ネタ元はroseさんのコメント

http://ameblo.jp/med/entry-10023779115.html#c10039159941

です。


ありがとうございます。


これからもよろしくお願いいたします。






最近、すっかり叩かれることが多くなった


中間管理職(苦笑)。


ブログのご紹介だけさせてもらいます。


---------------------------------

堀病院・起訴猶予

http://www.kamakura-lin.info/blog/infant/2007/02/post_7.php


3日ぐらい前のニュースで『堀病院・起訴猶予』と言うのがあった。


ブログで書こうかどうか迷ったけど、やっぱり書こう!!


『無資格助産』なんてずーっと前から行なわれていた。
保健所だって知ってたはず。
たって、私が個人の医院で働いていたとき、看護師の資格すらない人が、ナースキャップに線をつけて、両手で頂戴のポーズをとって分娩介助をしていたよ。というより、両手の上に赤ちゃんが乗っかるのを待っていた・・・と言うほうが正しいかも!
もう、びっくり!
まったくの無資格者が分娩介助までやって、保健所に内部告発されて保健所が来るんだけど、その保健所の担当者は院長に「内部告発するようなものを雇った院長が悪い」とアドバイスして帰るらしい。
結局、無資格助産をしている人や、やらせている院長はお咎めなしで、資格を持っていて告発しちゃったほうがクビよ!!
しかも、無資格者って資格のあるものをいじめる習性があるのか、我慢できないことがあって(命に関わることも含めて)指摘すると、「たかが助産師のクセに!!」って言われるんだよね!
たかが助産師って・・・あんたは準看護学校にも入れないでしょ!この馬鹿って思うんだけどね・・・。
もう5回も6回も医師会の準看の学校落ちてる人が、結局5年も6年も働いてるから、偉くなっちゃってねー。大変でしたよ!!尻拭いが!!


だから個人病院には助産師は来ないし・・・悪循環です!


堀病院では『内診』しかしていないなんていってるけど、どうかな?
実際のことは知らないので憶測だけでは余計な事はかけないけど・・・。


そして今回の堀病院の無資格助産の件。
やっと大きな事件になってくれたかーと思ったら、起訴猶予!
でも考えてみたらそうだよね!
日本全国たくさんあるよ!無資格助産。
しかも、保健所だって今までしってて隠してたんだから、こんなの起訴したら、後が大変でしょ!
保健所もグルなんだから!!
少なくとも私が以前働いていたところの地域の保健所は「内部告発するようなものを雇った院長が悪い」
と言ったらしいから、他にばれなきゃ無資格助産はOKと言ったのと同じよね!!


産婦人科医会は『内診は計測』なので助産には当たらないというけど、結局、助産師の専門性を理解していないから無資格助産なんてことがおこるんだよね。


『内診は計測』かー。淋しいねー。
お産の進行状況を判断するのは内診だけじゃないからね!


そうそう、医師会が作った『産科看護師』っていう認定資格?
詳しいことは知らないけど、これって看護師の免許がなくても認定されるんだよね!
だから、『助産師募集』の応募に、看護師も準看護師の資格もないのに「『産科看護師』です。分娩もできます」って来る人がいるらしいよ!実際に、この個人病院の後に働いた総合病院にこんな人物がきたらしい!
ってことは、無資格者に産科看護師という認定をあたえ、分娩介助させていたんだよね!!


以前働いていた個人病院でも、土曜日の産科看護師の講習に通わせてたよ。まったくの無資格者を・・・。
やっぱり、無資格者に内診だけじゃなく、分娩もやらせている医院や病院があるなーきっと!!



---------------------------------

ある産科医の「もう行かないから!」事件

http://www.kamakura-lin.info/blog/infant/2007/01/post_3.php


週末のある夜勤。
私の勤務する病院の産婦人科医は常勤医が一人だけ!
だから、月に何回も当直があるはず・・・。
本当は当直なんだけど、『待機』で病院にいないから、お産があるときは呼び出すの。


これがさー、夜の12時ぐらいに、先生が寝るときに予定者の確認で病棟に電話が入るんだけど、私の予測では朝の4~5時ぐらいに生まれるかなーと思うような感じで分娩が進んでいる初産婦が入院していることを伝えたら、なぜか先生は『激怒』したんだよね!!


