外資系秘書の食べたい時

外資系秘書が普段なにを食べているか、つれづれに書いていきたいと思います。

[注:このブログは、メグの個人的な好みにより評価されており、いいお店を紹介する目的で書かれたものではありません。 単に個人的な備忘録ですので、あしからず]


テーマ:

ボストン沖には、ナンタケット島、マーサズ・ヴィニヤード島と政財界御用達の別荘が沢山ある高級リゾート地があります。その内の、マーサズヴィニヤードでアメリカの金持ちをウォッチングするためにやってまいりました!


ハーバーヴューホテルというところに泊まったんだけど、ここのレストランは、地元の金持ち、別荘地の金持ちの御用達。現在、色々な問題があって、レストランの一部がちゃんとファンクションしていない(という地元での話)で、ファインダイニングのレストランは、あるんだけど、そちらをわざわざ敬遠して、パブの方のHenry'sに行って見ました。味にうるさいみなさんは、こちらに来てるみたい。


で、マスト(必ず食べなくっちゃ!)のクラムチャウダー。

確か9ドルくらい。



chow2

ここのは、オシャレにも、イタリアンパセリが入ってます。

胡椒が強くて、ちょっとさらっとしたタイプ。ただし、ポテトは、ほとんど入っていなくて、オニオン、セロリ、ベーコン、ベーコンの脂がたくさん入っているので、こっくりしてます。クラムには、やっぱり、砂が・・・。

美味しいんですけどね。リーガルシーフードの方が好きだなぁ。


飲み物は、スパークリング・ウォーターをと言ったら、3ドルくらいしました。

ライム入れてくれたけどね。


それから、ロブスターロール。

ここのは、ハーフサイズ(約10ドル)があります。


添える物は、ポテトチップ(と言っていたが、多分、フライドポテトの方だと思う。イギリスでは、チップスというので・・・)かサラダかを選べるそうなので、サラダにしました。

見ての通り、ベビーリーフとトマトです。


ロブスターは、やっぱり、ジューシーで美味!

たーっぷり載ってます。

ベースは、やはり、ホットドックバンズ型に作ったブリオッシュ。

シンプルに塩味だけど、ロブスターの旨みが楽しめます。

ここのは、ケイパーのせ。


lob2


****************************


実は、夕食もここで食べてしまいました!


まずは、グラスでシャルドネ。

9ドルくらいかな?

スターターに地元の牡蠣。

一個単位(一個3ドル弱)でオーダーできるのですけど、小さいですねぇー。

味も特別な物はありません。

ふつーの新鮮牡蠣。

ソースは、タイ風の甘いピリ辛ヴィネガーソースと、一般的なカクテルソース。


oys


この後、ワイルドマッシュルームとステーキ・ティップスを食べたんですけど、ちょっと写真が・・・。

焼き方は?と聞かれたので、ミディアム・レアでお願いしたのにウェルダーン。

しかし、味はとってもいいです。


ステーキ・ティップスなので、切れ端肉ってことなんでしょうけど、中華風のキノコと牛肉の炒め物に近かったです。ただし、キノコの香りがすばらしい!グレービーソースも美味で、柔らかい肉。それに山盛りのフライドポテトが美味~!


なるべく、地元のオーガニックを使っているそうです。


そして、私が頼んだわけじゃないんだけど、チョコチップ・クッキー。

これが、直径10センチはあるようなシロモノで、熱々の焼きたて。

もしかしたら、メニューにはないのかも。

常連さんが頼んでました。

ここに来たら必ず食べるのだとか。

私も味見させてもらいました!


味は普通なんですけど、熱々なので、特別ですね、やっぱり!

cookie

私は、デザートは頼まずにルージュ・グースというマティーニをお願いしました。

赤いきれいなカクテルで、パイナップルや地元の名産クランベリーが入っている。

ねじりカットのレモンの皮がアクセント。

いい感じです。


となりに座っていたワシントン在住(で、ここに別荘をお持ちの)2カップルと話が盛り上がったんだけど、

「彼女は、料理評論家じゃない?って話してたのよ!」

と言われてしまいました。


そりゃあ、東京では、よく見かける『食べる前にデジカメで撮る』なんてのは、アメリカじゃ、料理評論家くらいしかしないでしょう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ボストンといえば、シーフード!


