MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:

挿し木成功

藤の挿し木に完全に成功しました。

ほぼ棒のような状態から完全に復活!

こうなると余程のことが無い限り枯れません。


タダで貰った剪定クズからここまでの復活。

花が咲くのは数年後でしょうが今から楽しみです。

復活といえばFXでの含み損です。


損切りは大事です。

しかし、出来れば利ポジに復活して欲しい。

そんな含み損ポジの処理。


それに頭を悩ませている人は多いでしょう。

特に今のようなトレンド相場では多いと思います。

気を抜くとあれよあれよと育つ含み損。


膨らみきった含み損を眺めて損切りの大事さを痛感。

何てことは皆様は無いようにして下さい。

・・・・・・OTZ


現在、自分のスワポ用の通貨はかなり大きな含み損。

他にヘッジ的に持ったポジでも含み損状態です。

トレンド相場なのでEAの成績も振るわず。


おかげで今週の資産はヨコヨコ状態でした。

ただ、維持率には余裕がある。

更にドルの緩和終了や利上げを睨んだ円安。


ユロ安、ポンド安などのトレンド。

それが発生中ですので来週には何とかなるでしょう。

それにしてもドルの高値はどこまでいくか怖いです。


個人的にはユロで面白いことになりそうと考えています。

ユロの経済にはユロ安より資本循環活性化こそが効果的なはず。

しかし、ユロはマイナス金利と量的緩和中。


下手をすると危機再びもありえます。

ポンドも影響は大きそうですが、段階的な利上げで対抗する。

となるとユロほどの影響は受けなさそうです。


何だかんだ言ってSterling(本物の)の語源となった通貨。

弱いイメージがありますが意外と手堅いです。

歴史を見ると油断は出来ない通貨ですがw


円に関しては今のところ影響は限定的。

地政学的なリスクも円安のスピードを抑えてくれています。

と言いますか何しろリーマンショックの逆戻しをほぼ達成。


ここから先は未知の領域で自分如きには予想も出来ません。

まあ、自分は本当に少しずつですが成績も上向き。

そして、過去に支えてくれた場所に少しずつ恩返し。


そんなことも出来ています。

この調子で為替や株だけでなくWINWINな関係。

それを他の場所でも広げていきたい今週のFX兼業でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:




コルクボードとクリアボックスであまったフィギュアの入れ物作り。

処分するなら全部処分すればいいのに実に未練たらしい。

まあ、それでもフィギュアの類は100個近く処分しています。


処分といえばFXでやっとクロス円のロングポジション。

それを全部利確しました。

自分の現在のポジはスワポ用の通貨だけ。


それも近いうちに利確出来そうです。

まあ、FOMCとスコットランド騒動の時は死ぬかと思いましたがw

それにしても円安です。


これからも基本は円安圏内での値動きが続きそうです。

ただ、今のボラリティを計算すると10円近い幅が出ます。

円安にも円高にも10円以上の幅のある相場。


慎重に取引をしないとタヒ間違い無しでしょう。

タヒといえばある人がタヒ口座を使って面白いことをしています。

タヒかけている小資本口座で小額超ハイレバ取引。


そうするとアルゴに引っかかるのか値動きが逆行します。

その時に実は大資本口座で超ローレバ逆取引。

大資本口座ではその逆行分をいただいて儲けています。


小資本口座はそのままLCさせています。

ハイレバ VS ローレバでも儲けが出るほどの資本の差。

それを実現出来る圧倒的な資本力!


自分とは差がありすぎて妬む気すら起きません。

まあトレンド相場では使えない手法。

それと釣り餌に必ず食いつかれるとは限らない。


機会損失の多さを考えると金持ちの道楽っぽい気がします。

あれ、↑上の言い方が凄く貧乏人の妬みっぽくて反省OTZ

というのも、嫉妬は稼ぎの敵。


嫉妬する暇があったらどうやって稼ぐか?

もしくは稼いでくれた自分の体をどうやってメンテするか?

そんなことを考えた方が健全です。


ですので今日は外でゆっくりとする予定です。

ぶっちゃけ他人への嫉妬。

それは本来なら自分自身にポジティブに向けるべきエネルギー。


それを無駄遣いしているだけの気がします。

まだまだ貧乏人レベルのFX兼業。

しかし、それを体感してから色々改善中ではあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



画像はアマガエルです。

何年も前に山からオタマジャクシを拾って放流。

それ以来、オタマの姿は見えません。


しかし、出現率は増えています。

ということは順調に繁殖はしているようです。

我が家の優秀な害虫ハンターです。


花潜


画像はコガネムシの一種でしょう。

花潜の別名のままにニラの花で花粉塗れです。

成虫は特に害は無いです。


しかし、幼虫は植物の根の汁を吸う害虫です。

ですので発見次第アマガエルに与えています。

可哀想ですが頭から丸飲み・・・合掌。


自然界にいる狩る者と狩られる者たち。

同じようにFXでも狩る者と狩られる者がいます。

かつてブレイクアウト手法で名を馳せた一派がありました。


手法の創始者はリチャード・デニス。

彼は手法を亀の養殖法に見立ててタートル流と名付けました。

彼は手法を授けるトレーダーをNYタイムズで募集。


10人が研修生として選ばれました。

そして数年後、彼らのほとんが年平均80%!

という驚異的なリターンをたたき出していました。


しかし、その手法が有名になると状況は変わります。

成功すれば見返りは大きいブレイクアウト。

しかし、同時に成功率が低い手法です。


そこであえてブレイクアウト風の騙しを起こす。

その後は資金力で強引に流れを元に戻す。

当然、騙しに乗ったタートル流は損切ります。


損切った分、戻りは騙しの起こしより大きくなりやすい。

タートル流の損切り分を頂戴出来る形になるわけです。

これをタートルスープというそうです。


こういったやり取りはどんな手法にも寿命を作ります。

FXに聖杯無しと言われる原因の一つです。

しかし、狩って狩られてばかりだと値動きが死にます。


ですので出来れば大口による狩り。

特に個人狩りには禁漁期間を設けて欲しいと思います。

まあ、狩られる側の虫の良い願いですw


ただ、こういった狩りもトレンドの前には無力。

各国中央政府・銀行の政策、戦争、国家破綻。

そういったトレンドに逆らえば誰もが等しく狩られるだけです。


そして、その時だけは個人も大きく稼げる時。

まあ、多くの人はトレンドに逆らって死ぬことが多いです。

今の円安トレンドでも逆らって死んでいる人は多いでしょう。


自分は何とか乗れて糞ポジを大きく減らしています。

しかし、来週からはFOMCに向けて難しい値動き。

FRBの緩和終了と利上げが焦点になりそうです。


また、ウクライナ、ECB利下げ+量的緩和、中東情勢、スコットランド。

それらも為替をどういった方向に向けるか不透明です。

しかし、それにめげずに粘り強く稼ごうと思っています。


それにしても為替の不安定さと比べて株の安定感。

買い増した先からプラ転していきます。

官製相場とはいえ順調すぎて逆に怖いくらいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。