昨日は、銀座のHMS研究会にて、通所セミナーの講師。開催前に少し時間があったので、先日オープンした「GINZA SIX」へ。

 

IMG_4014.JPG

 

東京の定宿がここの隣なので、この建物ができるのを前の建物の解体工事や地盤の基礎工事からみてきたので、まったく関係者でもないのにオープンできてちょっと嬉しかった。

 

実際に、お店の中に入ったが、大量の人だかりで、入り口の短いエスカレーターをのぼっただけで、わずか1分でUターンして、セミナー会場に向かう。

 

そして、セミナーを実施して、そのまま、横浜へ移動し、ミーティング&食事。

 

今日も朝からミーティングして、14時45分の飛行機で帰宅した。

 

写真は、横浜中華街やハマスタ最寄り駅のJR関内駅。

 

IMG_4018.JPG

作業療法士2年目に初めて一人で岡山県外に出たのが、神奈川の関内だ。日本作業療法学会に出席し、発表するわけでもないのに緊張したのを覚えている。当時は、インターネットもないので、時刻表を頼りに新横浜駅から関内駅に移動したのを思い出した。

 

あれから20年、まさかそこで仕事があるとは思っていなかった。

 

明日は、地元岡山から一歩も出ずにお仕事。

AD

今日は、株式会社メディックプランニングの研修日。今年度は、年4回行う予定。

 

ほぼ全社員の12名が出席し、会社全体の年間目標の発表、各事業所ごとの目標発表を実施。そして、もう遠い昔のようだが、3月に行われたリハビリテーション颯全国研修会の伝達講習を実施。

 

改めて、今回の全国研修では、活動と参加のリハビリテーションが具現化されたり、個別リハビリとグループリハビリの相互作用など、かなりリハビリプロセスが充実したと実感。これを、今日の伝達研修後から各事業所に落とし込んでいく。

 

ただ今、弊社初の職種別ミーティング。

 

IMG_3988.JPG

 

作業療法士・生活相談員・看護師・介護職と分かれてミーティングをしているところ。当たり前だが、社長は一人しかいないので、社長ミーティングはない。

 

今日は、このまま懇親会へ。明日は、朝から東京へ移動して、午後からセミナー講師。

 

 

AD

ここまで来るのに3年かかった

テーマ:

今日は、午前中、大学院生として、資料の作成&コピー。社長業では、「これ、人数分コピーね」で終わるが、学生は自分でしなければならない。なので、1日中、印刷室に籠ってコピーする。

 

IMG_3987.JPG

 

ここまで来るのに3年かかった。でも、まだ、研究で言えば、半分くらい。ただ、何とか、今年度中に卒業する予定。

 

明日は、弊社の研修&懇親会を実施。

AD

今日は、リハビリテーション颯高松中央へ出勤。4月から新しいスタッフも入ったので、現場からは離れたが、当面は週に1回は出勤予定。

 

今週末と来月は、保健医療福祉サービス研究会にて、通所リハビリ&通所介護のコラボセミナーを2本開催。

 

4月22日(土)

アウトカム重視の2018年同時改定に伴う

通所リハ・通所介護改革と今後の通所事業戦略

http://www.hms-seminar.com/seminar/?id=1460274205-745488&ca=&le=&ar

 

5月27日(土)

18年改革の通所リハ・通所介護の再編統合に向けた

“先手必勝”の準備と勝ち残りをかけた今後の経営戦略

http://www.hms-seminar.com/seminar/?id=1489718776-818499&ca=&le=&ar

 

通所リハビリ、通所介護ともに共通して言えることは、軽度者に対する「預かり」機能は、今後、介護予防・日常生活支援総合事業に移行される。

 

よって、介護施設として生き残るためには、専門職の配置と加算算定、そしてADLもしくはQOLの維持・向上という、ストラクチャー、プロセス、アウトカムの3つの次元での業務改善を進めていく必要がある。

 

