2010-11-26 02:03:14

【レビュー】パックマン チャンピオンシップ エディションDX

テーマ:ゲームレビュー

▼便秘解消のような爽快感▼



PSNでPS3向けに配信してる「パックマン チャンピオンシップ エディションDX」やろうぜ!

360でも配信中だが・・・まぁ、俺たちはとりあえずPS3ということで。

パックマンかぁ。

懐かしいなぁ・・・

やられるのは、いつも決まって「まちぶせピンキー」。

10円玉積み上げて、プレイしてたなぁ・・・

・・・お前、年いくつだよ。

ぜってー、二十歳の発言じゃねぇよ。

小さいころは、パックマンみたいな単純なゲームしかプレイできなかったからね。

4匹のゴーストが敵・・・っていうのも子供に分かりやすいし、クッキーを全部食べたらクリアーっていうのも単純だけど面白かったよね!

そんなパックマンは今年で30周年を迎える

その記念作品として配信されるのが「パックマン チャンピオンシップ エディションDX」だ。


鋼鉄親子でゲーム漬け!
確か、旧ナムコの名作タイトルを次々にリメイクしていくプロジェクト「ナムコジェナレーションズ」の一環でもあるんだよね?

ああ。

そのプロジェクトの第一弾ということになる。

能書きはこのくらいにしておいて、早速プレイしてみるか!

うん!

お。

早速始まったみたいだが・・・ダウンロードタイトルの割には、タイトル画面のロードが長いな。

・・・確かに。

普通のパッケージタイトル並のロード時間があるね。

・・・お。始まったぞ。

ちなみに今回の「パックマン」は、今までのシリーズと明らかにゲーム性が違う。

なにしろ、敵であるゴーストが超大量に出てくるからな。

・・・え?

4匹でも逃げ切れなかったのに・・・

それ以上増えたら、逃げ切れるわけないじゃん。

ゴーストは確かに大量に出てくるが、基本眠ってる

だが、パックマンが近づくと起きて怒り状態に変化するんだ。

へぇ。基本は眠ってるんだ・・・。

・・・というか、怒り状態?

今までにはなかった状態だよね。

ああ。怒り状態になると、パックマンの後ろをピッタリついてゆく。

今までのシリーズのゴーストは、それぞれAIを持っていて、自由気ままに迷路の中を動いていたが、今回は違う。

眠りから覚めたゴーストは、無我夢中でパックマンのお尻を追いかけ続けるんだ。


鋼鉄親子でゲーム漬け!

なるほど・・・どんどん眠り状態のゴーストを怒り状態に変えて、大行列を作るんだね!

ああ。

そしてパワークッキーを食べて一発逆転。できた大行列を一気に食い尽くす!!

へぇ!楽しそう!

早速本編をプレイしてみようよ!

まぁ、最初は・・・エキスパートモードだろ。

え?

ビギナーズモードじゃなくていいの?

最初から玄人向けのコースとか・・・大丈夫?

俺を誰だと思ってるんだよ。

それに、この難易度調節は、ただゲームスピードが変わるだけ

マップ自体には変化はない。

へぇ!

ゲームスピードも変わるんだ。

ああ。

今回のパックマンはゲームスピードがリアルタイムで変化していく

ミスせずプレイしてると、だんだん速度が上がっていくんだ。

タイムアタックで高得点を狙うなら、ゲームスピードが速い方が有利だ。

早速エキスパートモードでスタートだぜ!!

   ・

   ・

   ・

無理無理無理無理。
うぎゃーーー!!

またヤラレたね。

親父、さっきから死にまくり。

鋼鉄親子でゲーム漬け!

無茶言うなよ。

あのスピードで、四方からゴーストが突っ込んできたら、避けきれねぇよ!

いやいや。エキスパートモードでプレイし始めたのは親父じゃん。

それにしても、爽快感のあるつくりだね。

特に敵にやられそうになると、スローモーションになるのは良い演出だよね!

ああ。

スローモーションになることで、ミスを回避したり、ボムを使う時間が出来る。

それにメリハリがあって、ゲームの演出としても優秀だよな。

それに、怒り状態で連なったゴーストを一網打尽にする爽快感はたまらないね!

