外資系秘書の食べたい時

外資系秘書が普段なにを食べているか、つれづれに書いていきたいと思います。

[注:このブログは、メグの個人的な好みにより評価されており、いいお店を紹介する目的で書かれたものではありません。 単に個人的な備忘録ですので、あしからず]


テーマ:

本当に久しぶりにちょっとリッチなランチを楽しむために行ってみました。

ランチは、1300円からなんですけど、生姜焼きなので、せめて、ここのウリの薄切り肉のランチは食べたいな、と思って、1500円のランチ、奮発しました。


今日は、3人なので、テーブル席。

どっちかというと、やっぱりここは、カウンターで食べたいんですけどね。

カウンターは、外が見れるけど、テーブル席は、展望が悪いんですよね。


ほうじ茶を飲みながら、待つことしばし。

最初に来たのは、ご飯と蓋付きの湯飲みみたいなのに入った赤出汁。

ご飯は、美味しいけど、男性には、物足りない量。もしかして、お代わりできるかもしれないけど。


横長のお皿に二枚重ねになった、和牛の薄切り肉が。

下には、味のついたきしめんと、もやしが。

添えられている小さな鍋風の入れ物に入ったシチューは、

美味なるデミグラスソースがたっぷりの軽く炭火で焼いたミニハンバーグ、

適度に柔らかく火の通ったペコリス、

人参、

じゃがいも

各一切れずつ。

残ったソースには、邪道と言われようと、きしめんを入れて食べてしまいます。


食べ終わると、移動して、奥のテーブルで、コーヒーかお抹茶をいただきます。

お抹茶だけには和三盆のお菓子付。

でも、コーヒーも美味しいですよ。

ミルクは、ポーションミルクだし、デザートがないのが、ちょっと残念だけどね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

蕎麦が食べたくて、やってきました。


いつもの白菜の千切りと水菜のグリーンサラダ、揚げた蕎麦のトッピングに和風ドレッシング。

いつもながら、食べ放題なのがうれしいです。


冷たい蕎麦と丼の取り合わせは、最近、牛丼の肉がかなりの増量(シチューのようなゴロゴロ肉になってます)になってるんだけど、カロリーを考えてマグロ丼の方にしました。

これが、、、ちょっと変色してませんか?

もったいないので、ワサビをたっぷり塗って食べましたが・・・。


相変わらず、繊細でコシの強い蕎麦は、美味です。

たっぷりの白葱と山葵を入れて。

汁がおいしい♪


デザートは、いつものきれいでカラフルな丸いお麩菓子

小さいカップだけど、とっても美味しいコーヒー。


これで、800円ですからねぇ。

しかも、使ったお箸は、お持ち帰りOK。

良心の呵責が・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワインバルなんですけど、ランチもやってるんですよね。

一度行ったことがあって、そんなに記憶に残ってないので、いまいちだったような・・・。

今日は、知り合いのリクエストで再訪しました。


限定(だったと思うが)900円ランチやってます。

そうそう、有機野菜を使ってるってことだったんだけど、前回、あんまりそういう感じじゃなかったんだな。


今回、最初のグリーンサラダと前菜の盛り合わせの、グリーンは、ちょっと香りが強くて、有機かも?という感じ。

前菜は、パプリカのトマト煮みたいなの、水ナス、大根のサラダ風。一口ずつ。


パスタは、三種類の内から、ツナとキャベツのパスタをお願いしました。

ツナもキャベツも申し訳程度の量で、オイルベースのソースも普通。

パスタは、生パスタなのかな?あまりコシがありません。ていうか、ちょっと茹ですぎチック。

うん、生パスタなんだろうな、この感じは。


ドリンクは、珍しいクランベリージュースがあったので、それにしました。


デザートは、パインのジェラート。

うーん、これは・・・もしかして、業務用のアイスじゃ?!


ってことで、今回もあまり感動しませんでした。

基本的にバイトでもできるお料理じゃないかと・・・ってキツイかな?

が、このくらいの値段なら、もっと美味しいところがあるので、もう少し頑張ってもらいたいもんです。


樽入りのスパークリングワインとかあるみたいなので、夜来た方がいいのかもね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに南部亭です。

一階は、団体客がいて、やかましいので、そとのガーデンへ。

いるのは、外国人ばかりですね。

日本人は、ちょっと日差しが気になるかも。

でも、グリーンの中で、ちょっとバラなんかも咲いていて、いい感じ。

パラソルもあるので、大丈夫かな。


さて、一番、軽いランチをお願いします。

ったって、3150円の3コース。

それにシャンパンをグラスで。

これが、1200円くらいかな?


