シンデレラマンを観て考えたこと

テーマ:

このブログの趣旨から、大分最近かけ離れてますが、

最近けっこうまとめて、映画を観たので、その感想を。


シンデレラマン を観てきました。

女の子と二人で観たんですが、二人とも号泣!

会社の同僚に「どこで泣けるの?」と言われましたが、

あれで泣けないやつは、ちょっとおかしいです(笑)。



久々にいい映画を観たなって正直に思いました。

すごくわかりやすいストーリーといかにもな設定のアメリカ映画ですが、

そのわかりやすさこそ、感動に一番必要な要素かもしれません。


ラッセル・クロウのクロウは苦労人のクロウだったんですね(寒っ)。

それにしても、いい出来です。


個人的にスタローンのロッキーが好きで、まさに1930年代のロッキーでした。

でも、ロッキーと違うのは、ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)には家族がいることです。

家族を守るために戦う男の話です。それだけで、泣けてくるじゃないですか!

たしか、高倉健も言ってましたが、

「何故仕事をするのかといえば、誰かに褒められたくて仕事する」のだと。

そして、彼の誰かというのは、愛する妻のためなんだと。やっぱり健さん、かっこよすぎです。

まさしく、ここに出てくるブラドックも家族に褒められたい、そんな一身で戦いに挑んでいます。


まだ、結婚もしていない自分にとって、家族のために戦うことの意味を私は知りません。

でも、結婚して、家族を作るってことは、きっとこういうことなんでしょうね。

私も、彼のように家族を全力で守れる父親になりたいと純粋に思いました。


このブログを見て、もし興味を持った方がいたら、ぜひ、観てほしい。

オススメの映画です。


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ロッキー DVDコレクターズBOX
AD

コメント(5)