2010-06-29 00:05:12

【レビュー】バクマツ☆維新伝

テーマ:ゲームレビュー

▼「維新伝」と書いて「レボリューション」▼



PSPで2010年6月25日から配信が開始された「バクマツ☆維新伝」をプレイしてみるか。

このゲーム、読みにくいよねぇ。

真ん中に書いてある”☆”は発音しないんだけど、”維新伝”は”レボリューション”って読まなくちゃいけないんでしょ?

間違いちゃいけないのは、”維新”ではあるが”エボリューション”ではなく”レボリューション”ということだな。

題名で個性を出そうとすると、よく失敗するけど・・・
でもまぁ、開発は「剣と勇者と学園モノ。2G」を手掛けたゼロディブ。そして発売は言わずも知れたアクワイアが担当している。

ゼロディブとアクワイアは、親子みたいな関係で一緒にお仕事してるみたいだし・・・

安定性のある、鉄板のタッグだね。

ちなみに、このゲームの最大の特徴はゲーム本編が無料で配信されるということだな。

これは前代未聞だよね。

iPhoneとかだと、よくある話だけど・・・PSPだと初めてなんじゃないかな?

このゲームはミッション制になっているらしいが、無料で遊べるゲーム本編だけで27のミッションが最初から用意されてるらしい。

へぇ!

それは嬉しいね!

お金を払うことに抵抗はないけど・・・最初のうちは無料で遊び続けてみよっか!

じゃあ、早速プレイしてみるぞ・・・。

お?

幕末とかいうから、坂本龍馬人気にあやかったゲーム化と思ってたが・・・

とんだ勘違いだったな。

萌え萌えな絵だね。

歴史好きの人がみたら、怒りそうなほどに・・・

でもまぁ、”if”の物語として割り切ることさえできれば、キャラクターは魅力的だぜ?

開始早々かなりキャラが立っている。


鋼鉄親子でゲーム漬け!

ロリッ子、沖田萌えー!!

ツンデレ、土方萌えー!!

このゲームやってない人から見たら、単なる変人だよ・・・親父・・・。

このゲーム・・・町メニューで自分の装備や道具を整えて、瓦版で依頼を受けて、ダンジョンで依頼を達成する・・・

モンハンっぽい流れだね。

モンハンからアクション要素を100%抜いた感じだぜ・・・。

ダンジョンは「風来のシレン」とか「トルネコの大冒険」とかと全く同じローグライクRPGのジャンルだな。


鋼鉄親子でゲーム漬け!

シレンやトルネコと違って、それにアドベンチャー要素を加えてるよね。

一人ひとりのキャラが立ってて良い感じ。

ダンジョンは和風だから・・・「トルネコ」というよりか、どちらかというと「シレン」っぽい印象かな?

これは、無料にしては豪華すぎるゲームだな!

かなり面白いぞ!

ほんとだね!

ストレスは・・・あんまり感じないし、やり込み要素も多いし・・・奥深いゲームだね。

不満な要素もあるけど・・・無料だと思えば!

完全無料の、超神ゲーの誕生か!?

   ・

   ・

   ・

・・・って、思ったよねぇ。
鋼鉄親子でゲーム漬け!

ああ。

まさか、開始20分で倉庫が満パンになるとは・・・

このゲーム、ダンジョンで拾ったアイテムを合成して強い武器を合成していくゲームなんだけど・・・

無料版だと15種類しか倉庫の中に入らない・・・

あっという間に倉庫が満杯に・・・

・・・っち。

こうなったら有料版に手を出すしかねぇな。

まぁ、もともとお金を払うつもりだったからね。

この1200円の「バクマツ☆維新伝 スターターパック」っていうのがお得みたいだよ?

これが、基本になるみたい。

1200円か・・・。

しばらく遊んでみて、面白いということは分かったわけだし・・・払う価値はあるな。

このパックには、シナリオの「坂本龍馬編」っていうのと、ダンジョンで拾った物を一時的に保管できる”道具袋”が4個分増えて・・・金庫も2000両分拡張。”帰還呪符”っていうのと”皆復薬”っていうアイテムが万屋で買える用になるみたい。

あと、なによりも”倉庫”が更に10種類保管できるようになるらしいよ!
それじゃあ、仕切り直しで早速プレイしようぜ!

