MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:

MDO on the amebablog-手水の説明書き

画像は底辺仕事の合間にある神社の手水の説明書きです。

昔風とも違い今風とも違う絵柄に萌えたので貼って見ましたw

それはそうと底辺仕事は相変わらず楽ですが人間関係が希薄です。


特にメインで請けている会社の人間は、他の会社の人間と話しません。

どうも必要なことが発生した時だけ話すようです。

多分、極端に無口なのかも知れませんが違和感はあります。


まあ良く見られる光景です。

それに気を使わなくていいので助かっています。

あと○○で仕事を引っ張るやり口とか工場で働いている人間が見たら


発狂レベル


の楽な仕事ぶりとかそりゃ民衆が民主党に入れたくなるのも分かる気がしました。

というわけで今回はせっかく見つかった自分の仕事が無くなるのを覚悟で民主党に入れようと思います。

日本は一度は落ちるところまで落ちないと目が覚めない人達がいると思うからです。

そんな重大な選挙が迫っている中でこんな啓発サイトがあるそうです。


一人一票実現国民会議


一人一票実現国民会議 とは、その名の通り民主主義の基盤である「一人一票を実現する」ために各界の賛同者を得て発足した会議なのだそうです。

この会議は特に以下の4つの問題を国民に知って貰おうとしているそうです。


1:「一人一票未満」の人が全有権者の過半数もいる

2:「一人一票未満」は憲法に違反していないので問題ないと主張している最高裁裁判官がいる

3:有権者はそういった最高裁裁判官」を不信任にすることができる国民審査権という権利をもっている

4:力を合わせることで、「一人一票」を実現することができる


国民は実はこういった現状を打破することができる権利を持っているのだそうです。

特に国民審査権は、「一人一票未満は憲法に違反しない」と主張する最高裁裁判官の名前の欄に「×」を付けるだけで、「不信任」票として行使することが可能です。


選挙の際に国民審査権のシートを貰えるそうですので選挙に行かれる方は注意して見て下さい。

ちなみに今の自分はこの一人一票未満を改善することによって、どのような層に票の力が移動するのか考察する時間が無いので、改善か維持かどちらがいいかについては今回パスしたいと思います。


ただ一人一票が実現すると人口集中地帯の方へ票の力が移動する傾向にあるようです。

ということは田舎に住んでいる人間の発言力は弱まるわけです。

田舎に住んでいる自分としては痛いです。


しかし、個々人が私利ばかりを追ったために今の日本があるわけです。

ですから、そういう考えは出来る限りしないで選挙に臨みたいと思います。

さて底辺で働く前に一句


底辺に 就くのは一種の 逆メジャア


元ネタは絶望先生より。

底辺職に就くと余裕を持って仕事が出来るので楽です。

あと色々文句は言っても職にも就けなかった状態よりは100倍マシではあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

MDO on the amebablog-死刑礼賛

言いたいことがあり過ぎて何を書いたらいいやらw

自分は以前にも言ったことがあると思いますが、性善説論者として死刑反対派でした。

しかし、齢と苦労を重ね、また実際に犯罪を犯した人に会ったりしている内に変節しましたw


世の中には確かに死なないとどうにもならない人もいると痛感させられ続けています。

それこそ渇望に近いような「犯罪」への憧れを持つ人間は確かにいるのです。

そんな人間には訓戒、懲罰など何の意味も持ちません。


なぜならば、彼らにとって人を騙し人を傷つけることは食料や水、空気と一緒だからです。

彼らにとって、それが出来ないのは死ぬよりもつらいことのように見えます。

まさに悪は死ななきゃ治らないということなのかも知れません。


勿論、死刑は犯罪を罰するための最善の方法ではありません。

また、冤罪であった場合は取り返しのつかないことになります。

ですので、執行には慎重を期する必要がある刑です。


そして、現在、自分はある犯罪にも、この死刑を適用した方がいいのでは無いかと思っています。

それは刑法246条、いわゆる詐欺罪です。

まあ、死刑は極論としても、詐欺罪の重罪化は必要だと思っています。


と言いますのは、詐欺罪は最高で10年以下の懲役(組織的だと少し重くなる)と軽すぎるからです。

知能的で模範囚の多い詐欺師達は、それくらいの懲役だとすぐ出て来てしまいます。

そして出所後は刑務所内で得たネットワークなどで更に力強く詐欺を行います。


詐欺犯の再犯率は高いのです。

更に、現在、そういった詐欺行為のほとんどが組織化、広域化、巨大化しています。

恐らくこのまま放置していたら国家の屋台骨を揺るがしかねないのでは無いでしょうか?


