高校時代の友人

テーマ:

高校時代の友人と3人で飲んだ。


3人とも、高校時代は、アメフト部で、

そこからの縁で、今年で、腐れ縁は、18年目とかになる。


一人は、来週結婚式で、その前祝いを兼ねてだった。


本当によく遊んだ仲間だし、

社会人になってからは、疎遠になってしまったけど、

不思議なもので、会うと時代が戻るような感覚がある。


もう一人の友達は、会社のことで悩み、

一時休職していたりした。


すごく彼のことが、心配だったし、

だけど、どう接していいものか、非常に悩んだ。


そっとしてあげることのほうが、むしろいいのではと思っていた。


そんな彼が自分でなんとかがんばって、

飲み会にきてくれた。


うれしかった。いろんな会話をして、笑って、飲んで、

いいなと思った。


やっぱり学生時代の仲間って大切だなって思った。


あっという間の時間だったけど、

こういう時間を大切にしたいし、これからも

友達を大切にしたいと思った。



ちなみに、彼は既婚で、子供が3人いる。いちばん上の子は、

4月から小学生だそうだ。


ランドセルがいくらするとか、そんな会話をした。


もう、そういう年齢なんだね、俺達は。


来週、結婚式でまた、会えるのが、楽しみだ。






AD

2008年2月に思うこと

テーマ:

今の会社に入って、もうすぐ3年が経つ。



常に「成長」がキーワードだけど、本当に成長できたのか、疑問が残る。



CAを辞めて、さらに成長を求めて、今の会社に入った。



仕事は面白いし、沢山のお客さんに出会ったけど、もっともっと成長したいと思う。



いつも焦りがあるのは、気のせいだろうか。この感覚はいつまで続くのだろう。




最近、映画を2本観た。


ベンジャミンバトン


誰も守ってくれない



いずれも素晴らしい映画だった……。



早く好きなことで、ごはんをたべられるようになりたい。














AD

久々すぎる更新です。

テーマ:

久々に、ブログ復活します!


もしかしたら、アメブロと仕事で組めるかも。。。




ちょっとわくわくしてきました。





なので、機能とかもう一度知ろうと思って。






なんか、ずいぶんアップグレードされていて、何をどうしたらいいかわかんないな。






ま、そのうち慣れるか。



トランスフォーマー 観ました。



いいね、久々に楽しかった!! 痛快です。







社員総会にて…

テーマ:

今日、社員総会なるものがあり、

弊社の社長が来期の目標は「生産性の向上」 とおっしゃっておりました。

確かに、確かに、で、具体的な施策は……

そこで、社長からの発表は終わり、具体的な話は何一つありませんでした。


これって、社員にとって、響くのかなーーー?

少なくとも自分には響かなかった。

何かの例えでもいいから、生産性の向上について、社長の意見が聞きたかった。


多分、それを各々が考えろってことなんだけど、

ヒントを出してもらって、初めて動けるやつもいるのだということを

わかってほしかったっす、社長。


おそらく、ここに注力して、生産性を上げたやつが次のMVPだということはわかりました。



組織が大きくなって、個々の動きが非常に見えにくくなってきて、

だからこそ、具体的で細分化された目標設定が必要だと痛感してる。



自分自身の仕事においても、生産性について、とことん考えてみたい。

生産性か……。

今は、まず今月の達成しか頭にない。

その達成をきっかけに、次の目標を追いかけたい。

ホントにマジっ?ていいたいくらいきつい目標設定だけど、

達成して、チームでうまい酒呑みたいと思う。
















いよいよ締め切り!

テーマ:

社内の事業コンテストの締め切りが近づいてきた。

ついこの間まで、自分が応募するとは、思ってもいなかった。



きっかけは、とても信頼のおける同僚の存在だった。


彼は、単なる友達とも同僚ともいえない、特別な存在だ。

やる気だったり、アイデアだったり、何かをスタートさせるきっかけだったり……

いろいろなものを与えてもらっている。

本当に感謝してもしきれないくらいだ。


仕事に限らず、一人でできることには限界がある。

そう気づいたのは、彼と仕事するようになってからだ。

今回提出する企画がうまくいくかどうかはわからないが、

独りよがりにならず、他者との積極的な協力をすすんで自分から

行うようにマインドを変えていきたい。


先週は帯状疱疹なんていう今まで聞いたことのない病気を患い、

彼を含めて、仲間に大きな迷惑をかけた。


月曜から気合を入れて、仕事スタートしていこう。


一生懸命やっていれば、必ず報われると誰かのブログに書いてあったっけ。

自分に妥協しないで、楽しんで仕事をしようと思う。



救命病棟の新藤先生は本当にかっこいい!

いつだって自分に妥協しない生き方を選んでいる。

クランケを助けることに全てをささげている。

少しでも、こんな人に近づけたらなと思う。

ポニーキャニオン
救命病棟24時スペシャル2005



キレちゃった!

テーマ:

滅多に怒ることなどないけど、今日はどうしても我慢できなくて、

仕事中に同僚にキレてしまった。。。。


あまりの理不尽な対応に、キレずにはいられなかった。

今までの、鬱憤もあった。


頭の中で、「我慢しろという俺」と「爆発しちゃえよという俺」が格闘し、

後者が一斉にまるで、決起集会でも始まるかのように頭から溢れ出した。

結果、今まで抱え込んでいた不満が爆発した。

アメリカ映画の台詞に例えるなら、100回以上FUCKという言葉を

吐き出していただろう。



あーーーーー、スッキリした。




大概のことは、話し合えば分かり合える。

ただ、理不尽な奴っていうのは、どういうものか怒りが収まらない。

今後も仕事で絡むだろうけど、誰かが言わないとわかんない奴っている。

そういう奴には、とことん言ってやらないといけない。


子供かもしれないけど、

今日の自分をほめてあげたい。


そんな気分なんで、今日はさわやかな映画を観ながら

寝よう。ロブ・ライナーの映画はいつ観てもさわやかだ。


タイトル: 恋人たちの予感 特別編

E.T.

テーマ:

1985年、新宿のミラノ座で「グレムりン」を見て以来、スピルバーグの虜になり、

「グーニーズ」「太陽の帝国」「インディ・ジョーンズ」「カラー・パープル」など

スピルバーグ関連の映画ばかり観ていた子供時代でした。

だけど、E.T. だけはリアルタイムで観ていなくて、本当に後悔している作品です。


この作品は、ふと、たまに無償に見たくなる作品です。

なんか、子供に帰れる要素をたくさんもっているんですよね。

商業主義だなんだって言われるけど、

スピルバーグほど偉大な監督はいないでしょ?

「宇宙戦争」も今から、待ち遠しいです。

 

タイトル: E.T. The Extra-Terrestrial 20周年アニバーサリー特別版