2010-02-27 11:26:23

【レビュー】みんなのテニス ポータブル

テーマ:ゲームレビュー

▼究極のバランス力▼

みんなのテニス ポータブル/ソニー・コンピュータエンタテインメント

「みんテニ」買ってきたぞー。

みんなのテニス ポータブル」だね!

みんなのゴルフ”シリーズで有名なクラップハンズが、PSP向けテニスゲームを作ったんだよね

”みんなのテニス”は、もともとPS2で発売されたんだ。

当時は、ゴルフ一筋のメーカーがテニスゲームを作っても、どうせ中途半端と思ってたが・・・

予想外のバカ売れしたんだよね。

そうだ。

俺の不安をよそに、累計50万本突破という大ヒットを打ちたてた。

今回はそのPSP版。

どれだけ、携帯機ならではの遊びを追求できるかが勝負どころだな。

早速プレイしようと思ったけど・・・見てみて!

”みんなの”シリーズなのに、ストーリーモードが付いてるよ!

マヂかよ!

・・・ほんとだ・・・ストーリーモードだな・・・

というか、”みんなの”シリーズにストーリーは不要。

遊びだけを追求した・・・

すごい!

このストーリーモード、テンポが良くて面白い!

おまけ程度のものなのかと思ったら、本格的に作られてるよ!

・・・うそだろ・・・

   ・

   ・

   ・


ほんとだ!面白い!

フィールドにいる、いろんなキャラクターに声をかけて、対戦申し込む形のゲームだな。

対戦に勝つとアイテムがもらえるRPG形式だ!

これは、今までのシリーズになった楽しみだね!

ストーリーはあっさりめだけど、シンプルで無駄がない感じ!

”みんなの”シリーズのゲームシステムに調和してる感じだね!

・・・みんテニに関しては、俺の予想がコトゴトク外れるな・・・
親父の予想なんて、普段から大して当たらないじゃん。
(,,#゚Д゚):∴;'・,;`:ゴルァ!!

ごめんなさい。ごめんなさい。

調子に乗り過ぎました。

   ・

   ・

   ・

これ、対戦プレイを全面に打ち出している作品みたいだぞ。

ゲームシェアリングで、1本のソフトで4人対戦ができるそうだ。

おおお・・・太っ腹!

早速プレイしてみよっか!

・・・あれだな。

やっぱり対人でプレイするのと、COM相手とでプレイするのは間隔が違うな。

必勝パターンが通じねぇ。

・・・くそ・・・同点か・・・

次、点を入れたほうの勝ち・・・か・・・

親父に必死に食いついてったら・・・痛い。

・・・親指の先っぽが、アナログパットの滑り止めとコスれて痛い・・・

素人の息子でも、俺相手に対等に戦えるんだ。

これが”みんテニ”の良いところかもな。

くそー・・・緊張してきたぜ・・・

・・・いけ!・・・もう一発!

いけ!!!

・・・って、え"!!!

・・・あ。

親父の打った玉が、天上に吊るしてあるクス玉に当たって、アウトになった・・・

おいおいおい!

あれ、障害物かよ!

ただのオブジェクトじゃないのかよ!

すごいねー。

他にも、いろんな障害物や仕掛けがあって、面白いね!

勝負は僕の勝ちだけど。

鋼鉄親子でゲーム漬け!

