2009-07-05 00:45:30

【レビュー】ロックマン9

テーマ:ゲームレビュー

▼思い出は億千万!▼



今日は、ロックマン9をやろうぜ!

どっち?

昔ダウンロードしたwiiのやつ?それともPS3で新しくダウンロードしたやつ?

中身はほとんど同じだが、どうせならPS3のほうをやってみようぜ。
PS3と同時に配信されたXbox360版も、内容は同じなんだよね?

ああ。

それは全く同じだ。

そういえば・・・昔wiiWareで配信開始されたとき、記念にE缶を無駄に大人買いしたよな。

そうだったね・・・

買ったな・・・

無駄に買ってるぜ・・・

カプコンへの溢れんばかりの献金だね。
気を取り直して、さっそくプレイしてみようぜ!
ロード時間はないんだね。

ファミコンテイストを追求した結果、読みだすデータの容量もファミコン並になったからな・・・

ある意味ロード時間短縮は副産物だ。

それにしても、本当によくファミコン時代のグラフィックをを忠実に再現したね・・・

グラフィックのみならず、効果音から操作性までだな。

これは、俺たちの時代が敏感に反応するぜ!

僕は、さすがにファミコン現役世代じゃないから、あんまり当時の感動はわからないけど、この再現度は本当にすごいね!
だけど・・・今だに我が家だとファミコンが現役だから、そういう意味では新しさや懐かしさは全く感じないなぁ・・・
・・・最近、最も稼働率の高いゲームハードの1つが、メガドライブだという時点でどうかしてるな・・・

それにしても、このゲーム・・・尋常じゃないくらい難しいね・・・

トロフィー獲得条件も厳しいし・・・

お前が下手なだけだ!

俺にやらせてみろ!

・・・。
・・・。
・・・さっきから死にまくってる画面がデジャブのように繰り返されてる欠けなんだけど・・・。

このロックマン9は11年ぶりのロックマンだからな。

ブランク期間が長かっただけだ。

   ・

   ・

   ・

・・・ようやくボスに到着したね・・・

ボスに到着するまで45分かかってるよ・・・

さて。

のこりHPは、たったの3だ。ここから挽回するのが俺の凄いところ!

さぁ、ボス戦だ!

・・・。

開始5秒で死ぬとはね。

・・・違う・・・「あの状態で5秒も持った」というのが、適切な表現方法だ。

難しさは億千万!


wiiWareで2008年9月24日に発売。PSNとXBLAで2009年6月24日に発売された今作。

ファミコンテイストを忠実に再現した原点回帰のつくりになっており、wiiでは1000wiiポイントXBLAでは800マイクロソフトポイントPS3では1000円という低価格で配信されている。


ストーリーはに関しては、ナンバリングタイトルだがロックマン8とのストーリーのつながりは薄く、ほぼ独立したストーリーになっている。これは、”8”の発売から11年もたっているための配慮。

ストーリーの中身は”8”の後、平和が戻った世界でまたDrワイリーの陰謀でロボットが暴れだすというもの。今回はライト博士に着せられた濡れ衣を晴らすために、ロックマンが立ち上がるという王道なストーリー。

しかしながら、その単純で一直線なストーリーが、ファミコンテイストを再現した今作と上手にマッチして、いい味を出している。

敵ボスのに関しては若干不満が残った。

敵ボスの原画は細かく書き込まれているのだが、それをドット絵に起こすとグチャグチャしてしまいあまりカッコよくない。

むしろ原画の時点でシンプルなデザインに抑えておいて、よりアクの強く分かりやすいキャラクターにした方がよかった。


グラフィックは時代と逆行してファミコンテイストを完全に再現しているため、ほかのソフト比べる際甲乙は付けがたく、プレイヤーによって評価が分かれるところではあるが、個人的にはかなり好印象を受けた。

色数制限はファミコン時代よりも緩くしてあり、ファミコン時代よりも華やか。しかし、色数を制限することにより、表現の限界を越えようとするあの頃のドット絵の美しさが蘇っている。

まさに絶妙な表現。

ファミコンテイストを忠実に再現しているものの、動き自体のフレーム数は多く、ファミコン版をプレイした後に9をプレイすると若干”ぬぺー”っとした動きに違和感を感じるかもしれない。