こんな話を今更、病院ですると、当たり前すぎて「金返せ!」と石が飛んできそうだが、介護業界は、これからだ。普通に考えれば、アウトカムを求めると、必然的にストラクチャーとプロセスへのアプローチが必要になる。

 

ただ、アウトカムを「預かり時間」だけに置いている場合は、今後の経営状況は苦しくなる。

 

よって、リハビリテーション颯では、3時間しか預からず、かつそのうち2時間以上は利用者が専門職の支援によって動き回る。それを、家庭内の活動につなげ、地域への参加を促すというアウトカムを求めている。

 

写真は、リハビリテーション颯高松中央前のプランター。我が家で余っていたプランターを持っていったら、お花好きの利用者ががんがん花を育ててくれており、もう、プランターからはち切れそうだ。

 

IMG_3986.JPG

 

 

今日は、1日オフにて、午前中は、週末のセミナー資料を作成。通所リハ、通所介護の今後の経営戦略について新ネタも多数混ぜ込んで作成する。

 

最高の贅沢は、このように、時間を気にせずに、半日もかけて時間を使いアウトプットができることだ。現実には、絶えず「締め切り」があるため、なかなか1本に時間を割けないのが現実。

 

そして、最近、さらに贅沢だと思う時間の使い方は、「自分のアウトプットを味わう」ことだ。

 

毎月、いろんなところから著者献本が届くが、誤字脱字や表現方法の間違いに関しては確かめるが、内容を何度も読み返す時間がない。いつか、自分の原稿を味わいながら「あ~でもない、こ~でもない」と酒を呑みながら味わってみたい。

 

しかし、プライベートでは、年に数回、たっぷり時間を使って遊んでいる。

 

今日は、岡山市内の鮨屋へ。

IMG_3981.JPG

 

午後からジムに行った影響で、夕方には完全に空腹状態だった。なので、寿司を出されたときは、急いで食べた感はあった。しかし、気づけば、3時間ほど美味い、美味いと出される料理を食べ続け、さらにおかわりもする。

 

そんなことで、午前も午後も贅沢な1日でした。

 

明日は、午前中は外部のお仕事1本行って、午後からは、セミナー、コンサル企画を立てる予定。

今日は、朝10時から岡山表町の福武ジョリービルにて、日総研出版主催の通所リハビリセミナーの講師。

 

年に1回の岡山での講師にて、気合が入りすぎて、朝3時半に目覚める。

 

今日は、岡山会場では久々の大人数にて、会場も満員御礼だった。しかも、自分のホームグランドの岡山で余計な話も含めて5時間喋りまる。

 

リーピーターの方やお知り合いのセラピストも数名ご参加いただき、本当にホームでやっていると実感。

 

そして、今やモニターが主流となったセミナー会場の「INFORMATIOM」だが、福武ジョリービルは未だに現役の手書きだ。ここからもホーム感満載で落ち着くのは田舎者の証拠。

IMG_3980.JPG

 

次回は、6月18日に福岡にて開催。

http://www.nissoken.com/s/14389/index.html

 

 

名古屋なう

テーマ:

今日は、名古屋市内の病院にて、リハビリ部門業務改善のキックオフ。これから1年間、リハビリ部門の機能強化&収益向上プロジェクトをやっていく。

 

名古屋は、研修では毎年来ているが、定期訪問は初めて。ただ、岡山―名古屋は新幹線で1時間半くらいなので意外に近い。

 

今日は、3時間ノンストップで目標数値と改善項目について解説。

 

リハビリ部門は、今から10年前は5、6人くらいで運営していたが、回復期リハビリ病棟に病床機能を変更して毎年10名以上の新卒スタッフを採用し続けた結果、部門内がむちゃくちゃになり、例えば、生産性がダウンしたり、大量退職したりと今まで経験のない課題に取り組んでいかなければならなくなった病院もある。

 

昔、セラピスト経営者の先輩に「社員が13人を超えると大変」と聞いたことがある。確かに、この言葉の通り、13人辺りからきちんとマネジメント体制を整備しないと、組織がバラバラになるのを実感しているる。

