プロ野球(6/30)

テーマ:

【セ・リーグ】

◆ヤクルト2年ぶり先発村中5勝 広島12連勝ならず

<広島2-5ヤクルト>◇30日◇マツダスタジアム

ヤクルトが2回、1死二塁から雄平の右前適時打で先制した。

先発村中は3回まで1安打2四球無失点の立ち上がり。

ヤクルトが

4回に4連打を含む6安打を集中させて3点を追加し、中村恭をKOした。

その裏、広島は鈴木の犠飛で1点を返した。

ヤクルトが逃げ切り、連敗を止めた。2年ぶり先発の村中が5勝目。

9回を締めた秋吉が2セーブ目。

広島の連勝は11で止まった。

◆中日若松1失点完投6勝目、巨人沢村1敗…痛恨暴投

<巨人1-3中日>◇30日◇東京ドーム

巨人は大竹寛、中日は若松が先発。

巨人は初回、坂本の9試合ぶりの15号ソロで先制。

中日も2回に福田の適時打で同点とした。

巨人大竹寛は安定した投球で6回まで追加点を許さなかった。

中日若松も3回以降は6回まで安打も許さなかった。

中日は1-1の9回、巨人沢村の2度の暴投で2点を勝ち越した。

若松は9回1失点完投で6勝目。沢村は今季初黒星を喫した。

◆DeNA久保康が完封で4勝目、筒香が決勝内野安打

<阪神0-3DeNA>◇30日◇甲子園

DeNAは1回に筒香の適時内野安打で先制。2回にも1点を加えた。

阪神は3回までDeNA先発久保康の前に無安打。

DeNAは4回に宮崎の7号ソロで1点を追加した。

阪神先発の岩崎は6回3失点で降板した。

DeNAは先発の久保康が、109球で完封し、4勝目を挙げた。

阪神は散発の3安打に抑えられ、二塁を踏めなかった。

【パ・リーグ】

◆ソフトバンク連勝で8・5差 ロッテ唐川は4敗目

<ソフトバンク2-1ロッテ>◇30日◇ヤフオクドーム

ロッテは初回にデスパイネの適時二塁打で先制。

その裏、ソフトバンクは内川の適時二塁打で同点。

3回にも右前打で勝ち越した。

ソフトバンク岩崎は6回まで2安打1失点の好投。

ロッテ唐川も6回まで8三振を奪い、2失点。投手戦で終盤に突入した。

ソフトバンクは五十嵐、スアレス、サファテとつないで逃げ切った。

連勝でゲーム差を8・5に広げた。ロッテは唐川が4敗目。

 

(日刊スポーツ)

AD

日本野球機構(NPB)は30日、

プロ野球「マツダオールスターゲーム2016」

(7月15日・ヤフオク、16日・横浜)の選手間投票の結果を発表し、

ファン投票で選ばれなかった計3選手の出場が決まった。(毎日新聞)

セ・リーグで新たに出場が決まったのは

外野手のバレンティン(ヤクルト)とエルドレッド(広島)、

パ・リーグは一塁手のメヒア(西武)。メヒアは初のオールスター出場となる。

メヒアは指名打者(DH)部門でも選出されたが、

得票数の多い一塁手での選出とし、DH枠は監督選抜枠に移行する。

12球団の支配下選手769人が投票し、

ファン投票との重複はセが7人、パが8人。

最多得票はパの外野手の柳田(ソフトバンク)で、532票だった。

監督選抜を含む両リーグ28人ずつの全出場選手は7月4日に発表される。

【神保忠弘】

AD

明日の予告先発

テーマ:

1日のプロ野球予告先発は以下の通り。

<セ・リーグ>

DeNA井納翔一-広島ジョンソン(横浜=午後6時)

中日ジョーダン-阪神藤浪晋太郎(ナゴヤドーム=午後6時)

<パ・リーグ>

楽天則本昂大-西武高橋光成(コボスタ宮城=午後6時)

ソフトバンク和田毅-日本ハム高梨裕稔(ヤフオクドーム=午後6時)

 

(日刊スポーツ)

