XBOX360用ゲーム「BLUE DRAGON」を基にした漫画が、「ラルΩグラド」です。週刊少年ジャンプ2007年1号から連載スタート。

卑猥すぎる主人公ラルの発言、小畑健=大場つぐみ説、小畑氏はネームに口を出せない、やはり小畑氏は原作次第か!!、とネット上では酷評…。( ̄Д ̄;;サイゾーではコレを記事にしていました。(((( ;°Д°))))『初回からショッキングなおっぱいモミモミシーンで注目を集める。』 (はてなダイアリーより)『彼自身のストーリーテリング(ストーリー作成)の部分に関して創造力は未知数である。』(Wikipediaより)『非常に筆が速く、週刊連載と平行してさまざまなイラストを発表している。集英社以外での仕事も多いため、イラストに関してはジャンプの専属契約と関係ないものと思われる(もしくは井上雄彦のように契約をしていない可能性もある)。』(おなじくWikipediaより)。特集は、『フジテレビ4冠王の功罪』です。秋元康氏のインタビュー、めちゃイケ10周年の裏でのスタッフの苦悩(ここのPは変わり者のようです。「警察24時」はは本当にゲリラのため、フジテレビスタッグも嫌がっているとか)、「吉田正樹P」が語る、テレビとネットの連携の未来、平均年収1500万円を稼ぐフジ社員たちの「入社試験」と魅惑の「出世コース」を探る、などです。(*^ー^)ノ『「デスノート」の『小畑健』がエロ作品で酷評の嵐!?』がなぜか一番印象に残ってしまいましたが、半ページの中濃用語辞典 ニュースソースの中の1記事に過ぎません…。(;´Д`)ノ

サイゾー 2007年 03月号 [雑誌]
¥690
Amazon.co.jp

AD