パンは、ちょっと小ぶりなバゲットにバター。


前菜は、

ホタテとブルガー小麦のサラダ仕立て。

アンチョビーとガーリックソース


ホタテは、カットしてあるものの、グリルしてあって、美味。


メインは、和牛のポアレをお願いしました。

これって、1800円くらいプラスされるのよね。

これで、すでに6000円くらいになっちゃってます。


牛フィレっていうだけあって、とっても柔らかい。

が、どうも、和牛というより、オーストラリアで飼育される、Wagyuみたい。

あっさりしてます。

岩塩もまぶしてあるみたいだけど、ちょっとパンチのない味。

添えてあるのは、

姫青梗菜、スナップエンドウ、オクラ、ペコリス

なかなか、ヘルシーな感じ。


デザートは、

マンゴーのヴァヴァロアにココナツのアイスクリーム。

マンゴーは、思っていたような味だけど、アイスは、ヴァニラにココナツの粉をかけたみたいなものでした。


これにアイスコーヒー。


自腹だったら、どうかな?っていう値段。

ここは、はずれもないんですけど、なぜかいつもより、いまいちの味でした。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひょんなことで、このお店をネット上で見たんですけど、これって、築地の魚やさんと八百屋さんのコラボのアンテナショップ?


地図をたよりに行ってみたんだけど、見つからない・・・。

あれ?なんと、この古ぼけたビルの中ですかね?

中二階とか・・・。ちょっと汚そう・・・。


と、お店に入ってみると、なんと、新しくてきれいな感じ。

ネット上では、居酒屋風だけど、実際は、こぎれいなお店ですね。

高級感は、ないけれど、新しくて、一生懸命やっているって感じ。

これは、入り口で、かなり損してるかなぁ・・・。


ランチは、850円から。


お刺身が数種類盛り合わせになったもの・・・確か1000円?

有機野菜と、霧島豚、鶏などを沢山使った、タジン

普通に焼き魚とか、煮魚のランチ、


私は、

おろし乱切り蕎麦と小天丼、850円というのにひかれてしまいました。


どのセットにもおばんざい6品がついてきます。


今日の中身は、


もやしの煮浸し

大根、キャベツ、キュウリなどのお新香

大根と油揚げの煮物

キャベツとタコの煮浸し

白菜の煮浸し

わらびもち


でした。


冷たい番茶がでてきます。


蕎麦は、温かいのと冷たいのとがあるんだけど、今日は、ひんやりしているので、温かいの。

なるほど、きれいにはカットしていない蕎麦。

が、茹でてから、ちょっと置いたのか、固まってます。

汁は、かなり東京風というか、濃くて甘い。

おろしと七味を入れても、あまりインパクトなし。

いまいちだなぁ。


小天丼は、エビ、ナス、シシトウが載っているんですけど、天ぷらというよりも、から揚げに近いような衣の硬さ。

ご飯がいまいち。


一口だけ載っているわらび餅も、ちょっとインスタント風。


やっぱり、お刺身とかを頼むべきでしたね。

おばんざいセットは、とってもいいので、この値段じゃ、全然文句言えないんですけど・・・。

遠目に見るお刺身は、さすがにゴージャスでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、ビジネスランチです。

というわけで、そんなに重くないランチ。

一番軽いコースは、3780円。


ここの入り口とかは、好きなんですけど、入ると、上海の中華屋さんみたいな雰囲気。

広東料理の有名なシェフを引き抜いたってことだったと思うんだけど。

なんだか、いつも、そんなに感動しないんですよねー。


コースには、お茶が含まれていないので、980円くらいのお茶を頼むことに。

私は、キンモクセイのお茶にしてみました。

結局、これで、一人、5000円くらいしちゃうのね。

ビジネスじゃないと、ちょっと青醒めそうです。


最初にクルミの飴がけ胡麻まぶしみたいなのがきます。

それをつまみながら、待つことしばし。


最初は、ちょっと漢方風のスープ。

小白菜と骨付きチャーシューのスープ?


次は、鶏のあっさり炒め。

細く拍子木切した鶏とネギ、パプリカ、玉ねぎなどの野菜。


次に鰻の炒め物。

これが、一見酢豚みたいなんですけど、食べると鰻だわ。

しかも、ちょっと臭みがあって、ゴムみたいな弾力がある。

まさか、中国の鰻?!


