在米18年「負け犬」の本音

「勝ち犬」になれる日は来るのか・・・


テーマ:

 

日本滞在4日目となったこの日は、たっぷり広島満喫デーです。再び新大阪から新幹線で広島駅へ。この日はマツダ工場見学ツアーを予定していて、英語でのツアーは朝10時半と早かったので、6時に起き、新大阪を7時半発の新幹線で広島へ。そこからマツダ本社のある向洋駅へ向かうため、呉線に乗り換えます。

 

駅はとっても小さく、この時間に降りていくのはサラリーマンとツアーに参加するであろう海外からの方だけ。彼らについていくと、駅からすぐのところにありました。マツダの本社。

 

そして、受付で私たちを出迎えてくれたのは・・・

ああ、かっこいい。日本名はロードスター、アメリカではMX5という名前で売り出されています。私は小さい車が好きなので、この手のサイズはとてもいいなと思うのですが、残念なのがツーシーターなこと。そして、トランクがとっても狭く、多分スーツケースは一つしか入らないんだろうなと思います。

 

車社会アメリカでは、車は第二の家だと私は考えているので、やはりある程度機能的でなければ所有するのはなかなか難しいです。写真の車は少しお高めのハードトップですが、普通のMX5は布のオープンカー。これ、やはりナイフで切られて中のものを盗まれる事件がまだまだあり(つい先日、ミニクーパーのオープンカーに乗っているスプラウトのママもやられました)、なかなか手を出そうとは思えません。

 

マツダのロータリーエンジンをマニュアルで運転してみたいなとは思っているのですが、やはり機能的ではないので、2台車を所有できるのであれば、走りを楽しむだけの趣味用としてキープしておきたい車種だなと思います。それにしてもこのサイズと形、本当にかわいいです。

 

ということでツアー開始です。英語とあり、参加者はほとんど海外の方々。ヨーロッパ出身の方が多かったように思います。マツダの創設者、松田重次郎さんのお話や、造船が栄えていた広島のお話、そして原爆など、車以外の歴史もカバーされ、とても勉強になりました。

実際に車を組み立てる工場内の見学は本当に素晴らしかったです。残念ながら写真はNGなのですが、流れ作業のなか、人と機械がテンポよく一台、一台、車を組み立てていきます。

ちゃぶ台隊の方が以前おっしゃったように、広島市内にはマツダ車が多く走っていました。一人のエンジニアがさまざまな方と協力して始めたビジネスが、今こうやって時代の流れに合わせながら成長し続けているということに、改めて感動です。

モノづくりに対する尊敬の念がさらに高まりました。日本人ってすごいなと誇りにも思いますし、手に技術を持った技術者の方もすごいなと思います。エンジニアさんも、じっくりとロータリーエンジンなどを眺めて、充実した時間を過ごせたようです。

 

ツアーも終わり、次は呉にある大和ミュージアムへ向かいます。ここでおなかが空いたので、向洋で何か食べてから呉に行こうとなったのですが、なんといっても小さな駅。

駅前もあまり栄えていません。エンジニアさんとどうしようかね?といいながら駅前の細い路地をぐるりと回ってみると・・・・

何やら派手なお店が。なんか、昔からあって地元民に愛されている感じのお店を発見しました。ちょっといちげんさんは入りにくい感じがありましたが、せっかくなのでドアを開けて覗いてみました。中はとっても狭く、座敷に3テーブルと、普通のテーブル一つ、そして鉄板のカウンターです。地元のサラリーマンや土建の方で半分が埋まっていました。

 

「2人なんですが、いいですか?」と聞くと、「いらっしゃい!テーブルだと相席になるから、鉄板のカウンターにどうぞ」と、中から威勢のいい声が聞こえてほっとしました。カウンターに座ると、すでに鉄板で作ったホルモン焼きをお皿に分けているところでした。その鉄板の熱を利用してお味噌汁を温めているのも、なんだかいい感じです。

こんな、「ザ・昭和」のようなお店でエンジニアさんは大丈夫かなと少し心配になりましたが、「こんな経験はMecaが一緒でなければできないから。観光地もいいけれど、日本に住む人たちの普段の生活も見てみたい」と、前向きでした。私はお店おすすめの「てっちゃん焼き」。そしてエンジニアさんは「カルビ焼き」。まず出てきたのが、サラダと、なんとそうめん!

ランチセットだそうです。そしてお店のおばちゃんが、「彼はたくさん食べるでしょう?ごはん大盛りにしておく?」と気を聞かせて聞いてきてくれました。そして出されたのが、

鉄板の上。最後まで熱々を食べられるので、とってもいいアイデアだと思いました。エンジニアさんもとっても気に入って、「こんな経験したことないよ」と喜んでくれました。お店の方もとてもアットホームで、お客さんのほとんどはリピーターさん。皆さん、オーダーの際は「いつもの」で通じ合っていました。

 

肝心なホルモン焼きのお味はというと・・・今まで食べた中で一番おいしかったです。冗談抜きで。普段あまりホルモン焼きを食べることはないのですが、とっても柔らかく、甘辛の特性ダレが絶妙で、ごはんも進むし、本当に本当においしかったです。偶然見つけて適当に入ったお店でしたが、ここは大正解。エンジニアさんもおいしかったと大満足でした。

 

そしてお会計・・・二人でなんと、1.500円という破格なお値段。サラダにそうめん、そして最後にコーヒー(ホットかアイス選べます)がついてこのお値段は奥様、かなりお得でございます。エンジニアさんも、「一人だったら絶対に入れないお店だよ。貴重な経験だった」といって、餃子の王将に続き、庶民派レストランに大喜びでした。私自身も、地元密着型のレストランに出会えてうれしかったです。

 

さて、おなかもいっぱいになったところで、呉にある大和ミュージアムを目指します。長くなってしまったので、そのお話は次回に。

 

 

 


人気ブログランキング

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Mecaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。