとガラガラで、
あれ?
と思う間もなく満席に。

ここのランチは、
親子丼の並と大盛りしかないみたい。
しかも、たった20円の差。

しかし、並にしておきます。

最初にお番茶を渡されて、
すぐに親子丼できました!
コンロの上に半分火を通したものが
6杯分くらい待機してるのですね。
{F834AC20-8297-486E-B2F8-9078A2FAFB4E:01}

卵がすごく濃い!オレンジに近い色です。
あまり混ぜずにサッと卵を割り入れた感じ?
肉は、かなり歯ごたえありで、
噛み締めると肉の味がじんわり出てきます。
美味しい肉と卵ですね。
鳥は比内鶏らしいです。
あまじょっぱい感じも高得点。
三つ葉とか、玉葱とか、邪魔するものもなく、
直球勝負ですね。
いつもは、七味とかかけるんですけど、
置いてあった山椒を途中からかけてみました。
これもまた、いいですね。
しかし、辛いので、かけすぎないようにね。

{D749E4CC-AC59-41E6-A786-4A2678B5418A:01}

レタスのサラダと大根のお新香、
ワカメとネギのほっこり家庭的な味噌汁。

家族経営なんでしょうか?
ほっこり温かい感じです。

これで、980円。
そとに出たら
奥久慈と書いた卵の箱が置いてありました。
これかー、烏骨鶏より、味が良いのでは?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
所用があり、あまり時間がなかったので、
適当にその辺りのお店でランチをすることに。

とにかく、和食が食べたかったんですが、
何の予備知識もなく、
飛び込みで入るって勇気がいりますよね。
(ここのところ、よくある話ですが)

しかも、うらぶれた感じのビル地下の店。

階段を降りていくと、
段々、オヤジの巣窟に近づいていくような
一見、一杯飲み屋というか、
割烹料理屋のような…。
不安がありましたが、
入ってみたら、思いの外、
女性と若い男性が多いです。

私がひかれたのは、
お米は山形のつや姫と書いてあったことと、
殆どの定食が850円だったこと。

海鮮丼なども気になるのですが、
なにせ初めてで失敗すると悲しいので、
カキフライ定食にしてみました。
それも、広島産だそうです。

番茶を飲みながら、
待ちます。
お酒もいいのが色々置いてあって、
小上がりも、サラリーマンが仕事後に
やってきて、一杯やるにはいい感じ。

お寿司屋さんのように
ガラスのショーケースがあるので、
やはり、刺身関係を頼めばよかったかな?

{CCF29F8A-C003-43C8-AF24-A788E0005918:01}

カキフライは、こんな感じ。
しっかり俵型に作っていて、
噛り付いたら、揚げ立てジューシーなので、
火傷しちゃいそうになりました。
レモンはありませんが、
ソースとタルタルソースの両方ついてます。

千切りキャベツのドレッシングは、濃い味で、
ヒジキもかなり濃い味付け。
お新香が普通の居酒屋風なのが残念ですね。

{024E1340-5A73-4DDA-9E35-5CD7A9E29C7B:01}
ご飯!
たっぷりですが、美味しいので完食しました。
お味噌汁は、具がアオサのみですが、
ダシが美味しくてホッコリします。

こんなとこの常連さんもいいな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前から行ってみたかったのですが、
今日こそ行ってみることにしました。
なにしろ、
ここも中がどうなっているか、
全くわからない。

引戸を開けて入ると
どこかの民家みたい。

靴脱ぐの?
と一瞬ためらうほど、
磨き抜かれた木の床に
一歩上がることになります。

廊下の奥に小さな食堂。
2人掛けが8つくらい?
二階もあるようですが。
なんだか不思議空間で、ちょっぴりレトロ。
おばあちゃん家に遊びに来たみたい。

さて、
水餃子とか担々麺にも惹かれたのですが、
本日の定食が酢豚だったので、
それにしました。
酢豚、好きなんですよー。

烏龍茶を飲みながら、待っていると、
{6605A409-5650-4644-B6CC-A05732F04675:01}
定食についてくるのは、
まあ、よくある中華風溶き卵スープ
ほうれん草と油揚げと木耳の和え物
ザーサイとチャーシューの細切り

これだけでご飯が進みそうです。

{9D87F1CC-9AC6-4EB5-BBC1-9BDF7C603533:01}
ご飯もたっぷり。
軽くして貰えば良かった。

酢豚は、脂身の少ないところを
カリッと厚めの衣で揚げ、
王道の人参、玉葱、ピーマンと共に
炒めたもの。
熱々で火傷しそう。
甘辛酸っぱいのもちょうどいいし、
肉の量もすごいです。

そして、デザートは、
{DE2DF316-2E30-4265-96BD-5E4FC01593B0:01}
ココナツミルクのゼリー。

これで1080円は安いですね。
出ようとしたら、
廊下に長蛇の列ができてました。
納得です!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なんとも怪しげというか、
中が見えない黒い建物なので、
なかなか入り辛く
しかも定食が1500円位なのです。

というわけで、入ったことがなかったのですが、
よくよく見たら、
担々麺 1000円というのもあるじゃない?

