2011-02-19 13:39:45

【レビュー】キャサリン

テーマ:ゲームレビュー

▼難しいけど止められない!▼


キャサリン  キャサリン


きゃさり~ん!

ってなわけで買ったぜ。「キャサリン」。

PS3と360で発売された、アトラス製アドベンチャーパズルゲームだよね。アトラスのペルソナチームが作ったんだっけ?

ああ。

だから、キャラクターはもちろんだが・・・どことなく世界観もペルソナっぽい部分があるよな。

鋼鉄親子でゲーム漬け!

キャラクターデザインは副島さん。

作曲は目黒さんだもんね。

そのまんまペルソナチーム!

豪華だよねぇ!

さらに、アニメーションはSTUDIO 4℃

声優も神様の山寺宏一さん。沢城みゆき嬢。エヴァの三石琴乃さん。クルルの子安武人さん。アナゴさんの若本規夫さんと・・・それはまぁ、異様に豪華な面子だ。

声優の紹介に、偏りを感じるんだけど・・・。
まぁ、プレイしてみようぜ!

・・・ぉおおお!!

おしゃれ!

タイトル画面からして、おしゃれだよ!

こいつはすげぇ・・・ゲーム全ての世界観が統一されてるなぁ・・・

ナレーションから文字のデザインまで・・・

こだわってるみたいだな。

ロード中に、ロードを感じさせないロード画面も、いい感じだね!

これ、STUDIO 4℃のアニメーションを流してる間に、ロード入れてたりもするな。

細かいところまで作りこんでるみたいだ。

ゲームは、神・山寺さん演じるヴィンセントの泥沼の1週間を描くアドベンチャーパートと、そのヴィンセントの夢の中でひたすら上に上っていくパズルパートの2つに分かれている。

今プレイしてるのがアドベンチャーパートってことだね?

グラフィックすごいなぁ・・・トゥーンレンダリングではあるけど、サイバーコネクトツーなんかが得意なパリパリしたアニメ調のレンダリングとは違った感じだね。

鋼鉄親子でゲーム漬け!

3Dっぽさは残しながら、アニメ調を再現してるよな。

淫靡でダークな世界観でグラフィックは統一されてるし・・・キャラクターの表情が3Dとは思えないほど豊かだ。

こういうグラフィックは、日本人にしか作れないグラフィックだよね!

アトラス、この「キャサリン」が初のHD作品になるのに・・・頑張るなぁ。

・・・お。

アドベンチャーパートが終わったみたいだな。

いよいよパズルパートだぞ!

なるほどぉ・・・

ルールに従ってブロックを移動させて、どんどん上を目指していくゲームなんだね。

鋼鉄親子でゲーム漬け!
斬新さはないけど、結構面白いね!

ああ。

最近はなかなかない、一発即死にも美学を感じるよな。

でも、結構頭使うね・・・。

足場はどんどん崩れていくし・・・ちょっと気を抜くと、すぐに死んじゃうかも。

コントローラー貸してみ。

俺がどんどん進めてやる。

   ・

   ・

   ・

うわぁ・・・

またスタート画面からかぁ・・・

中盤以降、す・・・すごい難易度の高さだね。

デモンズもビックリの難しさだぞ・・・これ。

激ムズ・・・ってか、理不尽。

なんで、こんなに難しいのに、残機制なんだよ。しかも、残機使い果たしたら、セーブしたところからやり直しかよ・・・。

軽くマイティーボンジャックを思い出しちまったじゃねぇか。

でも、ここまで来たらアドベンチャーパートの続きが気になって、止められないしね・・・。
難易度”かんたん”に・・・する?

・・・しない!

しないしない!プライドにかけて絶対しねぇ!!

   ・

   ・

   ・

・・・難易度変更させてください。

ついに親父が折れたね。

親父にしては珍しい。

鋼鉄親子でゲーム漬け!

・・・だってよぉ。

難易度”やさしい”、”ふつう”、”むずかしい”の3つ用意されてるが・・・初プレイの人間が難易度”ふつう”でクリアーするの不可能だろ。

ってか、”むずかしい”でクリアーできたら、その時点でプラチナトロフィーもんだぞ!

う・・・うぎゃ!!

それでも、結構難しいじゃねぇか!

でも、難易度下げると”巻き戻し機能”が使えるらしいよ?
ボスがいるから、巻き戻し機能がまともに使えねぇ!
・・・ってかこれ修正パッチを当てて、難易度の名前”難しい”、”理不尽”、”無理”の3段階に名前変えたほうがいいと思うぞ。

修正パッチで変更する部分・・・そこなの?