くそ・・・

あの障害物さえなければ・・・あの障害物さえなければ・・・

親父って、ここ一番のときにヘマするよね。

確かにな。

このゲーム。あと一発で勝負が決まるタイミングになると、急にBGMが緊迫感のあるものに変わるのな。

もうそうなると、俄然緊張するぜ。

ゲーム全般、他の追随を許さぬ安定っぷり

”みんなのゴルフ”シリーズを手掛けているクラップハンズが作る、テニスゲーム「みんなのテニス」。
今作「みんなのテニス ポータブル」は、その最新作に当たるもので、PSPで発売される。
前作の”みんなのテニス”は、累計50万本を記録する大ヒット
今回は”だれでも簡単に遊べる”というコンセプトはそのままに前作からほぼ全てを一新。マルチプレイに重点をおいて携帯機で発売される。
今回は、”みんなの”シリーズ初となる本格的なシナリオモードを搭載している。
ストーリーは特に伏線など小難しい事は一切なく、最初から最後までお気楽なテイストを貫き通している。
したがってストーリーはシンプルで軽く、表示される文章自体も少なめ。
キャラの移動やモーションもシャキシャキしているので、他では見られない爽快感のある仕上がりになっている。
ストーリーモードの基本の進め方は、キャラ同士が会話し、テニスで対決し、勝つとアクセサリーや道具など賞品がもらえる。同時に”みんなの”シリーズならではの段位やキャラクターの愛着度を得ることができ、それにより、より複雑なショットを打てるようになる。
シナリオモード全体のボリュームも多く対戦相手も豊富。全ての対戦相手に完勝したくなる衝動にかられ、やり込み要素は非常に高い
シナリオモードは、特に突出して面白い部分は無いものの、全体のバランスが良くテンポは極めて良い
飽きない要素と、中毒性も満載で完成度は高い。

グラフィックは良い。

カラフルな色彩と認識しやすいボールやキャラクター。

まさに、シンプル・イズ・ザ・ベスト。

現実世界ではあり得ないことだらけのグラフィックになっているが、出来る限りデフォルメされたグラフィックは独特な統一感を放ち、”みんテニ”ならではの世界観というものを作り上げている。



音楽は素晴らしい

”みんなの”シリーズならではのポップで飽きない音楽。

しかしながら、テニスに適したリズム感と緊張感を兼ね備えており、ぜひとも音ありで楽しみたい気分になる。

効果音はリアルではないものの爽快感があり、ビールの缶をあけるようなスカッとするベストな玉を打ち返すときのSEは何度聞いても、また聞きたくなる。

操作性は問題ない。

”みんなのゴルフ”シリーズとは違い、手に持った瞬間から全てを把握し、誰でも簡単に操作できる操作系統ではなく、しばらく慣れるまで時間はかかる

しかしながら、操作とそれに対応するショットさえ把握すれば、誰でも簡単に思った通りのショットが打てる。


メニュー周りも親切丁寧

ロード時間も長くない。ロード時間の間に操作の説明やショットのポイントなどを説明してくれるため、ロード時間は気にならない。

ちなみに、ロードを短くするメディアインストールも可


テニスゲームなので、オリジナリティー自体は高くない

しかしながらテニスゲームとはいえ、このゲームはテニスゲームとはいえない。これをテニスゲームと言ったらテニスファンが起こるかもしれないほどデフォルメされており、ショットの打ち分けなどが、かなり極端

自動で判断してくれることも多く、本当のテニスを遊びたい人には不向きなゲームかもしれないが、これは”みんテニ”というゲームなんだと割り切れば、素人から玄人まで非常に楽しめる


満足度は極めて高い

携帯機に完璧にあった仕様になっており、通勤通学でチョコッとプレイしたいときに1試合するのがオススメ。

あっさりテイストで、ストレスもかからず、プレイ中の爽快感は目を見張るものがある。

マルチプレイにも対応していて、1本のソフトで4人プレイまで可能なゲームシェアリングにも対応している。

2人対戦は非常に熱くなるものの、4人プレイをしたときには、あまりチーム同士のコミュニケーションは重視されない。

とにかく相手コートに打ち込む事に、おのおのが集中してしまうため、時々ペアの相方が邪魔に思えてくることも多々。しかし、「そこどけよ!」的な会話がなされ、4人プレイも2人プレイとは別の意味で熱くなれる。

操作は簡単キャラクターは豊富アクセサリーなども非常に多くコートの種類も豊富で、各々のコースは際立った特徴を持っている。

このゲームの何が面白いかと聞かれると何も答えられないかもしれないが、このゲームは面白いかと聞かれると、胸を張って面白いと答えられる。
結局のところ、ユーザーのストレスを排し、テニスというジャンルで細かいところを隠し、面白いところを強調しただけの作品。
しかし、ゲーム全体すべてのバランスが完璧で、完成度はものすごく高い
やり込み要素はかなりあり、中毒性は相当。
ゲーム性にも毒がなく、個人差はあれどこのゲームは面白いと誰もが感じるはず。携帯機の中では間違いなく最高峰。
文字通り老若男女全ての人が手にとって、遊んでみてほしい傑作テニスゲーム。


評価                          .

ストーリー:≪8≫

グラフィック:≪8≫

音楽:≪9≫

操作性:≪9≫

オリジナリティ:≪7≫

満足度:≪10≫

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

総合:≪9≫


メカマスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。