入ってみます!

入ってびっくり。
なんともオシャレ。
{74DD40C8-C115-418C-905E-B8B8B8F8B976:01}

古民家風というか、
民芸調というか、
薄暗い中で、食べ物がライトアップされますね。

{DB1BBB5E-FF1F-43F4-AEB9-438267AABD84:01}

烏龍茶を頂きます。
ポットでいただけるのは有り難いです。

{D8DE8BBA-6A37-4001-9229-1F1AC422CE6B:01}

担々麺は、白胡麻たっぷりで、
練りゴマと
カシューナッツか何か入ってるみたい。
小さくカットした青梗菜と
私はあまり好きでもないけど、
シャンツァイが入ってます。
麺は縮れ麺。
スープが美味しい!
かなり得点高しです。
唐辛子の爽やかな辛さも適度。

紙エプロンも頂けました。
食べてる途中で、解けそうになったら、
破れたのかと勘違いされたのか、
お店の人が新しいのを持ってきて
くれそうになりました。
なかなかサービスいいです。

あと、小鉢?が
冷たい白麻婆豆腐みたいな一品。
{607C8165-3EDF-47E3-B8AC-DECD2E51BFEA:01}

ご飯があればねぇ。

そして、デザートが定番の杏仁豆腐。
{6E3C5BD0-B0AA-44DA-9F4A-7E11A106B2FD:01}

ちゃんと杏仁入ってます。
なかなか美味しいお店でした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
無性にカレーが食べたくなって、
新しいところを開拓です。

ちゃんとインド人が作ってる
スパイシーなカレーが好き。

ここは、奥に長いこじんまりとした店内。
モダンシンプルな内装。

ランチカレーは、900円から。
カレー2種類で1000円。
せっかくですから、2種類いきましょう!

6種類くらいあるカレーから、
バターチキンとシーフードを選択。
バスマティライス、サフランライス、ナンは
食べ放題。
サフランライスとナンを頂くことに。
ドリンクも数種類から選べます。

{3138AC39-69BD-48E5-9788-4DDC44431432:01}
まず、きたのがサラダとスープ。
インド料理屋って普通、オレンジ色のドレッシングですけど、
ここのは黄色っぽい。
味もセージとかジンジャー風の香りがあります。

スープは、ポタージュのようにみえますが、
チキンの味がかなりする、
チキンとベジタブルスープ。
これ、かなりイケてます。

{DD0D3831-30D9-4E4D-A871-F56EBC598870:01}
ラッシーは比較的サラサラ系。

{C0C6E956-91FF-484E-999C-3B05ADCFBBDD:01}

ナンは、大きな普通サイズを一枚くれました。
サフランライスは、
かなり細長いバスマティライスで、
いまいちかも。

左がシーフードで、
ミニホタテ2つと細長い短冊状のイカが少し。
右はバターチキンですが、
小さな2センチ角位のチキンが数個沈んでます。
具の分量は、ちょっと悲しいかな?

砂糖が多いのか
両方ともかなり甘味を感じます。
あまり辛くないのですが、
卓上に特別辛味ソースがあるので、
それをたっぷりかけてみました。
バターチキンは、濃厚で美味しいんですけどね。

ちょっと変わったポテトとナスのカレー
にすればよかったかと
ちょっと後悔してしまいました。

カレーより、スープが美味しかったです。
(爆)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この間の中華屋さんもそうですが、
書かれたメニューを見て、
想像していたものと全然違う物が出てくる事
ってありますよね!
大抵は、それが嬉しい驚きなんですよね。

今日もそれが起こりました!

立て看板に書いてあったのは、

ニース風サラダかミネストローネ
ハベッテのカプレーゼ
鶏胸肉クリームソース
ジャスミン風味のブリュレ

だったと思うんですけど、
頭の中では、
ハベッテて何?
バベットの間違いかな?
バベットステーキか鶏胸肉か選ぶのかな?