もしパッチで変更するとしたら、残機制をやめてほしかも。


その後、ハニーが大健闘



アトラスが2011年2月17日に発売したアクションアドベンチャーゲームキャサリン」。PS3と360で発売され、これがアトラスのHD機初参入タイトルとなる。

開発したのはアトラス主力のペルソナチーム。キャラクターデザインに副島さん、音楽に目黒さんと、ペルソナや女神転生を彷彿とさせるスタッフを起用してはいるが、中身はまったく違った内容になっており、ゲームジャンルは実質アドベンチャー色の強いパズルゲームとなっている。

ゲームシステムは、現実世界のアドベンチャーパートで。パズルパートで悪夢から醒めるために、ただひたすら上を目指す形となってきる。


ストーリーは完璧

他のゲームではなかなかない、ドロドロの愛憎劇をテーマとした作品
セクシャルな表現が多く含まれているため子供には不向きな内容になっているが、それ以上に後述するゲームパートで子供は絶対に先に進めないような難易度になっているため、問題ははい。ある意味、CEROよりも厳格な年齢制限がかけられている気もする。

とにかくストーリーのテンポがよく、1つの短編映画を見ている感覚。

演出に目を見張る点も多く、STUDIO4℃が手がけるアニメパートも非常にクオリティが高い
なによりも登場キャラクターに魅力があり、サブキャラどころか袖際の脇役までもが濃く、印象深いキャラクターとして描かれている。

さらに豪華声優の迫真の演技で、魅力的なキャラクターに仕上がっているのも魅力のひとつ。個人的にコンテニュー時の「死んでるばわいじゃねぇ!」の一言がツボにハマった。

ストーリーに関しては、文句の付け所がない。


グラフィックは、非常にクオリティが高い

素人目でも驚くほどの、HD初参入とは思えないほどの高いクオリティに仕上がっているが、何よりも目を見張るのは世界観の統一

ピンクをと黒を基調とした淫靡な世界観を演出しているが、細部に渡ったその演出はもはや職人技。

リアルタイムモデリングとは思えないほどの綺麗なCGに仕上がっており、アニメ調のキャラクターグラフィックは、豊かな表情と多彩なアクションで、シナリオを盛り上げてくれる。


音楽も高いクオリティに仕上がっている。

本作の目黒さんが手がける音楽は、有名なクラッシックをベースに目黒さんがアレンジを加えたものが多くなっている。

ベースはクラッシックではあるが、その中で目黒さんらしさが滲み出ていて、世界観の構成に一役かっている。

アドベンチャーパートの、バーのジュークボックスで、トロフィーや実績の解除状態に応じて、目黒さんの楽曲が解放されていくのも本作の魅力のひとつになっている。ジュークボックスで音楽を鳴らすと、選択した音楽がゲーム中に反映されるようになる。


操作性は悪い

ゲーム全般、操作性が圧倒的に悪い・・・というわけではないのだが、操作性が重要となるパズルパートで直感的に操作ができないのはかなりのマイナス要因になってしまっている。

どんどん上に上っていくというゲームなのだが、カメラが意外にも可変的に動くため、十字キーでの操作が、いまいちピンとこない。いっそのことカメラを固定してしまって、十字キーで直感的に操作できるようにしたほうが、良かったように思えた。

また、カメラワークも悪い。ブロックが積み上げられている中、ブロックの把握がゲームをプレイする上でもっとも大事になっているが、カメラをグリグリ回しても、どうしても見えないブロックなどが発生してしまう。

特に、自分が動かしているキャラクターが、ブロックの裏側などに回りこんでしまった場合カメラを動かしても見えなくなってしまう。もう少しカメラワークなどを考えてほしかった。

しかし、この操作性の悪さはパズルパートだけでのこと。

アドベンチャーパートでは非常に快適な操作ができる。だからこそ、パズルモードの操作性の悪さが、非常に惜しい。

プレイ中、ロードは比較的多く入るが、ムービー中にロード。画面切り替えの演出とともにロードなど徹底的に構成が吟味されており、ロードでイライラすることはない


オリジナリティは高くはない

正直、同人ゲームでもありそうな、ベタなパズルゲームではある。そして、これまたファミコン以前から続くベタなアドベンチャーゲームでもある。

しかし、ここまでしっかりとアドベンチャーゲームとパズルゲームを組合わせて、1つのゲームとして仕上げた作品はないように思えた。

ミクロな視点で見てしまうとオリジナリティは低いが、マクロな視点では意外と盲点な組み合わせだったように思える。


満足度は高い・・・といいたいところだが、”残機制である”という、このただ1点だけのせいで満足度が低くなってしまっている

このゲームの最大の特徴は、その難易度の高さ。

序盤はブロックを適当に動かしていけば、なんどかなるので問題はないのだが、中盤以降。指数関数的に難易度が上昇する。慣れればクリアーできないほどのものでもないのだが、ステージ数が意外と少ないため、尋常ではない難易度の上昇率に、ユーザーがついていけない。

おそらくそれは製作者も把握積みで、デモンズソウルのような「心が折れそうだ。」的なゲームを目指そうとしているのだと思う。

しかしながら残機制のため、残機がなくなるとコンテニュー不可問答無用でスタート画面に戻されることになる。そのため「心が折れました。」ユーザーが続出した。

フィールドの拡大やダンジョンマップの存在などによって簡単にボリュームを増やせるRPGとは違い、アドベンチャーゲームはどうしてもプレイ時間が短くなってしまう。そのため難易度を上げて、プレイ時間を量増しするのは、正解。さらに、大人向け、ゲーマー向けのゲームであるということを考慮すると、この難易度の高さはよく考えらた結果だと思う。