それほど多くの詐欺組織が既に詐欺などという言葉でくぐれる存在では無くなっているのです。

被害額の甚大さ、マネーロンダリングのための海外への資産の拡散の度合いなどを見ると、どちらかというと内部擾乱組織の部類に思えます。


恐らく現在の日本において、今の詐欺に対する科料は軽すぎるのだと思います。

軽すぎるからこそ振り込め詐欺などが横行することになっているのかも知れません。

ですので例え詐欺でも、被害額の甚大な物、再犯の激しい者に対しては


死刑を適用


すべきだと思います。

特に再犯の激しい者に関しては、アメリカのスリー・ノックアウト法は行き過ぎだとしても、何回以上は重罪化というような制度を日本でも導入する必要があると思います。


これに関しては、自分もストーカー組織の陰険な挑発に乗り相手を殴り傷害で逮捕されてことがありますので、これから先も同様なことがある可能性を考えると怖くはあります。

しかし、その時は仕方が無いと思っています。


死ぬのは嫌ですが、それにより弱者・善者が困苦させられるような不正義が横行する社会に生きるよりはマシだと考えるからです。


また、こういった犯罪が我慢出来ない人達は味方にすら何かを仕掛けたがります。

味方で、かばってくれる相手であっても、目先の報酬欲しさに一服盛るくらいはやるでしょう。

まるで「おあずけ」の躾の出来ていない犬のようです。


勿論、どのような制度も悪用されることを防ぐのは難しいです。

ただ知っておいて欲しいのは、死刑廃止論者の中には自らが犯罪を犯し、それが重罪に課せられるのを震えて怯えているような人間が確実にいるのです。

我々が皆殺しになるか、苦渋の決断ではあるが彼らをキチンと罰するか・・・。

無関係な人であれば厳しくも辛くも当たりたく無い人間にとっては、これほど答えたくない、答えの出ない問題は無いかも知れません。


皆殺しのブルース


今後の日本でこれが吹き荒れないためには、難しいが我々自身が騙され無いこと、そして、正しいことを成すには正しい行動しかないこと、罪を犯した場合には相応に罰せられるということ、また罪を犯したとはいえ立派に更正された場合には再び巻き込まれないような保護などを徹底する必要があるのかも知れません。


将来、これが出来無かった時に、天秤がどちらに転ぶかは分かりません。

しかし、そうなった場合のツケを払うのは犯罪者だけでは無く我々全員なのです。

全ては否応も無くつながっているのですから(/ω\)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

MDO on the amebablog-今頃は涙目でしょう

世界中の注目が集まる会見でのあの失態が悪いことには論を待たない訳です。


しかし


なぜ、会見前の飲酒を誰も制止しなかったのか?

なぜ、あの状態を押してまで会見に出たのか?

なぜ、あの状態の大臣を会見に出すことを誰も止めなかったのか?

なぜ、飲酒と風邪薬の過剰摂取程度で帰国後すぐに病院に向かったのか?

なぜ、辞める辞めないの議論が二転、三転したのか?


以前から酒癖が悪かったとはいえ、他にもつっこみどころは満載です。

しかし、真実を知らない部外者の自分にとっては、何も言うことは出来ません。

ただ、何処かで見たような、こんな目に遭えば、そろそろ目が覚めてもいい頃だと思います。


まあ、取りあえず議員は、今後は飲酒を控えた方がいいと思います。

特に、これから花粉が増える季節となり対策のために薬を飲む機会が当然増える訳です。

再び飲酒をしたら同様の事態を引き起こすことは充分考えられます。


あと、議員には、今後の対策の一つとして、飲む風邪薬、花粉症対策薬では無くて、こんなのをオススメしたいと思います。


アルピタット


アルタピットアレルギー用目薬には、抗アレルギー成分・抗ヒスタミン成分の抗炎症成分プラノプロフェンが配合されていますので花粉症などの炎症をともなう目のアレルギー症状に効果を発揮するそうです。

また、飲む抗アレルギー薬と違って使用しても眠くなることは滅多にありません。


また、その効果に関しても特集サイトであるみんなで考えるセルフケア(サービス終了)を見ていただければ分かりますように、従来の薬では充分な効果が得られなかった人でも、かなり満足されているようです。

ちなみに自分も軽い花粉症ですので、もしかしたら購入するかも知れません。


まあ、花粉症といっても自分の場合は、


定期的に少し汗をかく程度の軽い運動をする。

繊維質、ビタミン、ミネラル摂取でデトックスを心がける。

排気ガスの多い場所にはあまり近寄らない。


などを心がけることで大分良くなっています。

元から症状が軽かったというのもありますが、それこそ状態の良い時は自分が花粉症であることを忘れるほどに鼻スースー状態です。


あと、そういった状態の良い時にミントティーなどを飲むと、炎症で少し火照った鼻の粘膜が冷やされる感じがして、実に気持ち良かったりします。

軽い花粉症の人は一つ試して見ることをオススメします(^ω^)


最後に、世界はともかくタフです。

そして、世界的な不況のおかげで更にタフになろうとしています。

ですので、我々日本人ももう少し流されないタフな人にならないと駄目では無いでしょうか?

流されない人は以前より増えたけど未だに少数派ですから(^ω^;)


注意:飲酒と風邪薬の併用などにより前後不覚になるほどの眠気を催す場合は確かにあります。

賭博破戒録 カイジ 6 (6) (ヤングマガジンコミックス)/福本 伸行
¥560
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。