   ・

   ・

   ・

(更に30分後)
倉庫足りね~。

更に倉庫を増やすとなると、更に5種類保管できるようになるパックが100円で売られてるけど・・・

・・・買うしかねぇだろ。
鋼鉄親子でゲーム漬け!

もう、いっそのこと「四次元倉庫 1000円」。とかで売られねぇかな?

そっち買った方が安いような気がしてきた。


なんだかんだいって2000円。


PSNで2010年6月25日より配信が開始されたローグライクRPGの「バクマツ☆維新伝(ばくまつ れぼりゅーしょん)」。

アクワイアからPSP向けに配信された今作は、ゲーム本編は無料で配信されるというPSP初の試みになっており、さらに深く遊びたい人は課金で対応というシステムを取っている。

アドホック通信による4人協力対戦にも対応しており、マルチプレイによって戦うことができる。

シナリオはテンポが良い

”バクマツ”という架空の世界、架空の時代で起こるストーリーで、キャラクターは日本史で馴染みのある偉人が登場する。あまりにも偉大な人間を、名前は本名のままコミカルに描き下ろしているため、歴史もの好きには若干の不快感を与えるかもしれないが、こういう物語なんだと割り切れば非常にバランスのとれたキャラ設定である。

シナリオは必要最低限。ミッション開始前に、言葉のキャッチボールが3、4回交わされるだけで他は全く会話がないが、それでも十分にキャラクターが立っている

ビックリするほどアッサリなシナリオではあるが存在感はあり、ゲーム全体のテンポを作り上げている。


グラフィックは極めて良い

完全に私情になるが、きめ細かなドット絵にかなり好印象を受けた。

敵味方ともにキャラクターのドット絵が可愛く、よく動く。

ドットはニジんでおらず、ハッキリとした発色。色合いも豊かで、ゲーム全体の世界観を作っている。

アドベンチャーモードの時のキャラクターは非常に上手に書かれており、万人の好みに合うキャラクターではないが、万人受けをする絵師を使っている。

キャラクターの立ち絵含め、ゲーム全体の発色が豊かで、統一感のある純和風の世界観を作り上げている

良いことが目立つグラフィックだが、唯一不満点を述べるならば、キャラクターの顔が変えられないこと。

プレイヤーの分身のキャラクターは、プレイヤーの性別により男・女の区別はある物の、他のグラフィックが用意されておらず、個性が出せない。マルチプレイを前面に押し出すゲームなのであれば、個性の出るキャラクターエディター要素が欲しかった。

あと、グラフィック面で一番の課題は、ロゴがダサすぎること。もう、どうしようもなく安っぽい。


音楽は、作曲は良いのだが音色が薄っぺらい

特に重低音のパートが完全に抜け落ちており、安っぽく感じてしまう

作業音楽っぽいので、ローグライクRPGには合うかもしれないが、それにしても安っぽい音楽になってしまっている。

また、和風っぽいイメージの音楽ではあるのだが、もう少し和風を前面に押し出した楽器を使い作曲してほしかった


操作性は悪くない

ロード時間は全くないと言っていいほど。町メニューからダンジョンマップに移動するときに、2、3秒ロードが入るだけ。このゲームを立ち上げる時も10秒はかからない。ロード時間に関しては全く文句がない

ダンジョンマップのローグライクRPG部分の操作性に関しては、先代のチュンソフトが操作方法を考え抜いてくれているため、全く問題なく操作できる

プライドを完全に捨てたのではないかというほどに、そのまんまチュンソフトのローグライクRPGの操作性。しかしその選択は間違ってはおらず、プレイ中ストレスの全く感じない

問題なのは、ダンジョンよりも迷宮の”町メニュー”の存在

ロード時間を短くするために、町から寄宿舎に行こうが、よろず屋に行こうが、背景グラフィックは全く変わらない。

自分がどこにいるのかは、文字だけで判断しなければならないため、迷いやすい。

また、アイテムを合成する際。合成の手順が書いてある合成書と、合成を実行するためのコマンドを行ったり来たりする必要がある。それだけでも面倒なのだが、その行動を繰り返していると迷子になり、いったん町まで引き返すことになる。