ああ。

溜めに溜めたゴーストを食い尽くす爽快感は、初めての体験だぜ!

5日目の便秘が出た時の快感だよな!!

・・・いや・・・まぁ・・・どうかな?

・・・たとえが悪いよ。

おおお!!

やっとクリアーしたぜ!

ホントだ!

おめでとう!!

ぬうおおおおお!!

なんじゃこれ!!

すごい・・・初めてのプレイでトロフィーが一気に6個も開放した・・・

全体の23%のトロフィーが初回で開放だよ・・・。

すげー・・・こんなところでも、初めての爽快感が味わえたぜ・・・

カ・イ・カ・ン♪


長いロード以外はすごいです!!



パックマン30周年を記念して、旧ナムコの名作タイトルを次々にリメイクしていくプロジェクト「ナムコジェナレーションズ」の一環で配信された本作「パックマン チャンピオンシップ エディションDX」。
PS3と360向けにPSNとXBLAで配信されている。


ストーリーは存在しない

今までのパックマンシリーズでは「オイカケ アカベエ」や「オトボケ グズタ」など、ゴーストにもキャラクターが割り当てられていて、そこそこキャラクターもたっていたのだが、今回はゴーストに区別はなく、登場するキャラクターはパックマンとゴーストの2種類になっている。


グラフィックはシリーズのファンが喜ぶようなつくりになっている。

マップやキャラクターのグラフィックはプレイを始める前にユーザーが自由に選べるようになっている。

マップのビジュアルが8種類から。キャラクターのビジュアルが5種類から選べ、これらのビジュアルは、過去の作品を模した懐かしいものまでもが用意されている。自分のお気に入りのデザインそ自由に組み合わせて遊べるのは嬉しい仕様。
HD画質で美しく、シンプルではないものの画面構成は見やすい

かなり多くのキャラクターやオブジェクトが1画面に表示されるが、処理落ちは一切せず、ぬめぬめ動くパックマンは、このゲーム独特の爽快感の源になっている。


音楽は良い

この音楽も数通りからユーザーが自由に選ぶことができ、そのクオリティもかなり高い。

序盤耳に残るお馴染みパックマンのフレーズが流れ、その後はテンポの良い音楽で刻んでいく。ゲームを邪魔をするほどデシャバらず、だが影でユーザーの心を奮えたたせる。そんな模範的な音楽に仕上がっている。


操作性は良くもないが悪くもない

メニュー周りはストレスなくサクサク動き、慣れると使いやすくなってくるものの、若干複雑。初めて見たユーザーはメニューをどう操作性手良いのか、戸惑う。ビジュアルや世界観の統一を重視しすぎたせいか、直感的ではなくなってしまっている。

操作性で何よりも問題なのが、ロード時間。このゲームにおいて、ロード時間は、ゲームを立ち上げるときのたったの1回。だが、その時間が少し長く感じる。

ゲーム本編の操作感は悪くない

曲がりたい方向にレバーを入力するだけで、○ボタンすら使わない単純な操作だが、壁を曲がる際少し早めにボタン入力をすることで、車でドリフトをキメた時の様にスピーティに曲がることが出来るなど、操作は分かりやすいが奥深い。


30年前から続く作品であるために、見た目における新鮮さは皆無。オリジナリティに関しては高いとは言えない

しかし、30年も昔にゲームの核が完璧に作り上げられてしまっている「パックマン」というゲームを、オリジナルのゲーム性を守りつつ垂直方向に伸ばしたことは、高く評価したい。

本作のベースは間違いなく我々が良く知る「パックマン」であるのだが、プレイしてみるとそのゲーム性の違いに驚く。ただゴーストの数が増え、ゴーストの行動パターンが変わっただけで、ここまで爽快感にあふれ面白くなることに感激。

ゲームバランスも良く、ストレスフリーで万人受けするタイトルに仕上がっており、その完成度の高さから個人的には「パックマン2」と呼びたい気分。

遊べるコースは、いくつか用意されており過去最大。

クッキーが途切れないように配列してある”ハイウェイモード”や、同じ場所をぐるぐると廻るマップ配置が特徴の「スパイラルモード」などコースによってしっかりと特徴が出ていて、長くプレイしていても飽きにくい。


