1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-30 18:05:07

入社報告

テーマ:社内近況報告

はじめまして、須賀原と申します。

メディプロデュースでは主に企業のアカウントとして、販促及びPR支援に携わらせて頂いております。

様々な医療情報や、難解な研究論文にも触れることができる環境の中、医療情報を噛み砕いて世に伝えていくといった業務に、難しさとやりがいの両面をもちながら日々向き合っています。
正しく伝えるには自分自身が理解しなければならないと、空き時間を使い関連書籍を読むようにしていますが、先日、「幸せな人は長生きする」 という書籍を読み、幸せの定義から幸せになる方法に至るまでが、研究結果や論本の補足とともに語られており、非常に興味深く、また自分ごととして読むことができました。

今の時代はスマートデバイスの普及やクラウドサービス、AI、ビッグデータの解析にいたるまでのITの潮流が医療業界にも波及してきておりますが、どの場面でも必ず 「人」 が介在し、「人」 への想いがあると思います。
「人」 が幸せであることの大切さを見失わずに、仕事に携わっていければと思います。

関わるすべての方々に尊敬の念をもち、医療情報をわかりやすく、正しく伝えていけるよう、そして満足頂けるサービスを提供していけるよう、研鑽を積んで参りますので、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

株式会社メディプロデュース

須賀原 淳也

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-02 12:42:52

55th ICCA Congress 2016に参加して

テーマ:メディプロ日記

当社は、2015年8月より国際会議協会=ICCA(International Congress and Convention Association)の正会員となり、昨年はICCAが開催する54th ICCA Congress(ブエノスアイレス)に参加したことをご報告いたしました。


ICCA Congressは、国際会議に携わる様々な領域の人たちが世界中から集まって情報交換や最新情報を得る場であり、いわゆる国際会議関係者向けの学会です。毎年世界各地で開催されており、今年はマレーシアのボルネオ島にある都市、クチンにて11月13日~16日の4日間にわたり開催されました。
私は今回初めて参加する機会をいただきましたが、事前の告知方法から当日運営、開催後のアフターケアなど、国際学会の運営経験が少ない私にとって、全てが驚きと学びの連続でした。ここで印象に残ったことをご報告させていただきます。

 

1)事前準備
・参加者管理
参加登録時の必要情報入力項目が細部まで行き届いた内容となっており、フライト情報やオプショナルプログラム含め、個別情報がウェブ上でスムーズに行えるシステムを活用していました。

世界中の人が対象のため、現地の気候や適切な服装、現地の食事情などの共有も網羅されていました

アルファベット順のみで管理されたReception。

事前の個別情報管理の徹底で名札情報にすべて情報を集約。参加者混乱なし

 

・情報提供
専用アプリでプログラム内容を確認でき、興味あるものを選択すると自分だけのスケジュール表に自動登録。管理が容易でした。アプリはこれ以外にも高度な機能を備えていました。

 

2)会期中
・会場の演出
舞台演劇を見ているかのような照明演出、みんなで踊り歌うようなシーンの挿入など、エンターテイメント感の高い演出。クルーズに乗ってグループワークを行う斬新なものもありました。

 


船上で行われたワークショップ 風を感じながらリラックスした雰囲気の中、

自由な発想での意見交換がなされた

 

演者が船長に。細かい演出が参加者を和ませる

 

・コミュニケーション
初参加の人にはビーズで作ったブレスレットを交換するミッションが与えられ、積極的にコミュニケーションをとるきっかけとして良き案でした。

講演会場もラウンドテーブルのため、自然とコミュニケーションが生まれる環境でした。

演者はフロアを行き来して話す。遊びを交えた参加型

 

・懇親会
昨年も開催されたCAT Night(ソーシャルイベント)が今年も催され、やっぱり大盛り上がり!ジャングルを思わせる野外会場で開催され、自然が売りのボルネオ島を体感するのにぴったりでした。ライブの生演奏もあり、最後はみんなでダンスしてクラブ会場に!夜遅くまで踊りあかしました。

