2009-04-03 01:01:37

【レビュー】ドアラでwii

テーマ:ゲームレビュー

▼読者参加企画より▼



・・・今回レビューするソフトは・・・「ドアラでwii」だ・・・。

しっかり、フラゲして買ったぜ!


鋼鉄親子でゲーム漬け!
・・・・・・はぁ・・・。
皆さんのおかげで、クリック広告での収入が5000円に達して、感謝の意を込めて、読者の皆さんにレビューするソフトを決めてもらう読者参加の企画をやったんだよな。

うん。

第一回(リンク) では「テイルズ マイソロ2」と「ドアラでwii」が同票

決選投票に持ち込まれた第二回(リンク) では、ドアラでwiiが圧勝したんだよね。

・・・と。いうことで、約束は守る。

ちゃんと買ったぜ!

・・・完全にドブに捨てたよね。5000円。

そうでもないと思うぞ。

ほら。これが、初回限定特典だ。


鋼鉄親子でゲーム漬け!

あ!

結構豪華

・・・で?これは、何?
裏に説明が書いてある。

鋼鉄親子でゲーム漬け!

あ~・・・

要するに、「びっくりして、耳がでっかくなっちゃった!」の、ドアラの耳バージョンね。

・・・・・・・・・どんな場面で使うの?これ。
・・・。

だが、この初回特典。

装着率があまりにも低くて、発売前からプレミアがついているレア物。

あと数年したら完全にプレミアになってるぜ!

じゃ、さっそくプレイしてみようぜ!

   ・

   ・

   ・

あ~・・・。

登場シーンから、だめだ・・・

足の動きと移動速度がマッチしてない・・・

・・・確かに・・・若干ムーンウォークの入った行進だな。
で?これは、どういうゲームなの?
説明書によると、ミニゲームを遊びつつ、ドアラとのスキンシップを取っていくゲームらしい。
ってことは、育てゲーに近いって事?

・・・いや。

どうやら育てるのではなく、ドアラの体にタッチしてリアクションを楽しむだみたいだ。

・・・そこに、どんなゲーム性があるんだろう。

頭をなでると喜ぶみたいだね。

股間を触ると喜ぶみたいだな。
・・・。
・・・って、え!?これだけ!?

みたいだ。

じゃあ、早速ミニゲームでもやってみるか。

   ・

   ・

   ・

・・・一通り、全部終わったね。

最初は、やり方に戸惑ったが、一度わかってしまうと超低難易度

単純作業の繰り返し。

全部A判定が出ちまったぜ。

・・・最初の時点でミニゲームが9個。その全てが薄っぺらいゲーム


鋼鉄親子でゲーム漬け!

この、ショボさ。

・・・読者の皆に伝わるかな?

この棒立ちフォームから、ドアラがボールを打つんだよ!・・・信じられないよね。

いろんなミニゲームがあるが、無駄に避けゲーが多い。

「右によけろ!」とか、「左によけろ!」、「上によけろ!」という指示に対して、リモコンを傾けるのだが・・・

・・・円形にリモコンをまわせば、全てに対応できる

・・・たいていのゲームが、それで乗り切れるもんね。

でも中には、そこそこ面白いゲームもあったよね。

「真剣衰弱」とか、「武士道魂」とか!

・・・それら、全て”ドアラ”である必要がないけどな。
・・・。
ゲームを進めると、隠されていたムービーやフォトが楽しめるみたいだな。

・・・え・・・このムービー、まったく意味不明なんだけど・・・。

だが、ほとんどがこのゲームのために撮り下ろされたムービーや写真だぞ!

すげぇじゃねぇか!

それらは、ドアラの部屋においてある「ひみつのアルバム」から確認することが出来る。
そうそう。その「ひみつのアルバム」を開いたときに流れる、ドアラのテーマソング「わたくしドアラです ~レッツゴー!陰陽師Remix~」は、良かったね。

あれ・・・良いか?

だって、歌詞ないぜ?

歌詞が付いてなくて「レッツゴー!陰陽師」のリミックスって・・・

それって、そのまんま「レッツゴー!陰陽師」なだけじゃねぇか。

・・・確かに。

あ~!!!!もうやめやめ!

突っ込みどころが多すぎて、やってらんねぇ!

・・・奇遇だね。

僕も同じ事を考えてた。

・・・今回の損失の5000円のうち、3000円くらいが初回限定特典の価値だよね。

薄っぺらッ!!



