今日は、朝イチで、トレーニング。筋トレとジョギングで1時間。筋トレは、最近、ダンベルトレーニングをマッチョな男子のなかで行っている。マッチョのなかに入るとまだまだガリガリBoyだ。

 

ジョギングは、トレッドミルで、4Kmを20分で走る。2か月前は、1kmウォーキングをするだけでヘロヘロだったが、スピードも上がり、徐々に走行距離が伸びている。目標は、セラピスト仲間がフェイスブックに上げている、1時間10キロを目指して頑張っていきたい。夢はホノルルマラソンだが、やはりハワイは純粋なバカンスで行きたい。

 

そして、午後からは、広島県の介護事業を手広く行っている会社での管理者研修。本日から4時間研修を5週連続、毎週実施。

 

このような特定の法人や施設内研修に関しては、昨年度までは介護リーダー本の出版需要の影響で毎月全国の協会団体に呼んでいただいていため、実施していないかったが、今年度より復帰した。ただ、単発ではなく、あくまでも複数回が必須条件だ。

 

それは、単発セミナーでは「あ~いい話だった」で終わるので、複数回にして、宿題を出しながら実際に業務改善をしてもらいたいからだ。現場が変わることが何よりも楽しい。

 

 

 

AD

地域に密着するということ

テーマ:

昨日は、午前中、歯医者に行って、そのままリハビリテーション颯岡山中央のミーティング。今年度から小規模通所介護は地域密着型通所介護へ移行し、年2回、利用者、家族、地域の代表、有識者などを集めて、運営推進会議が必要となった。

 

そして、年2回開催が必須要件なので、9月までに第1回を行わなければならない。

 

それから、夕方からは、地域密着型特養で施設内研修。地域密着型特養も運営推進会議が必要だが、それに加え、社会福祉法改正にて、新たに「町おこし」的なイベントの取り組みも必要になった。つまり、今まで以上に、「地域と密着する」が求められている。

 

昨日の研修では、「地域と密着」が求められているのは、介護施設だけではなく、地域包括ケアシステムで示されている「人口1万人の小中学校区」を商圏とする他の業種も同じだと説明。

 

例えば、スーパーや学校も同じだと思う。そして、まず、地域に密着するためには「存在を知られること」が大切で、それは、施設のなかでじっとしていても存在を知られることはない。そこで、参加者の皆さんとワークショップを実施し、「地域に密着するために、何かできることはないか」と考える。

 

そして、ダッシュで帰宅し、バスに飛び乗って、大学院の先生、先輩と飲み会。

写真は、飛び乗った、岡電バスからの写真。バスも電車も一番前の席が好き。

IMG_3640.JPG

 

 

AD

今朝の日本経済新聞一面に「外国人労働者受け入れ 介護や建設」とドカンと掲載されている。現在、看護、介護の外国人受け入れはEPA(経済連携協定)の一部で実施されている。

 

先日の朝日新聞でもこのEPAによる外国人の介護労働者の30%が資格を取っても帰国してしまうか、別の仕事に就いてしまうという記事があった。

 

介護分野のEPAによる外国人労働者の受け入れは、もともと日本の介護人材不足解消が目的ではなく、あくまでも「資格を取れば」在留可能というものらしい。

 

厚生労働省のホームページにも「看護・介護分野の労働力不足への対応として行うものではなく、相手国からの強い要望に基づき交渉した結果、経済活動の連携の強化の観点から実施するものです。」と記載されている。

 

現状、このEPAの制度では、外国人や施設側の負担が大きいため、受け入れは限定的にとどまっている。今度は、EPAではなく、技能実習制度で受け入れを検討しているようだ。ただ、この技能実習制度も日本の介護人材不足解消のための制度ではないので、効果は不透明だ。

 

今日は、EPAにて外国人労働者の受け入れを実施している施設で研修講師。施設長から現場の声をいろいろと聞いてみたいと思う。以前も少しお話をうかがったが、現場レベルでは、受け入れはなかなか大変なようだ。それでも、一生懸命、勉強する姿勢が周りのスタッフ良い影響を与えている面もあるとのこと。現在、介護施設経営を研究している者としては大変興味のある分野だ。

 

写真は、昨日訪問した姫路駅から見える姫路城。最近、毎日天気が悪い。

IMG_3634.JPG

 

 

AD

今日は、午後からチーム医療マネジメント研究会へ。

 

今日の役割は、講師ではなく、会場設営係。それは、主催が当大学院ゼミであり、学生の身分としては、先生の指示に従い、机と椅子を汗だくで運ぶという下っ端仕事を行う。

 