ロード時間を失くすために、背景グラフィックを変化させないようにしたのは十分分かるのだが、迷子になるくらいだったらロード時間を入れてでも、迷子にならない工夫をして欲しかった。


オリジナリティは低い

先述したように、そのまんま「風来のシレン」であり「トルネコの大冒険」である。

しかし、それにストレスのかからないようストーリー要素を含め、アイテムの合成などの要素を上手に絡めたことで、これらのゲームとは一線を画す仕上がりにはなっている。

アイテムの合成の要素は操作性に問題は残るものの、面白く作られており、ダンジョンでの素材の回集が楽しみになる

目玉となる4人プレイでの協力プレイは、白熱はしないものの面白い。

協力というより別行動を取ることが多くなるが、アイテムの貸し借りや、敵が同期されてないことを良いことに敵のなすりつけ合いなど、マルチプレイならではの楽しみが生まれる。

しかしこのゲームにおいて最大の問題なのは、「風来のシレン」のゲームシステムを、無理に「モンスターハンター」のゲームデザインに落とし込もうとした点である。2つの要素に対して、接着剤を付け忘れている。

今作は”シレン”と同じようにミスが命取りになる高い難易度を誇るゲームである。

ローグライクRPGの特長は、死んでしまうと基本無一文の状態でスタート地点に戻されること。今作もこのシステムを採用し無一文からのスタートとなるが、”シレン”と違う部分はモンハンのようにミッション式で依頼を受けることである。

”シレン”では無一文になるとスタート地点からやり直すことになる。一見めんどくさいかもしれないが、道中でレベルアップすることができる。

しかし今作はミッション式。レベルの概念がなく、装備品でキャラクターの強さが純粋に変化する。

無一文になると、問答無用で素っぴん。

武器を買うためのお金を稼ぐ既に、クリアーしたミッションを再度受けなければならなくなる。

モンハンで言うと死ぬたびに大切に育ててきた武器防具が取り上げられて、マフモフスーツになる感覚

ある程度貯金ができたり武器にストックができるとこの作業から脱出することができるが、死ぬたびに「雪山草採取」のようなミッションを繰り返すのは正直鬱陶しい。

それに加え、ミッション式による弊害はさらにある。

ミッションによって同じキャラクターを使いまわしているため、レベルの低いミッションの雑魚キャラと、レベルの高いミッションの雑魚キャラが同じ姿で平然と歩きまわっている。

そのキャラクターがどれほどの強さなのか外見では判断できないため、とりあえず戦ってみるしかなく、所見殺しでゲームオーバーということも多々ある。

また、レベルの概念がないため敵を倒さずエスケープすることに重点を置いた方が生存確率が上がる。そのため必然的に敵に見つからないように進むようになり、ステルスゲームになってしまう。

そえはそれで一つの個性だが、レベルの概念を入れてほしかった


総評して、遊べる程度に良くできた作品。

無料と考えれば高いクオリティに仕上がっている。

システムは粗削りではあるが、ユーザーに直接的なストレスはかかりにくく、ゲームシステムの芯がしっかりしていてブレがない。

ただ、無料配信という点からシナリオが並列して沢山用意されており、プレイヤーの目標が不明確。新たなミッションを出すためにミッションをこなすという短期の目標は明確なのだが、長期の目標が立てにくいゲームデザインになっている。

基本無料の本作だが、ダウンロードコンテンツにより課金することができる。

間違いなくプレイ15分で、まずは倉庫数の限界にブチ当たるため、”倉庫数+5”の100円の課金が必要となるはず。

お買い得な「スターターパック」が用意されているが、本当にスターター。あっという間に倉庫数の限界にブチ当たる。アイテムを合成するというのが楽しい今作。アイテムを常時ストックしていなければならないため、倉庫数の限界は死活問題である。

もっと高くていいので、”これだけ買えばプレイに支障が出ない”という安心できるパックを用意してほしかった

シナリオの追加による課金。倉庫数、道具袋数のアップによる課金までは許せるのだが、やたらと実用性のある武器や防具などに現金を払う気には、なかなかなれない。

改めて課金の難しさを実感する。

ゲーム本編は基本無料の今作。楽しさが分かってきたところで、課金の必要性に気がつくような作りになっており、このゲームを十分楽しむには2000円ほどかかると思った方が良い

しかし2000円払わずとも、倉庫拡張費用の200~300円払うだけで結構楽しめるかもしれない。

しかし2000円分の価値はあるゲームで、自分に向き不向きかというチェックを無料でさせてくれる点ではかなり親切である。

前述したように、1人プレイで進めるとなると難易度はかなり高め

とりあえず無料の本編でも20分は楽しめるので、ぜひダウンロードしてみてほしい良作。



評価                          .