なかでも、クラムチャウダーとロブスターが有名。

お店は、色々あるんですけど、いくつか支店もある、こちらの有名店にやってきました。

リーガル・シーフードって変な名前だけど、確か、ちゃんとした新鮮なシーフードを出さないのは、イリーガルである(法に反してる)ってことで、リーガル・シーフードになったんだった。

支店の中でも、ボストン・パークプラザに近い支店が一番のサービスらしいです。


お店に入ると、(早い時間なら、予約なしでも大丈夫)

やっぱり、ちょっと魚臭い~!

が、お店は、オシャレです。

デートにも使えそう。

サービスもてきぱきしていて、気持ちいいです。


で、まずは、地元のエールを。

アルト・ソルト・ビールとかいうのがあったので、それを頼んだら、なんのことはない、グラスの飲み口に塩がついてるんですね。そこにレモンをしぼり入れる。さわやかです!


熱い丸パンも出てくるんだけど、これが、なかなか美味。


そして、もちろん、クラムチャウダー!


chow1

この後、必ず見かけたオイスター・クラッカーという小さな袋入りのクラッカーがついてきます。

クラッカーは、特別なものでもないんだけど、クラムチャウダーがドロっとしてますね。

(大きいサイズも、あり)

クラム(大き目のアサリみたいな貝)がたっぷり入ってます。

美味しいんだけど、砂がちょっぴり入ってる。

こんなオシャレなレストランなのに、ここんとこ、アメリカ風なんだと後々色々食べてみて思います。(実は、試したところ、どこも多少の砂入り!)


そして、メインは、ロブスター丸ごと!

といきたいところだけど、時価なんですよぉー。

聞いてみたら、今日のロブスターは、40ドルくらいするとか・・・。

ううう、予算が・・・。

それに食べきれるような大きさではない。


ってことで、こちらも有名なロブスター・ロール(やはり、時価)にしました。

今日の値段は、22ドル。

新鮮なロブスターを茹でて、ブリオッシュのバンズの上にサラダ菜と共にのせてます。

この量が半端じゃないっ!
かぶりつくと、ジューシーで信じられない美味しさ!

マヨネーズで味付けしてあるけど、1尾分くらいは、あるんじゃないかな?


lob1

たっぷりのフレンチフライとたっぷりのコールスロー(右奥の皿に盛ってあるもの)がついてきます。

コールスローは、セロリ入り、自家製マヨネーズを使用してあるようで、軽い味。

フレンチフライは、アメリカ流にケチャップで食べます。

んーーー、ポテトが美味しくて、美味しくて。

冷凍物のマックとは、違いますねぇ。


bobn
デザートは、迷ったんだけど、これ、ボンボン。一個1.35ドルだったと思う。

一個から、いくつでも頼めます。アイスクリームを選ぶと、チョコがけしてくれるんです。

この中身は、ラズベリーアイス。

で、チョコが、3ミリは、ありそうなくらい分厚い!


それにピーツのコーヒー。デカフェで頼みました。

もう、お腹いっぱいだったけど、美味でした!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ボストン美術館といえば、日本の絵画の収集でも有名ですよね。

美術の教科書の絵には、結構、ボストン美術館収蔵ってのが、多かったような。

美術館自体も大きいし、日本庭園もある。10日以内なら、もう一度入場できるので、ぜひ、行って見てくださいね。


さて、ここには、3つのレストランやカフェがあるんですけど、中でも一番いいレストランは、沢山の賞をとっている、Bravo。


↓こんな感じで、ファインダイニングですね!予約しておいたら、とってもいい席にしてくれました。

テーブルとチェアー席とソファー席があり、落ち着けます。

昼間っから、みんなグラスワインを楽しんでます。


art2
ワインを飲みたいのは、やまやまだけど、昼間なので、お水。

タップウォーターは、不味い可能性があるので、スパークリング・ウォーターを頼んでみました。

VOSSっていうノルウェーのお水です。

おっしゃれー!でも、4.25ドルくらいしてた。

たっかいー!

ま、ワインよりは、安上がりですけどね。


ピアノの生演奏も始まって、とってもロマンチックです。


さて、今日は、プリフィクスのブランチをいただくことにしました。


まずは、焼きたてのパン。

クロワッサンをぺろりといただいてしまいました。

あと、バゲットもあり。


前菜は、サラダを選択。


チコリとエンダイブ、グラニー・スミスズ・アップル(スライスしたりんごを甘く煮た物)、キャラメルがけしたピカンナッツなどが入っていて、全体的に甘めのサラダ。

うーん、アメリカ人好みだな。


art1


メインは、本日のお魚料理。

獲れたてのパシフィック・サーモンをお願いしました。

これが、すごいんですよー。

巨大!