IMG_3632.JPG

 

内容は、岡山、神戸、坂出の3病院の事例発表だった。面白かったのが、医療業界のチーム医療の議論では、職種間のコンフリクトや医療スタッフと事務スタッフとの連携の話が多いが、事例発表の3病院ともまず、(1)病院が赤字で超ピンチ、(2)そこから多くのチームを作って、(3)黒字化して、(4)今もストイックに施策を継続という特徴が共通していた。

 

また、業務時間だけではなく、インフォーマルな「飲み会」をしっかり活用していた。通常、医療業界では話題にならない、当ゼミ特有の「職場には、飲み会は必要か」という議論になったのが楽しかった。結論は、「必要」ということだ。確かに、業績が高い病院は「飲み会のクセがすごい」。

 

 

 

 

今日は、大阪で打ち合わせ1件する。会場は、ホテルニューオータニ大阪。

 

小籠包お替り自由の中華料理店で、結局、コースとは別に11個食べる。そして、満腹のおなかをさすりながら歩いていると、衝撃の事実。

 

IMG_3627.JPG

悪魔の大王が、ホテルでディナーショーだ。でも、歌も話も美味いからファンにはたまらないだろう。その代わり、料金も衝撃的だった。他にも当ホテルでは、玉置浩二、谷村新司、松田聖子、さだまさしの豪華ラインナップが組まれていた。

 

そして、また、歩いていたら、こちらのディスプレイ。

IMG_3629.JPG

いつかは把握していないがどうやらハロウィンが近いらしい。正直言えば、ハロウィンがなんなのか良く分かっていないため、毎年、コスプレする若者をみて気持ちが悪い。

 

しかし、ディナーショーやハロウィンがあるということは、そろそろ年末が近くなってきたということか。嘘か本当かは知らないが、ネットでは「今年もあと100日」だそうだ。

 

「あと100日しかない」と思うか、「まだ100日もある」と思うかは人それぞれだが、ボクは完全後者だ。あと100日もあるので、やるべきことを片付けていきたい。

 

そして、19時半から岡山県出身の芸人千鳥の単独ライブへ。今年も新ネタ3本、クセだらけで面白かった。

IMG_3631.JPG

昨日は、台風接近のため、朝5時起床で、リハビリテーション颯高松中央を営業するかどうかの判断を行う。結局、昼前に、暴風警報が出たため、午後は中止となった。

 

そして、自分は、日曜日に警報が出ていた東広島市へ移動。東広島市は山の中にあるため、大雨になることが多いが、昨日は台風の影響なく、すんなりと11時に到着。そこから、会議2本と研修2本、懇親会2件とフル稼働して、ホテルに帰る。

 

今日は、そのまま広島県内で仕事して、夕方から大学院ゼミに参加後、さらに懇親会参加でただ今、在宅復帰。

 

今月は、いろんな病院で目標設定等・支援管理料算定に向けた対策を実施しているが、やはり多くの病院でボトルネックになるのが「医師の説明」のところ。

 

これは、昨年度の介護報酬改定での通所リハビリにおけるリハビリテーションマネジメントⅡの「医師の説明と同意」のところで困ったのとまったく同じだ。

 

患者に対する目標設定等・支援のためのマネジメントについて、その説明を多忙な医師の時間をどう作り、もれなく説明してもらうかのタイムマネジメントが必要で、会議は最終的にマネジメントのためのマネジメントの話となる。

 

導入のポイントは、まず、作成→説明→3か月後作成→説明のフローを作って、PDCAを回しながらそれぞれの病院で最適化していくしかない。ある病院ではこういう変化に対して「よし、とりあえず、やってみよう」となるが、別のある病院では「”あれ””これ””それ”がないのでできません」で終わる。

 

ちなみに、弊社クライアントには、後者のような病院はないのでありがたい。

 

 

 

 

 

 

自分で自分をほめてあげたい

テーマ:

今日で、本部ログは3,000回目となる。幼少時代から、何をやってもすぐに飽きる性格で長続きしたのは、野球を小中高10年間続けた程度で、他は一切ない。

 

また、仕事も学生時代のアルバイトは6か月以上継続したことがなく、最初に就職した病院も3年たたずに辞めてしまった。ただ、その後働いた専門学校では、いろんな経験が積めたり、職場も学校だけではなかったりしたので10年続いた。

 

