笹川賞

テーマ:

「ボートレースオールスター・SG」(29日、尼崎)

断然人気を背負った1号艇の平本真之(32)=愛知・A1・96期=が

イン先マイを決めてオールスター初制覇を飾り、

優勝賞金3500万円を獲得した。

委員会推薦枠からの優勝者はオールスター史上初めて。

SG制覇は14年12月のグランプリシリーズ戦(平和島)以来、2回目。

2着は重成一人、3着は峰竜太が入った。(デイリースポーツ)

全艇オールスローでの進入。

コンマ10のSを決めたものの、

1Mでは舟が浮いて岡崎のまくり差しを許したかに見えたが、持ちこたえた。

同じ優勝戦1号艇だった11年6月のグランドチャンピオン(児島)では

S遅れで6着大敗。

「あの頃よりは成長できていた。自信をつけていけた」

と自身の進歩を実感する。

賞金ランクも2位に浮上して、年末のグランプリも視野に入ってきた。

「まだグランプリとかは見据えていない。

それよりも地元のグラチャン(6月21~26日・蒲郡)が先」。

今回はファン投票ではなく、委員会推薦での出場だったが、

感情豊かに喜びを表現するニューヒーローは、

ファンのハートをがっちりつかんだのは間違いない。

まずは、1カ月後に迫る地元でのSGに全力投球する。

AD

J1第1ステージ第14節

テーマ:

J1リーグは29日、各地で第1ステージ第14節の9試合が行われ、

川崎は磐田を1―0で下し、勝ち点を31に伸ばして首位を守った。

2位鹿島は甲府に4―0で圧勝、3連勝で勝ち点30とし、

2試合消化の少ない3位浦和は鳥栖と0―0で引き分け勝ち点27。

大宮は神戸と2―2で引き分けた。

広島は福岡に4―0、横浜Mは柏に3―0で快勝した。

F東京はG大阪に1―0、仙台は新潟に4―2で勝った。

湘南は名古屋に2―1で競り勝った。(時事通信)

 

 

横浜Mが快勝。

前半終了間際に中村のCKを中沢が頭で合わせて先制すると、

後半も7分に斎藤、43分に朴正洙が加点して突き放した。

柏はディエゴオリベイラを起点に反撃したが無得点に終わり、

3試合ぶりの黒星となった。

 

 

広島が圧勝した。

前半18分、中央の縦パスからゴールへ迫り、ウタカのシュートで先制。

同32分に左からのパスに走り込んだ宮吉が決め、

さらに柴崎が加点して前半で大勢を決めた。

福岡は守りが乱れ、選手交代も実らなかった。

 

 

仙台が2連勝。

前半37分、カウンターから金久保が先制点を挙げると、

同終了間際に野沢が追加点。

後半も野沢の右CKを渡部が頭で合わせるなどして2点を加えた。

新潟は守備が甘く、後半に2点を返したが、及ばなかった。

 

 

鹿島が今季初の3連勝。

前半終了間際、連動した動きから柴崎のパスを受けた土居が先制点。

5バックで粘っていた甲府の集中力を奪うと、後半早々に土居が2点目、

さらに柴崎が加点して大勢を決めた。

甲府は攻め手を欠き、8戦白星なし。

 

 

神戸が追い付き

分けた。

後半17分に大宮・江坂のゴールで2点目を奪われ、ここから反撃。

32分にCKを小林成が押し込んで1点を返し、

39分にレアンドロが同点ゴールを決めた。

大宮は試合を優勢に進めながら、終盤に守りが崩れた。

 

 

F東京が競り勝った。

前半から両サイドを起点にチャンスをつくりながら点が入らない展開が続いたが、

後半35分に河野のFKを前田が頭で合わせて決勝点を奪った。

G大阪は宇佐美を中心に相手ゴールに迫ったが、決定力を欠いた。

 

 

互いに無得点で引き分けた。

浦和は終始ボールを支配。

細かいパスをつなぎ、試合の主導権を握ったが、

守りを固めた相手を崩せなかった。

鳥栖はカウンターで相手の隙を突こうとしたが、決め手を欠き、

5試合連続の無得点。

 

 

