2011-05-30 04:25:35

【レビュー】グングニル 魔槍の軍神と英雄戦争

テーマ:ゲームレビュー

▼やりこもう!▼


グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-


コレやろうぜ!

コレ!

それって・・・「グングニル」?

ああ。

アトラスがPSP向けに発売したタクティカルシミレーションRPG「グングニル 魔槍の軍神と英雄戦争」だ。

コレ、たしか開発元が”ユグドラ”シリーズを作ったスティングなんだよね?

ああ。

おなじみのスティング×アトラスのダッグで、さらにスタッフはユグドラの主力メンバーだ!

さっそくプレイしてみようぜ!

お。

体験版とは違って、難易度が2種類から選べるようになってるな。

ベーシック、ベーシック!

親父はいつも変なところで背伸びして、途中で行き詰っても困るし・・・

まずは普通の難易度の”ベーシック”でプレイしてみようよ!

うわぁ!

綺麗なドット絵!!

ドット絵も綺麗だが・・・キャラもかわいいよな!
鋼鉄親子でゲーム漬け!

戦闘はどんな感じなの?

高低差のあるマップのタクティクスシミュレーションだ。

まぁ、ビジュアル的にはタクティクスオウガだな。

・・・だがこれは他のよくあるシミュレーションRPGとはちと違う。

敵はユニットごとに動くが、自分は1ターンにつき1つのユニットしか動かすことが出来ないんだ。

鋼鉄親子でゲーム漬け!

つまり自軍全体で共有してるってことかぁ・・・ちょっとヤヤこしいかもね。

それにしてもこのゲーム、上手い人のプレイしてるのを見てたほうが僕は楽しめるかも♪

ビジュアル綺麗だし、爽快感も結構あるし!

あ!

ほら、アイテムだよ!

取って取って!

いや・・・頼むから無視させてくれ・・・宝箱硬すぎなんだよ・・・

え?

そんなに硬いの?

鋼鉄親子でゲーム漬け!

全部「超合金かよ!!」ってツッコミたくなるほど硬い。

壊すのに、数ターン消費するから、戦闘に余裕がないと取りに行けないんだよなぁ・・・

敵が倒れたときに落としたアイテムはわざわざ取りに行かなくてはならない。
ユグドラ・ユニオンだと、マップクリア時に未回収アイテムが手に入ったのにな・・・。
なるほどねぇ・・・アイテム収集をしたい人にとっては、ちょっと大変かもね。

まぁ、こんなところで心折れてちゃダメだぞ。

俺は体験版でヤリこんだから分かるが・・・この先どんどん大変になっていく!

とくに取っ付きにくさは群を抜いている。

鋼鉄親子でゲーム漬け!

ぎゃぁあああ!!

数字がいっぱい!!

文字がいっぱい!!

まぁ、正直・・・「それ、今画面上に表示する必要ナクネ?」的なものまで、全部画面上に表示してるからなぁ・・・

この機械的なゴチャゴチャ感が、マニア心を くすぐるんだろうけど・・・

これじゃあ、本当にマニアしかプレイできなくなっちゃうよ・・・。

・・・まぁ さすがの俺も、状態異常が38種類はさすがに多すぎすると思うんだ・・・。
・・・それ覚えるんだったら、アメリカの歴代大統領覚える・・・。

でも、本当に噛めば噛むほど面白くなりそう!

まぁこのゲームは、まさになれるより慣れろだ。

超が付くほど取っ付きにくいが、慣れてからの戦略性の広がりが楽しいぜ。


やり込み前提、超硬派シミュゲーム


PSPで発売されたシミュレーションRPG「グングニル 魔槍の軍神と英雄戦争」。
販売はアトラスで開発はスティング。同社のSRPGユグドラ・ユニオン主力スタッフが再結集した作品。
そのためシステム周りやグラフィックなどがユグドラっぽく仕上がっている。


シナリオは良いとは言いがたい
絵柄の可愛らしさとは対をなす、シリアスな感じのファンタジー物でスティングらしいシナリオ
貧民と貴族、民族同士の対立などがテーマとなっており、SRPGとしては王道な作りとなっている。
基本的に一本道のストーリーだが、進めると何度か選択肢が出る。マルチエンディング方式を採用しており、選んだ選択肢によっていくつかのエンディングに分岐する。
エンディングは数種類用意されているのだが、これが問題。
残念ながら伏線を回収しきれず物語の謎についてろくに説明がなされないまま終わってしまうルートもある。また、キャラ同士での会話もそこまで多くなく、全体的に掛け合いが薄くなってしまっている
序盤の引きこみがいいだけにこれには非常に残念だった。


