40代半ばの大腸がん闘病日記

40代半ばの2017年3月、大腸がん宣告され4月に摘出。程なくして肝臓転移が発覚、8月に摘出。ステージⅣ。
バタバタと始まった闘病生活の記録をしたく、ブログを始めました。
皆さま、どうぞ宜しくお願いしますm(._.)m


テーマ:

本日は先週受けた検査結果説明の日。

ドキドキしながら、診察室に入りました。

座るや否や、主治医から「血液もCTも異常無し。大丈夫だね。」

本当にホッとしました。

 

肝臓切除時に摘出を見送った2つの影も、変化無し。

昨年8月に摘出した肝臓転移ガンは、検査で見つかってからわずか2カ月で約3cmまで急成長。

この時のことを考えると、2つの影は明らかに性質は違うようです。

そして、肝臓も含め、他臓器への転移の疑いは見つからず、「異常無し」との診断に至ったようです。

 

血液検査も腫瘍マーカー値に変化は無し。

【CEA】

 1.2 (2017/5)

 1.3 (2017/9)

 1.0 (2017/12)

 1.0 (今回)

【CA19-9】

 3.1 (2017/5)

 3.1 (2017/9)

 2.0 (2017/12)

 2.1 (今回)

 

次回は4月。

胃カメラ、大腸カメラ、血液検査を受けます。

 

主治医からは、「次回は血液検査だけだね」との話でしたが、

私から大腸切除から1年経つ旨を告げたところ、

「おっ、そうだね。カメラを受けてもらおう」とのお言葉。

結果、胃カメラ、大腸カメラ検査を手配していただきました。

 

決して、積極的に受けたい検査ではありませんが、必要な検査であるならば、

自分が気になったことは、遠慮なく先生に伝えるべきと改めて思いました。

先生も、多くの患者をかかえていますので、思い込みで動いてしまうこともあると思いますので。

 

とりあえず、桜が散り始める頃までは穏やかに過ごせそうです。

 

一歩一歩、前進します。皆さまと一緒に。

 

 


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「§3.経過観察期」 の記事

テーマ:

肝臓転移がん切除を行い、はや6か月。

昨日は、血液検査&造影CT検査を受けてきました。

 

検査は、肝臓切除を行った病院ではなく、原発大腸がん切除を行って頂いた病院。

自宅からも徒歩圏内なので、楽をさせてもらっています。

 

また、こじんまりとした病院のため、

今回のCT検査においても、主治医自らが造影剤の点滴をセットしてくれました。

そして、点滴セット中も、先日の血便のことを気遣って頂きました。

大きな病院とは違って、アットホームな雰囲気です。

 

造影剤が入ると、失禁した感覚に陥ります。

下半身がじわじわと熱くなってくる。毎度毎度、何とも言えない感覚です。

 

検査結果は、来週。

検査当日に結果を教えて頂ける病院も多いようですが、

私の病院のように、後日の方が、その間にじっくりとCT画像を見て頂けるような気がして・・。

個人的には納得感があります。

実際、じっくり見て頂けているのか?定かではありませんが・・。

 

3週間前に発生した血便も、その後は落ち着いています。

頂いた薬もうまく機能しているようです。

とりあえず、毎食後1錠(酸化マグネシウム錠)で処方されましたが、

便の状態を見ながら、飲む間隔を調整してくださいとのことでした。

私の場合、毎食1錠はオーバーペース。下痢になってしまいます。

なので、便が固くなり始めてから1錠服用するようにしました。

結果として、2~3日で1錠ペースで十分のようですので、このペースを維持しています。

 

オリンピックも始まりましたね。

4年後のオリンピックも、楽しく見れているかな?

こんなことを考えるのも、ガン患者になったからでしょう。

 

現実を受け止めながら、一歩一歩前進します。

いまを楽しみたいと思います。皆さまと一緒に。

 

 


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の土曜日のことです。

穏やかに過ごしていた日々を一変させる出来事が発生。

トイレ水が赤く染まるほどの血便(鮮血色)がありました。

しかも、1日で4回。

 

大腸ガンが見つかった頃と同じような状況であったことから、

正直、血の気が引きました。悪夢の再来かと。

 

昔の私なら、様子見して、病院に行くことは無かったでしょうが、

今の私には、その選択は無く、迷わずに主治医の診察を受けることに。

 

そして、本日に診察を受けることが出来ました。

 

診察時に先生にお伝えしたことは、

・土曜日に相当量の下血。便は固め。肛門部に鈍い痛みあり。

・その後、便はやや固めの日が続くものの、症状は改善。

・月曜日からはペーパーにも血が付くことは無く、今に至っている。

 

お伝えした後、触診が始まりました。

先ずは、先生の指で肛門部をグリグリ。

特に痛みも無く、先生も気になる所は無いようでした。

 

