MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:

 

貴陽プラムの花が咲きました。

他にも蕾があるので、これからの満開が楽しみです。

しかし、梅、杏、プラムなどのスモモ亜属は難しい。

 

満開になってもなかなか結実しません。

また、結実しても鳥、虫、病気に弱い。

家庭菜園レベルだと苦労する果物の一つです。

 

こういうのを美味しく安定的に作れる農家さんは凄い。

家庭菜園をしているとつくづくそう思います。

でもまあ、素人なりに油粕でも撒いておくとします。

 

さて、苦労するといえば今週の相場でしょう。

まず為替の基調は週末のイエレン議長の発言。

それを意識して木曜までは円安。

 

しかし、金曜は為替が崩れるとともに日経も下降。

一時、19000円を割れるかどうかになりました。

また、肝心の議長発言でも特に目新しさは無く。

 

114円半ばだったドル円は113円後半まで落ちています。

比較的難しめのレンジに苦心した人は多そうです。

難しいで思い出しましたが、難しそうなトランプ政権。

 

戦争準備政権と見ると合理的な面もあります。

例えば米国への重厚長大産業の巻き戻し。

先端産業で成功している米国が今さら何故?

 

そう思いますが、継戦能力から考えると必要です。

重厚長大産業が無い国に長期戦は無理。

また、メキシコに壁を築くのはカソリック汚染。

 

それを防ごうとしているのかもと思います。

アメリカはプロテスタント国家です。

カソリック国家の多い南米はEUの影響力が強い。

 

アメリカとEUは宗教で水面下で戦っていたりします。

また、壁を作れば馬鹿馬鹿しくても雇用にはなります。

ただ、減速しているが既に世界の工場化している中国。

 

それに追いつけるかは難しいところでしょう。

また、中国は鉄道や道路網の整備、海上の監視拠点の確保。

それらを急ピッチで進めています。

 

これは中国版グローバリズムの一帯一路のためだそうです。

そして、それは後進国ではかなり上手くWORKしています。

米国と中国が拮抗している。

 

その見方に馬鹿なと笑えない状況。

それがトランプ政権のなりふり構わなさにつながっている。

そんな気もします。

 

何てことを考えつつ今週は取引をしていました。

株では6月期末まで様子見モード。

ただ、今までの積み重ねから着実に益を出してくれます。

 

それにしても投資は難しい。

リスクを取らないと益は出ない。

しかし、無理をすればリスクが上がる。

 

このバランスをいかにして取るか?

そこを先人の知恵に学ぶために来週は投資関連の読書。

それをしまくる予定の今週の「とり」でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とり こんぼさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。