先週末から風邪気味だなぁ~と思ってたら、本格的に風邪を引いてしまいましたっウキャー!

昨日今日がかなりピークですねぇ~結構朦朧としております。

ってことで、仕事もあまり無いので、ブログってみましょうかね(笑)



さてさて、先週の水曜日、おなじみレディースデーですが、久々に映画行ってきました!

そう、デスノート見に行ってきましたよ!!!えへッきゃーっ



もう後編見たくてワクワクしてたので、期待しまくりでした。

で、期待しまくりのときって結構はずれることが多いんですが、そんな不安も感じさせないくらいの大満足度でした!



ほんっとすごいわ~。

何がすごいって、2時間ちょいの時間で、よくぞあそこまでまとめてくれました!ってとこですね。

前編の終わりの時点からだと、後編ではかなりはしょらないと終わらないぞ~?と思ってたんですけど、はしょるとこはうまくはしょって、えっ!?ここにこの設定持ってくるのか!!と、関心の嵐でしたよ。



ラストも、うまい具合に漫画のラストを盛り込めてて、もうねぇ『おぉ!』とか言いたかったくらいですよ。

Lのラストには、ちょっと胸がじーんとしちゃいましたよ。

で、月のラストは、漫画の無様さが見れたらすごいなぁ~と思ってたんですが、やはりそこは月のポジションも漫画とは違ってたこともあって、なんだか綺麗に終わったな~ってのが、正直なとこでしょうか。

でもそれは不満ではなく、映画の状況ではそれが一番しっくりくると思うので、満足なんですよ(≧▽≦)ノ



前編の時の感想 に書いた時の期待を裏切らない出来でしたよ!



で、映画を見て気になったことがひとつ。

前編でもかなりの甘いものを食してたLですが、後編になって食べる量が加速度的に増えてました!!

いったいどれだけ食べるんだ!?見ててドキドキしましたよ。

このペースで食べ続けると、病気になるね!ってくらいで。

あとはそうそう、大学にLが現れたときは、館内中笑いがおこりましたよ。

確かにあれは面白かった!!

さ~ぁ、気になるあなたは、早速映画館へGOだ!(笑)



事細かに感想を述べたいのですが、まだ始まったばかりなので、ネタバレはやめておきましょうかねぇ(^^)



そうそう、この映画見に行ったもうひとつの楽しみが、望にはあったんです。

というのも、望のお気に入りブログこぶた(・@・)ぶろぐ のこぶたさんと、奥様のまーすけさんが、この映画にエキストラで出演したんです!

ま、探せどお二方のお顔を知らないので(笑)『この人かな?』『あ、こっちのカップルかな?』とか、勝手に妄想を抱いてただけなんですけどね( ´艸`)プッ



あ、この日記からmixiからの人も見れるようにしました!

どうもよろしく~~笑顔.docomo

AD

どもども、こんにちは!!

ココのトコ、楽しいことが目白押しで、気分爽快です(笑)



そのうちの一つ、待ちにまってた、DEATH NOTEのアニメが始まりましたっ(≧▽≦)ノ

いや~~、この日が来るとは、正直思ってませんでしたよ~、あの頃の望 は(笑)

実写映画化できるくらいだから、深夜枠だったらOKなんだね( ´艸`)プッ



ってことで、第1話をめっさ深夜にも関わらず、リアルタイムで見ましたよ~~。

もうねぇ、原作通りな絵で、すごい綺麗でしたわ~キラキラ

望の好きな月、期待通りかなりいい感じでしたよ~о(ж>▽<)y ☆

望は知らない声優さんなんですが、結構はまってましたよ!満足だっ。

リュークに至っては、映画同様に中村獅童だしねっ!



内容においては、原作通りに進んでいくはずなので、これといって意見も無いんですけどね~。

まぁ、来週からLの登場のようですよ~~(*゜▽゜ノノ゛☆

か~~なりっ、楽しみですわ~(*´Д`)=з



関西はかなり深夜枠での放送ですが、よかったら見てくださいねぇ!

望は全話、DVDにする予定~♪保存だねっ(^ε^)♪



とりあえず、公式HPを発見! ⇒ DEATH NOTE

ども!

最近、今まで以上に1日1日が、早く過ぎていってる気がする、今日この頃です。

だけど、なんの満足感もないんですよね~。コレって一体なんなんでしょう?



