2009-05-29 00:00:18

【レビュー】勇者30

テーマ:ゲームレビュー

▼30秒の勝負▼

勇者30

勇者30」買ってきたぞ。

値段が4200円だった。PSPのソフトにしては、安かったな。

このソフトは、発表されたときからず~っと気になってたんだよね!

世界観が「勇者のくせになまいきだ」みたいだったから!

開発者も、ゲーム内容は「メイドインワリオ」のように。そしてユーザー層は「勇者のくせになまいきだ」を意識して作ったそうだ。
すごく雰囲気がにてるもんね。

説明書によると、このゲームは4つのゲームが1つのパッケージになってるようだな。

早速やってみようよ!

・・・あれ?

ゲームは「勇者30」と「魔王30」。「王女30」の3つからしか選べないよ?

説明書には「騎士30」というモードがあると書いてあるから・・・

きっと、この「???」の中に隠されてるんだろうな。

・・・でも、この「???」は、3つ用意されてるよ?

そのうち一つは「騎士30」だとして・・・他の2つは何だろう?

う~ん・・・説明書には書いてないな。

進めてるうちに、条件を満たせば開放されるだろう。

早速「勇者30」から、やってみようぜ!

30秒以内に、勇者を操って魔王を倒すのが目的みたいだな。

・・・え・・・?

そんなこと出来るの?

女神様にお金を払って、時間を巻き戻してもらって・・・なんとかヤリクリしていくのがこのゲームの芯らしい。

なるほどねぇ・・・

・・・あ。話してる間にクリアーしちゃった。

   ・

   ・

   ・

一応、「勇者30」のゲームモードはクリアーしたよ。
・・・早いな・・・
難易度低かったし、テンポがいいから2時間かからなかったかな。
ちょっと、飽きが早そうなゲーム内容だったな。

そうかな?

ワンゲーム自体が長くて数分で終わっちゃうから、飽きる前にゲーム終了って感じだったよ。

・・・それより、気になったのが・・・スタッフロール。

明らかに、去年wiiで発売された「プロゴル●ァー猿」を意識して作られたエンディングで・・・

毎回毎回ワンゲーム終わるごとにスタッフロールが流れるんだよ・・・

・・・それ・・・まさか「プロゴ●ファー猿」と同じように、スキップできないとか言うことは・・・

確かに、スキップできないけど、早送りできるから全然問題は無かった・・・

だけど、ちょっとネタにしてはクドかったかな?

今日はもう遅い。

そろそろ寝るか。

僕は、このゲーム少し進めてから寝るよ。

おやすみ。

   ・

   ・

   ・

・・・おはよう・・・って。

夜通ししやってたのか?

・・・いや。流石にそれはないよ。少し寝た。

でも、ようやく「騎士30」が終わりそうなんだ!

「騎士30」が出たのか?

うん。

やっぱり、条件を満たすと出現したよ。

条件って堅苦しく言っても、進めていけばイヤでも出る仕様になってた。

でも、いまだに残り2つの「???」は開放されてないよ。

もしかして「騎士30」を進めると出てくるとか?

うん。そう思って今「騎士30」を進めてるところ。

「騎士30」も面白かったけど、今までやってきた4つのゲームの中で、一番面白く感じたのは「魔王30」かなぁ・・・

簡単で単純だけど、ジャンケンみたいな駆け引きの要素が面白かった!

・・・でも、面白かった「魔王30」は、30分かからずにクリアーしちゃったんだよね・・・

もう少し遊びたかったなぁ・・・

・・・やっぱり「飽きる前に終わる」というのは、正しい表現なのかもしれないな・・・

・・・あ!!

今「騎士30」もクリアーしたよ!!

よ~し・・・「???」の一つが開放され・・・

あ!!開放された!!

・・・って・・・ぇぇええええ!!!


「???」の中身は購入してからのお楽しみに。



マーベラスエンターテイメントからPSP向けに発売された「勇者30」。

基本的に4つのゲームから構成されていて、それぞれが30秒以内にクリアーしなければならない、無茶な条件の中のプレイとなっおり、女神様にお金を払って時間を引き延ばしもらい、その限られた時間でヤリクリをするのがこのゲームの芯になっている。

このゲームは、製作プロデューサー曰く「メイドインワリオ」の手軽さで「勇者のくせになまいきだ」のユーザー層を狙った作品に仕上げたそうで、発言どおり、しっかりその作品に影響を受けた形に仕上がっている。

この作品は、ゲーム性こそ全く違っているものの、その作品の持つ雰囲気と世界観は、かなり「勇者のくせになまいきだ」に似せたテイストになっている。なので今回はゲーム性や操作性などを除いて、「勇者のくせに~」と比較するのが分かり易いと考え、たびたび比較することがあるが、どちらも全く異なった魅力を持った作品であることは先に断っておきたい。


「勇者30」は「勇者のくせになまいきだ」に比べ、ストーリーに力を入れている

「勇者30」の中に入っている、「勇者30」「魔王30」「王女30」「騎士30」は時系列が一直線になっており、ゲーム性こそは違うものの独立したゲームではなく、シナリオで繋がっている

しかし、その肝心なシナリオは”キャラクター説明”。”ゲーム説明”。”ギャグ”。”ストーリ”など、さまざまな要素を詰め込んだため、ダラダラしがちで、どれを取っても中途半端になってしまった印象を受ける。

もっと、それぞれを深く掘り下げれば、非常に面白くなったと思うので残念である。

特に、このテイストのゲームの生命線である”ギャグ”に関しては、たびたび笑いすぎて呼吸困難になりがちな「勇者のくせになまいきだ」にくらべ2ランク下で、クスリと笑えるところは多々あるが、それ以上の笑を誘わない。

