在米18年「負け犬」の本音

「勝ち犬」になれる日は来るのか・・・


テーマ:

 

ちゃぶ台隊の方からのアドバイスをもとに、梅田駅からの往復券を手に、ついに到着したのが、私たちの今回の旅行のメインイベントであるこちら・・・

じゃーん!何度もテレビで見たことのある甲子園球場!横浜で生まれ育った私としては、「タイガースの本拠地」というよりもやはり、「高校野球の聖地」という印象の方が強いです。特に横浜高校、桐蔭学園などの活躍にはたくさん励まされました。そんな、数々の感動の舞台となった聖地の目の前に立っているのが信じられないほどです。やっぱり威圧感がありますね。この緑のつた。印象的です。

 

ツアーの時間まで中途半端に時間があり、小腹が空いたので駅前を歩きました。駅前にコメダを見つけ、一度も行ったことがなかったので行きたかったのですが、エンジニアさんが隣のKFCを発見し、「食べたい!」と(笑)。私も日本のKFCは久しぶりだったので結局入ってみることにしました。

こちらがエンジニアさんがオーダーしたもの。アメリカに比べ、確実にサイズが小さいです(笑)。そしてこちらが私のオーダーしたもの。

日本でしか頼めないものと思い、照り焼き味だったと思います。こちらはなかなかおいしかったですよ。これはこれでよかったです。

 

さ、本番です。ツアーの待ち合わせ場所に集合すると、私たち以外にも8人ほどがいました。ガイドさんに連れられ、裏口から入場です。ツアーでは、甲子園球場の歴史をはじめ、試合前の選手が練習する場所などを見せてくれました。

私たちが見学していた時は、対戦相手であるドラゴンズの選手が練習中。どなたか存じ上げませんでしたが、ガイドさんによると、かつて甲子園球場は総合スポーツジムだったそうで、この場所はなんとプールだったのだそう。当時の写真も見せてくれました。

 

その後私たちは試合後のプロ野球選手および、高校野球の選手がそれぞれ取材を受ける場所を回りました。高校野球では、勝ったチームが奥で、負けたチームが手前でそれぞれインタビューを受け、負けたチームは取材が終わると勝ったチームの前を通ってロッカーに戻らなければならず、選手にはなかなかつらい経験となります。

 

ガイドさんによると、負けたチームを奥にすればそういったコンフリクトは避けられるけれど、負けたチームは試合後フィールドに残って甲子園の砂を集めるため、ロッカールームにつながる廊下に戻ってくるのはどうしても勝ったチームのが先との理由から、勝ったチームが奥でインタビューを受ける形になってしまうのだそう。いろいろと舞台裏ストーリーがあるんですね。

 

その後、私たちはネット裏でタイガース選手の練習風景を見学しました。

ガイドさんは岡山県の出身だそうですが、物心ついたころから阪神ファンで、どうしてもタイガースに関連したお仕事がしたかったのだそう。今こうやって甲子園内でお仕事ができることをとても誇りに思っていて、毎日夢の中にいるかのように幸せだそうです。私たちにもそれが伝わってくるほど彼女が輝いていて、改めて「好きなことを仕事にできる幸せ」を感じました。

 

話は変わりますが、なぜか球場にこの方が・・・

格闘家のボブ・サップ。エンジニアさんが気づいて教えてくれました。

 

ツアーを終えた私たちは、ツアーに含まれてるミュージアムへ。ここではプロ野球はもちろん、高校野球の歴史についても学べます。松井選手の5打席連続敬遠などをはじめ、さまざまな忘れられない過去を学ぶことができます。とても興味深かったです。

 

さて、次は本番の試合です!ちゃぶ台隊の方に言われた通り、ちゃんと風船を購入して準備万端です!

ちょっと長くなってしまったので、応援の模様は次回に。

 

 


人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Mecaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。