AD

生放送のラジオ番組中に、

スタジオ内でタレントの女性を蹴ったなどとして、

愛知県警は30日、名古屋市瑞穂区初日町1丁目のタレント

宮地佑紀生(本名・由紀男)容疑者(67)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。

「間違いありません」と容疑を認めているという。(朝日新聞)

千種署によると、宮地容疑者は27日午後2時55分ごろ、

同市東区の東海ラジオのスタジオで生放送中、

共演者の神野三枝さん(50)の左ひざを数回蹴ったうえ、

マイクで唇を殴り、約10日間のけがを負わせた疑いがある。

同署は動機などを調べている。

宮地容疑者は、東海地方を拠点にテレビやラジオなどで活動している。


■出演ラジオ番組は打ち切り

番組は「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」。

1997年から続く生放送の人気番組で、

宮地容疑者と神野さんがパーソナリティーを務めていた。

東海ラジオによると、事件があった27日も2人が出演し、

最後まで放送を続けたという。

翌28日以降、アナウンサーが代理で出演したが、

29日の放送を最後に番組を打ち切った。

宮地容疑者は、

2002~11年、メ~テレの朝の情報番組「どですか!」で

主要出演者を務めたほか、

2014年までの約15年間、

寿がきや食品の「スガキヤラーメン」でCMにも出演していた。

05年には「名古屋で30年間しゃべり続けた男」と題して、

自伝的エッセー「宮地佑紀生の天国と地獄」を発売。

「オレオレ詐欺撃退ソング」を作ったり、

愛知県警が製作した特殊詐欺被害対策DVDに出演したりしていた。

東海ラジオの宇多秀行取締役は30日、

「極めて遺憾で残念。事件の経緯については、現在調査中です」

とのコメントを発表。

同局は、放送開始時間の同日午後1時、事件を報じた上で、

番組の打ち切りを伝えた。

プロ野球情報(6/30)

テーマ:

ヤクルトは30日、原樹理の一軍登録を抹消した。

(ベースボールキング)

原は、今月12日のロッテ戦で今季7敗目を喫し、

13日付で一軍登録を抹消。

二軍での調整を経て、29日に再昇格を果たすと、

同日の広島戦で17日ぶりに一軍の先発マウンドに上がった。

2回まではパーフェクトに抑えていたが、

3回に先頭の松山竜平、続く石原慶幸に連打を許し、

無死一二塁となった後に右肩の違和感を訴えて降板。

チームも原が降板した3回に4失点で逆転を許し、そのまま敗れた。

これで自身6連敗となった原は、ここまで13試合に登板して

2勝8敗の防御率5.91という成績。

原と入れ替わる形で、外野手の上田剛史が登録されている。

その他の公示は以下の通り。

<6月30日の公示情報>
※再登録=7月10日以降

◆ 北海道日本ハムファイターズ
=抹消=
18 斎藤佑樹 / 投手
26 浅間大基 / 外野手

◆ 埼玉西武ライオンズ
=抹消=
33 山川穂高 / 内野手

◆ 東京ヤクルトスワローズ
-登録-
50 上田剛史 / 外野手
=抹消=
16 原樹理 / 投手

NBAニュース(6/29)(ISM)

テーマ:

現地29日、クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが、

来季の年俸2,400万ドル(約24億7,000万円)のプレーヤーオプションを

破棄したことが分かった。

7月1日にフリーエージェント(FA)になるが、

当面はキャブスを去る意思がないことを明確にしている。

31歳のレブロンは今季、1試合平均25.3得点、

7.4リバウンド、6.8アシストを記録。

オフにFAになるのは、これで3年連続となっており、

いずれの年も2年目がプレーヤーオプションの2年契約を結んだ。

レブロンが、再び短期契約を結ぶか、

それとも長期契約を結ぶかは現時点で不明。

代理人のリッチ・ポール氏は、

再契約のめどや希望する契約内容については決まっていないと語っている。

リーグのサラリーキャップに関しては、

総額240億ドル(約2兆5,000億円)の新たな放映権料により、

2017-18シーズンから劇的に跳ね上がる予定。

2017年オフにマックス契約を狙うため、

レブロンは短期契約を選択する可能性がある。

レブロンは、今年のゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAファイナルで、

1試合平均29.7得点、11.3リバウンド、8.9アシストをマークし、

史上初となるシリーズ1勝3敗からの逆転優勝に貢献。

満場一致でファイナルMVPに選ばれた。(STATS-AP)

