勝間さんは議論を避けるべきではない

テーマ:ブログ
2009-11-12 06:48:36
勝間和代氏が菅直人大臣の前で日銀に円を増発させて景気回復、というレクチャーをしたことを受けて議論がまきあがった。

財源は輪転機という話は昔から何度も2ちゃんねるやら方々の経済系ブログでネタにされてきているのは皆さんご存知の通り。だが、一見ケリがついたかのように見えて根強くこの手の議論が出てくるのは、日本の経済が縮小するにつれて政府財政が悪化し、かつてできていた公共資本整備や手厚い社会保障が難しくなってくることをどうにかしたいという強い気持ちがあるからだろう。

切込隊長大人は「細木数子化する勝間和代 ~勝間和代バブルの解題」で勝間和代氏の身を案じていたが、確かに議論の流れによっては勝間氏だけでなく彼女を押し立てて強訴に及んだ人々にも累が及ぶことにもなりかねない。

心配されることは、勝間氏がそのブログのエントリー「「デフレ危機」論争について~勝間和代からのメッセージ」において自説が「マクロ経済学における標準的、主流の議論に乗っ取った政策提言であり、マクロ経済学者のレビューをいただいた上で、提案」していると主張し、「取り上げるべきマクロ経済学上の新理論であれば、それはマクロ経済学者同士で議論を行い、マクロ経済学界のなかで、評価するのが筋だと考えます。」として個々の議論について自分の言葉で説明して理解を得ようとすることを放棄してしまっていることだ。

ここのような与太ブログで勝手に放言するのとは違い、勝間和代というブランドが確立されている中で、勝間和代という名前で発言をするにはそれ相当に理解をして発言する必要がある。確かな理解こそが必要であって、受け売りではだめだ。単純な好き嫌いや、なんとなくそちらの方が正しそうだというだけで発言するのならば匿名でするべきだ。

そして、なによりも問題なのは論争の中で学ぶことを放棄しているのではないかということ。意見を述べるということは多様な意見から攻撃されて学ぶということでもある。ネットの常で議論の経緯も理解していない誹謗中傷が多いのはしょうがないとしても、その中にある理性的な反論に対してはきちんと自分の言葉で説明していく責任がある。その中で勝間氏が気づくことも多いはずだ。

批判者である池田信夫氏もデフレFAQというエントリーで異論を述べているが、今回勝間氏は以前自著が批判されたときのように降臨して議論しようなどという気持ちはないようだ。

もちろん先にあげたエントリーで勝間氏が述べているように「長期的な潜在成長率の向上のために、少子化対策、雇用制度改革、イノベーションの推進、高等教育改革等を進めること」が重要と考えることに異論を挟む人はいない。だが、それを実現するために日銀に国債を引き受けさせて国の財政を肥大化させればいい、という議論に飛躍することが問題だ。そして、何年も前から議論されている政府紙幣の発行や、国債増発で景気回復などというテーマを勝間和代氏が語ることで、それが無条件に正しい道であると信じる人々が出てくること、すなわち「細木和子化」が懸念されるところだ。

危険な流れではあるが、これは必然かもしれない。概算要求95兆円余は我々国民の欲望のかたまりでもある。国がなんとかしてくれないと困るという人の要求をひとつひとつ積み重ねたらこの数字になったのだ。それを誰も傷つかずに実現するには国の予算規模を拡大するしかないそれも増税なしに=お札を輪転機で刷ればいい、という単純な話だからだ。

マネタリーストックを増やすだの日本の個人金融資産が原資だのというのは単なる理由づけにすぎない。デブが自分の太鼓腹や体重を棚において総コレステロールの低減によっても死亡率は下がらないだの少し太めの方が長生きするだの都合のいい理屈を見つけて自分が痩せるという努力をしないのと同じ往生際の悪さでしかないのだ。しかし、デブであり続ける方が痩せるより快適であり望ましいと考えるのは人間の性でもある。

金正日同志も一度倒れてから頑張ってダイエットに励んだように、日本も一度倒れて全ての約束をチャラにして、ダイエットにはげんだ方がいいのだろう。そういえば戦争の度に日本は一つにまとまってきた。戦争はできなくても、それに準じた国難が起きたほうが長期的には良い方向へ向かうことになるのだろう。

さて、口座をどこの国に開いた方がいいか真剣に検討することにしよう。ここはカントリーミュージックでも聴いて心を静めましょう。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

meat-ballさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。