その上、厚さが5-6センチは、ある。

で、皮がカリッカリに仕上げてある、ジューシーなサーモンです。

バルサミコ・ソース

トッピングにちょっと見えるのが、芽葱。

添えてあるのが、ライス、またもや、甘煮のアップル、ピーナッツ、そして、ざくろ!!

ざくろを種付きで食べるのは、ちょっと・・・というわけで、残しましたが・・・。

きれいですよね。


art4

5ドルくらい足すとデザートも食べられるんですけど、(2コース・ランチは、確か30ドル弱)食べすぎになるので、やめました。


ネットのレビューとか見ると、サービスに問題があり、なんてコメントもあるけど、

全然問題ありませんでした。


私の担当は、デンゼル・ワシントンみたいなイケメン!

とっても優しくて、オシャレなサービスでした。てきぱきしてたし。

ネットでも予約できるので、オススメ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アメリカは、ボストンに来ています。

ここのイギリス系超高級ホテル、ランガムホテルのCafe Freuliでは、9月後半から6月までの土曜日に限り、チョコレート・ビュッフェを実施。


ってわけで、行くっきゃないでしょ?


まずは、チョコレート・クレープ


choco1

チョコレート入りの生地に好きな具を入れて、バナナかベリーをはさんでもらいます。

仕上げにラムかグランマルニエーでフランべ。


私は、あっさりとアーモンドとバナナを選んで、グランマルニエーでフランべしてもらいました。


手前は、ホワイトチョコ・チーズケーキ。


choco5

その他にも、色々

125種類以上あるそうです!


choco4

choco2

ま、こんな感じに盛ってみたんですけど、これだけ食べたら、もういい~!って感じ。

ちなみに

チョコレートファウンテンより、ワッフル、パイナップル、プレッツェル

チョコフィナンシェ

ホワイトチョコ・フルーツ・パイ

ストロベリーケーキ・ムース、ホワイトチョコのせ

チョコマカロン

などなど・・・。


このあと、絶対に食べてね、と言われていた、

チョコレートクロワッサンプディング!


うーん、これは、ホット・デザートなんですけど、見るからにグロテスク。

どろどろのなんだかわからないシロモノ。

これにチョコソースか、シロップかけるんですけど、チョコソースをクロワッサンにかけて、姿がみえなくなるまでかきまぜましたっ!って感じ。

あまり、繊細でないせいか、美味しくないです。


この他にも、自分の好きなものをいれて、板チョコつくってくれたり、

ピンクの綿菓子があったり、


棚に数種類のチョコレートがあって、好きなだけ袋詰めしていいコーナーがあったりして、かなり楽しめる。


コーヒー、紅茶は、飲み放題で、次々と注いでくれます。


私は、チップ込で、45ドルだったけど、なかなかよろしいんじゃないでしょうか?


あ、そうそう、もし行く機会があれば、場所がかなりわかりにくい(二階にあがって、ふつーの廊下を抜け、ぐるぐる歩いてやっとたどりつけます。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

実は、先日登場した、某和食屋さん、ここと同じビルなんです。

その時は、ここがお休みだったので、入れなかったんだけど、なんとなくリベンジ気分。


お店に入ると、やっぱり、いいなぁ~、ビルの中なのに一軒家みたいで。

お皿もステキだし、雰囲気がいいわ。


本日のお魚は、木桶に入れてみせてくれます。

今日は、もうあんまり種類がなくて、一瞬、鯛のお頭にしようかなぁと思ったものの、焼くのに時間がかかるというので、(そりゃぁ、そうでしょ!ここは、ちゃんと最初から料理するから)やめて、

お刺身にしました。


下の通りに置いてあるメニューには、細かいことが書いてないんだけど、

お造りの定食を頼むとこんなに出てくるなんて、ちょっと想像できないわ。

また、そこが奥ゆかしくていいんだけど・・・。


まずは、自家製の豆腐。

今まで、ずっと湯豆腐だったんですよね、暑い時期、来るのは、初めてかな?

冷奴なんです。

和辛子とタレ付きの。


たれをかけるべきか

たれに漬けるべきか

ちょっと迷う。


通な、お刺身を食べる時みたいにちょっと辛子を塗って、

匙でたれにちょっとつけ、食べてみます。

う、おいしぃ~~!