MLB(6/29)(ISM)

テーマ:

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が

現地29日、地元で行われたテキサス・レンジャーズ戦に先発登板。

6回8安打、1四球、7三振、6失点の内容で、勝敗はつかなかった。

田中は2回、エルビス・アンドラス遊撃手に適時打を許して1点を献上。

1対1の3回には無死満塁のピンチを招き、

ノマー・マザラ外野手に走者一掃のタイムリーツーベースを浴びるなど、

4点を失った。

さらに、6回にも先頭のルーンド・オドール二塁手に15号ソロを被弾し、

この回限りでマウンドを降りた。

大量ビハインドを背負ったヤンキースだが、3対7で迎えた9回、

ブレット・ガードナー外野手のタイムリー、

ブライアン・マキャン捕手の12号3ランで同点に追いつく。

続くスターリン・カストロ二塁手が四球を選んで出塁すると、

ディディ・グレゴリアス遊撃手がサヨナラの7号2ランをライトスタンドに叩き込み、

9対7で大逆転勝利を収めた。

 

 

ボルティモア・オリオールズは現地29日、

敵地でサンディエゴ・パドレスとインターリーグ戦を行い、12対6で快勝。

マーク・トランボ外野手がメジャートップの23号2ランを放ち、

オリオールズは6月の月間本塁打を史上最多タイの55本とした。

オリオールズは4回、

2本のタイムリーとトランボの豪快な一発で4点を先制すると、

6回までに7対0の大量リード。

その裏に先発のヨバニ・ガヤード投手が3ランを浴びるも、

9回にマニー・マチャド三塁手とトランボから

それぞれ2点タイムリー二塁打が飛び出すなど5点を奪い、

試合の行方を決めた。

ア・リーグ東地区首位を走るオリオールズは、これで7連勝。

トランボが2安打、4打点、マチャドが2安打、3打点で打線をけん引した。

また、ガヤードも6回3失点で今季3勝目(1敗)をマークした一方で、

3打数2安打、1得点と打つ方でも活躍した。

トランボは、現在のオリオールズについて、

これまで所属してきたどのラインナップと比べても最高だと、

簡単に言えるとコメント。

「今、自分たちがやっていることをできる球団はそれほど多くない。

それは、このシーズンを迎えるとき、ベストシナリオとして

自分たちが思い描いていたものだ」と満足げに語った。

さらに、「全員が貢献している。

このラインナップの1番から9番まですべて自信を持っているし、

穴はないよ」と胸を張った。(STATS-AP)

 

 

ワシントン・ナショナルズのダスティ・ベイカー監督は現地29日、

同球団が先発右腕マット・レートス投手とマイナー契約を結んだことを明かした。

28歳のレートスは、シンシナティ・レッズ時代にベイカー監督のもとでプレー。

今季はシカゴ・ホワイトソックスで開幕を迎えるも、6勝2敗、防御率4.62の内容で、

今月半ばに放出されていた。

また、ナショナルズはこの日、

右わき腹を痛めて故障者リスト入りとなっている

守護神ジョナサン・パペルボン投手が、実戦形式の練習に登板。

約30球を投じた同投手は、

「本当に調子がいいと思った。

いつも通りだったし、自分のフォームで投げられていると感じた」

と順調な回復をアピールしている。

今後はチーム傘下の2Aでリハビリ登板を行う。(STATS-AP)

国内男子ツアーの長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップが

30日、北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブを舞台に

第1ラウンドの競技を終了。

5アンダー67で回った重永亜斗夢が首位タイにつけ、

1打差3位タイに小平智、矢野東、宮里聖志、小林伸太郎らが続いた。

(ISM)