グラフィックは良い
いかにもシミュレーションRPGという仕上がりになっており、全体的に彩度が薄く落ち着いた色合い。
温かみのあるイラストやドット絵も、3Dの背景と違和感なくマッチしている。
キャラの立ち絵が一種類のみで表情の変化が乏しかったり、ドット絵はそこまで動くといった印象は受けなかった。
しかし全体的に丁寧に作られており、特に見落としがちの細かいメニュー画面のデザインなどは眼を見張る。
全体的に地味な印象を受けたものの、軍神を呼び出し強力な攻撃をする際のエフェクトが非常にド派手でなかなか爽快感がある


音楽は非常によい
作曲はユグドラ・ユニオンでおなじみの林茂樹さん。オーケストラ調の重厚な曲が重々しいゲームの世界観と見事にマッチしている。
ストーリーの進行に合わせてステージ曲が変わるのも非常に良い。
ただ、些細な問題ではあるが個人的に効果音が若干大きく感じ、コンフィングで調節出来ないのが気になった。


操作性はやや不満が残る

マップによってはカメラを動かしても障害物で見にくい所があったのが残念。ユニットが隠れている時などは障害物を半透明表示するなどして欲しかった。

戦闘画面はとにかく見づらい。元々システムの要素が多いので仕方が無いのだが、画面上の情報量の多さが気になる
逐一チュートリアルで解説してくれるのだが、その量が圧倒的すぎて初見プレイでは何が何を表しているか覚えきれないほど。
ひとつの画面に殆どの情報を載せているような窮屈さを感じたので、使用していないボタンなどで表示を切り替えられるなどもう少し見やすい表示にして欲しかった。
ゲージ類などのデザインがあまり統一されていないのも見づらさに拍車がかかる。

メディアインストールを採用しており、ロード時間は殆ど感じられない体験版とほぼ変わらないと思っても良い。
さらにイベントシーンや戦闘時の移動、待機ターンなどが早送りできるので、それらと相まって非常にサクサク進めることが出来る。
特にSRPGによくあるダレがちな後半戦で早送りができるのはありがたい。


オリジナリティそこそこ

使い古されたジャンルのため目新しさ無いが、独特の世界観で他の製品との差別化に成功している。
ゲーム自体はタクティクスオウガのような王道のSRPG。しかし独自のシステムにより今までのとは大きく戦略性が異なる。
代表的な物に「ディレイ」というシステムがあり、いわゆる待機ターン数を表すが、敵がユニット毎なのに対して自軍は全体で一つ。
これにより今までのSRPGの動かし方が通用しない。
他にも味方との連携、攻撃の種類による特徴、特殊効果・・・などなどこれでもかと言わんばかり盛り込まれており、覚えることが多すぎるのだが慣れてしまえば戦略の幅が圧倒的に広がる
ここまで要素を盛り込んだのにそれほど無駄なところがないのは素晴らしいと感じた。
SRPGにありがちな後半のマンネリ感への対処も素晴らしく、ただ単に一部のキャラと最新装備でゴリ押しという戦法が出来ないようになっている。
装備品に関して言えば、単に店で買った最強武器よりもキャラと相性のいい初期装備を鍛え上げたほうが強かったりする。


満足度は高しぎることもなく低すぎることもなく
相変わらずマップ上にある宝箱が硬く、中身のアイテムを取得するのに数ターンもかかってしまう。
先述のとおり自軍はパーティ単位での移動なので、数ターンの消費はよほど余裕がなければ出来ない。
アイテムをコンプリートしたい、とにかく落ちているアイテムを全部拾いたい人はイライラするかもしれない。

難易度自体はそこまで高くなく、仮に全滅しても経験値などを引き継いて再チャレンジすることも出来る
しかしやはり見づらさなども相まって初見での取っ付きが悪い。
結果、人を選ぶ作品になってしまっており良くも悪くもスティングらしい仕上がりとなっている。

シナリオこそ残念ではあるが、システム自体は非常に奥深い。6279円とPSPの携帯ゲームとして払えるギリギリの値段に設定しているものの、その価値のある歯ごたえのある作りになっている。

シミュレーションRPGファンに、おすすめの作りこまれた作品。


評価                          .


ストーリー:≪4≫

グラフィック:≪8≫

音楽:≪9≫

操作性:≪6≫

オリジナリティ:≪7≫

満足度:≪8≫

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

総合:≪7≫





鋼鉄親子でゲーム漬け!

AD
いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

2 ■>ドラカンさん

確かにクセありますよね~・・・
でも、本当にしっかり作りこまれた作品だと思います^^

今一歩作りこめば、傑作になったかもしれませんね^^;;;

1 ■無題

グングニルは確かにクセが強いですね。
ストーリーはあっさりしていますが、
PSPならそれもありかなと思いました。
その分プレイ時間は長くならないですし、
遊びやすい時間なんじゃないでしょうか。
まあ、残念だなと思うところは多いですけどねw

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

鋼鉄親子でゲーム漬け!

Powered By 画RSS





画像拡大プラグイン for アメブロ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。