総評して非常に良く出来た作品

丁寧に作りこまれているな・・・という感覚は作品からヒシヒシと伝わってくるが、それ以上に「パックマンのゴーストの数を圧倒的に増やそう」、「ゴーストは常にパックマンのお尻を追いかけるようにしよう」という発想が生まれたことに才能や運命を感じる。パックマンの進化の方向性がなかなか定まらず、模索していた20年間はなんだったのだろうかとすら思えてくる。

だが、完成度が高いだけに悪い点も目立ちやすい

特にゲームを立ち上げる時の長めのロード時間。あと5秒早ければ、何の文句もなかった。
また、ゲームに何か物足りない気もする。プレイし終わった後に何かご褒美がほしかったなぁと贅沢なことを感じてしまった。

そしてなにより、このタイトルにおいての一番の間違いはハード選択だと思う。

HDグラフィックパックマンを遊ぶのもそれはそれで楽しいのだが、決めた時間でプレイできる手軽さや、片手でプレイできる操作性は、携帯機との相性が抜群のはず。どうせならばPSPで遊んでみたかった

多少、改善点も見え隠れするが、想像を遥かに超えるほど満足度の高い作品

オンライン要素も多少存在しており、全国のプレイヤーの中で自分のハイスコアが難易なのかが一目で分かるようになっている。『もう少し上位を目指したい。』というアーケードでランキングを入力するのと同じような感覚になり、シンプルながら良い機能であるように感じた。

トロフィーや実績は、前代未聞の物凄い勢いで開放していく。半分以上のトロフィーは開始1時間で取得でき、慣れてくれば全部取得も容易な形。数が少なすぎるわけではないが、トロフィー・実績開放の難易度はかなり低い

ゲーム自体の難易度も低め難易度調節がステージごとに選択できるなど、敷居も低いためゲーム初心者でも安心してプレイできる。

PS3版が1000円360版が800MSPという値段設定になっているが、値段相応かそれ以上の価値を持った作品。

ツボにハマれば、かなり長い時間楽しくプレイすることが出来る。

ゲーム初心者から、ゲーム玄人まで万人受けするタイトル。

だが、個人的にはオリジナルの「パックマン」をプレイしたことのある玄人に、このゲームをオススメしたい。「パックマン」が遂げた革新的な進化に感動するはず。

体験版も配信されているので、まずそちらをプレイしてみて様子を見つつ感動を味わってほしい。




評価                          .


ストーリー:≪2≫

グラフィック:≪8≫

音楽:≪8≫

操作性:≪6≫

オリジナリティ:≪9≫

満足度:≪10≫

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

総合:≪8≫


鋼鉄親子でゲーム漬け!
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

メカマスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■>スジカワンさん

ダウンロード、おめでとうございます^^

体験版だけでも、かなり遊べますよね^^;
製品版はかなりボリュームがあるので、機会があったら製品版もぜひプレイしてみてください^^

5 ■>Tugumiさん

ありえないほど面白いですね!!
ちょっと感動してます^^
便秘解消の毎日です(笑)

4 ■>オペレーションウルフさん

これは、うれしい試みですよね!!
僕も、旧ナムコにはリメイクしてほしい作品がたくさんあります^^

第二弾以降のソフトも楽しみです^^

3 ■無題

レビュー見て、とりあえず体験版ダウンロードしてみたw

確かに面白い!!

体験版だけで、結構長い間遊べそう・・・・・・買うの迷うwwww

2 ■無題

かなりの爽快感ですよね~

便秘解消!!w

1 ■無題

こういった試みはなかなか良いっす。旧ナムコ名作沢山ありすぎるw。
マッピー、ドルアーガ、ファミリージョッキー、ベラボーマン、源平討魔伝、ドラゴンバスター、ドラゴンスピリット、…このあたりは出してほしい。


あと忘れちゃならぬ…
ローリングサンダー!!(*゜∀゜)

コメント投稿

AD

鋼鉄親子でゲーム漬け!

Powered By 画RSS





画像拡大プラグイン for アメブロ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。