それに続き、

自家製の蕎麦。


小さな器にそばつゆ(といっても、コクのある醤油だけかも・・・)、そして、とても細いコシの強い蕎麦。

その上にとろろ、そして、梅干をたたいたものが載ってます。

うーん、日本人じゃないとわからない美味かも。


それから、天ぷらの小皿。

今日は、

インゲン

南瓜


一口なんですけど、熱々、それを塩でいただきます。


そして、お造り!!!


直径30センチくらいの皿に氷を盛って、そこに

小さいけど(と言っても、太刀魚なので、30センチ位は、あるかも)一尾の太刀魚を全てお刺身にして、

とぐろを巻いたように置いた太刀魚の中に飾ってあります。


シロイカが細工切りで、10切れほど


脂ののった美しい色のカツオが3切れ


天然の鯛が3切れ


って感じですかね?

ほぼ、普通なら、3人前のお刺身です。

どれも新鮮で、滅多に食べられないもの。


それに美味しいご飯がてんこ盛り。

二人以上だと、おひつで出てくるので、てんこ盛りにしたいのは、わかるけど、

うーん、多すぎて、関東風には、お上品じゃありません。

美味しいご飯なのに残してしまいました・・・。


と、思ったら、側の女性が

「お代わりおねがい!」って頼んでいたので、私が小食か?


お味噌汁は、とろろこぶに一味唐辛子(だと思う)をふったもの。

これも、美味しいです。


お新香は、

白菜、

赤蕪、

切り干し大根と人参をキンピラ風に仕立てたもの

塩昆布


おいしいです~。

満腹。

やっぱり、ここのCPは、すごいわ。

同ビルの某和食屋さん、吹っ飛びました。


このランチ、1575円なのに、2500円、もしくは、3000円でも納得する内容だと思います。

あ、その場合は、デザートが必要だけどね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も、板蕎麦のランチ、いってみます!

友達と行ったら、個室に通されました。

落ち着けていいかもね。

ビジネスにも使えそう。


本日の丼は、天丼。

海老が2尾入っているんですけど、1尾は、わざと折ってあって、不思議なレイアウト。

塩蔵の冷凍?それとも、シーズニングを間違えたのか?というほど、塩辛かったです。

もったいない。

ま、あまり具がないので、ご飯は、すすむかも?!


板蕎麦は、いつもの通り。

山葵と葱で食べます。


結構な量。


ところで、前回の板蕎麦には、そば湯が出てこなかったんですけど、今回は、出てきました!

うーん、やっぱり、どうせなら、これ飲みたいわ。

あまり白くない蕎麦湯ですけども。


ふ、と目をやったら、『生』のハンバーグ焼いてるのが見えました。

え?

前回、一度焼き目をつけたハンバーグを鉄板の上で焼きなおしてたのに、

あれって、あの時だけ?

それとも、変わったんでしょうか?


これだから、何度か行ってみないといけないのよね。


次は、ハンバーグですか、ね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

資生堂の銀座店でないと手に入らないチーズケーキがあるのは、知っていたんですけど、

私は、個人的に特別とは思ってません。

でも、Plazaにあるケーキ、クッキー類がやっぱり限定品とは、知らなかったわー。


生ケーキもアートしてて、とってもいいんですけど、今日は、お土産を買わないといけないので、

日持ちする物を探してみました。


・・・と言っても、10種類くらいありますっ!


これも、ジャック・ボリーがプロデュースしたのかな?

本当は、チョコレートの詰め合わせが可愛くてほしかったんだけど、

生憎、売り切れ。


というわけで、

クレームダマンド、3780円也。

ちょっと、ミルンのミルフィーユっぽいです。見た感じ。

(私、あれも好きなんですけど・・・)

たーっぷりのココアクリームをビスキーユではさみ、トップに砕いたアーモンドをたっぷりのせ、小さな長方形にカットして、つつんであります。

冷蔵庫で冷やして食べた方がいいかも。

おしゃれな箱に10個入りです。


小さくてオシャレ。

私が欲しいわん♪


個人的には、自分用に買うには、ちょっと高いかも。。。

でも、多分、ここ限定のクールバッグなんかに入れてお土産にしたら、喜ばれるんじゃないかしら?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

随分前に夜、うかがったことがあるのですが、記憶が飛んでいる!