この日午後インスタートの重永は、

前半を2バーディ、1ボギーの1アンダーで折り返すと、

後半は1番パー4でイーグルを奪って上位陣を追走。

その後もスコアを落とすことなく、5番、9番と2バーディを重ね、

前週3位タイと好調のタンヤゴーン・クロンパ(タイ)とともに

ツアー初勝利へ絶好の位置を確保した。

1打差に続いた小平は、後半に一時5アンダーの首位タイに浮上も、

終盤に8番ボギーで後退し、

6バーディ、2ボギーの4アンダー68で初日を終えている。

そのほか、1打差3位タイには

木下稜介、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)が並び、

さらに1打差の9位タイには永野竜太郎、北川祐生ら4人が名を連ねている。

以下、谷原秀人や藤本佳則らが2アンダー70の13位タイとなり、

1アンダー71の21位タイ集団に片山晋呉、宮本勝昌、今平周吾らが並んだ。

そのほか、今季ツアー初出場のホストプロ・丸山茂樹は

イーブンパー72の46位タイ。

一方、リオデジャネイロ五輪出場に意欲を示す池田勇太は「75」と苦戦し、

107位タイと大きく出遅れている。

記念すべき100回目に強豪集う

テーマ:

欧州ツアーの第100回オープン・ド・フランスが

現地時間30日、フランスのル・ゴルフナショナルで開幕。

世界ランキング4位のローリー・マキロイ(北アイルランド)、

マスターズ覇者のダニー・ウィレット(英)といった

多くの強豪がフィールドに集結した。(ISM)

欧州ツアーが設立された1972年から

スケジュールに組み込まれている同大会は、

今年で第100回の大きな節目を迎える。

WGC-ブリヂストン招待との同週開催ながら、

マキロイやウィレットを含むメジャー覇者8人に、

元世界王者のマーティン・カイマー(独)やリー・ウェストウッド、

ルーク・ドナルド(ともに英)ら豪華な面々が出場し、

大陸ユーロッパでは最古のナショナルオープン制覇に挑む。

昨季大会では

ベルント・ウィースバーガー(オーストリア)が

3打差逆転でツアー3勝目をマーク。

地元フランス勢はミッシェル・ロレンゾ-ベラの9打差6位タイが最高だった。

記念すべき第100回大会ともあって、

今季はビクトル・ドゥブイソン、グレゴリー・ボーディ、アレクサンダー・レヴィら

地元勢の2011年以来となるタイトル奪還にも期待がかかる。

連覇を狙うウィースバーガーのほか、

大会2勝のグラエム・マクドウェル(北アイルランド)や

今季3勝目を狙う王情訓(韓)、

ともに今季1勝のマシュー・フィッツパトリック(英)、呉阿順(中)らも参戦する。

裏開催はポイント制

テーマ:

米男子ツアーのバラクーダ選手権が

現地時間30日、ネバダ州モントリューG&CCで開幕。

来季シード権の確保を目指す岩田寛が上位フィニッシュを狙う。

(ISM)

前週に今季9度目の予選落ちを喫した岩田は

現在、フェデックスカップ・ポイントランキングで134位、

賞金ランクでは123位とシード確保の当落線上。

今大会はWGC裏で獲得ポイントが少ない反面フィールドは薄く、

上位進出の絶好のチャンスとなる。

記録的豪雨による翌週大会中止などで

巻き返しの機会はいよいよ限られてきており、

8月末からのプレーオフシリーズ進出へ向けても

今週は大きな結果が欲しいところだ。

今大会はツアーで唯一、

モディファイド・ステーブルフォード方式という特殊なフォーマットを採用しており、

選手には各ホールのスコア毎にポイントが割り振られる

(アルバトロス=8点、イーグル=5点、バーディ=2点、

パー=0点、ボギー=-1点、ダブルボギー以下=-3点)。

仮に2ボギーを叩いても、1バーディでイーブンとなるため、

攻めのゴルフが上位浮上のカギ。

昨季、プレーオフの末に大会2勝目を挙げたJ.J.ヘンリー(米)は

通算47ポイントを積み上げた。

注目は、12年、15年に次ぐ大会3勝目を連覇で飾りたいヘンリーや、

2013年覇者の飛ばし屋ゲーリー・ウッドランド(米)、

ツアー2勝目を狙うブレンダン・スティール(米)ら。

また、プロデビュー戦となった前週のクイックン・ローンズ・ナショナルで

3位タイに入った21歳、ジョン・ラーム(スペイン)のプレーからも目が離せない。