つまり、もともと継続力に加え、集中力もない自分がブログを8年続け、内容はどうであれ3,000件の文章を書けたことに関しては、「自分で自分をほめてあげたい」と元女子マラソンの岡山出身の選手の言葉を引用する。

 

これから4,000回目にむけて、再度、このブログを再出発させるが、最近では、自社の社長業務をやっていることも多く、もちろん社外秘情報も多く取り扱っているためにブログのような外部発信はできないことが多い。

 

よって、今までは「ほぼ、毎日」アップしていたが、これからは、少し頻度を抑えて、週2,3回程度か1回か分からないが、ゆっくりと前進していきたいと思う。

 

このブログを楽しみにしてくださっている全国の稀有な皆様。これからもよろしくお願いいたします。

写真 2.JPG

本当に全国で「ブログ観ています」という方にお会いする機会が増えたのは嬉しいことだ。

今日は、1日オフにして、家族からもらったチケットで大阪、某電力病院向かいの会場で行われているシルク・ド・ソレイユ「トーテム」を観に行く。

 

IMG_3619.JPG

 

個人的には、ただ観る「鑑賞型」のコンサート、美術館、博物館関係はどうしても途中から睡魔に襲われる傾向がある。よって、本日も内容に関わらず、鑑賞型のイベントであったため、途中から尋常ではない睡魔に襲われる。

 

IMG_3617.JPG

 

話は変わって、本ブログもこれで、2999回目の更新となった。2008年6月26日からスタートし、明日で、3000回記念となる。約8年と3か月、ほぼ毎日更新している。

 

そんなことで、記念すべき3000回目は、誰も期待していないと思うが、3001回目からの「お気持ち」を語ってみたい。

昨日は、ボクと逆キャリアを持つ「元コンサルタントで現理学療法士」と酒を飲む。

 

現在、高松市の赤い十字病院で勤務とのことで、マリンライナーで高松へ移動し、帰りもマリンライナーで帰宅した。

 

写真は、JR高松駅構内のよく分からないオブジェ。

image

 

本日は、リハビリテーション颯高松中央の1周年。リハビリテーション颯倉敷の時もそうだが、1年ではまだ思う形ができず、ここから1年間が本当の勝負だ。

 

本日訪問したSV先のリハビリテーション颯水島は鳥肌が立つほど、素晴らしいリハビリテーションを提供していた。尋常ではない熱気に満ち溢れる場になっていた。

 

2年目に突入した、リハビリテーション颯高松中央では、リハビリセラピスト募集中。

http://www.e-arpa.jp/detail.asp?jid=1436422

 

■理学療法士・作業療法士

http://www.kaedenokaze.com/recruit/entry/pt/day-service.shtml

 

勤務地:株式会社メディックプランニング

リハビリテーション颯高松中央

所在地:高松市松並町938-1

採用人数:1名

雇用形態:常勤   

業務内容:リハビリ特化型デイサービスにおける機能訓練

給 与:200,900円~264,400円

賞与:実績により支給

勤務時間:月~金 8:30~17:30

休日・休暇:完全週休2日制(土日祝、年間休日約120日)

:有給休暇10日(半年後支給)

:年末年始休日・夏休(5日間)有り

待遇・福利厚生:社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生)、福利厚生あり

詳細:http://www.kaedenokaze.com/recruit/entry/pt/day-service.shtml

お問い合わせ:086-234-0086(三好)

http://cgi3.medicplanning.com/sou/

今週は、珍しく1日も岡山県外の仕事がない。ただ、「仕事がない」わけではなく、自社の仕事が山のようにあり、自分の原稿や資料作成の仕事もあるため、「休み」ではない。

 

さらに、最近は「自社をどこまで大きくするか」を考えている。年商100億円の企業と10億円、1億円、5000万円の企業とでは戦略が違うと思う。

 

これは、年商が大きければ「良い」、少なければ「悪い」という話ではなく、年商5000万円であっても、自分の見える範囲で顧客も社員も会社もHAPPYならそれも「良い」となるのではないか。

 

一方で、経営者としては、会社を大きくして社員100名、年商10億円みたいな企業を作っていくのも一つの方法だと思う。

 

まだ、第3期目の決算が終わっていないが、すでに4期目に突入している。5期目から10期目の事業計画を真面目に考えなければと思いつつ、今週の締め切りに追われている。

 

明日は、午前中、岡山県内の病院にいって、午後から、宿題と自社の仕事、夕方からは、ボクとは逆のキャリアを持つ、元コンサルタント・現理学療法士と飲み会。