ドラゴンズの非公式キャラ「ドアラ」で、いろいろなことをしよう!・・・という今作「ドアラでwii」。

その薄っぺらいゲーム性は、他の追随を許さない。

3種類のシークレットを含む12種類のミニゲームとネタ音楽から構成され、それをプレイすることにより解禁されるムービーやフォトを見て楽しむゲーム。


ストーリーはなく、ただドアラと遊ぶだけ。

グラフィックは、そこそこ完成している。ハードがwiiということで、グラフィックの上限が低いため、それを考慮すると、そこそこ描きこんではある

出てくるキャラクターがドアラだけなので、ドアラのモーションとポリゴンだけ描きこまれている感じがする。

あとは、かなり適当。

モーションに関してはある意味再現度が高い

リアルなドアラの動きを再現しているのはすばらしいと思うが、動きは気持ち悪い。

というより、ドアラ本人が気持ち悪い。


音楽は、楽曲数がかなり少なく、ボリューム不足

だが、テーマソングである「わたくしドアラです ~レッツゴー!陰陽師Remix~」は、哀愁の感じが表現できていて良い。

だがそれは、あくまでも「レッツゴー!陰陽師」が良いのであって、ドアラはまったく関係ない。


操作性は、あまりよくない

wiiリモコンのポインターが画面外に出てしまうと、たちまち操作が出来なくなってしまうミニゲームが多い。

wiiリモコンのポインターを使うゲームが多い中、それとは別にwiiリモコンを振るゲーム、傾けるゲームと、ゲームによって色々な使い方をするためユーザー側の切り替えが難しい。

ほぼ全ての動作をポインターで行うため、ゲームの進行のテンポが悪くなってしまっている。十字ボタンやヌンチャクの使用も可能にしておけば、もっとサクサクプレイできたはず。

ミニゲームをプレイしている間、いつでも”遊び方の説明”を見れる仕様は良い

ぐじゃぐじゃと散らかったドアラの部屋には、さまざまな物が置いてあるが、使用できるのはテレビのオブジェである「ドアラちゃんねる」と、アルバムのオブジェである「ひみつのアルバム」の2つだけである。

他の混沌としたオブジェには、たいした存在価値もなく、もっとスッキリとしたメニュー画面はなかったものかと考えてしまう。


ミニゲームはオリジナリティー溢れる「アクロバット」や「Do and Range」などのものや、ゲームの定番「神経衰弱」や「もぐら叩き」などが存在するが、オリジナリティー溢れるものに限ってつまらない

ほぼ全てのみにゲームにいえることだが、”ドアラである必要性がない”。

ドアラのモーションを繋げて楽しむ「ドアラ・アクション」なども存在するが、楽しみ方がいまいちわからない


満足度はかなり低く、まず第一に感じるのは「ドアラである必要がない」ということ。

荒く削りすぎており、やりたかったことは分かるが、楽しめる水準まで達していない

おそらく、製作者側も「世界一のクソを目指す」という高い目標を掲げて作った物だと感じられる。他のクソゲーとは一線を画するもので、他のクソゲーは「通常通りにゲームを作ったのだが、クソに転じた」というものが多いが、これは「クソを作るために頑張った」としか思えない仕上がりになっている。

最後の最後まで、このゲームの楽しみ方がわからなかったが、何より満足しているのは初回特典として付いてくる「ドアラ耳」で、これのために5000円払ったと思えば、少しは気が楽になる。

総評して、ドアラのためならお金と時間を惜しまないユーザーは、購入を検討してもいいとは思うが、一般ユーザーは間違いなく買わないほうがいい。

このクオリティだと、wiiWareで500円が限界。


評価                          .


ストーリー:≪1≫

グラフィック:≪6

音楽:≪4

操作性:≪3≫

オリジナリティ:≪6≫

満足度:≪2

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

総合:≪3≫

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

メカマスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■>ドアルーランド さん

すみません。
外部リンクからのアクセスが異常に多くて、不安に思ってURLを変更したら、一緒にコメントも消えてしまいましたTwT

完全なミスです・・・ごめんなさいTwT

300本未満だからプレミア・・・というのは、冗談も交えた話なので、あまり本気にしないでいただけると嬉しいです^^;

3 ■>ソレイユ さん

ごめんなさいTwT

外部リンクからのアクセスが多くて、ちょっと不安に思ったので、URLを変更したらコメント消えてしまいましたTwT

完全なミスですTwTすみません・・・

2 ■無題

エエッ・・・

コメント消しなんてあるんですか!?

ドアラでWiiにプレミアつくという話も
嘘ですか・・・
300本未満と聞いてアマゾンで
速攻買ったのに・・・
コメント消しなんて嘘ですよね・・・

1 ■無題

なんでコメント全部消えちゃってるんですか?

コメント投稿

AD

鋼鉄親子でゲーム漬け!

Powered By 画RSS





画像拡大プラグイン for アメブロ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。