人生はありがたいで出来ている!〜グリオーマのNsの日々〜

突然倒れて発見されたグリオーマ。全て現実味なく進んで行く入院生活、そして退院後の生活。支えてくれる沢山の人達に感謝しながら過ごす日々です。難病 アイカルディ症候群の娘の事も書いていきたいと思います。


テーマ:

みーちゃんの病院にいらっしゃる新生児科の先生。丁度重心から帰ろうと思ってドアに手をかけた時先生がいらっしゃいました。「コウノドリ」の監修をされている先生です。

 

先生に「こんばんはー!どうされたんですか?」と尋ねると (いきなりじゃないですよ、一応面識あります(笑))   先生が頂いたお花を「ここが一番似合うと思ってね」と下さったみたいでしたおねがい言い方がカッコいいですねラブ

(NICUにお花は飾れないのでいつも下さるみたいです照れ)

 

そしてその日は市内の小学校で「今日は『いのちの授業』をしに行って来たんです」と。先生のブログにたまにこの授業の事が載っていたので知ってはいましたが(沢山の子供達に授業をされているんだと思うと共に、いのちは一つしかないものだから自分も相手も思いやる心、自分もお友達も大切に出来る心を養ういい機会だなあ)と思いました。

なので(私は普段からお医者さんに話すのが得意ではないので滝汗咄嗟に気の利いた事が言えないのです…)ドギマギしながら…「こうやって『いのちの授業』を受けられたら、命の大切さがわかるし良いですよね!」というようなことを話したら先生は「僕は(いのちが大切)とは言わないんです、言葉にすると軽く聞こえてしまうから。だから生徒たちに何かを感じてもらえれば良いんです」と言われました。確かに軽い…(私には話を簡潔に言い過ぎてしまうクセがありますえーん)  チーンチーン

 

それぞれがきっと先生の授業を受けて何かを感じたと思います。しかも現場で働いている現役Drだから。

 

私はその授業は受けていませんが、私が思うにパパとママがそれぞれ成長し、出会って、彼氏彼女になり、結婚し、お腹に宿らなければ今の自分もいません。それより、パパがパパ、ママがママにならなければ今の自分はいません。それよりパパのじいじがじいじ、ばあばがばあば、ママのじいじがじいじ、ばあばがばあばにならなければ今の自分はいません。そうやって誰かしらの命が引き継がれていくんですよね。動物だって虫だってそうですもんね。

 

そして今の自分が自分を楽しめたらそれが1番❗️…と思う私です照れ

(まあ色々悩んでますが、そうありたいですニコニコ)

 

でも、考えれば考えるほど難しいテーマですね、「いのち」って。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。