2010-03-18 00:01:39

【レビュー】ヘビーレイン

テーマ:ゲームレビュー

▼手に汗握る(物理的に)ゲーム▼



買ってきたぞー「ヘビーレイン」。

あ!やっぱり買ったんだね、このゲーム。

たしか洋ゲーなんだけど、純3Dのアドベンチャーゲームなんだよね。

なかなか珍しい組み合わせだよね。

そうだな。

開発はイギリスのメーカーで、日本だとSCEから発売される。

これ、どういうゲームなの?

ストーリーは、結構重いものだぞ。

息子を連続殺人犯に誘拐された父親の物語だ。

物語を通して”愛はどこまで貫けるのか、そして許されるのか”ということを主軸にしてストーリーが展開される。

へー。

ゲームの中身はどんなの?

昔ならではの、コマンド式のアドベンチャーゲームだ。

特長的なのは、主人公の数だな。

主人公が4人で、同時並行的に操作しながら物語が進んでいく

たとえ主人公が死んでも、ゲームは続くんだ。

え!?

それじゃあ、マルチエンディング制ってこと?

そうだ。

しかも、物語中もプレイヤーの判断によってシナリオが、相当分岐していく。

うーん・・・

ややこしそう・・・

まぁ、プレイしてみれば分かるだろ。

早速プレイしてみようぜ!

   ・

   ・

   ・

・・・く・・・クリアーしたね・・・

仕様上、時間がものすごい勢いでワープしたみたいだが・・・

クリアーしたな。

終始テンポが良かったよ。

それに、凄い緊張感

ここまで、コントローラーをずっと握りしめながらプレイしたゲームは、他にないかも。

コントローラ握り締めてないと、とっさに対応できないもんな。

確かに、コントローラーを握りしめてのプレイが強要される。

テンポも、緊張感も凄かったが、なにより俺が気に入ったのは、プレイ時間だな!

最近のゲームは、クリアーするまで20時間とか30時間とか掛っていたが、このゲームは10時間くらいで1周できるな。

それでいて、凄い充実感だ!

そうだね。

この充実感とテンポのよさならば、何周しても苦にはならないね!

操作感は、このゲームの右に出るものはいないな!

間違いない。

そうだね。

たった、数個しかないボタンの操作だけで、日常生活のあらゆる疑似体験を可能にしてるよね!

日常動作のドアノブを回すのにはじまって、非日常動作の電熱線をまた行為まで、ボタン操作で体験できるんだよね!

ああ。

すごいよな。

・・・だが、俺的にゲームの最初から最後まで必要になる、モーションコントロールだけは「もったいない」と思ったな。

でも、実際にコントローラーを動かすことで、汗だくになったよ!

ゲームとの一体感が増してた!

そうなんだよな。

だが、当たり前といえば当たり前だ。実際動いて一体感が増すのは当然のことだ。

それをボタン操作にするのが、ゲームの難しいところだ。

確かにね。

このゲームの場合モーションコントロールでの操作はあったほうが一体感は増すとは思うけど・・・ボタン操作だけでこの緊張感が味わえるようになったらこのゲームの評価と価値は上がるよね!

もしモーションコントロールでの操作を、全てボタン操作に置き換えることができれば、それはもはや非の打ちどころのない究極のゲームになるだろうな。

まぁ、批判的な感想はおいておいて・・・

凄いゲームだったね!

ああ。

古典的なジャンルだが、考え抜かれた操作方法ゲーム全般の完成度の高さで、ゲームの主人公と一体感を得ることができる全く新しい体験ができるゲームに仕上がってるな!

たしかに・・・

涼しい部屋でゲームしてるのに、背中に汗をかくゲームはこのゲームだけかも!

