空より高く、海より深く~精神保健福祉士への道~

大学で法律を専攻メーアのつぶやき
卒業!進路はPSW養成の専門学校!
体当たりの20代、駆け抜けます!!


テーマ:

こんにちは!メーアです∧( 'Θ' )∧

 

明日は卒業式!!

大学4年間について、明日はもしかしたら振り返っている余裕ないかもしれないので

今振り返っておこうと思います。

 

 

思い出して思うのは

「振り返る立場になるとサラッと思い出せてしまって怖いなあ」

 

 

何を隠そう

 

 

 

 

 

 

 

 

大学4年間、「痛い系切り込み役」だったので…

 

 

 

ううん? 何それ、意味わからない

 

 

そうですね、今咄嗟に作ったので笑

 

 

はっきり言えば

「怖いもの知らず過ぎて、言うなれば何でも目標高く正面突破」だった

 

 

でも結局方向転換しまくって、今(だから痛い系)

 

研究したい!→院進希望→ドイツ留学したい→ドイツ院進希望

→福祉勉強したい→福祉系の日本院進希望→結局かなわず

(↑凄く単純化したけれど、毎回凄く悩みながら模索していた)

 

方向転換が早かったので絶望期間が短く、

結果専門学校に滑り込めたからよかったけれど

柔軟に考えられなかったら今も絶望期間だったかもしれない

 

 

正直、目標設定を高く持ちすぎ、

結果思うようにならなくなって自滅って感じだったなあ

 

私のことをよく知っている人なら、「ああ」って納得いくと思うけれど

 

目標を高く持つことは悪いことではないけれど

結構私はその目標で首を絞めていた気がする

 

今もドイツにいく夢は諦めていない(これだけは諦められない)

立場は違っても、研究したいって気持ちも変わらない

精神保健福祉士になって臨床研究という新たな目標もできて

そこは、自分の譲れないところ(目標)と、それらを含めながら新たな道を

と考えて出た一つの道なので、今のところ後悔はしていない

 

大学生真っ只中の時は、がむしゃらにやりすぎ(周り見れていなく)て

(良い意味でも悪い意味でも)周りを巻き込んでいきながら

目標に向かって、志高くやっていた(はず)

 

でも思いもかけない出来事もあった

 

 

親の病気

 

 

 

特に大学院受験生のこの年度に、それが重なって

そもそも、受験なんてせずに、就職した方がよかったんじゃないか

って、悩んだ時期もあった

就職がちらついたのは、親の病気が発覚してからだった

でも、ボスではない、授業でお世話になっていた先生に

「親のことで目標を諦められたら、親の立場からしてつらいよ」

「それを理由に諦めるのは違う」

「僕は、本当にあなたを心から応援している」

その言葉に救われて、先生の言葉を信じてみようと思って

やりたいことをやろうと決意。

 

でも、次は家族と円滑な関係を築けなくなった

私は結構現実では耐えるタイプなんですけど、

耐えすぎて、精神不安定になっていて

それでも容赦なく、出来ないところを片っ端から指してきたり

(実は妹が一人いて、その妹と不仲で、妹の攻撃が尋常じゃなかった)

 

文章にすると大したことないのかもしれない

でも精神不安定だったのもあいまって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家出しました。(ぼそっ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだ、そんなのって思う人もいるかもしれませんが

家出したことなかったんですよね(23年間)

だから、特に親が、「最近メーアおかしくない?」

となったんですが、妹の攻撃は止まることなく…

 

余計に精神不安定になりましたねー…

 

院試落ちたのを妹や親のせいにするのは違うと思っています

これは自分の力不足でしかないので、誰かのせいにするのは違う

 

でもこの年度は、

自分のことだけやっていてよい年齢でもないと気張りすぎていたのもそうだし

 

自分だけじゃない、周りの環境が変わるだけで

私ってこんなになっちゃうんだ

って学んだ年でもあった

 

 

今回、専門学校に行くにあたって

通おうと思えば通えるところではあったと思うんですが

自分だけの空間・時間を作りたい

環境にだけは左右されたくない

と一人暮らしを選んだ

 

そういう面もあります。

 

もちろん、一人暮らしによる弊害もあると思うし

こればっかりは経験しないとわからない大変なこともあるだろうと思います

 

やってみないとわからないので、一人暮らしして環境変えて

(生活含め)自立した人間になるためにも

これも勉強、と思って進むことにしています。

 

 

(あれー、なんだかつらつら書いていたら結局今のこと書いてる…)

 

大学4年間の中で一番つらかった・学べた年は

2016年度だったなーと思います

 

自分がどんな人間か、やっと少しずつ

わかっていこうと思えた年でもあったのです

 

進路は当初の目標からは離脱しましたが

柔軟に考えて新しい目標をたてられたところは

大学に入って色々な方に関わる中で

学んだことが活かせているし

今までなかった柔軟性も

少しずつ身につけられているってことなんだと思っています

 

叩こうと思えば、大学に対しての不満も出てきますが

そういったことは(良い意味で)無視して

 

卒業するまで支えてくださった先生方や友人に感謝したい。

そして、これは夢でしかないけれど卒業しても

関わりを持っていけたらと願ってやまない

 

大学は決して名の通った大学ではなかったけれど

大学の環境(先生や友人)には恵まれていたと思います

 

 

新しい環境でも、

もっと柔軟性をもって、もっと成長していきたい

そう思っています

 

では、明日、卒業式に行ってきます!

 

ではではチュース!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。