突然「もう行かないから!○○事務長に連絡してぼくはやめるから、今すぐ代わりの医者を探してもらって!!」だって。
仕方ないから、「わかりました」と電話を切ったけど、どうする?
とりあえず、師長に電話して、事情を説明して、事務長には師長から電話してもらって・・・・。
でも代わりの医者なんて見つかるわけないしねー!
今、入院している初産婦はどうする?
ちょっと陣痛が弱めかなー?という感じ。出血さえなければ、切れたところを縫ってもらえればいいから、師長と相談して、一応外科の当直医に連絡してみた。
外科医は「切れたところは縫ってあげれるけど、責任は負えないよ!」
そりゃそうだ!!赤ちゃんだって今のところ元気、分娩の進行も今のところまずまず順調。
たぶん、問題なく経過すると思うけど、分娩は終わって見なけりゃ正常に経過するなんてわからないもの!出血だって怖いし・・・。
でも、外科医は「出来るところは協力するよ」と言ってくれて、神様に見えたねー!


入院中の初産婦さんは、会陰切開したくないという希望を持っていたけど、私の経験では北海道の女性はあまり切れないけど、関東の女性は切れるんですね!北海道ではきれいに頭が出てきたら(発露)、擦過傷程度で生まれてきてくれたのが、関東は擦過傷じゃすまない!なぜでしょう?
発露するときの会陰の硬さがぜんぜん違う・・・
だから、希望は充分聞くけど切れることの方が多いかもしれない。
だからやっぱり縫ってくれる先生が必要になるのよね!
こんな私は、助産所の開業ないいて無理でしょうねー。


ところで、『もう行かないから事件』・・・事務長や師長が先生を説得したらしく、突然1時ごろ病院にやってきた!いつもは待機なのに、当直室に入った様子。後姿は見たけど、声をかけられないし・・・
分娩の時に呼ぶのも怖い!


5時ごろ、発露して先生を呼ぶことになった。
ドキドキ・・・なんとそこに登場した先生には笑顔が見られた・・なぜ?


結局、やっぱりちょっと切れたけど、機嫌よく笑顔で縫ってすぐに消えた。
朝、7時からゴルフなんだって!ゴルフかよー!


朝6時、事務から電話があった。昨日の夜11時ごろから、この先生から病院に頻繁に電話があって事務長に連絡とれだとかもう行かないとか、かなりしつこく電話があったらしい。
先生から病棟の方にも電話して、病棟で困るようなことがなかったか確認したくて・・・だって!
もう、遅いわ!!!


ところで、機嫌よくゴルフに出かけた先生・・ここまで読むと、ひどい先生に見えるけど、先生も一人で大変でストレスたまってるんだよね!ゴルフ行きたくても、分娩予定者がいるとゆっくり楽しめないし、それどころか行けない事もあるよね。私たちは、勤務時間が決まってるから、それ以外に呼び出されることはないけど、先生は24時間、いつ呼び出されるかわかんないしね。
ちょっとたまっていたものが爆発したんだねーきっと。


この事件以降、土・日の当直は他の先生達が来るようになった。


---------------------------------


roseさんのコメント

http://ameblo.jp/med/entry-10023779115.html#c10039159941


医師(と思われる)方のブログの切迫さに
今の医療の危機感をつのらせていますが、
同じ医療従事者でも温度は違うものなのでしょうか・・

助産師の方のブログでもなんとなく
そんな温度を感じたりします・・


---------------------------------


そうですね。


国政における状況としては、


医師は、看護師、助産師に


完全に負けております(1)。







医師は悪の手先で


看護師、助産師は素晴らしい職業


というのが日本での一般的なイメージですので


医師はイメージ戦略とともに、


厚生労働省での権力争いにも敗れ果てています。




---------------------------------
(1)
産婦人科医の終焉 分娩取り扱い終了のご案内
http://ameblo.jp/med/entry-10021511635.html

AD

コメント(5)