開催都市クチン(Kuching)は英語でCatの意味。

アジアグループはカチューシャとペインティングで猫に変身。
民族衣装に身を包んだスタッフと「にゃーお!」でパチリ

 

・オリジナリティある演者
マジシャンや歌手なども演者として招かれ、参加者の心をつかむための秘策を共有。招待講演や特別講演などの演者の視野の広さが伺えました。

マジシャンによる講演。

マジックショーを思わせる照明の中、心理学的視点を取り入れながら、参加者サービスの心得を学んだ

 

・情報提供
毎日facebooktwitterなどのSNS上で情報がアップされ、ライブ感が熱気を保つ一躍を担っていました。


3)開催後
・Thank you mail
HTMLで見やすい御礼メールが届き、全日程で撮影された写真や参加者情報が共有されました。次回開催の案内も。

ICCAへの参加で、参加者対応や舞台演出、会場設営などについて視野が広がり、非常に勉強になる、刺激のある4日間でした。日頃の業務で不足していた部分を反省するとともに、たくさんの学んだ内容を今後の業務に活かしていけるようにしたいと思います。
また、世界から集まった参加者との交流で、各国のホテル業界や航空業界、コンベンションビューローなど様々な業界の方と繋がりができたことも、大きな財産です。

ティータイムで肩肘張らずにお互いの情報交換ができたのは大変貴重でした。

ICCAメンバーでアジアが占める割合はトップとのこと。アジア諸国が国際会議へ力を入れていることが伺え、遅れをとらずにどんどん進んでいけたらという意欲も湧きました。

今回改めて認識したのは、イベントで非日常の空間を提供することの重要性。当社は医学系の学会や研究会が多く、開催する会の趣旨に応じた考慮を大前提としながらも、学びの場であっても、参加者の方々に特別な空間で楽しんでいただけるような運営を提案し、実現していけるようになりたい、と強く思いました。
主催者、協賛会社の方々にお力添えをいただきながら、記憶に残るようなイベント運営を目指して努力していきたいと思います。

 

 

株式会社メディプロデュース

中林 貴美子

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-11 00:00:00

第1回近視研究会学術集会 開催報告

テーマ:事務局業務

2016年10月29日(土)に開催された 「第1回近視研究会学術集会」 の運営事務局を担当させていただきました。

 

記念すべき第1回目となる本会は、開催1か月前には参加登録が満席となり、キャンセル待ちが出るほどの人気ぶりでした。

世話人代表である坪田一男教授(慶應義塾大学)のご挨拶から始まり、不二門尚先生(大阪大学)による近視研究の歴史と展望や、吉田武史先生(東京医科歯科大学)による緑内障と病的近視の関係等、非常に興味深い講演が行われ、また招聘講演として海外から第15回国際近視学会会長のXiangtian Zhou 先生にご講演いただきました。


満席状態の会場からも多くの質疑応答が交わされ、近視研究が大変関心の高い分野であることを再認識いたしました。

 

会の最後には、「近視進行抑制の新しいアプローチ」 と題して、坪田一男先生が講演されました。
太陽光が近視抑制に効果的という海外のデータの紹介とともに、坪田先生の研究チームはその太陽光を人工的につくり近視から眼を守るという臨床研究もされていると伺い、その斬新さに驚きました。

 

今日、全世界の人口の3分の1にあたる25億人が近視であると推測されている報告があり、特に東アジア圏において近視はパンデミックのように広がっているそうです。

その近視進行のメカニズムをサイエンスとして解明し、近視から眼を予防することで社会に貢献するという近視研究会の社会的意義をとても実感した学術集会となりました。

 

来年度の第2回学術集会は、2017年11月19日(日)に都内で開催予定です。

詳細は近視研究会ホームページにて随時ご案内させて頂きますので、ご注目ください。

 

 

 

株式会社メディプロデュース
松隈 信一郎

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。