音楽は素晴らしい

これも、ファミコンテイストのFM音源を見事再現しており、細かい和音ガケなどの再現度はもはや脅威的。ここまでこだわらなくても・・・と思ってしまうほど再現している。

しかし、2などの人気曲を使っており、それが見方によっては”再利用”のためガッカリしてしまう人も出てくるかもしれない。現役でプレイすることができなかった僕の個人的にとって、過去の人気曲が入っているというのは少し嬉しい仕様。

ただ、後半の音楽はもう少し活発な物の方がよかった。


操作性はファミコンのまま

アナログスティックでも操作が可能だが、基本は十字キーとABボタンに対応する2つのボタン。他のボタンは使用しない。

今作から、スライディングやチャージショットといったアクションができなくなったが、これは英断。アクションが減った結果選択肢が減り、攻略のパターンが覚えやすくなった。

アクションが減っているのにもかかわらず、ゲーム性が増えている。


オリジナリティは高い。

完全に時代遅れのグラフィックと音楽。操作性だが、一周回って新しく感じる

またファミコンでは再現ができない色合いやマップのギミックなど、ファミコン版のまる写しではなく、次世代機であることを有効利用した点も非常にいい。


満足のいく作品。

絶妙なさじ加減で、ファミコンテイストながらも新しさを追及している、新しい形のゲームになっている。

難易度はかなり高め。過去の”2”ほどではないが、現在発売されている他のゲームと比べるとかなり高く設定されている。

しかしながらステージは短く作られているため、覚えやすく、何度もプレイすると体が覚えてくる。そしてクリアーしたときの感動は、まさにファミコン時代ならはのもの。

今までロックマンを遊んだことのない人は、グラフィックの粗さにビックリするかもしれないが、ファミコン時代のロックマンを遊んだことのある人にとっては、かなり面白い逸品。


評価                          .


ストーリー:≪6≫

グラフィック:≪8

音楽:≪9

操作性:≪6≫

オリジナリティ:≪5≫

満足度:≪7≫

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

総合:≪6≫

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

メカマスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

9 ■無題

買おうかと思っていたんですがグラフィックで躊躇してます。
みんなでスペランカーのクラシックモードは楽しんでるのですが。
魔界村とどっちが難しいですか?

8 ■>zorugaさん

5秒は・・・ラスボスの出現のムービーを入れて5秒なので・・・(笑)たいしたことないです^^;

E缶はロックマンの全回復アイテムで、この缶ジュースはロックマン9発売を記念して発売されたものです^^
・・・買いすぎましたTwT

7 ■>スロットさん

確かに、罠は多いですね^^
パターンを覚えればなんとか攻略できる罠の数々は本当に、うまい具合にバランスが取れてるな・・・と感動しました^^

本当におっしゃる通り、いいバランスですよね^^

ご指摘ありがとうごじざいます^^;完全にうちミスでしたTwT
修正させていただきます。

6 ■>雷電さん

本当ですか!?
ご購入おめでとうございます^^

すみません。「目標」の部分を、トロフィーと表現してしまいました。
該当する部分を削除させていただきます。ご指摘ありがとうござます!

5 ■>ティンゴさん

僕も、ゼビウスは・・・まともに進んだことありませんTwT
すぐに死んでしまいます^^;

本当に、昔のゲームの難易度は高いですよね^^;

4 ■無題

五秒も持ったとはwwww

E缶って何ですか?
すっごい量を買っているようですけど^^;

3 ■wii版で思いっきりはまってました

普段は見ているだけですがロックマンということでコメントしたいと思います。
今作は思わず引っかかってしまうような罠が多いですよね、
例えばギャラクシーマンのあの場所とか・・・
難易度は高いですけど慣れればさくさく進められますし
ファミコンのロックマン好きには無視できないデキです。
あと、ちょっとツッコミを。今作の敵はワイリーが作ったのではなく
ライト博士が作った廃棄寸前のロボットをワイリーが改造したという設定ですね。

2 ■ダウンロードしました

配信してから2日後ぐらいに購入しました。
ロックマン世代じゃないのでかなり積みます><
トロフィーってあるんですか?PS3本体で確認してるのですが、ないんですよね・・・
もしかしてトロフィー1つでも出れば出現してくるわけではないですよね・・・?

1 ■おっくせんまん!

お疲れ様でした★

今、ファミコンのゼビウスをやると
ほぼ即死です汗

昔は難易度高いですよね。

コメント投稿

AD

鋼鉄親子でゲーム漬け!

Powered By 画RSS





画像拡大プラグイン for アメブロ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。