次に、小さめの内視鏡カメラで観察開始。

事前に下剤等による排便処理はしていませんので、あくまでも肛門付近を観察するための目視検査。

このカメラでも、原因となる傷は見つからず。

 

出血の量から想像するに、傷が無いのも不思議だったため、質問したところ以下の答えを頂きました。

・腸内壁は傷ついても、再生は比較的早い。

・かさぶたが出来たとしても、ある程度時間が経つと、便と一緒に排出されてしまう。

・そのため、傷跡は分かり辛いことが多い。

・ただし、繰り返し起こるようになると、傷口が治り辛くなるとともに腸壁の柔軟性が失われ、大事に至ってしまう。

・なので、早め早めの対処が肝心。

・今回は、固めの便を柔らかくすることで、腸壁部の負担を減らすことがベター。

 

病状としては、急性裂肛。いわゆる軽度な切れ痔。

 

ということで、まずは便を柔らかくする薬(酸化マグネシウム錠)を30日分処方されました。

毎食後1錠とのことですが、人によっては下痢になるため、様子を見ながら自分で調整して良いとのこと。

 

そして、水分は意識して大目に摂取した方が良いこともアドバイスいただきました。

確かに、術後しばらくは、意識して水を飲んでいましたが、

振り返ると、冬に入り自然と摂取量が減っていたかもしれません。

 

大腸ガンが進行していたころは、便秘になることはなく、下痢に近い軟便が普通。

それが、術後は、便が崩れることも無く、むしろ固い便が出るように。

 

そして、固い便は裂肛をもたらす原因になる。

よって、水分摂取も含め、改めて、腸とも上手く付き合う(労わる)ことを意識すべし。

 

今回の血便は、この事を意識させられる出来事となり、

またひとつ、勉強になりました。

 

一歩一歩、前に進みたいと思います。

 

 

にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日に正月を迎えたと思いきや、今月も半ば。

月日が経つのは本当に早いものです。

 

1年前の今頃は、まだ大腸ガンになったとは知らず、普通の日々を送っていました。

これまで大病も無く過ごしていたため、何れは人間ドックは受けた方が良いかな?

思う時はあっても、行動に移すことは一度もありませんでした。

 

その結果、当然にして大腸ガンの発見も遅れ、気が付けば「ステージⅣ」に登り詰めることに。

昨年は、ガンの進行を食い止めるべく、現実を受け止め、治療に専念した一年でした。

幸い、2回の手術も無事に終わり、取り敢えずは日常生活を取り戻すことが出来ました。

 

例えて言うなら、知らぬ間に急降下していた飛行機の操縦桿を慌てて握り、

取り敢えずは墜落を免れた感じ。

この先、元の高度までに戻れることは出来ないでしょう。

でも、自分なりの高度に戻り、水平飛行できれば先ずは良し。

 

今は、このような気持ち。

そして、昨年味わった「後悔」は繰り返したくない。

今できる事や、気になっている事は、いま行おうと。

 

結果、「脳ドック」の予約をしました。

 

予約に至った理由は、

・仮に再発した場合、その治療に全力投球できるよう、今のうちに潜む疾患があるかを調べておくべきではないか?

・4月にPET-CT検査は受けたものの、脳を対象にした検査を受けた事が無く、脳疾患の有無が把握できていない。

・具体的には、動脈瘤等の有無を知り、くも膜下出血等のリスクの程度を知りたい。

・加えて、大腸がんの脳転移の兆候が無いかも知りたい。

 

こんな思いがあり、脳ドックを予約しました。

検査は2月下旬。

 

どんな結果が出るか?

不安が募りますが、やろうと思うことは行う。

後悔しないためにも。

 

一歩一歩前に進みます。

 

 


にほんブログ村

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

サラリーマンとして、ようやくこの日を迎えました。

振り返ると、今年一年は、人生の中で最も激動した一年。

 

事実を尽きられては、ひとつひとつを熟して行くしかない。

何が正解かも判らず、先生から診断結果・治療方針をいただき、皆さまのブログを拝見し、家族とも相談し、

最後は自問自答し、自分に言い聞かせる答えを絞り出し、前に進む。

その繰り返しだったように思います。

 

医学が発展し、標準治療なるものが確立されていても、

本人にとっては、もちろん、初めての経験になる訳で。

不安になるのは当然。

 

今は、「再発」しないことは当然にして望みつつも、再発はあって当たり前。

だから、決戦に備えて、どんな治療も乗り切れるよう体調管理に努めたい。

そう思った方が、気分が楽になるような気がしています。

 

入院されている方、治療中の方、経過観察中の方、その方々を支える家族・友人の方、

皆さまにとりまして、2018年が良い年でありますように。

 

私も心穏やかに年末年始を過ごせることを楽しみにしています。

 

一歩一歩、皆さまと共に前進します。

 

 


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。