2017年6月

テーマ:

4月の頃は、入学に伴うたくさんの書類への記入がありました。

それ自体仕方のないことなのに、

先生方は「あともう少しですからよろしくお願いします」と

かなり保護者に気を使っていただいていました。

 

6月は、きたくの時のお迎えがなくなっていき、

不安ながら自力で帰ってくるようになります。

 

それでも、途中まで迎えに行って様子をみていたら、

 

ある日とうとう「こないで」と言われました。

 

老齢のうさぎさんがお家で

息子の帰るときも静かに寝ています。

息子は帰ってくると、

うさぎさんの頭をそっとなでで

おかえり〜って言っていました。

 

慣れない宿題に、慣れないZ会の教材で手一杯で、

外に散策にでるのは16:00すぎ。

そうすると、みんなもう17:00には帰宅にほとんど

子どもはいなくなってしまうので、

 

ことに小学1年生の子どもたちがどのへんで遊んでいるのか、

わからないまま6月もすぎてゆきます。

 

保育園の時よりも長く一緒にいるので、

図書館で本を借りて

読み聞かせしたり、

一緒に近所をめぐって暮らしていくうちに、

 

夏が近づいてきました。

 

2017年5月その2

テーマ:

新しい年度がはじまり、昨年の覚書を書いている場合じゃなくなってきた

ところではあります。

 

さて。うちの方では、5月に運動会があります。

 

1年生は初めての運動会なわけですが、

たいていの子は、幼稚園やら保育園やらで

ふつうの運動会を経験しているので、

なんら戸惑うことはないと思われますが。。。

 

うちの息子の保育園の運動会は、普通のところと

かなり違っているので、

とても小学校の運動会が新鮮なはずです。

 

練習から、「いまいちよくわかっていない」顔で

参加していただろうことが予想できました。

2色に別れて競うことや、

走って順番を競うこと。

みんなと踊ったり、

玉入れとか、、

 

全部初めてのこと。

 

これはある意味、楽しいことなのかもしれません。

 

「解っている」ほうがうまくやれますが、

予備知識なしで参加するものって

すごく刺激がある。

 

実際には本人はどうだったんだろう?

当日の様子をみると

楽しかったことだけは確かだと思います。

 

ただ、、

全く戦力にはなっていませんでした。

日本はちょうどいいところで

長いお休みが入ります。

 

これをちょうどいいと思うのが、

このゴールデンウィークをきっかけに

「行きたくない」におちいるのか、が

分かれ目ではあるんですが、、、。

 

5月のお休みの記憶はほとんどありません。

 

うちの場合は、5月連休に旅行にいくことは

ほぼないですし、

仕事をしていることも多くて。

 

息子は一息ここでついたみたいでした。

 

あいかわらず、学校では他の子とやりとりをしているけれども、

うちに帰れば1人。

いるのは私のみ。

 

なるべく外に遊びに出かけるけども、

宿題とやりはじめたZ会で外にでる時間も遅く

あきらめたり。

 

そもそも、その時は外をほっつき歩いても

なかなか級友に出会うことはありませんでした。

 

私も、地元の人との交流が十分でなく、、、。

 

こうなると、自治会やこども会って意味がでてくるん

だなあ、、と思いつつ、

現状そこに参加する時間的余裕もないのでした。