今日は、お食事ではなくて、お土産が目的です。

祝日のため、ほとんどのお寿司屋さんが休みなんですけど、ここは、無休なので、やっています。


太巻きをお土産に作ってもらいました。

3150円也。


シンプルだけど、ちょっとオシャレな包みです。

鹿の子模様の袋に入れてくれました。

底がちゃんとしているので、崩れない。


さて、太巻きちゃん。

具は、


干瓢

穴子

胡瓜

玉子

海老


御海苔の香りがいいですね。

ちゃんと9つにカットしてあります。

美味~!


これを高いと考えるかは、難しいところだけど、

銀座のお鮨のお土産としては、(作ってくれないお店もあるので)珍しいから、よいのでは?!

注文して、特別に作ってもらうっていうのも、いいもんです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名前からもわかるように、あー、道場さんのお弟子さんかぁーってすぐピンときますね。

前は、赤坂ポワソン六三郎をやっていたのだとか。


どうも、鉄人関係は、本人の料理したのを食べられない限り、あまり食指をそそられないので、行ったことありませんでしたが、お店は知ってました。


それが今度は、銀座に進出。

ビルの中のお店です。


当然、(祭日なので)本人(弟子にしても)は、いません。

ですが、ちょっと気になったので、日替わりを食べてみることにしました。


今日は、ローストビーフ丼、2100円。

ね?気になるでしょ?


お店は、個室あり、カウンターあり、窓際の明るい席あり、で小ぶりながら、色々ですね。

今年の五月にオープンしたとのこと。


一応、メニューを見せてもらったんだけど、

うむむむ!!!

こ、これはっ・・・。

手書きでぐちゃぐちゃ書いてあって、わかりにくいぞー。

おまけに肝心のプライスが書いてないっ。

(多分、なかったと思うのですが・・・)

何品出てくるのかもよくわからない。

が、和食の創作料理ってことは、ヒシヒシわかります。


聞いてみたら、ランチは、3000円から、とのこと。

結構、リーズナブルっぽいですね。

想像するに。


で、今日の日替わり。


まずは、先附け


野菜と生麩のグリルなんですが、

美しい器に


隠元

南瓜

プチトマト

生麩

エリンギ


などが焼き目も香ばしく色目も美しく盛られてます。

凝ってますねぇ。

ちゃんと美味しく作ってあります。


そして、

ローストビーフ丼!


素晴らしい色です!

上質のビーフをローズ色に仕上げ、しゃぶしゃぶさながらの厚さに切り、

胡麻入りのご飯の上に幾重にも重ねてあります。

その上にイエローオーカーの味噌と胡麻のソースが・・・。

そして、仕上げにグリーンのあさつき。

うーん、フランス絵画のようですね。

味も上品。

ご飯がちょっとべっとりですが、わざとかも。


お新香は、

ピリッと辛く漬けた山芋と

松前漬け風の沢庵


丼が上品なので、ガッツある味付けのお新香があってます。


そして、味噌汁が、これまたいい感じ。

具は、芋団子みたいなのが入ってます。

美味~!


そして、デザートは、

梨(幸水)と自家製の芋羊羹


うーん、満足致しました。

平日のランチには、ちょっと高価だけど、休日のお昼になら、十分許せる値段です。

また、行ってみたいです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年、初めての松茸ご飯は、松匠の日替わりです。

限定15食。


大き目の塗り椀に松茸ご飯がたっぷり。

松茸は、小さいし、スライスなんだけど、結構、入ってます。

もっとも、香りは、それほどないけど・・・。


ここでお代わりできるのって知らなかったんだけど、白飯なら、お代わりできるそう。

(でも、しませんでした)


おかずは、美しい紅鮭の焼いたもの!

大根おろしとこんにゃくが添えてあります。


小鉢が、美しく仕上げた茄子の煮浸し、鰹節がけ。

美味~!


お味噌汁は、水菜、若布、木綿豆腐。

これも、美味~!


お新香は、

人参

大根

胡瓜の糠漬け


茶碗蒸しは、

海老

ゆり根

蒲鉾

が入っていて、ホクホクとしたいい味を醸し出してます。


番茶を飲みながら、和食の喜びを味わえます。


デザートは、梨(豊水かな?)。

今年のスイカと桃は、美味しかったけど、梨もなかなかですね。

梨は、洋ナシのパートレットや、幸水を、もう食べていますけど、美味~!


和食って、最高!と思えるひととき。

これで、1000円なので、びっくりですよ、ね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。