転職エージェントなどの転職支援サイトを使う医師が毎年増えているらしい。

一昔と比べ、研修制度も変わり、医局の力がやや弱まったとはいえ、依然力を持っている医局と良好な関係と続けるために、プロのエージェントにうまく退職する方法などを相談したり、影響が及ばない医療機関に移りたいと考える医師も増えてきているらしい。

 

医師といえば、言うまでもないが人の命を救う仁の職業である。

 

いつも思うのだが、余計なことを考えず目の前の患者さんに向き合える医師に増えてほしい。

 

過疎化地域や離島など、医局が力を持つことでどこにでも医師を派遣できるというメリットは否定しないが、力関係などで悩んだり、独立するにあたって、医局との関係を気にしながら・・・なんてことがない状態になってほしいものである。

医師 転職 エージェント

 

 

AD