さてさて、先週のレディースデーに、やっと行ってきました!嫌われ松子の一生。

公開前から行きたい行きたいと思っていたのに、梅田はチケが完売だとかで、なかなかいけず…。



この映画、一言で言っちゃうと、『救いようがないなぁ…』って感じでしたね(^^;

でもねでもね!だからって、卑屈な感じがしたり、物悲しい雰囲気だったり…ってことは全く無くて。

映像は、やったら綺麗でした。色の使い方とかがねぇ~。

原作は読んでないので、どのくらい映画とのギャップがあるのか分からないけど、望はこの映画かなり好き。

あと、中谷美紀の演技には目が離せなかったよ~。



もう公開もそろそろ終わりなので、ネタバレいいよね?(^^;




題名にもあるように、松子さんの一生を描いた話なんですが、ほんとものすごい転落人生なんです。

ごく普通の教師だったのに、窃盗問題がこじれて退職させられ、その後は転がり落ちるように。

ヒモ男が目の前で自殺したり、不倫してみたり、風俗で働いたり、殺人犯してみたり、チンピラの女になってみたり…と、ここにあげただけでも、かなりですよね(^^;

普通の人間も、とあるきっかけでココまで落ちちゃえるものなんだな~って。



でもね、はたから見ると、そんな凄まじい転落人生も、松子自身はいつも一生懸命で、幸せなんですよ。

彼女は辛いときにも、いつも歌を歌って、そして愛する人と幸せになるために、どんなことでもして。



これ、小説とかで読んじゃうと、ものすごく痛い話になっちゃうんじゃないかなぁ~。

でも、映像と音楽とテンポが、どん底に救い様が無い話にも関わらず、綺麗だな…と思わせてしまうという。

なかなかに、不思議な世界観のある映画でした。



中谷美紀の迫真の演技にも、大注目です。

監督さんに、ものすごいこと言われ、女優辞めてやる!と思いながらも、撮影を続けたそうですし。

これが彼女の今後の代表作として、名前が挙がってもおかしくない作品だと思うな~。



望は今まで、中谷美紀ってどっちかというと、あまり好きな女優さんじゃなかったんだけど、この映画を見て『この人ってすごい!』と思いました。



これは是非とも、レンタルでもいいから見てもらいたいなぁ~。

下妻の雰囲気とかが好きな人は、見るといいね!同じ中島哲也監督の作品だから(^^)



あと注目すべきは、ちょこちょこ、いろんなタレントさんや歌手の方などが出てますよ。

山田花子を見たときには、ちょっと笑えたけど( ´艸`)

土屋アンナが出てたけど、はっきり見つけられなかった(^^;

どこにいたんだろ~?それっぽいのは見つけたけど、一瞬だったからなぁ…。やっぱムショの中のあの人かなぁ?



ちょっとDVDになったら、買っちゃおうかな~♪の候補に上がりましたね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

アマゾンさんで検索↓↓

嫌われ松子の一生 (出演 中谷美紀)

発売日は…まだ未定だね(^^;

そりゃそうだ( ゜∋゜)む~

先週水曜に、やっと行って来ましたよ~!!

DEATH NOTE見てきましたっ(^▽^)ノ

もうねぇ、公開すぐに行きたかったんだけど、試験があったもんで、ずっと我慢我慢でおりました。



これはねぇ、イィ!!(・∀・)

結構マンガのイメージを壊さない程度に脚色されてて、純粋に面白かった!

ま、藤原竜也が出てる時点で、演技に不満は出ないんですけどね( ´艸`)



割と日本映画って、原作ありきで尚且つヒット作品ともなると、映画化に当たって『元を読んでないと意味わからん』とか、『期待したのにこんなもん?』ってのが多い気がするんですが(京極とかな)、デスノはそうでも無かったですよ。



空気感とかが、マンガに割と近い感じがすごくしました。

ま、ちょこっというと、藤原君が演じてる時点で、月がちょっと熱いキャラになってましたけど( ´艸`)

リュークがまたいいかんじでしたね。

最初誰がキャストするんだ?とか思ってましたが(望的には、布袋寅泰しかないな!と思ってた(笑))、普通にCGとか使っちゃってましたね。そりゃ正解だわ(笑)



しかしあそこまでを、よくあの時間に収めたな~って感じですね。

まぁ確かに、無理無理入れたぞ!って感じは否めないんですが、それでも前後の解釈もちゃんとつくような、ストーリー展開になってました。



あとは、オリジナルキャラとか出てきてましたが、彼女に対する月の行動には、おいおいおいおい!!!って思ったけど(^^;

ま、あの月だったら、後編で強引ストーリー展開になったとしても、どうにかなりそうな気がちょっとした。

しかし藤原君は、ほんとこういう役似合うねぇ~。

そりゃ純粋な一生懸命な役も可愛いけど、こういう『頭脳プレー得意です!実は結構ダークですよ~クックッ』って感じも、激ハマリだなぁ~って、月みてつくづく思ったよ!