”ギャグ”に関しては、もう少し磨き上げたものを入れて欲しかった


グラフィックは、スーファミ時代のテイストを守っており、オープニングの無意味な回転拡大縮小でニヤリ。

3Dポリゴンを一切使わずに、ドット絵で構成された世界観は統一感があり秀逸。時代遅れのグラフィックを、一周させて新しさに変えている。

音楽は驚くほどに素晴らしく、かなり驚かされた。

センスのよさもさることながら、胸が躍る戦闘音楽や、哀愁漂うゲームオーバー音まで、全ての音楽が素晴らしい出来。


操作性は、「勇者30」「魔王30」「王女30」「騎士30」全て操作は違うが、操作感は良い。

もともと、難しい操作を必要としないおかげで、操作がわかりやすい

また、ロード時間が全く無いというのも、かなり嬉しい仕様。

システム全般、全くストレスのかからない仕様になっており、時間にシビアなこのゲームの魅了を底上げしている。


「勇者30」「魔王30」「王女30」「騎士30」全てのゲームでオリジナリティを発揮しており、時間に縛られたゲーム性は、なかなか味わえない楽しさ。

たとえるならば、モンハンで弱ったリオレウスを追い詰めて、でも残り5分の状態を常に楽しむというもの。時間に縛られる緊張感がゲームにメリハリが付いている。

しかしながら、飽きやすいのも事実。ゲームは必ずクリアー出来るように仕上げてあり、攻略の説明があるため難易度は低め自由度は無い。テクニックのみがゲーム性に直結しているため、ゲームに奥深さがなく2周目の際テンションは上がらない。

しかしながら、ここまで目まぐるしくマップが変わると、”飽き”の前に”ゲームクリアー”が来る。そこが救い。


このゲームに搭載されているゲームは全部で4本だが、残り2つ「???」が存在する。ネタバレの無いように説明すると、それらはよくある”特典”ではなく、列記としたゲーム。それらもまた、面白い。

このゲームは4人プレイまで対応しており、その協力プレイもかなり白熱する。

マップによってはシングルプレイ以上に盛り上がり、時間を巻き戻すのにお金がかかるため、だれがお金を払うかでガチ喧嘩に発展する。モンハンで言うところの、誰の大タル爆弾Gを使うかでもめるところ。


難易度は選択できるものの、全体的に低め。何度か試行錯誤しているうちに正解を見つけ、また正解が見つからなくてもゴリ押しで進める局面も多々あるため、必ずクリアーできる。

不満点も残るが、おおむね満足した作品。総プレイ時間は短めだが、価格も4200円と安めに設定してあるため、それを配慮すると満足のいくボリューム。

友達と一緒にプレイすると更に盛り上がる。

難易度が低めのためゲーマー向けとは言いにくいが、ゲーマーでも楽しめる使用になっている。

本命はゲーム好きの中高生であり、ぜひ友達と一緒に手にして欲しい一品。


評価                          .


ストーリー:≪4≫

グラフィック:≪7

音楽:≪9

操作性:≪8≫

オリジナリティ:≪7≫

満足度:≪7

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

総合:≪7≫


AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

メカマスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

12 ■>さんちゃん♪さん

本当ですか!?
まだ、店長のところには2本残ってました^^;
僕がかなり薦めておいたので、結構発注したそうです^^;
粘り強く探してみてください^^;

体験版も結構面白いです^^
ボリュームはありませんんが、是非遊んでみてください^^

11 ■何件かみたけど、

売り切れてました。

売価は4000円きってましたね。

PS3で体験版があるからDLしてみようかな?

10 ■>まりもさん

ありがとうございます^^
そう言っていただけると、凄く嬉しいです!

非常にクセのある作品で、人によって好き嫌いの差があると思います^^
PSPをネットに繋いだりPS3と接続すると、体験版を入手できるので、是非体験版をプレイしてみてください^^

9 ■>マサさん

本当ですか!?
そういっていただけるとスゴク嬉しいです^^

値段も安く、携帯機との相性は抜群なので、是非買ってみてください^^

8 ■>あじぽん元帥さん

いえいえ^^;
僕もまだまだ未熟者ですが、参考にしていただければ光栄です^^

7 ■>katarさん

正直、最後のモードは名前を見た瞬間吹き出ししました^^;
これは一本取られたような気がします^^

6 ■>inoshishi1972さん

女神は、お買い物代がかさんで、お金が欲しいみたいなので「ギブアンドテイクだ」と本編ではうたってます^^;

30秒のRPGというのは、かなりぶっ飛んだ企画ですが、すごく新鮮味は感じられて面白いです^^;

ちょっと、好き嫌いが分かれそうなので、ちょっと迷ったら買わない方がいいかもしれません^^;

5 ■凄い解説!

とても分かりやすい!(^∇^)
買おうか悩みますな・・・(・∀・)/

4 ■すごく

レビューの丁寧さに感動しました。

今度買って見ます・ω・

3 ■完璧なレビュー(ToT)

この記事を糧に、研鑽させていただきます(T-T)

2 ■無題

最後のモードは超絶理不尽すぎました
あそこまで行くともはやRPGというかアクションゲーム・・・

1 ■なるほど・・・。(汗)

女神を買収して時間伸ばすのか。
良く思いつくなあ。(汗)30秒って意味は良く分かりました。
真面目な話、このレビュー見て買う人多いだろうな。
自分みたいに情報が入らない人間にはこのゲームは、
『何で成立するの!?』
って感じでしたから。

でも微妙かも。

コメント投稿

AD

鋼鉄親子でゲーム漬け!

Powered By 画RSS





画像拡大プラグイン for アメブロ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。