 

弊社も現在、12名の社員を抱え、日々、様々な課題に取り組んでいるところ。

 

ただ今、仕事が終わっても帰宅せず、名古屋駅構内でビールを飲んでおり、名古屋なうだ。家に帰りたくないのではなく、この後、友人の作業療法士と一杯やるため待機中の1人0次回。

IMG_3975.JPG

 

昨日は、広島市内のクリニックにて、外来リハビリ、通所リハビリ、通所介護の現地指導&研修講師。現在、クライアントにクリニックは1件もないが、大病院の急性期は別として、病院もクリニックもあまり変わらないと実感。

 

中小規模の病院は、退院後の患者に対し、外来、通所、訪問のリハビリを提供するのに対し、クリニックは、在宅患者の急性増悪に対してのリハビリ提供となる。

 

最近、どこの病院やクリニックでもよく聞くのが外来患者数の減少だ。この減収対策として、介護部門の通所・訪問部門を伸ばすのは、リハビリ限定で言えば有効な手段だと思う。

 

そして、夜は、広島市内の院長夫妻と幹部の皆様で、高級会席料理をいただき、22時広島駅発の新幹線で帰宅。

 

そして、今日は、岡山県内の病院で、訪問介護、病棟、リハビリ科のミーティング。当院の支援は4年目に入るが、病院全体が徐々に温まってきており、非常に良い方向に向き出していると実感。

 

写真は、広島駅構内のセブンイレブンで販売していたカープかつ。確か5年前は、キオスクの端っこにひっそりと話題を狙って置いていたと思うが、今では堂々と正面センターで販売さていていた。

 

IMG_3972.JPG

 

 

今日は、岡山県内の介護施設で研修会。特に大規模で複数の介護施設を抱える法人では、今後、いかに地域包括ケアシステムを構築し、自前で利用者を増やしていけるかが重要になる。

 

そのためには、入所・通所・訪問部門ががっちりと連携し、利用者の在宅限界を高めながら、看取りまで行える体制整備が必要になる。

 

ほとんどの地域で人口が減少していく中、医療機関や居宅介護支援事業所からの紹介だけで利用者を増やす従来の方法では、今後、先細りするのは当然。今の時代、医療機関も居宅も溢れかえるほど、対象者はいないのが現状だ。なので、他力本願ではなく、新たなチャンネルとして自前で利用者を増やしていく方法を模索していかなければならない。

 

そして、最近、よく言っているのは、「利用者確保に建物や設備にお金をかけるのも良いですが、本業の介護をしっかりやって利用者を増やした方が良いのでは」ということ。

 

偉そうに人には言っているが、もちろん、自分自身にも言い聞かせている次第。

 

 

 

 

この3日間、左目にものもらいができて、PCは仕事オンリーにして、スマホを含めできるだけ見ないようにした。

 

また、ほとんど自社の仕事のため、特にブログに載せるネタがなかった。

 

今日も1日オフにて、午前中は3時間ジムで汗を流す。午後からは、500mlの缶ビール2本とチョコレートを持って近所の公園でお花見を楽しむ。

 

IMG_3971.JPG

逆光で見えにくいが、陣取った場所は、桜ではなく、ウメの前だった。

 

もう、そんなことはどうでもいい。一般的に、昼間からの飲酒が許されるのは、盆正月とBBQと花見ぐらいだろう。ただ、酒が飲めれば理由は何でも良いというのは酒飲みの屁理屈。

 

今週は、サラリーマン風で言えば6連勤。サラリーマン時代は、「おい、休ませてくれ」だったが、今は、「7連勤でもOKです」となる。もちろん、昼休みの1時間もいらない。基本、移動中におぎにり1個を食べながら全国を移動している裸の大将スタイルだ。

 

今週も岡山県内以外にも、広島、香川、名古屋の移動があるので、おにぎり持って移動する。