ストーリー:≪6≫

グラフィック:≪8

音楽:≪6

操作性:≪7≫

オリジナリティ:≪4≫

満足度:≪4≫

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

総合:≪5≫

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

メカマスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

12 ■>シープさん

僕も2000円くらい課金しました(笑)
レベル2くらいが安心してプレイできますよねー^^
でも時々調子に乗って、死んじゃうことが多々・・・(泣)

僕も、個人的に結構楽しめたゲームでした^^

11 ■メカマスター様

最初課金しないで頑張ったけど結局1200円くらい?課金しました。
アイテム無くなる怖さからレベル2で素材集めし続けてます(;´▽`A``
かなり評価低いみたいだけどシープ的には萌え竜馬さんとかツボなんで結構楽しめてますwww

10 ■>納豆さん

確かに、素材集めの楽しさは、完全に倉庫の上限で消えてしまってますね(笑)
課金の難しさを改めて実感させられますね^^;

9 ■>狛犬さん

個人的には、シレンの劣化版として結構遊んでいるのですが、世間だと駄作との声が大きいですね^^;

8 ■>ハクアさん

無料部分だけだったらダウンロードしても後悔はないと思うので、ぜひぜひ遊んでみてください^^

7 ■>伽さん

かなり話題ですね^^;

個人的には、シレンの劣化版として楽しんでいるのですが・・・
酷評受けてますね(笑)
値段も1200円なので、文句言わずに楽しんでます(笑)

6 ■>有体類大佐さん

ぜひとも、ダウンロードしてみてください。

無料では・・・かなり序盤にアイテムの収納不足になると思いますが結構遊べるとは思います^^;

5 ■無題

うーん、アクワイア+ゼロディブの組み合わせが鉄板だというところに異議を唱えたいかな(笑)
ととモノ。は出来はともかくとしていろいろ問題あるソフトだし、続編の2はクソゲーと名高いし。。

バクマツに関してだけど、ローグライクと、モンハン的な合成システムを組み合わせたところはなかなか良かったんだけど、
死亡→装備丸裸のローグライクの緊張感とモンハンの装備集めの楽しみがぶつかりあって残念な結果に。
素材集めの楽しさも、倉庫の上限のせいで楽しくなくなってるし。。
課金で不自由しない程度までに拡張されてたらなぁと思うわけです。。。
とかいいながらフル課金しちゃってるんですが(笑)

4 ■無題

これは駄作です。

様々な用法のあるアイテムを駆使して困難を切り抜ける、シレンやトルネコの一番面白い部分を切り捨て、
大半を冒険中に使えない素材アイテムとしてしまっている(モンハン要素をかいつまんだ結果ですね)のが残念。

3 ■無題

存在すら知りませんでした(^▽^;)
面白そうですね、無料版ちょっとやってみようかな

2 ■無題

話題ですよね、このゲーム。
個人的には笑っちゃう程のクソゲーだったのですが…。

レベルの概念が無いってのはともかく、アイテム使いまくればごり押しでクリア出来てしまうゲームバランス。
薄っぺらい萌え絵。
ストーリーも無に等しく、モンハンみたいにやり直す気すら起きない。
只とは言え結局課金しなければまともにプレイ出来ないとなると、個人的には二千円で風来のシレンGB2でも買ってきて遊んだ方が楽しいような気がします。

辛口になりましたが、私は駄作だと思います…。

1 ■無題

あいかわらずメカマさんのレビューは安定感が凄いwww

とりあえずダウンロードしてみる予定。
俺は最後まで無料で楽しむぜ!

コメント投稿

AD

鋼鉄親子でゲーム漬け!

Powered By 画RSS





画像拡大プラグイン for アメブロ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。