湘南がホーム初勝利。

序盤から攻勢に出て、41分にミドルシュートのこぼれ球を端戸が押し込み先制。

同点の後半36分にはロングパスに反応した菊池が右端に流し込み勝ち越した。

名古屋は後半11分に追い付いたが、後が続かなかった。

 

 

川崎が終盤の相手オウンゴールで競り勝った。

川崎は序盤からスペースへの動きだしやサイドを起点に攻め、

後半は一方的に押し込んだ。

0―0の後半43分に右クロスが相手に当たり決勝点。

磐田は前線の連係が不足し、速攻も不発だった。

AD

J2第15節

テーマ:

J2リーグは29日、各地で第15節の2試合が行われ、

松本が金沢を2―0で下し、勝ち点26で4位に浮上した。

愛媛と東京Vは0―0で分けた。(時事通信)

AD

プロ野球(5/29)

テーマ:

○巨人2-1阪神●(29日・東京)

巨人が連敗を7で止めた。

三回に重信の中前打と坂本の左越えソロで2点を先取。

先発の高木が直球、変化球ともに低めに集めて7回1失点と好投し、

八回からは継投でリードを守り切った。

阪神は散発4安打と打線につながりを欠いた。

 

 

○広島6-0DeNA●(29日・横浜)

広島は四回にエルドレッドの犠飛で先制。

六回には丸が3ラン、続く松山もソロ本塁打を放ち引き離した。

先発の中村恭は六回途中まで無失点で、2013年4月以来の白星。

DeNAは失策がらみの失点が響き、連勝は6で止まった。

 

 

○ソフトバンク6ー4ロッテ●(29日・QVC)

ソフトバンクが7連勝。

同点の八回無死一塁のピンチを右翼手・城所の好守で切り抜けると、

直後の九回に松田の2ランで勝ち越した。

ロッテは七回に井口の2ランで追いついたが、

5番手・西野が一発を浴び、今季初の同一カード3連敗。

 

 

○日本ハム12-3楽天●(29日・コボスタ)

日本ハムが14安打で大勝した。

二回までに中田の2打席連続本塁打やレアードのソロなどで7点を奪取。

中盤にもレアードの2ランなどでだめ押しした。

大谷が6番・投手で先発して今季初めて投打ともプレーし、

投げては7回4安打で今季3勝目。打っては5打数3安打1打点だった。

楽天は先発・釜田の立ち上がりがすべてだった。

 

 

○中日6-1ヤクルト●(29日・ナゴヤ)

中日が2カードぶりに勝ち越し2位に浮上。

一回にナニータが先制打。

三回はナニータのソロ本塁打などで2点を加えた。

先発の吉見が六回途中まで投げ1失点で今季2勝目。

ヤクルトは打線がつながらなかった。先発の新人・原樹が5敗目。

 

 

○西武5-3オリックス●(29日・ほっと)

西武が接戦を制した。

1点を追う八回、中村の左越え3ランで逆転し、継投で逃げ切り。

オリックスは六回にT-岡田の右越えソロで一時は勝ち越したものの、

八回に救援した佐藤達が制球難で崩れた。

 

(毎日新聞)

クリプトグラム 差しきって3連勝

テーマ:

29日、東京競馬場で行われた目黒記念(4歳上・GII・芝2500m)は、

中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の3番人気

クリプトグラム(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)が、

直線で外から脚を伸ばして各馬を差し切り、

最後は同馬の内で追いすがる1番人気

マリアライト(牝5、美浦・久保田貴士厩舎)をクビ差退け優勝した。

勝ちタイムは2分30秒6(良)。(netkeiba)

さらに3/4馬身差の3着に

8番人気ヒットザターゲット(牡8、栗東・加藤敬二厩舎)が入った。

なお、2番人気タッチングスピーチ(牝4、栗東・石坂正厩舎)は

6着に終わった。

勝ったクリプトグラムは、

父キングカメハメハ、母チアズメッセージ、

その父サンデーサイレンスという血統。

淡路特別(1000万下)、大阪―ハンブルクC(OP)に続く3連勝で

初めての重賞制覇を果たした。

レスリングの全日本選抜選手権最終日は

29日、東京・代々木第2体育館で行われ、

男子グレコローマンスタイル59キロ級は

文田健一郎(日体大)が初優勝した。

同75キロ級の阪部創(自衛隊)も初制覇。

同フリースタイル65キロ級は鴨居正和(自衛隊)が優勝した。

女子48キロ級は16歳の須崎優衣(エリートアカデミー)、

同53キロ級は向田真優(至学館大)、

同69キロ級は古市雅子(日大)がいずれも初優勝した。(時事通信)

