MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:

オニユリ

ヤマユリ

上の画像は今年になって開花したオニユリです。

イメージと違い小ぶりな花がいくつも咲く多輪咲き。

鮮やかなオレンジが楽しげで咲いている場所が明るくなります。


下の画像は今年も無事開花したヤマユリ。

今年は人の顔ほどもある花が3つ咲きました。

花の大きさもあって艶やかというよりは妖艶な雰囲気。


ちなみに両方とも球根が食べられます。

特にヤマユリはアク抜きするとお菓子のように甘いです。

まあ、勿体無くて食べられませんがw


勿体無くて食べられないといえば株です。

本来ならば短期天井で利食い、その後に短期底で買い直し。

そうやって回転させるべきです。


ただ、今だと株は落ちてもすぐに値を戻しすぎ。

下手に回転させると売買の間に置いていかれます。

ですので個人は利確よりホールドが無難なようです。


これはFXでも同様です。

レンジが狭く方向感が無いため回転ではロスが多すぎる。

資金力に任せてSLどちらかの終点で逆張りの売り増しか買い増し。


流れが順になって全てのポジで益が出たところで利確。

いわゆるショットガンが出来る大口しか儲からない相場。

ストップの狭い個人には厳しい相場です。


自分も先週に続き-190pipsと酷い有様でした。

やはり、避けようの無い事態が来るまでFXは休むとします。

まあ、それだけ世界の景気が安定しているのでしょう。


その証拠に金地金や原油なども下がりまくりです。

イベントも米利上げの開始予定までは2ヶ月を切り。

英金利は恐らくは米利上げ開始を見てからとの予想。


羊は利下げも一服でその後は安定しています。

そんな平和な時期にFXでは儲かるはずも無く。

株でも損してないだけのFX退場後22週目でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

黄金オニユリ

ドラゴンフルーツ

上の画像は黄金オニユリです。

今年になってやっと咲きました。

黄金の名にふさわしいブリリアントなイエロー。


花も普通のオニユリよりややおおぶりで豪奢。

オニユリ同様に花後のムカゴで容易に増やせます。

自分も今年は大幅に増やす予定です。


下はドラゴンフルーツの苗とコクワガタ?

ドラゴンフルーツはクワガタ類を寄せることでも有名。

しかし、汁を吸われてはかなわないので除去しましたw


何しろ今週は長雨→猛暑→長雨と天候不順すぎ。

ただでさえ貴重な苗が傷みがちです。

サボテン類などは油断すると文字通り溶けます。


と言いますか今週は雨でハーブをいくつか溶かしました。

FXでも溶かし苗類まで溶かしたら泣くに泣けない。

梅雨明けまで気をつけていきたいものです。


さて、溶けてかなわないと言えばユロ円です。

ユロ円が綺麗なレンジ底チャートだったのでエントリー。

しかし、まあ底はユロ円のことあっさりと下ブレイク。


しかし、動きはジリ上げ4割とジリ下げ6割という酷さ。

結局、SL損切りの繰り返しで-130pipsでした。

やはりFX怖い超怖い。


ただ、逆に日本の株価は堅調。

今月はちょっとピンチなので一部を利確したいところです。

それにしても底辺はつらいw


自分は虚勢が嫌いですが底辺では謙虚は舐められて危険。

仕方なくこちらも虚勢モードになって見栄を張ったりします。

しかし、そのままで行くと普通の人に会った時に危ない。


ちゃんとした人ほど虚勢や嘘、見栄は嫌うものです。

そして、そういう人ほど大事なのは言うまでも無い。

けれど、厳しい世の中ちゃんとした人とだけはつきあえない。


そこでモードの切り替えをケースバイケースでしないと駄目。

他の人は、ここら辺のバランスをどう取っているのか?

どんくさい自分の最近の悩みです。


物事は着実に前に進んではいるが蝸牛の歩み。

そんな中で最近の自分は焦って気持ちが空回りしがちです。

それが少し悩ましいFX退場後21週目でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

八重クチナシ

ドワーフピーチ

上の画像は八重クチナシです。

薔薇に似た姿の純白かつ華麗な花姿、馥郁とした香り。

女性に人気の花だそうです。


下の画像はドワーフピーチの実です。

木もミニサイズなら実もミニサイズ。

味は桃というよりはスモモに近いです。


本場のカリフォルニアでは砂糖漬け用の桃として人気。

生だと追熟させても少し甘みが足りません。

まあ不味くは無いので自分は全て生食しましたw


甘みが足りないと言えば今週のFXです。

ギリシャが、まさかの国民投票緊縮NO。

それを受けてクロス円は真っ逆さまに急落。


さらにドイツがギリシャが崩壊しない方に賭けたデリバティブ。

それを京円単位で保持している噂が流布。

それに加えて中国当局の規制強化による中国株の急落。


全てが円高要因、ネガティブニュース満載の凄い週でした。

ただ、やはり目玉はギリシャでしょう。

もし、ギリシャが崩壊したら世界から京円単位のお金が失われる。


実際に起きたらEU版リーマンショックとも言えるものになる。

このギリシャデリバティブ、事実かどうかは未だに不明です。

しかし、事実であるとすれば愚かにもほどがある話です。


まず現状ではギリシャが崩壊しないことなどありえない。

緊縮だけでは産業の無いギリシャに未来は無いことは明確。

かといって崩壊させればドイツまで道連れ。


これではギリシャが崩壊しかけるたびにドイツは金を出すしかない。

かといってそれをやり続ければドイツの政治家の政治生命。

それは確実に縮みます。


ドイツの勤勉な若者よりも生活水準の良いギリシャの年金生活者。

そんな状況で金を出すことを国民にどうやって納得させるのか?

また、ギリシャはギリシャで引けないでしょう。


まず緊縮のままではじわじわと茹で殺し。

それならばデフォルトでドラクマに戻る。

その方が一時的にはきつくても長期では楽。


であるならば腹をくくってたかるしか無い。

EUにとってもギリシャは金を渡せば一時的には救える。

しかし、数年でギリシャは再び金を要求。


これは悪い前例になり将来の禍根になりそうです。

今はユーロ安で中堅国の経済は堅調。

しかし、もし悪い時にどこかがギリシャと同じことをしたら?


考えるだけに恐ろしい事態です。

それにしてもこのギリシャ問題。

考えるほどにギリシャ、EUの双方に妥協にメリットが無い。


そんなものに崩壊しないとデリバティブを販売。

ドイツ銀行は自殺願望でもあるのかと勘ぐりたくなります。

何て派手なニュースが踊った割りには為替は堅調。


報道を受けて一時は数円近く急落したクロス円。

しかし、市場は銀行破たんは避けてドイツが妥協すると楽観。

その後はニュースのたびに上げて値を戻しています。


株も日経2万は割れたものの底堅く。

金曜にはもう少しで2万回復というところまで来ています。

おかげでリアル危機来たか!?


などと入金した自分も全く儲かりませんでしたw

+4pipsと損失こそ出さなかったもののまさに時間の無駄。

おまけに緊張で全身筋肉痛。


やはりFX怖い超怖い。

しかし、リアル危機ならやらないといけない。

どうなるかと今からガクブルなFX退場後20週目でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。