2006-03-24 00:21:36

1年

テーマ:ブログ

あの人を好きになって1年。

振られてから9ヶ月。

いろいろありました。

いろいろ変わって、いろいろ変わらないこともあって…

振られ方が理不尽で、納得いかなくて。

びっくりだし、くやしいし、悲しいし、腹立たしいし、わけわかんなかった。

でも、仲のいい友達だったから、急に縁を切るわけにもいかなくて。

むしろ、縁を切りたくなかったし、やっぱりそばに居たかった。一緒に居たかった。

このまま友達として一緒に楽しくやっていければいいと思った。

この人は、彼氏として一緒にいるより、友達として一緒にいたほうが良いんだって思ったりもして。

でも、このごろ友達に言われるっていうか、からかわれます。

「マダ好キナンデショ?」

「彼氏(旦那)デショ?」

おかげで、また意識してしまいます。

てか、意識していることを気づかされてしまいます。

「ワタシハマダアノヒトノコトガスキ!?」

確かに、あのひとといるのは楽しいんです。

でも、友達といるのは楽しいでしょ?

確かに、ふとあのひとのことを考えることがあります。

でも、友達のことを考えることはよくあることでしょ?

確かに、あのひとの趣味・思考(嗜好?)はある程度わかってます。

でも、友達の趣味・思考(嗜好?)はわかってるもんでしょ?

どこからが、友達で、どこからが好きな人なんですか?

好きってなんですか?

1年前の彼への感情はどんなものだった?

1年前の彼への感情は本当に「好き」だった?

なんかもう、考えるの疲れちゃった。。。

こうやって、振られた人のことでうじうじ悩んでるのは時間の無駄だってわかってるよ。

友達で、くっついてるんだかなんなんだか、ドロドロしてて、ぶっちゃけ見込みないのに3年くらい1人の人のこと想っている子がいて、「もったいないなぁ」とか「次にいけばいいのに」って思うのに。

いざ、自分のこととなるとそうじゃないんだよね。

誰かに頼りたいだけ、寂しいだけ、他に好きな人がいないだけ、だからまだ未練が残るのかなぁとも考えるが…

なんか、生活の中心(打ち込めるもの)がないからいけないのかな?

好きな人が手っ取り早いんだよね。

その人のために頑張る、その人がいるから頑張れる、その人がいるから楽しい、その人のことでメリハリ(一喜一憂)のある生活が送れる…

この歳で、恋に恋してるなぁ、私。

きっと恋愛年齢は12、3歳だ。。。

もっといっぱい恋愛してくればよかった。

そしたら、この気持ちがなんなのか、振られてから次のステップにいけてこんなに悶々と悩まずに済むのに…

結局今日もわからずじまいだ。

ただ、昨日、彼が別な女の子(久しぶりに会った友達)に「綺麗になったね」とかってデレデレした顔で言ったとき、楽しそうにその娘と話してる時、相当イライラしたよね。

このまま、2人が付き合ったら素直に喜べないと思った。

むしろ、ひどい虚無感に襲われるだろう。

以前、いい感じになっただけに…

彼は私のものではないのに。

彼の中で私は特別ではないのに。

彼の中では私は過去の存在なのに。

きっとこう考えるのはまだ好きなんだろう。

認めたくはないが。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。