ゲーム中、背中から冷汗をダラダラかくってのは、全く新しい体験だよな。

汗、ダラダラになります。



イギリスのメーカーが開発した「ヘビーレイン」。

土台がなく、全く1から作りあげられたルーキーゲームで、ジャンルは純アドベンチャーゲーム

題名の通りストーリーは終始重く、シナリオは”愛”がテーマになっている。


ストーリーは、素晴らしい。
プレイヤーが操作できる主人公は4人で、それぞれが”1つの事件を追う”という目的が同じなだけで、ほとんど接点なく行動することになる。しかしながらシナリオは見事にまとまっており、多岐にわたって分岐するどのようなシナリオルートをたどっても発散せずに、物語が完結する。
シナリオの分岐は非常にスムーズで、分岐しているのかどうかすらわからないほど。プレイヤーのささいな行動によっても物語が分岐していく。
伏線にも富んでいて、真相はどんでん返しの繰り返し。ゲームとして以前に物語として完成している
しかしながら回避不能の弱点もある。それは欧州と日本の文化の違いで、プレイを進めていくと人の命の価値などの点で、日本人の考え方とはかけ離れた解釈を求められる場面が多少出てくる。多少プレイ中に罪悪感が残ることもあるが、それもまた他の文化と触れるという醍醐味なのかもしれない。

キャラクターは全て上手い具合に立っており、4人の主人公の役割もバランスが良い。わき役もしっかりと映えていて、ハイクオリティなハリウッド映画やアメリカンホームドラマを見ている気分。
総じてシナリオの完成度は高く、なかなかこのレベルの完成度のシナリオを武器に持ったゲームとは出会えない。


グラフィックはレベルが高い。
次世代機の実力をまじまじと見せつけられる。毛穴まで見える細かいグラフィックで、人間のグラフィックは細部まで描き込まれている
背景グラフィックもレベルは高く、高い水準でバランスのとれた仕上がり。
洋ゲーなのにも関わらずキャラクターが不気味の谷に落ちておらず、日本人好みの顔立ち。それぞれのキャラクターは見た目からも、キャラが立っており、脇役までしっかりと作り込まれている。
圧巻なのが群衆シュミレーションで、ショッピングモールに数百人はいるであろう人間が、それぞれ人波を作ってバラバラに動いてる姿は必見。あれで処理落ちしないのは奇跡を目撃しているような気分。
ゲーム全般処理落ちは少なく、ほとんどない
題名の通り、”雨”にはビジュアル的にもこだわっていて、水周りの表現は力の入り具合が凄い
グラフィックは、どの角度から見ても高い水準で安定しているが、安定しているが故見慣れてくると感動が薄れてきてしまうことも


音楽はハイクオリティである。
プレイヤーの心理状況を徹底して解析しており、ユーザーの緊張する場面ではハイテンポな音楽を。不安な時には心が締め付けられる音楽を流してくる。
特に環境音は素晴らしく、ただの雨音のなかに静寂だけではなく、焦りや不安の要素を感じ取ることができる。
SEの種類も豊富で、同じSEを使いまわしていることがないのではないかというほど、様々なSEが用意されている。
プレイヤーはこのゲームをプレイすると、主人公との感覚と一体になることができるが、その一体感を味わわせているのは紛れもなくこのハイクオリティな音楽。陰の立役者である。


操作性は神がかっている。これほどまで考え込まれた操作方法は出会ったことがなかった。

操作方法は大きく分けて2種類用意されている。
1つはボタン操作2つ目はコントローラーを実際に振るモーションコントロールである。
この2つの操作のみで、日常のほぼすべての動作を疑似操作することになる。
コップを持ったり、ドアノブを回したりという動作はアナログパットで。ドアを蹴り破ったりするときはモーションコントロールでコントローラーを振ることを要求される。
アクションシーンでは、ただ時間制限内にボタンを押す事を要求されるだけだが、それだけで冷汗で汗だくになる。
ゲーム中。△ボタンと○ボタンの同時押しなど複雑なボタン入力を要求されるが、その組み合わせのみで、あれほどの緊張感が出せるという事実は初めて知った。手に汗握るというのはこのことで、失敗できない場面なので複雑な操作を要求されたときの緊張感は只者ではない。
これらの考え抜かれた操作方法によって、プレイヤーは完全に主人公と一体化することができるようになる。ガラスを踏めば心から痛いと感じる。本当だ。
ロード時間は主人公が変わるごとに5~10秒ほどある。ゲームを開始するときは20秒ほど待たされることはあるが、ゲームのテンポを悪くするほどのものではない。

オリジナリティは高い。

時代遅れと思われていた、典型的な純アドベンチャーゲームが、ボタン配置の巧みさとゲームバランス。シナリオのみで、ここまで斬新なゲームに生まれ変わることができた事実に驚き。

