MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:

子どもは宝です。

最近では性的に宝だぜヒャッハー!とか思っている人も多いようです。

由々しきことだと思います。


冗談ならともかく本気でそう思っていたら大問題です。

少子化による国力低下問題なんかを持ち出すまでもありません。

次世代を担う存在の育たない集団は滅びるしかないからです。


まあ、堅苦しい理屈は抜きにしても子どもというのは守るべき存在です。

しかし、今の社会は決して子ども達にとってベストとは言えないでしょう。

特に育てる側にとって厳しい社会かも知れません。


そんな状況を変えて「子どもたちが幸せで、子どもたちを生み育てやすく、子どもたちにやさしい社会を創りたい。」という願いを込めて活動している子ども支援プロジェクトがこちらです。


子どもの笑顔100万個プロジェクト(キャンペーン終了)


同団体は募金や商品購入を通じて寄付を集めています。

それによって日本だけでなく世界中の子どもを支援しているそうです。


1000円で悩んでいる子どもが25分間、無料で電話相談が受けられます。

1500円でアフガニスタンで干ばつに苦しむ家族に飲料水1カ月分を届けられます。

2000円で高校生1名がキャリア学習の授業が受けられます。


余談ですが、サイトには寄付金の使い道が以下のように明記されています。


皆様から頂いた募金、商品購入を通じていただくご寄付、プロジェクトページからの寄付金につきましては、その全額が「子どもの笑顔100万個プロジェクト」へ寄付され、そのうち10%がチャリティ・プラットフォームへのキャンペーン運営費用として支払われ、90%がプロジェクトに参加するNPO4団体へ均等配分されて寄付をされ、各NPOにおいて子ども支援の活動費として使用されます。


これが守られるとすれば、とても良心的なチャリティだと考えられます。

興味が湧いた方はサイトをチェックしてみてはどうでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

MDO on the amebablog-ん?

MDO on the amebablog-とう!

子猫はやはり不細工なせいで貰い手が無さそうです。

仕方無いので、この子の避妊手術費用も予想されます。

早くバイトの本番はじまらないときついです。


と言いますか、食費削りまくりで85kgから70kgに体重落ちました。

でも、バランスの悪い食事なのでお腹ぽっこりです。

と言いますか餓鬼?


そんな状態でも猫はいいです。

癒されます。

でも、本当は


年齢的に


自分の子供とかが一番の癒しでないといけない気がします。

ただ自分の場合は色々あってそれが難しくなっているようです。

だからこそ子供をお持ちの人達には、子供を大事にして欲しいと思います。


色々と危険が多い上に世界的な不況の中で子供を育てるには厳しい時代でも子供を持てたということは天からの福音に他ならないのですから・・・。

そこで紹介したいのがウィルコムの


THINKキッズPROJECT(期間終了)


はそんな大事なお子さん達を携帯の電磁波から守ろうというプロジェクトなのだそうです。

今では子供でも持つようになっている携帯ですが、携帯の出す電磁波は強力だったりします。

それに携帯は耳という脳の近くでの使用が多いので電磁波による影響が心配されています。


特に脳がまだ固まっていない子供の場合の影響が問題視されているそうです。

THINKキッズPROJECT(期間終了)は、WILLCOMのママさん社員が中心となって、そういう問題を利用者とともに考えていこうというプロジェクトなのだそうです。

また、それだけでなくSAR値とよばれる人体頭部に吸収される電波の平均エネルギー量が低い携帯電話の開発・販売も推奨しているそうです。

確かにウィルコムの携帯は日本国内の安全基準値2.0W/Kgを軽々とクリアしています。


それにしても、子供はやはり宝だと思います。

自分は残念ながら持つどころか、彼女すらいませんので分かりませんが、たぶん、持てたら、色々大変でも、何も無い人生よりは絶対楽しいと思います。


だから、子供を持てた人はぜひ、お子さんをを抱きしめて上げて下さい。

自分には、いないからこそ持っている人にはそうして欲しいと思います。

当然しているかも知れませんが、そうした時には必ず「ほっこり」すると思います。

そして、多分、その気持ちが「説明不要の真実」なんだと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
MDO on the amebablog-チルドレン

画像は絶対可憐チルドレン から。

今日のお題が子供の入園・入学ですので子供つながりで投入しました。

どうでもいいですが絶対可憐チルドレンの表現は昭和末期~平成初期臭いと思います。


あと英語圏の外人は絶対可憐チルドレンのことをZKCと省略するそうです。

(本日の豆知識)

まあ、それはおいておいて@数ヶ月もすれば入園・入学の季節です。


可愛いお子さんをお持ちの人は入園・入学準備に忙しいことだと思います。

中でも低年齢のお子さんをお持ちの人は、その準備に大わらわなことでしょう。

特に低年齢のお子さんだと用具の名前付けなどが大変では無いでしょうか?


上履き、上履き入れ、靴、帽子、下着、服・・・。

一件、一件は大したことが無くても量が多いので本当に大変だと思います。
そんな大変な名前付けを手助けしてくれるサイトがあるそうです。


IFnetTV


サイト上にはデジタルカタログが置いてありますので、どんな風なデザインが出来るかが目で見て分かるようになっています。

また、カタログを見ますとポケットモンスターダイヤモンド・パール、アプリポッケ、アンパンマンなどの子供に大人気のキャラクター名が並んでいて、どうも名前付けと同時にそれらのキャラクターのデザインも同時に入れられるようになっているようです。


自分の名前と同時に大好きなキャラクターのデザインも入った道具・・・。

ここで名前付けをすればお子さんが大喜びすることは間違い無いと思われます。

勿論、名前だけのシンプルなデザインも可能です。


ただ、自分が子供の頃に親がドケチな上に地味好みだったので寂しい思いをしたのを考えると自分の子供にはキャラ物は持たせてやりたい気がします。

それに自分の場合は、小さい頃にそういう物に縁が無かった反動で今の


オタグッズ収集癖


があると思われるので、小さい頃は大人のセンスから見たら多少は恥ずかしくても、そういう物を持たせた方がいいのでは無いかと思うからです。

男の子の場合だと一度持たないと、それが周囲にどう思われるかという客観的な感覚が育たないというのもあると思います。


小さい頃にキャラ物を持てずに、それを持った自分が周囲にどう思われるかという感覚が育たない子供は、大きなお友達になってから年齢にそぐわないアイテムを持っても、それが周囲にどう思われるかを想像するのが苦手な痛い子になりがちだと思います。


まあ、過剰に与え過ぎるのも、また害があると思いますがw

ですのでお子さんのいる方は無理せず身の丈に合った物を適度に与えて育てて上げて下さい。

と言いますか、自分のように幼稚園の頃から園とか学校指定の物以外はカラーに縁が無い子供は絶対にどこか歪むと思います(^ω^;)


絶対可憐チルドレン 06 [DVD]
¥4,506
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。