2009-03-29 00:01:06

【レビュー】みんなでスペランカー

テーマ:ゲームレビュー

▼あの迷作がPS3で復活!▼



ついに、配信だな!

みんなでスペランカー

ファミコンで発売された”迷作アクションゲーム”の「スペランカー」の続編なんだよね。

続編じゃない。

続編は「スペランカー2-勇者への挑戦-」というものが、ちゃんとある。

業界でも屈指の「続編が続編らしくない」タイトルとして有名だ。

・・・どういうこと?

初代「スペランカー」は、ゲーム史上”最も弱い主人公”ということで有名だ。

そうそう。

坂でジャンプしただけで死亡・・・とか、

腰の高さか落ちただけで死亡・・・とか・・・

その”最弱”というプロモーションを武器に、当時は結構な本数が出荷されたわけだ。

もちろん、続編の企画もすぐに上がって、制作に入ったんだが・・・

クリエーター魂がついたのか・・・

続編は、全く違った世界観のアクションRPGと化していた。

敵に当たっても一発じゃ死なない。腰の高さからジャンプしても死なない・・・

・・・それじゃあ、スペランカーじゃないじゃん。
そう。それから、続編は全く開発されなくなった。
だが!今回、ついに初代スペランカーのリメイクが果たされた!
じゃあ、早速プレイしてみようよ!
その前に、まずは購入からだろ。
2400円・・・
高ッ!!
・・・今日の、晩飯は”もやし”にしておくか・・・
・・・・・・そだね。

ダウンロードタイトルで2000円越えたらアウトだと思うよ・・・

2000円越えたら3000円強でパッケージとして出してくれたほうが嬉しいなぁ・・・

まあ、元は取ろうじゃないか!

すご~い!

初代スペランカーとは違って、いろんなモードがあるんだね!

それ以上に、この音楽・・・

アレンジしすぎるわけでもなく、変化がないわけでもなく・・・

あの耳に残るテーマソングが、そのまんまアレンジされている!

・・・僕的には、もう少しオーケストラ風のゴージャスなのを期待してたんだけどなぁ・・・

じゃあ、1Pモードからプレイしてみるよ!

画面のグラフィック設定は、ファミコン版を忠実に再現したクラッシック版と、フルハイビジョン用に2.5Dリメイクされたリメイク版があるんだね。

まずはリメイク版でプレイしてみるよ!

   ・

   ・

   ・

・・・あれ?開始早々死なない!

おっかしいな・・・

久しぶりのプレイのはずなんだから、開始2秒で死ぬもんだと思ってたが・・・

・・・あ。やっぱり死んだ。

おお!やはりあの曲!

死ぬときの音楽は、やっぱこれだろ!!

・・・でも、少し主人公の足腰が強くなってるような気がする

足腰の特訓・・・陰で努力してたのかな・・・?

ああ。それは俺も感じた。若干だが強くなってるな。

それに、ステージ構成も若干違う

・・・若干どころじゃないよ!

すっごく、ステージが広くなってる!

・・・あ。また死んだ。

今度は、マルチプレイモードやってみるか!

オンラインでもオフラインでも同時に6人プレイまでできるんだよな!

オフラインでやってみよっか!

・・・でも、これ対戦モードないんだよな・・・
この「競争モード」ってのは、どう?
だって、これ”け落とす”わけじゃなくて、タイムとか競うやつだぜ?
・・・でも、「フラッシュ」とか上手く使えば、相手を殺せるんじゃない?
!!!

・・・やめやめ!やっぱやめ!

やっぱこっちの「協力モード」を遊ぼう!

え”~・・・あのカジュアルな世界観で、壮絶なバトルロアイアルを・・・
そんなことしたら、ゲームの面白さを見失うでしょ。

このゲームは、広いマップから多人数で手分けしたり協力して鍵を探すものなんだね!

・・・こんな平和ボケのルール面白いわけ・・・

   ・

   ・

   ・

面白い!面白いぞ~~!!

本当だ!

このゲームバランスは、モンスターハンターとかの協力プレイにつながるものがある!

・・・って・・・あ”~!!

死んだ!死んだ!

あ!残機ない!助けて!助けて!

ちょ・・・離れすぎてる・・・今・・・助けに・・・

・・・って!あ”~!!

俺も死んだ!

   ・

   ・

   ・

チッ・・・ゲーメストである俺が、うかつにもハマってしまった・・・

2時間も・・・

これは、きっと人数が多いほうが盛り上がる!

ハニーを呼べ!店長もだ!

