MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:

 

今年のホワイトデライト苺の花が咲いていました。

酸味が無いために生クリームのような味の白イチゴ。

今から結実が楽しみです。

 

結実が楽しみといえば為替相場です。

日銀の緩和政策もいよいよ大詰め。

実は日銀は発行国債を長期メインにシフトしています。

 

円安効果の高い短期、中期は減少傾向。

これに加えてマイナス金利という円高政策。

これらは日銀の事実上の出口戦略に見えます。

 

このため大規模な緩和の割には円安になりきれない。

まあ、あまり円安すぎても日本経済には悪い。

今のところ日銀は見事にバランスを取っている。

 

まずまずの手腕と認めるべきでは無いでしょうか?

ただ、米国の好景気を背景にFRBは利上げを加速。

これにECBも追随する可能性が出て来ました。

 

実はドイツはECB緩和や難民問題によるユーロ安。

それにより絶好調。

ただ、ユーロ安は弱いEU周辺国には悪い。

 

FRB利上げでこれ以上進むなら防衛の必要が出ます。

そのため今週のドラギ発言では積極緩和は後退。

あらゆる手段による緩和の文言は削除。

 

かなりのトーンダウンとなっています。

これによりもし安値圏にあるユーロが上昇したら?

ドルの利上げと相まって円が売られる可能性があります。

 

その場合は日銀が緩和を終了すればいい?

実はアベノミクスは為替をターゲットとしていません。

あくまで財政健全化が目的。

 

そのため円安でも緩和は続ける必要はある。

今は煮詰まった感のある為替相場。

大きく動く可能性が出ています。

 

閑話休題

 

突然、話は変わりますが、ドイツで思い出しました。

貿易で稼いでいる効率の良い国。

これが一位中国、二位ドイツ、三位ロシアだそうです。

 

中国とドイツは分かりますが、ロシアは驚きでした。

ロシアは以前より成長が見られてはいました。

しかし、原油安や制裁によるルーブル安。

 

それが転機となり一層と貿易で稼げる国になったようです。

ロシア押しのジム・ロジャースを笑う人は多かったです。

しかし、最近の彼を笑える人はいないでしょう。

 

また、中国売りを煽っていたジョージ・ソロスも一変。

こちらは中国買いに転じているようです。

まあ、彼の場合は買いたい物の売りを煽る。

 

そうして散々に売り叩いた後に買う。

俗に言う焼け太りを得意としています。

今回に関してもそうだったのでしょう。

 

これらの状況やトランプ大統領の出現。

それによって相場、特に為替が大きく動きそうです。

株の好況を後目に臥薪嘗胆で期を待っていたFX組。

 

大きな果実の結実を得られる時期が来ている。

そんな気がしてなりません。

まあ、気がしてもFXの才が無い自分。

 

株で安全確実にちまちま。

それくらいが分相応な気がします。

でも少しならしてもいいかなと思う今週の「とり」でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とり こんぼさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。