クロサギ

テーマ:

数ヶ月マンガを買ってなかったら、欲しい本が気持ち悪いくらいに出てて、まとめて買ったら○万円になってしまいました(^^;

来月か再来月のカードの引き落としが怖いけど、望は満足できてるので、まぁよしとしますか(^^;



気になってたマンガとかも、まとめて買っちゃったんで、ホクホクです(^^)

その中で、かなりよかったのが



これ。クロサギ。

夏原 武, 黒丸
クロサギ 6 (6)

昨日ようやく1巻を読み終わったとこなんだけど、面白い。



軽く説明すると、この表紙の青年が主人公の黒崎君。

彼は詐欺師なんですよ。

でもね、普通に一般人を詐欺にかけるんじゃなくて、同業者である詐欺師を、詐欺にかけるというもの。



この作品の中では、人を騙して金銭を巻き上げる詐欺師のことを、シロサギ(白詐欺)とよび、異性をエサとして心と体をもてあそぶのをアカサギ(赤詐欺)と呼んでます。

一般人ではなくアカサギとシロサギのみを食い物にするのが、クロサギ(黒詐欺)という。

そして、この黒崎君は、クロサギ。



この黒崎君、本当は詐欺師が大嫌いなんです。

というのも昔、父親が詐欺に遭い、そのことにより父親が、一家無理心中を試みたのが原因。

その時黒崎君は、かろうじて一命を取り留めたんですけどね。

それから詐欺師を恨むようになり、自分も詐欺師になり復讐をするというもの。



最近によくある血なまぐさい感じは、今のところないですねぇ。

詐欺師を詐欺にかける様は、見てて気持ちがいいですよ。

派手なアクションとかは無いけれど、こういう頭脳プレーのようなものが、望は大好物(笑)



とにかく↑にある6巻までは買っているので、じっくり読むつもり(^^)



こういう金融とか法律とか、そういう内容が好きな人なら、楽しめると思いますよ。

そうねぇ~、ナニワ金融道とか、ミナミの帝王とか!

それから考えると、この作品、ドラマ化しても面白いかもしれないなぁ~♪



ま、興味を持たれたなら、一度読んでみるといいですよ~!

ネットカフェでも置いてるのみたから、今ならどこでもあると思うし(^^)

AD

姑獲鳥の夏

テーマ:

京極夏彦好きな方には、待ちに待った季節になりました!

今年の夏に映画化される『姑獲鳥の夏』

最近よく、電車の吊り広告で見かけます。



京極ファンな望ももちろんこの映画は見に行くつもり満々です(^▽^)

しかし、何度見ても納得できないキャスト陣。



京極堂役に堤真一?

関口役に永瀬正敏??

榎木津役に阿部寛???

木場役に宮迫博之????



はぁ!?なんでやねんっ…orz

なんか、みんな微妙にずれてる気がするんやけど。

ハマリキャラが、誰一人としていてないやんっ。



だって、堤真一って、微妙に愛想いいやん?京極堂って、愛想よくないし。

イメージ不機嫌な芥川龍之介やのに…。どっちかゆーたら、まだ豊川悦司の方がイメージかも。

というより、京極夏彦自身が痩せればいいのでは!?(笑)


関口って、サルって呼ばれてるのに、永瀬ってそんなサルっぽくないし。

どっちかって言うと、武田真治のがいい。舞台の電車男のときのような風貌で(笑)


阿部寛も顔濃いけど、榎木津を表現してる、ヴィスクドールのような顔立ちではないし。

それやったら、セインカミュがいい!彫刻顔に面白キャラ!外人でも構いません!!


木場修は、もっと堅物がっちりさんのイメージやのに。

宮迫じゃインパクト弱いっ!今井雅之でしょう!強面刑事といえば!!


これが望の京極キャラのイメージ。

読んだことがある人は、理解してもらえるかなぁ?

このキャストにして、ドラマ化しないかなぁ~♪

絶対視聴率は取れると思うんやけどなぁ~(^~^)



って、ボロカス言ってるけど、映画見に行ったら、

『めちゃめちゃハマッてたv』とか言ってそうやけど(笑)



とりあえず、今回の姑獲鳥の夏に関しては、このキャラでもいいけど、次回作を作るなら、魍魎の匣の主要キャラ



久保竣公の役は、是非とも及川光博に!!!



うおぉぉぉ!!!!
絶対コレ!!

これハマリ役やって!!マジで!