次にチャーハン。

ぱらっとしあがってるんですけど、ちょっとパンチがないので、置いてあるスパイシーなソースをちょっとかけてみます。


そしてもう、デザート。

2種類のメロン(一個ずつっていうのが、ちょっと貧乏臭い)、タピオカの入ったココナツミルク。

あんまり、工夫は、ないですね。


これで、この値段?一つ星?と思わず考え込んでしまいます。

奢ってもらったので、あまり文句も言えないんだけど、これだったら、もっと美的センスのある、美味しい中華ってありますよね。ちょっと残念だなぁ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

本当に久しぶりなんですよね!

この路地にある、隠れ家的和食屋さん。

お値段設定も変わってしまって、今は、どうやら、


前菜コース(3品くらい)、3500円くらいだったかな?

コース、6300円。

ご飯付コースが、10500円くらい。


うーん、迷います。

一応、最近、夜は、炭水化物を控えているので、ご飯なしのコースで様子をみることに。


お店は、全く変わってないなぁ。

新しい人が2-3人入っていたけど。


それにしても、お店、金曜日だというのに私達以外に2組のみ。

後から、来るのかしら?

ちょっと、心配です。


さて、まずは、生ビールで乾杯!


最初の前菜が、美しい一品。

とっても薄くスライスした、シャキシャキした水ナス、

甘いフルーツトマト

有機かな?と思われるルッコラ

自家製のカツオの燻製は、まるで、生ハムのようで、魚を超越しています!

これらが、サラダ仕立てになっていて、胡麻ドレッシングのようなものがかかっている。

うーん、色も美しいが、味もなかなか。

これは、シャルドネが合いそう!


次に小鉢の盛り合わせ。


姫竹の皮の柔らかいところを使ったきんぴらのような一品。

茗荷の茎をやはり、繊細にカットして、きんぴらのようにした一品。

これは、忘れたけど、緑の山菜をやはり、繊細なきんぴらのように仕立てた一品。


どれも微妙に歯触りが違って、味がたおやかなのよねぇ。

日本人に生まれてよかったって感じ。


そこに寄り添っているのが、カマスの棒鮨。

いつもながら、お鮨も美味しい。


思わず、焼酎を注文してしまいます。ビールじゃもったいない!

焼酎は、兼八。

麦じゃなくて、日本酒の方があってたかもしれないけど、珍しいし、廉価なので、思わず。。。


次に稚鮎のフライ2尾

アスパラとタケノコを串フライにしたもの。

特製のソースをかけて。

うーん、苦みがいいなぁ。

初夏ですねぇ。


次のお造りは、

ねっとり甘いアオリイカを塩で、

白身の魚2種(一つは、皮を炙って)

そして、桃色の美しいメジマグロは、香り高い。

紫蘇の花と共にいただきます。


それから、贅沢に姫竹を目の前で焼いて、

皮の柔らかいところも歯で削ぎながら、食べます。

香ばしくって、甘くて最高!


汁は、フキ、コゴミ、ジュンサイなどの山菜がたっぷり入ったすましで、

ふっくらとしたアサリと衣をつけて、一度揚げてあるハモが香ばしい。


どっか、この辺でほうじ茶が出たと思うんですけど。。。

酔っ払っていて、よく覚えていない。


結局、数種類ある炊き込みご飯のメニューを見ている内に誘惑にかられて、

利尻の塩水雲丹を頼んじゃいました!


これが、いつもながら、すばらしい!

あ、今年初めての利尻雲丹だなぁ。


最初に炊き立てのご飯のお焦げのところだけ、一口いただきます。

そして、バフンウニを1パック、どかんと!

軽く混ぜて、まず、一杯。


一口食べて、

次に海苔に巻いて食べてみます。

美味~~!

日本人、やめられないね。


山菜の茎のようなもののお漬物と味噌汁

そして、しばらく蒸した雲丹ご飯をもう一杯!

更にもう一杯あったんだけど、とても食べきれず、おにぎりにしてお持ち帰りにしました。。。


デザートは、ほうじ茶のゼリー、梅のソースかけ。

それに玄米入り緑茶。

うーん、しみじみ幸福!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひっさしぶりにリサと行ってみました。

アペリティフ!

フレシネ(スパークリングワイン)700円を飲みながら、おしゃべり。

今日の夕食は、これまた、久しぶりの『いち』で和食を楽しむことになってます。


それにしても、なんだか、閑散としているなぁ。

他の場所は、結構、人が戻ってきているみたいなのに。

アメリカ系、ヨーロッパ系のお客さんも減ってます。

インド系、中近東系が増えて、雰囲気も変わってきたなぁ。


バーテンのリチャードも戻ってきていないし!

今度、戻ってきたら、サルサを教えてもらおうと思っているのに。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。