で、この作品内での、望的ヒットは、松田さんだね!!

なんだかこの人は、マンガのまんまで、出てきたとたんすぐわかったもん(笑)



あ、そうそう!!ミサミサも出てきたけど、ちょっと声が低めなのと、ムリムリ頑張ってるテンションが見ててちょっと痛々しかった(笑)

年齢さえクリアできてれば、ほしのあきとかにやらせた方が良かった気がするなぁ~(笑)



あ、そういえば、Lについて述べてないな(笑)

Lはねぇ~~、すっごいマンガのLに似させてるんだけど、動いたら松山ケンイチになっちゃうな~(笑)

でも、面白いくらいに忠実に再現してるのが、望としてはポイント高いね!

飴でコーヒーかき回したり、電話を指先で持ったりね。

見てて楽しいキャラでしたわ。

後編がどのようになるのか、今から凄い楽しみですわ~。

1部終了と同じ終わりなら、デスノ2とか作らないとダメだし。

でも、2部を映像化はいかんなぁ~。原作の時点で、ちょっとパワーダウンしてたからなぁ。

となると、1部終了のは違うエンドか!?エンドのみ2部に準じた感じにするのかな!?

ん~~~、11月が待ち遠しいわっ!(*^▽^*)

今日は久々、ミッチー情報でも( ´艸`)



とんでもない昼ドラが月曜から始まっちゃいましたえっ

何がどう、とんでもないかというと、とにかくミッチーが昼ドラに出てること自体、びっくり要素なわけですよ(笑)



昼ドラと聞けば、『真珠婦人』や『牡丹と薔薇』のような、ドロドロ系かと思いきや、もう一つの方の連ドラですよ。

ほら、『ぽっかぽか』とかの系列。愛の劇場系列ですよ。

その名も『吾輩は主婦である』(笑)

どうやら、夏目漱石が斎藤由貴にのりうつるんだって。なんだそりゃ?



ほら~、想像してください。

ミッチーが、あんなほんわかドラマで、斎藤由貴のダンナ役ですよ。

これはもう、爆笑以外の何者でもないでしょう( ´艸`)



でもって家にかえるや、恐る恐る録画を見る望。

もうねぇ~、変な汗かきまくりですよ(゚ー゚;

かなりの、ボケた役どころですわ。なのに子供が二人もいる∑(゚Д゚)



そもそも設定からして、どないやねん?って感じ。

ミュージカル研究会出身の二人が夫婦なんですよ。

だから、なにかちゃ~、歌う踊るヘ(゚∀゚*)ノ

でもって、それと同じくらいの頻度で出てくる、ミュー研時代の回想シーン。

そこで大爆笑なのが、ミッチーロン毛なんですっ!!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

見てみれば分かるけど、ホントに爆笑もんです。



ま、こんな突飛な脚本も、クドカンが書いてるから、アリアリなんですけどね~。



毎日やるもんだから、まとめてみるのはキツイし、まとめてみたら笑いすぎて死んじゃうかもしれないから、毎日ちまちま見ることにしました(笑)



笑いに飢えてる方は、よかったら一度見てくださいな(笑)



オフィシャルサイト ⇒ 『吾輩は主婦である



このドラマのOPを、ミッチーと斎藤由貴で歌ってるのね。

『やな家』ってグループ(?)名なんだけど。

このOPがまた笑えるのよね~~。

どんだけ踊るねん!?って突込みどころ満載ですわ。



で、今気づいたんだけど、CD発売するみたい( ´艸`)

やな家, 宮藤官九郎, 上杉洋史
家庭内デート(DVD付)

家庭内デートって…はずかしっ(*v.v)。

そしてこのジャケ…イケてるのか?つか、恥ずかしくて買えない・・・(;´Д`)ノ



そんなミッチー、今日ベスト版の発売だった。忘れてた(;´▽`A``

『光』と『博』

及川光博
光(DVD付)
及川光博
博 (DVD付)

今週末は大阪2daysだし、久々にミッチー三昧になりそうですわ(・∀・)/