歌で人生に潤いを♪どこでも出張ライブ♪芽亜利・J

あなたのお気に入りの空間にぴったりな歌をお届けします。
どんな歌を聴きたい?歌いたい?

懐かしの歌声喫茶も再現したい!

ワクワクする歌lifeを始めませんか?


テーマ:
(今までのあらすじ)
子供を産み、育てながらシンガーソングライターをやって行こうと決心し、
自ら子持ちであることをカミングアウトした私。

      →  今までのあらすじを読む 1、Singin'Mama 誕生

二人目の子供を出産し、
バンドは解散し、弾き語りでソロで活動を始めた。
「芽亜利・J」という名前を使い出したのもこの頃だった。

日常は、3年違いの二人の子育てに追われ、
子供を預けてレッスンやライブに行っていた。

ライブはいつも夜。
ママ友達を誘ってもなかなか、来てもらえない。
(誘うのも、悪い道に誘ってるようで気がひける。。。)
このころユニットでCDを出したりして
そのリハーサルもいつも夜。
高い料金を払って、子供を預けて来てるのに、
メンバーは遅い時間にならないと集まらなかったり、
イライラすることも多く、
つくづく、「母親」と「ミュージシャン」の両立は難しい、、と思った。

その頃、ネットで母親シンガーソングライターの「むらかみ・F・けいこ」さんを知り、
彼女のライブに出かけた。

初めて聴くのに、
号泣してしまった。。。

それは、自分もまさに直面していた
「子育てと仕事の両立」「子供を預ける切なさ」「女性としての葛藤」などをストレートに歌っていたから。
こういう歌を、自分のママ友達にも聞かせたい、と思った。

ある日、ボーカルレッスンで
「何か夢ってある?」と先生から聞かれ
そうですね、、、と話し始めたら、
自分でも気づかなかった夢が、口から出任せのように
あふれて来た。

「昼間のライブをやりたい。
私のような、母親で歌をやっている人を集めて、
お子様入場可、だけど子供向けのコンサートとは違う、
母 がテーマのライブイベント。
お菓子を出して、和やかなムードで
子連れも、子連れじゃない人も一緒になってライブを楽しめる。。。」


自分の口からこぼれて来たその言葉を、
忘れないように帰りの電車の中でメモした。
タイトルも自然に浮かんだ。
お店のイメージ、出てくれる人、時間設定、料金
ネットで手頃そうなお店を探しては
5~6件下見に行って企画内容を話して値段交渉もした。

まだライブハウスに「持ち込みイベント」が盛んでなかった頃だ。
昼間のライブも少なかった。
カフェやライブバーを中心に見て回った。

朝、息子の幼稚園の門のそばに立って
知ってる人を見かけるとフライヤーを渡して宣伝した。
フライヤーと一緒に
私の、この企画にかける思いをA4にびっしり書いて渡した。
等身大の、生身の、母親が作る歌を聴きに来てください!と。

こうして「Singin'Mama Summit」の第一回目は
三軒茶屋のライブバーで、3組の出演者、24人のお客様、で開催された。
実家の母にフルーツケーキを焼いてもらい、各テーブルにおいて食べていただいた。

会場のレンタル代を払うと、かなりの赤字だった。
でも、来てくれたお客様、出演者の皆さんはとても喜んでくれた。
「日常の風景の見方が変わった」
「再就職への勇気をもらった」
「子供への気持ちを歌った歌に涙した」
また、やりたいな、と思った。



  →続きを読む
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

シンガーソング&ランナー芽亜利・Jさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。