ハニーはバイト。店長は仕事。

・・・親父、暇人だね・・・


これは、大穴。予想外。



正直、アイレムだから。リメイクだから・・・と甘く見ていたところはある。だが、その誤解をまずは謝りたい。

今作は、ファミコンで発売されたゲーム史上最弱の主人公と名高い「スペランカー」のリメイクにあたる作品。

「みんなでスペランカー」と、名前にもあるとおり「多人数プレイ」をメインに掲げ、ファミコンとは大きく異なったコンセプトで仕上げられている。


ストーリーは、「冒険家が地下深く財宝を目指す」というもので、ファミコン時代と全く変わらない。


グラフィックは、フルハイビジョンで仕上げたれた2.5D(3Dのポリゴンながらカメラ固定)のリメイク版と、ファミコンテイストをそのまま残したクラッシック版の2つが存在。

ステージを始める前に設定できる。

ファミコンの色を残したクラシック版の出来は、きらりと光るものがあり、原作のテイストを忠実に再現。ファミコン版の経験者なら誰でもクスリと笑みを浮かべるほどの出来栄え。

グラフィックはファミコンテイストながら、ファミコンの処理ではできない振り子運動や拡大縮小など、ハードの進化によりしっかりと内容も進化している。そのためなぜか古臭さは感じない

リメイク版ではグラフィックはハイビジョンに進化している。

ステージ、キャラクターすべて3Dポリゴンながら、カメラ固定で世界観や操作性は全く変わらず。

ステージ構成もクラシック版と変わらない。


音楽はファミコンのリメイク+αとなっている。

ファミコン版をプレイしたことがあったり、原作を知っていたりする人は「これだ~~~!!」と、オープニングからハシャグはず。

原作の雰囲気を壊さないためか、アレンジはほどほどに抑えられており、個人的にはもう少しオーケストラなどの重厚感ある曲を期待していたため少々残念だが、十分満足できるクオリティーまで仕上がっている。

ステージが「氷のステージ」「炎のステージ」など、ファミコンのものより大幅に増えているため、ステージにあわせて楽曲数も多くなっている


操作性はよい。ゲーム中の操作は、繊細かつシビアで、ものすごい難しく、ちょっとの操作ミスが死亡を招くが、その操作性の難しさが中毒性を引き起こしている

しかしながら、ライトユーザーのホローもされており、スペランカー内で、おそらく死因NO.1である”ロープからの落下”。これを防ぐため、ライトユーザーには任意でロープのジャンプの際若干の補正を入れることが可能

これにより、多少のミスでは死ななくなっている。・・・はずだが、たいていのライトユーザーは、ものすごい勢いで死ぬ・・・これは仕様。


原作のファミコン版に比べ「マルチプレイ」を全面に出しているが、1Pプレイも非常に充実している。

特に、ゲームオーバー時の「冒険報告誌」なるものが、シュールで面白い。

だが、やはり面白いのはマルチプレイ。ここにオリジナリティーを感じる。

大きなマップに大人数で一気にローラー作戦を仕掛ける。残機も十分にある最初は難易度は低いものの、中盤以降残機が0に。すると死亡しそこから動けない状態に陥るが、30秒以内に仲間がタッチしてくれれば、戦線に復帰できる。

そのため、お互いを助け合い、励ましあいながら地下深くまで潜っていくこととなる。

コミュニケーションがとれ、仲間との助け合いが攻略の鍵となるため、非常に繊細なゲームとなっている。


オンライン対戦準備時のときのシステムに、若干操作性の悪いところがあったりするが、他は満足。

特に、オンラインオフライン共に、マルチプレイのゲームバランスは秀逸で頭が下がる。

スペランカーならではの、「即死の美学」がゲーム性をとしてしっかりと機能しており、スペランカーという作品をまったく違う次元の作品にまで押し上げた。

少なくともファミコン版の「スペランカー」とは違った魅力を持っている

価格は2400円と高い。1800円くらいが妥当な金額だと思うが、オンライン環境が整っていて原作をプレイしたことのある人は迷わず買い。原作をプレイしたことがあが、オンライン環境が整っていない人でも、プレイする友達がいたなら買い。

原作をプレイしたことのない人は、死にすぎて戸惑うかもしれないが、慣れれば面白い。

パッケージ版並の魅力はあるので、ソフト1本買うと思ったとき2400円が安いと思える人は買い。

少々値段的に敷居は高いが、買って損する作品ではない。



評価                          .


ストーリー:≪5≫

グラフィック:≪8

音楽:≪7

操作性:≪9≫

オリジナリティ:≪7≫

満足度:≪9≫

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

総合:≪8≫

メカマスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。