しかしながら、ゲームオーバー後の再開地点が最後にセーブしたところになってしまうと、ムービーをスキップする一手間のおかげで、ゲームオーバーごとにイライラが積もってしまう

しかし、問題はそれだけ。

細かい部分まで作りこまれていて、究めて完成度は高い

また、アドベンチャーモードの面白さが、パズルパートで傷つきまくった心を癒してくれる。

クリアーするまでにかなりの時間を要するため、ゲームをする時間が多くある人でないとクリアは難しい。

また、間違いなくコンテニュー地獄に陥るため、比較的心が広い人でナイトプレイには不向き。心の広さが試される・・・そんな斬新な作品になっている。

万人ウケはぜったいしないものの、アトラスファンなら買い。

クリアーできる自身さえあれば7329円は安いと思える完成度の高さ。

残機無限のパッチが配信されれば神ゲー。それまでは佳作止まりの、今から続編が楽しみな逸品。





評価                          .


ストーリー:≪10≫

グラフィック:≪9≫

音楽:≪9≫

操作性:≪6≫

オリジナリティ:≪8≫

満足度:≪9≫

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

総合:≪9≫



鋼鉄親子でゲーム漬け!


AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

メカマスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

14 ■>たらこさん

確かに・・・アドベンチャーの部分だけ追いたいほど、ストーリーに魅力ありますよね(笑)
パッチは、本当に嬉しいですね^^

13 ■>桑さん

さすがペルソナチームですよね^^

12 ■>魔さん

確かに・・・もうすこしじっくり考えさせて欲しいですよね^^;
チナミニ・・・PSボタンを押すと、うっすらですが、ポーズがかかった状態でブロックが見えますよ(笑)

でも、本当にパターンを覚えていく感覚・・・面白いですね!

11 ■>おけらさん

面白いですよ^^
買う価値はあると思います^^

じつは・・・入らないんです><
世の中厳しいですよね~TwT

10 ■>ヒロッチさん

本当に・・・セーブしたところからやり直しになっちゃうんです><
ゲームオーバーの度にロードはめんどくさいのですが・・・パッチで修正されるとのことで、一安心です^^

9 ■>sinaganさん

まぁ、ギリギリ許容範囲の難易度ですよね^^;

もう少し・・・もう少しでゼンクリです><
でも、難易度高すぎて・・・(笑)

8 ■>バトさん

むずかしいですね~^^;
でも、本当に面白いです^^

修正パッチも配信されるそうなので、これは凄い神ゲーになりそうです^^

ぜひ、2はPC向けで18禁で出して欲しいです(笑)

7 ■無題

自分はもう途中からパズル部分を姉に任せてます!
でもアトラスが難易度を下げるパッチを当ててくれるらしいので自力でクリア出来るようになると思います、助かります

6 ■無題

今XBOX360でプレイしてます。
やっぱりペルソナチーム、かなりの作り込み様ですね!
無茶苦茶面白い!
この勢いでペルソナ5も頑張ってほしいな~。

5 ■無題

現在Easyでプレイ中。
残機数より時間猶予が少ないほうがキツい。
別にタイムリミットでゲームオーバーなのはいいから、もう少しじっくり考えながらプレイさせて欲しい。

とはいえステージ構成は固定なので、何度もトライ&エラーを繰り返していればいつかはクリア出来る。

辛口、だけどおいしいゲーム。

4 ■無題

パズルは苦手なので買う予定はなかったんですがレビューみたら欲しくなってきた(・_・;)

お金に余裕があれば買ってみます

あと素朴な疑問なんですがアフィで買い物して
その後すぐキャンセルしたらメカマさんに収入は
入るんですかね?

3 ■無題

残機制ですか…コンテニュー有りだったら残機が少なくてもいいですが無しだとは…ファミコンのマリオみたいですな…

2 ■無題

言われてみれば確かに大人向け&ゲーマー向けのゲームと考えるとこの難易度はアリといえばアリな気がしますね~。
DLコンテンツでリトライ回数を売れば儲かりそうな予感・・・。

もしかしてゴールデンシアターをクリアなされたんですか?

1 ■やはり、厳しいみたいですね

パズルパートの厳しさがドコで見ても指摘されてますね
玄人向けなので厳しいかもしれないですが
アドベンチャーパート重視のベリーイージーモードなんてのも搭載しておけば良かったのかもしれないですね
修正パッチで追加してはw
そこまでしてしまうと、ゲームの個性が崩れてしまうかな??
次は成人向けで2を出す予定ですよ
きっとw
そうなったらバカ売れでしょうね・・・

コメント投稿

AD

鋼鉄親子でゲーム漬け!

Powered By 画RSS





画像拡大プラグイン for アメブロ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。