と悩みながらも
可愛い感じの半地下のレストランに
降りて行きました。

カウンターが長い小さな店は
キッチンも小さそう。

カウンター席に座ると
”ワンプレートランチになりますが、、、”
との説明がありました。
サラダかスープは選ぶみたいで
ミネストローネにしてもらいました。

他には、ステーキランチ、
1800円もあるみたい。

それから、かなり待ちました。
ワンプレートだよねー?
普通、ワンプレートなんて、
最初から少し盛り付けてあるもので、
サッと出てくることが多い。

でも、どうやら作ってるみたい!

出てきたのがこれです。

{F332B112-BF4B-4BA5-82A5-2847D539BBA9:01}

左下がちょっと辛味のある
トマトソースのリングイネ。
カプレーゼ?と言われてみれば、
確かにのってるのは、
フレッシュモッツァレラです。
アルデンテで美味!

左奥は、
自家製のフォッカチャ?かな?

右上がミネストローネ、
野菜たっぷりで、パプリカなんかも入り、
更にパスタ入りです。

右前が鶏胸肉のクリームソースなんだけど、
素晴らしいキノコの香り!
クリームソースというより
キノコソースというべき!
マッシュポテトも添えられてます。
嬉しい驚き。

どれも熱々で美味しいんですよ。
スープからスタートしたけど、
最初に繊細な鶏胸肉からいくべきでした。

そして、
{D8500238-1463-4DC4-A51B-B03602CCC130:01}

カフェかティーがつきます。
illyなのかな?濃厚で美味しいコーヒーです。

デザートは、
{A578B546-30A6-45FB-8E33-D34179F6915D:01}

ジャスミン風味はよくわからなかったけど、
美味なキャラメルブリュレでした。

これで、1000円。
女性で一杯の店内がメニューの完璧さを
示してますね!

また、来たいと思います。
1つも手を抜いてない!
何がでてくるか、期待でワクワクしそう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
無茶苦茶入り口が狭いので、
なかなか目立たないのですが、
老舗のようです。
ただ、入ったことがなかったので、
元同僚と少し豪華なランチをすることに。

蕎麦1枚だと900円くらいなのですが、
軽いといううわさなので、
せっかくですから、
御膳の1つ、
あけぼの 1550円
を頼むつもりで向かいました。

入り口を入って石畳みというんでしょうか
その先に引戸があり、
開けるとすぐ階段で踊り場が見えます。
一瞬、靴脱ぐの?
と思うくらいきれいな床です。

お香が焚かれ、
京都の町家?みたいな感じ。
完璧にタイムスリップです。

二階には、小さなカウンター席と
テーブルが幾つか。
かなり小さいです。

勝手知ったる常連客が
いつもの 席についてます。

とは言え、カウンターは、私たちのみ。
他にお客は2組かな?
やっぱり高いもんねー。

おしぼりを使い、お番茶を飲みながら
料理を待ちます。

{FAA327D7-A87D-4129-89AE-ACCBED096A85:01}
まずは、たっぷりの生湯葉に山葵
とっても美味。

{C9048F2F-8A40-431A-8F36-95F1366ED8FA:01}
すぐに蕎麦が。
「かけ」か「もり」か選べます。
コシがあって短めの蕎麦は美味しいですが、
確かに軽いですね。
{C05FED1A-7F91-4150-9615-44F7E9C1D3DD:01}
蕎麦つゆに大根おろし
(辛味大根かな?でも、殆ど辛くない)
山葵がないのが珍しいですね。

{A9BBC2D4-0A93-40EA-9A78-366543C0535C:01}
薬味入れがあまりに可愛いので、
撮りました。
七味唐辛子、白胡麻、青のり、山椒、醤油だと思うのですが、使いませんでした。

{83F53F79-751C-4554-A8E7-87174240BA78:01}
ちりめんご飯は、思ってたのと
ちょっと違って
釜揚げみたいなちりめんで
(私は、京都風のちょっと炊いたちりめんに
山椒を想像してました)
細切りの塩昆布と細切りの大葉
という爽やかな取り合わせ。

卵焼きは、まさに蕎麦屋の卵焼き。
味噌汁は、豆腐ではなく、
柔らかめの厚揚げが入ってました。
ネギは、細かい輪切りではなく、
更に包丁をいれたもの。

蕎麦湯は、割とサラサラしていて、
余分においてある蕎麦つゆで
更に飲んでみると
かなりカツオの香りが湧き立ちます。

美味しかったのですが、
だから、何かと言われると困ってしまう。
湯葉が美味しくても、
他で食べられないかというと
そんなことないし、
小鉢も味噌汁も普通。

挙句は、
もっと美味しいと思った蕎麦もある。
ま、強いて言えば、
料亭風の雰囲気がいいですかね?

結局、カウンターに他の客は、
現れず、テーブル席も1組のみ。
密会ランチにはいいかもです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。