MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:
ブログネタ:ブログを始めたきっかけは?参加中
本文はここから

本当だとしたら

画像の出来事が事実かどうかは定かではありません。

しかし、同じようなことをやられて困惑させられた身としては、こんなの有り得ない、事実じゃないと否定しきれないです(^ω^;)


なんといっても、自分は会ったことも無い○○の人から、サイキックレイプとテレパシーレイプ(意味不明ww)を使える


エスパーヤクザ


とか呼ばれたことがありますから(^ω^;)

当然、自分はヤクザでも超能力者wでも無いので


否定しました


が、こういう人に思い込まれたら何を言っても無駄なようです。


それにしても、今の状況が続くようであれば、明らかな逆差別で逮捕される日本人は続出すると思われます。

そうなると、問題山積みな日本は更に面倒くさいことになるでしょう。


余談ですが、実はこういった人達(こういったとは在日では無くて電波な人達という意味)に絡まれて溜まったストレスを愚痴をブログで書いて発散しようとしたのが、自分がブログをはじめるきっかけでした。

目論み通りストレスは発散出来ましたが、ブログで書いたことにより、他のストレスを呼び込んだりして・・・世の中って本当に難しく出来ていますw


話しを元に戻しまして、個人的には、在日の方には永住するのであれば、帰化してから権利を主張して欲しいとは思っています。

国籍が違う時点でも権利が無い訳ではないですが、特に参政権などは微妙な問題だけに獲得条件に帰化を要求することは、それほど不当な要求では無いと思います。


勿論、日本側としても、帰化された方に対しては誇りをかけて彼らを平等に扱うべきだと思います。

まあ、在日の方に関しては、帰化によって逆に特権を失う場合があるので難しい問題かも知れませんが。


それと、もし日本が人口減少を外国人の方の流入により補いたいと考えるのであるとしたら、帰化の前段階における在日・在住の方に対する雇用差別、特に労働条件などの部分での日本人との平等化、また問題となっている彼らの子弟に対する教育機会が充分で無いことなどの解消なども力を入れていかなければいけないでしょう。

教育も受けられない固定化された貧困層は治安に対する大きな不安要因になるからです。


デコチャリ by 外国人


画像のは怖いというよりは微笑ましいですが、自分の地元とかは、在住外国人の方の子弟の不良化が結構、問題になっています。

まあ、日本人の間でさえ、派遣などの貧困層化が問題になっているのに、それが可能とは、とても思えませんが・・・本当に今の日本はちょっとどうかし過ぎているように思えます。


と半ニートが偉そうに語っても、説得力は皆無・・・OTZ

と言いますか、一度レールから外れるとテコでも戻れないのも、今の日本の問題の一つかも知れません。

この閉塞感・・・時々、息がつまりそうになります。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

味がパー
注意:画像はあくまでイメージです。


昨年は、国内で食に関する偽装があちこちで発覚し日本の食の安全性に疑問を抱いた方も多かったのでは無いかと思います。

そして、いよいよ来たかという感じで食の安全性の問題は、海を越えて中国食品にまで波及?


と言いますか、中国食品は、農薬混入の上に、どの段階で農薬が混入したのかが未だに分からないというかなり恐ろしい事態になっているようです。

一体、今は何を食べたら安心なのか・・・全く困った時代になったものです。


そんな困った時代に安心と安全を求める東京海上日動では、さらなる「安心と安全」提供のため、


安心World


というサイトを開設、更に、そこで安心Worldナビというサービスを展開しているのだそうです。

ちなみに「安心Worldナビ」とは、地図上にさまざまな情報を投稿し、みんなで創る、暮らしに役立つ情報マップなのだそうです。

景観の美しいポイントやお勧めの休憩スポットなど、日常に「ほっとひといき」をもたらす場所から、もしものときの被災地や気になる危険な交差点といったみんなで声を掛け合って回避できるちょっとした危険への呼びかけまで、様々なことが、この地図上から行えるのだそうです。


それがどうした?と思われるかも知れませんが、例えば、このサイトを使えば、”自分も社会の安心と安全のために何かしたいけれども忙しいので何かをする暇が無い”というような人でも、メールチェックのためにネットに入ったちょっとした時間を使って安らぎの場所の情報や災害時の非難場所、子供達のための安心な遊び場などの情報を誰かのために提供出来たりする訳です。

また、その逆に誰かの提供した安心と安全に関する情報をサイトから得ることも可能です。


ちょっとしたことかも知れませんが、自分はむしろ、こういった小さな善意の積み重ねの方が大事だと常々思っています。

と言いますのも、楽に出来る分、小さな善意には持続性があるからです。

だからこそ積み重なれば大きな力になるわけです。


ただ、惜しむらくはどうせやるのであれば、自社で全部やるので無く、何処か既存の大手地図サイトに被せる形で行えばもっと多くの人に見て貰えるサービスになっただろうという点でしょうか?
費用の面などで難しいのかったのかも知れませんが、惜しいと点だと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。