5月29日の東京10Rで行われた

第83回日本ダービー(3歳オープン、GI、

芝2400メートル、18頭立て、1着賞金=20000万円)は、

川田将雅騎手騎乗の3番人気

マカヒキ(牡、栗東・友道康夫厩舎)が制し、

皐月賞2着の雪辱をするとともに、

2013年に生まれたサラブレッド

6913頭(持込馬、輸入された外国産馬を含む)の頂点に立った。

タイムは2分24秒0(良)。(サンケイスポーツ)

(3)番枠から中団のインでレースを進めたマカヒキは

直線で馬群を抜け出すと、一旦先頭に立っていたエアスピネルをかわし、

さらに追撃してきた2番人気サトノダイヤモンドをハナ差で抑えて、

トップでゴールを駆け抜けた。

さらに半馬身差の3着に1番人気の皐月賞馬ディーマジェスティが入った。

デビュー13年目でダービー初制覇を果たした川田将雅騎手は

涙を浮かべながら「最後は『届いてくれ!』との願いを込めて追いました。

(写真判定の末に1着の馬番として)『3』という数字が出たときは、

こみ上げるものがありましたね」と感無量の表情で語った。

これで同騎手は中央競馬史上8人目となる

クラシック完全制覇(08年皐月賞、10年菊花賞、12年オークス、

14年桜花賞、16年ダービー)を達成。

マカヒキは、

父ディープインパクト、母ウィキウィキ、母の父フレンチデピュティという血統。

北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、

金子真人ホールディングス(株)の所有馬。通算成績は5戦4勝。

重賞は2016年GII・弥生賞に次いで2勝目。

ダービーは、友道康夫調教師も初勝利。

国内女子ツアーのリゾートトラスト レディスが

29日、徳島県のグランディ鳴門ゴルフクラブ36を舞台に

最終ラウンドの競技を行ったものの、強風により中止となった。

(ISM)

この結果、36ホールの短縮競技となり、

第2ラウンド終了時点で通算9アンダーの単独トップに立っていた表純子が

約1年ぶりとなるツアー5勝目を手にした。

表は、この日前半で9オーバー「45」とスコアを落とし

31位タイに順位を落としていた。

1打差の2位タイには成田美寿々とP.チュティチャイ(タイ)。

昨季賞金女王のイ・ボミ(韓)は、通算7アンダーで

菊地絵理香、佐伯三喜と並び4位タイとなっている。

また、渡邉彩香は、金田久美子、穴井詩らと並び

通算4アンダーで16位タイで大会を終えた。

金庚泰が今季3勝目

テーマ:

ゴルフ・~全英への道~ミズノオープン最終日

(29日・岡山JFE瀬戸内海GC=7415ヤード、パー72、読売新聞社特別協力)

――首位で出た金庚泰(キムキョンテ)(韓国)(29)が

スコアを一つ落としながらリードを守り、通算11アンダーで今季3勝目。

ツアー通算13勝目で、賞金2000万円を獲得した。

1打差の2位は市原弘大、今平周吾、李尚熹(イサンヒ)の3人。

全英オープンの出場資格は、金庚泰が有資格者のため、

2位の3人と9アンダーで5位の谷原秀人が手にした。

東京六大学野球春季リーグ戦最終週第2日は

29日、神宮球場で早慶2回戦が行われ、

早大が7―3で雪辱し1勝1敗となった。

この結果、全日程を終えている立大の2位が決まった。

(時事通信)

早大は五回に2―2と追い付き、

六回に竹内(4年、松阪)の適時二塁打などで3点を勝ち越し。

九回に2点を加え、竹内がリーグ戦初完投で今季2勝目を挙げた。