彼以外に、久保竣公になりきれる役者は居ないよ~~!!



だって、本読んで、一発目に出てきたときから、ミッチーの顔が浮かんだのよ~。

つか、望の頭の中では、ミッチーでしたもんっ(;▽;)わはは~。

多分、この意見の同意者は多いはずだっ!!(力説)



って、ブログで書いてたら、映画作る関係者の人とか、見てくれへんかなぁ~(^^;

ミッチー採用なら、前売り3枚くらい買ってもいいよ(バカ)


ってこれくらい、熱くなれる内容です(笑)

ほんとねぇ~、京極作品って好き嫌い分かれるだろうけど、活字嫌いの望がハマるくらいなので、まぁ気になる人は、映画を見に行くなり、小説を読むなりしてみて、損はないですよ~!



ただねぇ…京極先生、京極シリーズ書くの遅いから…(苦笑)

読むの速い人は、じっくり読んだほうがいいかも~。

つっても、めっちゃ分厚い撲殺本ですが(笑)



一応、姑獲鳥の夏と魍魎の匣の表紙画像を。

著者: 京極 夏彦
タイトル: 分冊文庫版 姑獲鳥の夏 上
著者: 京極 夏彦
タイトル: 分冊文庫版 姑獲鳥の夏 下

著者: 京極 夏彦

タイトル: 魍魎の匣 (上)
著者: 京極 夏彦
タイトル: 魍魎の匣 (中)
著者: 京極 夏彦
タイトル: 魍魎の匣 (下)

これが最新に発売された分です。

つか、上下巻に、上中下巻って…orz

分冊されてるので、撲殺本ではないかも(苦笑)

アニメ化して欲しいマンガ

テーマ:
漫画・アニメ・ゲームのトラックバックステーションのテーマが、『これをアニメ化して!』とのことでしたので、いっちょのってみようかと(^^)


望はマンガ大好きなんで、いろいろ読んでるんですが、アニメ化してくれ~と思うほどのは、あまり出会いません。


が、テレビ放送が許されるのなら、見てみたいものがあります。
それは、DEATH NOTEと、アクメツ
この2作品が、今の望の一番見たいもの。


でも、どっちもテレビとかにしちゃ非常にマズイ内容なので、可能性はほぼ無いでしょうけどね(^^;;


そういうのを考えると、ジョジョの奇妙な冒険を、第1部からやって欲しいな~♪
OVAとかじゃなくても、これだったら7時台とかでも放送できると思うんだけどね(^^)v

負け犬の遠吠え

テーマ:
↓この本、知ってますか?



望が最近読んでる本です。負け犬の遠吠え
といっても、買ったのではなく、借りた物。

しかも貸してくれたのは、同じ部署のお局様。


ひそかに話題になりましたよね。
つい最近は、テレビでもドラマ化してたみたいですし。


まだ半分くらいしか読めてないんですが、凄いこと書いてますね(^^;


確かに納得できることもあるけれど、望的には、ちょっと言い過ぎなんじゃない?と思っちゃいましたね。


勝ち犬である、結婚している主婦の人に対して、『あなたは結婚も出産もして、スゴイ人達ですよ!負け犬一同感服してますっ』とか言ってる割には、負け犬に対して、『結婚も出産もしてないのは、ブサイクでモテナイんじゃなくて、そこそこ美人でお金も持ってるけど、堅実なことより楽しいこと選ぶから、こうなっちゃったのよね~』とか、言ってるあたり、勝ち犬に対して、負けたフリだけして、ほんとはこっちの方がいいもんね!って思ってるのが、アリアリと見えちゃった(笑)


作者がすでに負け犬ですので、擁護したいんでしょうけど、なんだか醜い悪あがきのようにしか見えなくて(苦笑)
だって、自慢しまくりなんですもんっ!!
多分作者は、ものすっごいナルシストのに違いないっ!!(爆笑)


彼女のいうような理由で、結婚してない人もいるだろうけど、そんな定義づけるほどに、いるわけじゃないと思うな~。
むしろ、そのほうが少ないと思う。


半分まで読んだけど、望は納得できても、共感できる部分はほぼ皆無!(笑)
まぁ、なんだかんだ突っ込みながらも、読みきりますけどね(笑)


って、こんな風に思う時点で、ダメですか?(^^;


他に読んだ人居ますか?皆さんは一体、どんな感想を持ったのか、すごく興味あるんですけど。
見たこと無い人は、立ち読みでもいかが?(^^)