今日のトリビア。。。。。


砂糖の代わりに使われる


人工甘味料は、


日本国内では、


アスパルテームが広く使われているほか、


漬物清涼飲料など


特定の食品に制限付きで


サッカリンが使用されていますよね。


これらの化学構造は、


砂糖とは全く異なりますが、


の表面のボツボツありますよね?


ここと同じように作用するため、


甘いと感じるんです!


カロリーがほとんどなく、


あるいは


全くないため、


コーラヨーグルトなど


様々なダイエット食品に使用されています。


ところが、


人工甘味料多量に摂取すると、


小動物の場合には、


視床下部の神経組織が


壊死したり、


胃腸炎を起こして


死亡する場合があるそうです!


人間が通常に使用する程度では


影響はないそうですが・・・・・


また、


アスパルテームの場合、


フェニルケトン尿症子供


摂取すると、


知能障害を起こすことが


明らかになっているそうです。


アスパルテーム


砂糖よりも180倍の甘さを持ちます。


体内では、


アスパラギン酸、フェニルアラニン、メタノール


に分解されて、


毒性は、


動物の種類によって違いますが、


ネズミでは、


体重1kg当たり650mg


経口で摂取すると、


アスパラギン酸血中濃度が高くなって


視床下部の神経組織が


壊死してしまうらしいです。


人間の場合は、


通常の使用量では


急性毒性はないと言われていますが、


ただ、


アスパルテームが熱分解してできる


ジケトピペラジンが、


の中で


亜硝酸塩と結合して、


ニトロソ化合物という発癌性物質を生成するという


報告があるのです。


フェニルアラニンという


アミノ酸の分解酵素をもたない、


フェニルケトン尿症の子供が


アスパルテームを摂取すると、


知能障害を起こしてしまうのです。


ダイエット食品に、


L-フェニルアラニン化合物」という


表示があるのは、


フェニルケトン尿症の子供への警告でもあるんです!!


美しい体を求めるのは分かりますが、


体質によって


このような障害がでる可能性があることを


十分知っていただきたいです。

開封済医薬品販売仲介のメディトレード ランキングバナー

お仕事ブログランキング 健康注目度ランキング にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
AD