このゲームは、ジャンルこそアドベンチャーだが、今までのアドベンチャーでは一切味わうことのできなかった一体感と緊張感を味わうことができるようになる。


ゲームを1周するのに、要する時間は初回で10時間程度。2週目以降はもう少し早いペースでクリアーできる。

現在市販されている他のゲームに比べ、比較的短時間でクリアーできるゲームではあるものの、クリアーした時の満足感は、他のゲームと負けず劣らず。さらにゲーム全体のテンポの良さも加わり、2週目以降もプレイしてみたくなる気持ちにかららる。

なによりも、全体のバランスが良いと感じたゲーム。しかも、その全ての要素が非常にハイクオリティである。

1人プレイ専用で、オンライン要素も全くないが、時代に合ったゲームである。
ちなみに、トロフィーは比較的取りやすい。

価格は5980円と、内容の充実具合にしてはかなり低価格。
難易度は高くもなく低くもなくだが、シナリオからしてコアユーザー向け。
ぜひ、ゲーマーの方に手に取ってほしい傑作アドベンチャー。




評価                          .


ストーリー:≪9≫

グラフィック:≪9

音楽:≪8

操作性:≪10≫

オリジナリティ:≪8≫

満足度:≪9≫

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

総合:≪9≫




鋼鉄親子でゲーム漬け!
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

10 ■>anthonyさん

バグはありましたね(笑)
僕は、1度だけフリーズしてしまって再起動しました^^;
直前からのプレイでしたので、めんどくさくは無かったですが、多発すると煩わしくなってしまうかもしれませんね^^;

ただ、最近になってバグを修正するためのパッチが配信されたので、バグに関しては安心かもしれません^^

9 ■>チキンさん

確かに、ゲームに入り込めない人にとっては、一つ一つの動作が鬱陶しくなってきてしまうかもしれませんねTwT

歩きは、確かにもっと楽にしてほしかったです(笑)

8 ■>狛犬さん

3周もプレイされたんですか!?
それは凄いですね!・・・僕は2周で満足してしまいました^^;

やり込み過ぎてしまうと、見えてくる粗い部分もあるんですね^^;
すごいです!

7 ■>メルヘン紙屋V2さん

本当に、グラフィックと操作性は抜群ですよね^^

確かに映画らしい要素が多いですよね^^
映画を操作してるみたいで、すごく楽しかったです!

6 ■>シープさん

すっごくシリアスなテーマで、笑うところが1秒もない、すっごく重い作品ですが、面白かったです^^
1周10時間は、結構かったほうだと思います^^
早い人がやったら7,8時間かもです^^;

5 ■無題

不都合?かなにか出てませんでしたか??
スムーズにプレイできたんでしょうか
それが気になってまだ買わずにいました^^;

4 ■無題

ストーリーに入っていけずにゲームとして捉えてしまう人には楽しめないゲームですよね。
僕は十分に楽しんで大体同じ感想ですw
でも、歩き方だけはちょっと気になったかなぁ。首を振るって行為があるからしょうがないのかもしれないけど…

3 ■無題

3周目で完全にウンザリしましたけどね。
地味なシーンを早送りできる仕様でもないため、見飽きた場面でいちいちセリフを待って、タイムギャルみたいにQTEを入力して…
シナリオは、4人のうち誰かが死んでも話が続く仕組みは当初スゲーと思ったんですが、実は継ぎ接ぎによって無理に繋いでいたり、
経過の段階で話が分岐するというより、大筋は変わらずラストが違うだけとか。
組み立てを見抜いてしまうと興ざめする部分もあります。

ただし、アドベンチャーゲーム史に残るマイルストーン的作品だとは思います。
一周目だけなら傑作ですし。

2 ■無題

グラフィックも操作性も凄かったですよね(^ω^)

でもSteins;Gateやった直後だったので、少しゲームらしい設定というよりは映画らしい要素が多いなと思いました(д・`)

1 ■メカマスター様

手に汗www
ずいぶんとシリアスなテーマですね(・∀・)
10時間で1周はすごい♪

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

鋼鉄親子でゲーム漬け!

Powered By 画RSS





画像拡大プラグイン for アメブロ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。